無料ブログはココログ

9/24の宵の月・・・半月?

2020年9月25日

24日夜 外に出ると
空には月が煌々と輝いていた
久しぶりだ

形からして半月だと思うが 本当に久しぶりに目にした
月齢は調べると7.7とか

前回見たのは 9/1だったから
それから23日ぶりか
勿論晴れて居た日もあったとは思うが・・

あまりの久しぶりに 早速カメラを持ち出し
ガシャリ
下に この時の写真を載せて置きます
まずはモードをTモードにシャッタースピードを1/80
勿論手持ち撮影
  Img_1004
次は通常のオート撮影で
  Img_1008

  Img_1009
そして再度 Tモードで
  Img_1013
そして 上の写真をトリミング
  Img_10132
とまあ 久しぶりの月に一瞬見とれた宵の事
  
次回は この日の日中見てきた彼岸花の写真です

写真撮影・・・・・・9/24
場所・・・・・・・・自宅より


2020年9月23日 (水)

むむ ハチの巣か 良し 蜂には気の毒だが・・・

2020年9月23日

22日昼過ぎの事 ちょいとばかり物干しへ
すると 足元に蜂が一匹 蜂といっても足長蜂だが
むむ 蜂?どこに?
軒下や物干しの目に見える所には
それらしきものは見つからず
もしかしたら と 物干しの床裏を
覗いてみると

あった しかも何匹かの蜂が用心してこちらを向いている
大きさは直径で10cm位だ
如何するか
やはり退治だな
刺されてからでは遅いしな

物置には以前退治した時に買ったスプレーがあるが
如何だろうかねー 結構古いもんな
まだ使えるかしら 

もし駄目だとこっちが危ないから
兎に角新品を買ってくるかと
急ぎホームセンターへ
帰宅後 長袖の上にカッパ 目にはゴーグル
手袋をし 長靴をはき
完全武装
改めて物干しへ
そうして正面にハチの巣を見 撮りえずカメラを向け一枚

その後狙いを定め 薬液噴射
古い薬液と新しい薬液 2本 使い果たす
と同時に 蜂も全滅
何匹いたんだろう 気の毒だとは思うが・・・

ふー 暑かった
主のいなくなったハチの巣を取り外し
手袋、カッパ、ゴーグル、長靴を脱ぎ
ほっと溜息
改めて巣を見れば 幼虫の姿はなく
全て羽化後
それが巣に止まっていた蜂たちで
これから飛び立つ処だったんだろう・・・

下にその時の写真を載せて置きます
まずは 買ってきた蜂退治のスプレー
  Img_0915_20200923140201
次が 退治前の蜂と蜂の巣
   Img_09102
次は 薬剤で息絶えた蜂たちの一部
  Img_0912
次の2枚が 主のいなくなったハチの巣
   Img_0913-2

        Img_0914  
とってみて改めて見れば やはり10cm程度
以前のもよりも幾分小さかったが 良かった刺されなくて・・
これがもしスズメバチだったら 考えただけでゾッとした一時でした。

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・9/22
場所・・・・・・・・自宅
  
  

2020年9月21日 (月)

今日の富士山と彼岸花

2020年9月21日

今日の昼前 あれは10時前だった
ウェザーニュースで富士山初雪化粧のニュースが流れた
又 富士吉田市でも宣言が出た
山頂の東側にうっすらとか
ならば こっちからも見えるかなと思い
欲を出して
10時 安倍川土手へ自転車を走らせる
だが そうはいかない
富士山は見えたことは見えたが
夏姿そのまま
やっぱなー
こっちから見える風景は南西側だしまだ無理だよな~
まあいいか 折角だから 撮っていくか
後は 彼岸花だな
あれを撮って帰るかと
適当にガシャリガシャリ
下にこの時撮った写真を載せて置きます。
まずは
  Img_0826
次は 紅白の彼岸花
  Img_0831
後は 紅い彼岸花と富士山の写真です
  Img_0833

