無料ブログはココログ

2018年5月26日 (土)

そろそろ見ごろ???タチアオイと紫陽花 そして吃驚コスモスの花

2018年5月26日

ちょっと市内を自転車で回ってくると あちこちでタチアオイや紫陽花が
目立つようになってきた
ついこの間咲き始めたばかりと思っていたのだが
だが どちらかと云えばタチアオイ 固まってる様は中々派手
雨の時期にそぐわないような そんな感じだ
それに比べると紫陽花はなんとなく控えめに写るのはなぜだろう
花自体にはそんな気持ちは毛頭ないと思うが・・・・・

日が経つのは早いもの 5月ももう終盤だ
時期に梅雨に入るだろう

そんな梅雨時の花2種類
タチアオイと紫陽花を少しばかり撮って来たので そうそう今回の最後にはコスモスも
まずはタチアオイからImg_1708
Img_1711無論 撮る場所はそれぞれ違う
中心部から外れた通りの植え込みであるImg_1714
Img_1718
Img_1720続いて紫陽花の花Img_1725
Img_1739
Img_1741
Img_1760
Img_1750そして 最後に コスモス これにはいささか吃驚したんだがImg_1746もう一枚 手前にサツキ 向こうにコスモスとImg_1747と云う訳で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・5月24日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

コスモスの花言葉・・・乙女の真心、 調和、 謙虚























2018年5月24日 (木)

初夏の花咲く蓮花寺池公園

2018年5月24日

22日午後の事
今から蓮花寺池公園まで少し歩きに行ってくるよ 多分花菖蒲も咲きだしてると思うし
それ見たさもあるからと
12時少し過ぎた頃家を出る
走り慣れた道を一っ走り Pへ車を入れ 池際へ
そして道なりに右回りに歩いて行く
少し行った所で 睡蓮に目が留まった
ほう 睡蓮か 折角だから撮って行くかとレンズを向け始めるImg_1615
Img_1617白やピンク 黄色もあったが圧倒的に多かったのは白
しかも写真の様に仲良く寄り添ったものが
撮るだけ撮って再び歩き出すImg_1620
Img_1626凡そ3/5周程歩いただろうか 奥まった所に作られている小さな小さな菖蒲園へ
まだ満開とは行ってなかったが写真を撮るには困らない
しかも周りにはサツキもあるし
撮るだけ撮ってくかと
それらの花にレンズを向け始めるImg_1631
Img_1670
Img_1634
Img_1637
Img_1639
Img_1643一通り撮り 後は目を紫陽花へ こちらはまだ本当に咲き始め
何とか撮れるのを探しだしレンズを向けるImg_1656
Img_1664そうこうしてる間に 1.5時間ほど経ったろうか さて帰るかと
Pへ戻る
初夏の頃 こんな花を見ながら池の周囲を歩くのも楽しいものである
という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・5月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園

睡蓮の花言葉・・・・・・清純な心、 信頼、 信仰

サツキの花言葉・・・・節制

花菖蒲の花言葉・・・・うれしい知らせ、 優しい心、 優雅

2018年5月21日 (月)

市民の森 高山(牛が峰)へ

2018年5月21日

今回の山行 なんたってこの写真が一番の収穫だった・・・・・・・

Img_15933季節も良いし 山歩きに行きたいなー だが何処へ
ハッピーの事もあるし 前の様に朝から行けないしな
そこで思いついたのが市民の森 高山(別名 牛が峰)
ここなら山頂直下まで車で行ける 時間もそれほど掛からないし よし決めた
相棒のFUJIKAZEさんに声をかければ 20日の日曜日ならOKとの事
10時に約束をする

20日日曜日予定通り10時に迎えに来てもらい
高山を目指す
安西橋を渡り 藁科川沿いにR362を遡り 新東名の高架をくぐり株田から右へ
水見色方面へ
水見色小学校前を通り過ぎ高山方面への指導表のとおり右へ
後は道なりに登って行くだけ
右へ左へカーブを切りながら 徐々に高みをまし 家を出て凡そ40分程立ったころ
Pへ
ザックを背負い まずは高山池脇から第2展望台へ登りその後山頂へ
下の写真が高山池 昔 この池に牛の主が済んでいたという伝説があり
其処から牛が峰の名が出たとか
今では浅ーい湿地状の池になってるだけなんだが
又この池にはモリアオガエルが棲息しており その鳴き声が聞こえていた