  Img_0836

  Img_0837
ズームアップしたりダウンしたり だが やはり雪までは・・・・
次はススキを手前に富士山
  Img_0842
    

   Img_0846

   Img_0852

   Img_0854

   Img_0855
そして最後に富士山をもう一枚
   Img_0859
もうすぐ富士山は雪の季節 その時が又 楽しみだ。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・9月21日
場所・・・・・・・・・安倍川右岸
  
  


2020年9月19日 (土)

ムム 何だ あの雲⁉・・・9/18の夕景

2020年9月19日

それは18日の事
夕方4時 いつもの様にウォーキングへ
当初は彼岸花でも撮ってくるかと思って出かけたウォーキング
国道へ出て ふと 富士山方面を見れば
なんだ あの雲⁉
何重にも傘なったように見えた傘雲らしきもの
そうだ 今日は撮るものを変えて あの雲にするかと
安倍川めがけて歩き出す

上空は何とか晴れ間も見えるのだが・・・

それにしても気になるあの雲
振り返りながら駿河大橋へ
場所から言えば富士山の真上でもないし
何処だろう

そんなこと考えながら 橋を渡り いつもの様に安倍川橋方向へ

見ていると 南の方から雲の帯
それが どんどん流れ込んできているのがよくわかる
しかも時間とともに雲の厚みは増し
富士山よりはるかに高く見えていた
最も この時富士山はその形状に雲に覆われ
何とも不思議な光景だったが・・・
 
富士山の標高は3776m 見えている雲の高さはその3倍ぐらい
しかも時間とともに雲の下は真っ暗くなって行った

そんなのを見ながら 帰宅
夕食後 遠くで雷鳴が聞こえたことは確かだ

下に この時 撮った写真を載せて置きます
まずは 我が家の庭に咲く彼岸花から
  Img_0779
次からは 雲の写真です
  Img_0782

  Img_0788
この時 上空は
      Img_0791
異様な雲が見えたには見えたがおおむね晴れの空域
だが 向こうを見れば 不気味な雲だ
写真下の方には白い雲で覆われた富士山も見えている
アンテナ塔と街路灯の間に見える白い三角がそれ
  Img_0797
大きくしてみれば
  Img_0800
次は 駿河大橋を渡り安倍川橋へ向かう途中に見た雲の風景
  Img_0808

  Img_0814

  Img_0816
そうして 今回の最後に
  Img_0818
上の写真の雲が 渦巻のような雲の中に流れ込んでいた

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・9/18
場所・・・・・・・安倍川周辺にて 及び 自宅庭
  

  






2020年9月17日 (木)

彼岸花と葛の花

2020年9月17日

日が経つのは早いもので直に秋の彼岸だ
彼岸といえば彼岸花
我が家の庭にも 咲き出している・・・

それは3日ほど前の14日の事
そろそろ彼岸花の時期だなと思い出し
昼過ぎ
歩きついでに安倍川土手へ行って見た
勿論 いつものコースと違う場所
彼岸花咲く時期 必ず見に行く場所だ

いったはいいが雑草がすごい
よく見れば その中で赤い彼岸花が花開いている
蕾も凄い
雑草がなければ見事な紅い絨毯なんだが
まあしょうがないな
帰りに仏壇へ少し摘んでいくか ついでに写真も
と決め
先に安倍川河川敷へ
河川敷の中に作られた遊歩道へ入れば
そこにはこれまたはびこる葛
花もそこかしこ
適当に撮りながら一回り その後
彼岸花が咲く場所へ戻り
まだ蕾のものを数本摘んで持ち帰り花瓶に生ければ
翌日には満開となっていた

という事で 下に この時咲いていた彼岸花と葛の花の
写真を数枚載せて置きます
まずは
    Img_0703

    Img_0705
次は 葛の花 野萩の花も入りますが
    Img_0706

        Img_0709

        Img_0715
  
   Img_0717
そして 彼岸花
   Img_0719
上の写真で バックに写っている白い花は 確か玉スダレ

そしてもう一枚彼岸花を
   Img_0722
他の雑草がなければ・・・・・まあ咲いてるのを見れただけ良しとして
この日は何本か摘んで帰宅する

写真撮影・・・・・・・・9/14
場所・・・・・・・・・・安倍川土手 及び 河川敷

彼岸花(曼殊沙華)の花言葉・・・・・悲しき思いで、あきらめ、独立、情熱

葛の花の花言葉・・・・・・・・・・芯の強さ、恋のため息、活力、治癒、根気、努力

2020年9月14日 (月)

秋空の下で・・・流れる雲と彩雲と

2020年9月14日

12日の事 この日起きた時に降っていた雨も 早いうちにやみ 急速に天候回復
午後に至っては 雲はあるものの秋の空
気持ちのいい青空が広がっていた
その天気の下
3時ごろだったか 散歩に行ってくると
いつものコースを歩きに出かける
勿論 カメラをぶら下げ

空を見上げれば 色んな形の秋の雲
遠くには雨雲の集団が見えたが 上空はとにかく秋空
風も案外涼しく 安倍川土手を歩くときには一旦立ち止まり
深呼吸したくらいだ
富士山も前日よりは濃い雲の衣だったが 兎に角見えていた

安倍川を渡り終え 本通り経由で帰宅した時は
涼しさから一転 もう 汗だく

次から次へ汗が
暫くは 冷房の下で大人しく過ごしていた
12日土曜日の午後の一時でした

下に この時撮った秋雲と富士山と彩雲を載せて置きます。
まずは
  Img_0643

  Img_0655
そして この日の富士山
  Img_0660_20200914092101
我が上空はいい天気だったんだが
  Img_0673_20200914092101

  Img_0674_20200914092101

  Img_0676
安倍川橋袂から富士山
  Img_0678
そして又 空を
  Img_0687

  Img_0694

  Img_0696_20200914092101
最後に 彩雲をまずはズームアップして
  Img_0698
同じ雲を倍率を下げて撮影
  Img_0699
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・9/12
場所・・・・・・・・静岡市内 いつもの散歩コースより
 

2020年9月12日 (土)

9/11の朝のウォーキング時の風景・・・富士山、他

2020年9月12日

9/11の事
題名の朝といっても早朝ではなく9時ごろだ
空は良く晴れていたがそれほど暑くもなく風も有り
歩くのにはいい気候だった

体調もそれほど悪くはないし 昼前に歩くのもいいな
たまには行ってくるかと
大あくびをしているカメラ片手に
外に出る

何時も夕食後歩くコースと同じだ
国道へ出 安倍川へ向かって歩けば山の向こうに大きな入道雲
それを眺めながら
駿河大橋を渡る頃 これまたいつもと同じように
後ろを振り返れば 富士山が見えている
海の方を見れば これまた入道雲
伊豆方面も安倍奥も然り
だが上空は秋雲たなびく空だ
そんなのを眺めながら マイペースで歩く

久しぶりに朝から歩けたことで 何となく自信を取り戻せた
この日の朝のウォーキング
下に この時 撮ってきた写真を載せて置きます
まずは 自宅の百日紅から
  Img_0574
後は歩きながら 雲を撮ったり富士山を撮ったり
  Img_0580
下の2枚は 湧き上がる入道雲
  Img_0582

  Img_0584
下の写真は 駿河大橋上から後ろを振り返って
  Img_0588
そして上を見上げ
  Img_0593
向こうには飛行機雲
  Img_0598

  Img_0600_20200912091601
少し歩を止めて富士山や空に浮かぶ雲をじっと眺める
  Img_0606_20200912091601

  Img_0616_20200912091601
安倍川橋を渡っているとき 海の方を見れば 入道雲が一層大きくなっていた
  Img_0621
そして今日の最後に
  Img_0622
という事で 今日はこの辺で
尚 この日(9/11)は静岡の街は一日晴れていた 
じゃあ又