Img_1562下の写真は第2展望台からの眺め 何度も見ている風景だが
いつ見ても良いもんだ
静岡の街や日本平 駿河湾の向こうに伊豆半島 何時までも見ていたい衝動にも
駆られるが 抑えて 山頂へ向かうImg_1569急な杉林の中につけられた遊歩道を登ること20分ほどで標高717mの山頂へ
ここへはハッピーを連れてよく来たもんだ そんな事を思い出しながら歩いて行くImg_1571_2下の写真は山頂から静岡方面を見たもの

Img_1572この山からは富士山も見えるんだが 今回はあいにく雲に覆われ展望0
下の写真で中央部に富士山が見える筈だったんだが・・・・・・

兎に角いつものように記念写真を撮り 昼食後 しばらく山頂で周囲の景観を楽しむ
向こうは安倍東山稜 左端が真富士山の双二峰 右端が竜爪山の双二峰だImg_1575下の写真で 一番奥に見える山脈が 安倍川源流帯の山々
左から山伏、中央部が大谷嶺 右側の山が八紘嶺 よく見れば七面山も覗いている
手前は足久保川と河内川にはさまれた大棚山を始めとした山域だImg_1574下の写真は牛が峰の山頂域を見たものImg_1578昼食込みで30分ほどいたか ザックを背負い下山だ
登って来た道とは違う道をノンビリノンビリ
オオカメノキや小紫陽花の花を見ながら下って行く
下の写真はオオカメノキの花だ 見た処 盛りをやや過ぎていたような
      正式にはムシカリと云うようだがImg_1583そして 下の写真が小紫陽花
この山にはこの木がたくさんあり 高山池の周囲は時期が来ると
小紫陽花の花だらけになるんだが
今回はまだ早かったと見えてまだ蕾がほとんどだったImg_1587これは木苺だ 甘そうな実がいくつも付いてはいたが
結局写真を撮っただけImg_1589尚も下って行き もうすぐP近くいう処で 綺麗に咲いていた小紫陽花の花を見つける
それを撮ろうと 一度はレンズを向けたがどうも気に入らず
立ち上がろうとした時 FUJIKAZEさんに制止される
何だろうと思い 彼が指し示す方向を見れば
何と そこにいたのはカモシカ
こちらをじっと見ていたではないか
そんな事とは気づかず 小紫陽花に夢中になっていたのだが 急遽そちらへ
レンズを向ける
望遠を付けてればよかったのだが 後悔先に立たずだ
取り敢えずズームをいっぱい望遠側に持って行き急ぎ撮影Img_1593その内 向こうへ行ってしまったが このカモシカの写真が今回一番の収穫になった事は
言うまでもない
ここにもし若い頃のハッピーがいたらどういう事になっていたか
以前 他の山でカモシカを見て追いかけて行った事を想い出していた。

久しぶりの山歩きを楽しみ 自宅まで送ってもらい 時計を見たら
まだ3時前 ハッピーの夕食準備に十分間に合った。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

尚 この市民の森 高山には 市営の管理棟があるが そこの標高は
あのスカイツリーと同じ634mとか なるほどね~~。

写真撮影・・・・・・・・・・・・5月20日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市 市民の森 高山(別名 牛が峰)

オオカメノキの花言葉・・・・以心伝心

小紫陽花の花言葉・・・・・・・忍耐強い愛






2018年5月18日 (金)