写真撮影・・・・9/11
場所・・・・・・静岡市安倍川周辺 及び 自宅庭

2020年9月 9日 (水)

雲、雲、雲

2020年9月9日

富士山と入道雲を撮った翌々日の事 9/6だ
昼過ぎ外に出て空を見上げ
そうだ あんなのを撮るのも又面白かろうと
安倍川へ

そう 雲だ 普段何気に見ている雲だが
ジッと見ていれば 徐々に変わっていくその形
ましてやこの日は
台風取り巻きの雲だとおもうが次から次
見ていて飽きない雲
自然とカメラを向けていた

下にその時の写真を載せて置きます
まずは駿河大橋から上流部を眺めて
  Img_0547
後は適当にファインダーをのぞきながらガシャリ・ガシャリ
  Img_0549_20200909092101

  Img_0550

  Img_0555

  Img_0562

  Img_0566_20200909092101

  Img_0568

  Img_0570
そして 今日の最後に 空に浮かぶ白雲をバックに我が家の庭に咲く百日紅
  Img_0573
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・9/6
場所・・・・・・・・安倍川にて 及び 自宅

  


2020年9月 5日 (土)

富士山と入道雲・・・9/4の夕暮れ時

2020年9月5日

4日 この日は朝から雨も降らず 一日いい天気
夕方を迎え 時間的にはそろそろ5時という時だ
TVの天気予報時 画面に富士山 勿論お天気カメラからの実況だ
それを見て そうだたまには富士山もいいかな
月の写真ばかりじゃ飽きも来るし
しかも折角見えてるんだし おまけに 冬姿ばかりが富士山じゃないからなと
そう思い カメラ片手に
自転車を引っ張り出し安倍川へ

駿河大橋へかかった時 ちょいと停車し振り返れば
夏姿の富士山が良く見える
回りに入道雲を従えて
いい風景だ 再び自転車を走らせ橋を渡り終え右へ土手道へ
そこで川越しに一枚撮り
今回は下流方向を目指す

一旦用宗街道へ出
一号線をくぐりJR線をくぐり新幹線をくぐり
再び 土手道へ

左手に富士を見ながらしばらく走り
静岡大橋をくぐり もうしばらく走った所でストップ
その場で何枚か撮り
もと来た道を戻る

下に この時の写真を載せて置きます
まずは
  Img_0512
次からは JR線より下流側にて
  Img_0520

  Img_0524

  Img_0530
下の写真で 白い一本の線は飛行機雲 これと富士山を撮りたくてレンズを空に。
  Img_0534
下の写真で 二つの頂が見えてると思いますが 愛鷹連峰の
左側が越前岳 右側に見えるのが位牌岳です
  Img_0536
そして又 富士山と入道雲と大空を
  Img_0545
見る間にその形を変えていく入道雲 遠くから眺めてるのには申し分のない
写真材料だが・・・・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・9/4
場所・・・・・・・・・安倍川右岸



2020年9月 3日 (木)

9/1の宵の月・・ほぼ満月

2020年9月3日

9/1の事 新聞を見たらこの日の月齢14夜 満月の一日手前だ
夜になってそんなことは すっかり忘れ
風呂に入る直前思い出した
空は如何かなとリビングのドアーを開け
空を見てみると
まん丸い月が煌々と輝いていた
良し 今から2,3枚撮るか
カメラを持ち出し庭へ

ここんとこ連続で撮っていた月
こうして改めて眺めてみると なんとも言えず 良いもんだ
雲に隠れるもよし 雲の間で輝くもよし
これから癖になりそうな・・・

下は この時撮った写真です
シャッターモードはTモード 感度を200に設定し撮影
  Img_0503
下は 上の写真をトリミング
  Img_05032
下は一般的な全オート
  Img_0508
下は 感度を100にし撮影 それをトリミングしたもの
  Img_05062
という事で 続いた月の写真も 取り敢えずはこんな所で

又 何時か載せることもあると思います。じゃあ又

写真撮影・・・・・9/1
場所・・・・・・・自宅庭から




2020年9月 1日 (火)

8/30の宵の月

2020年9月1日

ここの処月の記事ばかりですが 今少し お付き合い願います

8/30の事
この日も夕食後月見の散歩に出かけてきた
いつものコースをいつもの様に

月が綺麗だ 時折雲が邪魔していたものの
煌々と輝く月

半月の日から4日ほど経ち
かなり膨らんできていた月
あとどのくらいで満月を迎えるんだろう
そんな事思いながらノンビリ歩いていた

と その時だ
井川方面から安倍奥にかけての山の方で
ピカリ 4回ほど見えたか
雷だ 1回は 稲妻が横に走るのが見えた
よく見れば上空はいいが
山間部は真っ暗 雷雲で覆われている
しかも日が落ちた後だから本当に真っ暗
偉い違いだ
頭上で雷が鳴らなかっただけ助かった

という事で 下に この時歩きながら撮った写真を載せて置きます
まずは 国道筋へ出た時に撮った写真
  Img_04632
次は JRの架線用の鉄柱の真上に見た月を まるでローソクですね
  Img_0467
次は 暮れ行く空を
  Img_0481
次は 安倍川橋の夜景 雷が光った所は
下の写真には写ってないので悪しからず
これよりもかなり右方向となる
  Img_0483

  Img_0487
次は 又 月を
  Img_0491_20200901164901
下は 上の写真の周囲をトリミングしたもの
  Img_04912
そして最後にもう一枚
  Img_0492
首の痛みもかなり薄れてきたとはいえ まだまだ続く通院
それもまあ仕方なし
普通に生活できればそれで良しとするか
自分にそう言い聞かせるこの頃

写真撮影・・・・・・・8/30
場所・・・・・・・・・いつもの散歩コースにて



 

 

2020年8月30日 (日)

8/29の雲間の月

2020年8月30日

月日の経つのは早いもの 明日で8月も終わりだ
明後日はもう9月 秋という事だが・・・・・

ここの処 雨さえ降らなければ 夕食後は散歩に
月が見えればそれを楽しみながら歩いている
以前はこんなこともなかったが・・・・

首を痛めてからだ

昨夜も夕食後ブラブラ 1時間程歩いてきた
勿論 街中へは行かず 安倍川方面だが

空を見れば雲が早いスピードで流れている
その合間に 煌々と輝く月
流れる雲と競っているかの如く

その時カメラはもっていなかったため 帰宅後改めてカメラをもって外へ
しばし月に興じる

下にその時撮った写真を載せて置きます
尚初めの2枚は 前日8/28の写真ですのでご了解を
では
  Img_0440_20200830084601

  Img_04402
次からは 8/29の写真です
雲間に煌々と輝く月 雲も一緒になんて撮ったら
下の様に
  Img_0444_20200830084601
下の写真で 左端に二つ並んで見える光の小さな粒は飛行機です
撮った後に気が付いた次第
  Img_0448

  Img_0458
そして 雲が切れた時 Tモードで月に照準を合わせ撮ったのが下の写真
勿論全て手持ち撮影
もやっとしたのは雲の端っこ
むろん写真はトリミングしています
  Img_0460_20200830084601
次は 完全に雲の切れ間で
  Img_0461
そうして 上の写真をトリミング
  Img_04612
という事で 今日は この辺で じゃあ又

ここの処 月の写真ばかりですが 悪しからず

写真撮影・・・・・・・8/29 一部8/28
場所・・・・・・・・・自宅庭から
  






2020年8月28日 (金)

8/27の散歩時の月と雲

2020年8月28日

今朝は雨 音を立てて降っている
この音を聞くのは久しぶりのような・・・・

27日の事
この日もそろそろ暮れようとしていた4時半過ぎ
首も無理しなければ痛みはほとんど感じない
今から散歩してくるよ と カメラぶら下げ
いつものコースへ
スピードは本当にゆっくり いかにも散歩そのものだ