こんな所も良いもんだ・・安倍川支流玉川沿いを少しばかりブラブラ

2018年5月18日

静岡北部安倍川支流玉川沿いの佳山(かやま)地区に長光寺というお寺が有る
下はその長光寺山門Img_1478そのお寺 山紫陽花が咲く事で有名だが 時期が時期 はたして・・・・
街中で紫陽花が開く始めてるし まあ行って見るかと
出掛けたのは14日 例によって午後からである
お寺のPへ車を止め 早速裏手へ
矢張り まだ早かった 白い紫陽花がやっと咲き始めた処
しょうがないな 来てみなきゃ分らないし
兎に角一回りするかImg_1455と お寺の周りを一回り
一角で小紫陽花が風に揺れていたImg_1462このまま帰るのもなー 折角だから川向こうに行って見るかと
地元車輛以外通行止めの吊り橋を テクテクImg_1481途中 上流側を望み なおもテクテクImg_1482やがて橋を渡り終え 向こう岸へ
緑豊かな農道を 川に沿って始めは下流側 そして上流側へと足を進めるImg_1487たわわに実った桑の実を見たりImg_1490重そうにぶら下がってる梅の実を眺めたりImg_1501ノンビリ歩けば 木の上では小鳥のさえずり
目の前には蝶が飛び交いImg_1493足元には緑豊かなお茶畑Img_1499と 向こうに朴ノ木が 花を咲かせていた
側までより 一番低い所に咲いていた花を写真に収めImg_1511帰りかけた処 ミカンの花が目に入る
丁度そこへアゲハチョウ タイミングよくカメラに収めImg_1531又 吊り橋を渡り 車の所へ
帰宅すれば2時を少し回った頃 ちょうどいい散歩となりました
因みに家から佳山へは30分強  歩いた時間が1時間半ほど 往復で2時間半ほどの
ドライブ兼散歩でした

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・5月14日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市北部佳山地区

朴ノ木の花言葉・・・・・・誠意ある友情

ミカンのの花言葉・・・・・純粋、 愛らしさ、 結婚式の祝宴

2018年5月15日 (火)

こちらもそろそろ季節入り・・・紫陽花の花

2018年5月15日

何時も通院する整形外科の近くに 小学校併設の公園がある
其処に何株かの紫陽花が植えられているんだが
相当手入れが行き届いていると見えて  その内の何割かが
数日前から花開き始めていたのを見ていた

如何するかな と 思っていたが 今日15日の昼前 改めてカメラを持って出かける

ここの紫陽花 市内ではかなり早い
おそらくトップバッターではなかろうか
他を見てもまだまだ蕾が多いが ここのはそろそろ見ごろ
降り注ぐ陽射しの下で涼しげに咲いていた

ここに15分いたかいなかったか 兎に角一通り撮り終え 帰宅する

下にこの時撮って来た写真をImg_1534
Img_1537下の額紫陽花などは 完全に満開状態だImg_1539
Img_1541下の写真は柏葉紫陽花 これは3分って処か いずれにせよすぐに満開になるだろうImg_1542
Img_1550

Img_1555下の写真は また 帰りに別の所で撮った物
バックの紅い色はサツキツツジImg_1556最後に 咲き誇るタチアオイの花をImg_1561

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・5月15日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

紫陽花の花言葉・・・・・・・
移り気、 冷淡、 辛抱強さ、 冷酷、 無情、 高慢

2018年5月13日 (日)

咲き出したタチアオイ

2018年5月13日

11日金曜日の事 用事で外に出た時 タチアオイが咲き出していたのを目にする
もう咲き出してんのか 早いなー
後で 写真撮って来るかと
帰宅後 改めて カメラをぶら下げ 自転車を走らせる
それにしても早いな タチアオイって確か梅雨時の花 という事は・・・・・・
う~~ん まあ 考えてもしゃあないな 撮るだけ撮ってくかImg_1254
Img_1256
Img_1257確か他にもあったな 次いでだから一回りしてくるか と 4か所ほど見て回る事にImg_1259とある交差点まで行った時 其処の花壇に下の様な花が植えられているのに気が付いた
へー ダリアの仲間だと思うが変わった花もあるもんだな
一応これも撮ってくかと写真に収めImg_1262Uターン 途中満開のサツキもカメラに収めImg_1265次のタチアオイが咲く場所へImg_1267
Img_1269ここは紫陽花も植えられているんだが それはまだと云う事で この場を後にする
途中 やはり満開のサツキをカメラに収めImg_1271金魚草も目にしたがそれはパスし 自宅へ戻る途中
下の紫陽花が目についた へー こんなのもねー
取り敢えずカメラに収め 自宅方面へハンドルを向けるImg_1276最後に この日撮ったハッピーの写真を002
007
という事で 今日は この辺で 取り留めのない話でしたが・・・・・・じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・5月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内 及び 自宅にて

タチアオイの花言葉・・・・・・大望、 野心、 豊かな実り、 気高く威厳に満ちた美

サツキの花言葉・・・・・・・・・節制

紫陽花の花言葉・・・・・・・・・移り気、 冷淡、 辛抱強さ、 冷酷、 無情、 高慢

2018年5月10日 (木)

新緑の安倍の大滝へ

2018年5月10日

GWも終盤の5月5日 ある花を見たくて 安倍奥梅が島方面へ
結果から言うと 時すでに遅し 既に散ってしまった後だったが・・・・・

梅が島と云うと2時間や3時間では帰ってこれない
その事は承知で昼前から出掛ける
行先は安倍大滝(おおだる)へ行く途中の岩場
其処にひっそりと咲く花 白花イワカガミである

Img_11912上の写真は 昨年見に行った時 撮って来たものであるが
今年もと思い 出かけたまでは良かったが 先にも述べたように 既に散った後Img_1191こんな花まで今年の異常気象が影響していたとは 例年ならGWの頃 真っ盛りなのに
やむなく目標を大滝に切り替える

家を出たのは朝10時15分前 この時間なら遅くも3時までには戻れるだろうと・・
安倍大滝入口バス停より100m程手前にある駐車スペースに11時を少し回った頃
到着 そこに車を止める
ここから凡そ1.3km
吊り橋を3つ渡れば大滝へ着く・・・・

大滝入口脇には温泉宿が2軒ほど軒を連ねてるが そちらへは行かず
入口に植えられている紅更紗満天星と一株の満開のレンゲツツジを写真に収めImg_1177本来ならこの場所には無い筈なんだが・・・・・・・・・・Img_1178最初の吊り橋へ この橋はそれほど揺れず快調に飛ばせるImg_1180下の写真は 橋の中ほどから八紘嶺方面を望んだものImg_1181橋を渡り終え 次の橋が問題
この橋はよく揺れる おまけに一人ずつ渡る事という制限つきだ
慣れていなければ途中で歩けなくなる事必至の橋
だが そこも快調に飛ばしImg_1184下の写真は 橋の中ほどで上流側を見る 堰堤から流れ落ちる水が
新緑と相まって素晴らしい景観を醸し出しているImg_1187兎に角2つの吊り橋を渡り この文冒頭のイワカガミの群生地につくも
周囲を見回しても花らしきものは何処にもない
よく見れば 散った後
如何するかな 折角ここまで来たのに・・・・・
まあいいか あの異常気象 こんな所まで影響してるとは・・・・
そこで目標変更 安倍の大滝を目指す

もう一つの吊り橋を渡り なおも上流へImg_1199
Img_1204やがて着いた 大滝展望台
ゴーゴーと流れ落ちる滝を眺めれば 普段より水量がやや多い
つい2日ほど前に降った大雨のせいだろう
周囲にも水しぶきが遠慮なくだImg_1214
Img_1219ザックを降し 軽食をとりながら30分ほど

イワカガミには少し残念な思いだったが これは自然のなせる業
それより 滝まで歩き思い切り新緑を浴び 明日からの活力の源となったのは
言うまでもない

新録を眺めながら元来た道を戻りImg_1234あの吊り橋の所まで戻ってくれば 何と 大渋滞
あんれまあ まあ仕方ないか 少し待つかと小休止
自分の番が回ってくる
全ての吊り橋を渡り終え もう一度レンゲツツジをカメラに収めImg_1239帰宅すれば 2時半少し回った頃

目指す花には逢えなかったが 思い切り新緑を浴びた安倍奥へのドライブでした。

という事で 今日はこの辺で

写真撮影・・・・・・・・・・・・・5月5日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市梅が島地内

レンゲツツジの花言葉・・・・・・情熱、 堅実


紅更紗満天星の花言葉・・・・・喜び溢れ、 明るい未来

白花イワカガミの花言葉・・・・・忠実

2018年5月 7日 (月)

新緑眩しいお茶畑と春の富士・・・日本平にて

2018年5月7日

遡る事10日ほど前 4月28日の事

新緑のお茶畑越しの富士山が見たくなり 日本平へ午後から出掛ける
この日は土曜日で好天 しかもGW初日とあって パークウェイを走る車も普段よりも
多くなっていた
それでもいつもと同じような時間で日本平へ到着
早速車を置き 近くのお茶畑に直行

いい色だ 前回行った足久保も良い所だが 矢張りこの景観が物を言う
ここは眼下に清水港 向こうに富士山と 申し分のない風景
取り敢えず1枚ガシャリ (富士山そのものは春富士でなんとなくボンヤリ)
だが 邪魔の物が それは電線
あれが入らない場所はないだろうか 
何処が良いかなー しばらくキョロキョロするも う~~ん まあいいか
あれもご愛嬌だと諦め
場所だけ確保し 何枚かカメラに収め 帰宅する