空は雲が多いながらも晴れている
気温の方も あの高温続きのような事もなく
秋の気配も何となく漂い始め 国道へ出ると風が何となく涼しく
感じるようになってきていた

浮かぶ雲を見ながら安倍川方面へ
駿河大橋を歩くころは 川面を渡る風が心地よく感じる
ふと空を見る
真っ白い月が 青空バックに浮かんでいる しかも手前には雲
タイミングを見て一枚
その後 ついでに雲の写真も

橋の中ほどでUターン
現在安倍川橋の歩道部分が工事中の為一回りまでは出来ず
嫌でもUターン
空の雲を見ながら土手道を歩き本通りから自宅方面へ

夕食後改めて外に出てみると
月が煌々と輝いていた

下にこの時撮った月と雲の写真を載せて置きます

まずは 太陽方向へレンズを向け撮影 勿論レンズを向けただけで
覗いてはいない
  Img_0362_20200828093701
次は やや位置をずらし
  Img_0369  
次は
  Img_0371

  Img_0374_20200828093701
次は 富士山方向
  Img_0375
次は 青空バックの真っ白く見える月
  Img_0379-2
レンズを再び雲に戻し 彩雲を撮る
  Img_0384
次は
  Img_0386 
次は 公園の植木に止まるアブラゼミ
  Img_0414
再び 空を見上げて
  Img_0416_20200828093801
夕食後 暗くなって庭に出て再度月を見れば 雲の合間の晴れた空に
煌々と輝いていた
  Img_0430
次は上の写真をトリミングしたもの
  Img_04302
という事で 今日はこの辺で
尚 この一日前(8/26)は ちょうど半月でした。

写真撮影・・・・・・・・・8/27
場所・・・・・・・・・・・いつもの散歩コースより 夜の月は自宅庭より

2020年8月24日 (月)

8/23の宵の月

2020年8月24日

23日の夕食後 久しぶりに外へ出てみる
比較的気持ちのいい夕暮れ時
この時は首の痛みも遠のき 散歩にはもってこい

空を見れば 
流れる雲の合間に三日月が輝いていた

良し あれを撮って見るかと 急ぎ引き返し
カメラを持ち出す
ここの処 ご無沙汰だったカメラ
何となく手にズシリと感じたのは確かだったが・・

近くの公園へ行き そこから狙ってみた

ボケることなく撮れたには撮れたが やはり うーん

兎に角 下に その時の写真を数枚載せて置きます
まずは
  Img_0304
次は 公園にある街灯と共に
  Img_0308
レンズ自体は55mm~250mmの望遠ズーム使用だが 取り敢えず55mm使用
  Img_0310
次は 少しズームアップ 何mmぐらいだったのか・・・
  Img_0312
最後に 250mm一杯で撮り その後トリミングしたもの
  Img_0322_20200824152601
という事で 今日はこの辺で

今夕も見えれば写真のものより もう少し細い月が見える筈

じゃあ又

写真撮影・・・・・・8/23
場所・・・・・・・・自宅界隈

首の痛みは治まっているものの 左右を向くのはまだつらい
当分の間 通院治療が続くだろう・・・・
  
 



2020年8月21日 (金)

今日も今日とて寝てばかり・・・

2020年8月21日

今日も今日とて寝てばかり 朝食後、昼食後、夕食後
以前では考えられなかったことだ
この7月から始まった首の痛み
医者の診断では頸椎変型症
おまけに8月に入ってからの梅雨明け そしてこの暑さ

到底 何も する気にはなれず ただひたすら寝てばかり
たまに外へ出るとしたら
通院、買い物 そんな程度だ 後は 近くの公園へほんの数分の散歩 そして動物の森
頸椎の異常で左右を見るのも困難 おかげで車へ乗るのも遠ざかり
せいぜい自転車(ママチャリ)
それだって通院の足に使うぐらい
持っているカメラも大欠伸
最近ではすぐそばの公園で