下にその時撮った写真を 抜粋で
下の写真がまず撮った一枚Img_0908
Img_0912上の写真は電線の真下に行って一枚
または 失礼して 茶畑の中に入ったりして撮影Img_0913お茶は色そのものは新緑の色だが 既に刈り取られた後
手摘みではなく機械摘みだが
それでもこの萌木色
見ていて眩しく感じたのは言うまでもないImg_0915
Img_0917
Img_0922う~~ん 見るからに美味しそうな色だImg_0929
Img_0936上の写真で向こうに見えるのは 日本平山頂に建つテレビアンテナだ
下の写真は お茶畑越しに見た鯉のぼり 日本平ホテルの庭に立っていたImg_0943
そして下の写真 まだ摘み取り前のお茶だ 折からの風に優しく揺らいでいたImg_0950最後に
最近のハッピーの写真2枚ほど009
010そうそう 先日の4月30日で 17歳と3か月を過ぎました。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・4月28日 及び 5月7日(ハッピーの写真)
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本平 及び 自宅


























2018年5月 5日 (土)

カルミアの花・・・蕾はまるで金平糖

2018年5月5日

駿府公園へ行く時 何時も 通過するだけの常盤公園に小さなカルミアの木がある

3日の昼過ぎだったか 通りすがりに想いだし 寄って行けば
可愛い花が咲き出していた
その時はカメラを持っていなかった為 翌 4日午前
ハッピーの世話が一通り終わった後 カメラを持って改めて出かける

カルミアは石楠花の仲間で ツツジ科の植物である
別名アメリカシャクナゲとも呼び また ハナガサシャクナゲとも呼ばれているそうな

ファインダーを通して見る花は本当に可愛らしい
早速シャッターを切る
まだ咲き始め 蕾もたくさんついてるが これまた面白い
まるで金平糖が木に群がってるような

何枚撮ったんだろうか 同じような写真ばかり・・・・・

下に この時撮った写真を抜粋で 何れも似たような写真だがImg_1142
Img_1144
Img_1149
Img_1152最後に 蕾だけを撮って見た 見るからに金平糖だImg_1146そして 今日のおまけ 公園外側の石垣に咲いていたマツバ菊と
帰る途中 あるお宅の庭先から飛び出していたブラシの花
まずマツバ菊Img_1140次にブラシの花Img_1156という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・5月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

カルミアの花言葉・・・優美な女性、 大きな希望、 野心

マツバ菊の花言葉・・怠惰、 怠け者、 勲功

ブラシの花言葉・・・・・恋の炎、 はかない恋、 恋の火、 素直な気持ち、 気取る心











2018年5月 2日 (水)

春バラ咲き出すころ

2018年5月2日

昨日(1日)の事
5月かー そろそろ春バラの時期だな ちょっくら見に行ってくるか と
出掛けた先は島田バラの丘公園
ここは1.9haの土地に360品種 およそ8700株が植えられていると云う
だがまだシーズンは始まったばかり
見頃とまでは行かずとも写真位は撮れるだろう
そう思い 12時を過ぎた頃 車をはしらせる
国一バイパスを島田の野田ICで降り
バラの丘公園についたのは 1時すこし前だったか 受付で入園料を払い中へImg_1132ひとしきり見渡せば 咲いてる 見ごろとはいかないが 思った通り
写真に撮るのには困らない程度に咲いてる
早速に見て回る
無論レンズを向けながら。
又 このバラ園は路地植えと温室があるが 今回の花見では温室の方が
丁度見ごろ
今までは 行ったのが遅い位だったので ちょうどいいやと勝手に自己満足
一回りして2時10分ごろだったかバラ園を後にする
という事で 下に その時撮った写真を例によって抜粋で
但し 花名は省略と云う事で
では まず露地物からImg_0992
Img_1000
Img_1009
Img_1010
Img_1014
Img_1020次に 温室物Img_1036
Img_1040
Img_1043
Img_1045
Img_1047
Img_1053最後に 温室を出て 園内を一枚 ただ使用レンズが広角でないだけ
少々残念だったがImg_1078出来る事なら 見ごろを迎える頃 もう一度行って見たいものである

取り敢えず 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・5月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・島田バラの丘公園

バラの花言葉・・・・・・・・・愛、 美


















«樹上のソフトクリームよろしく・・・マロニエの白い花

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック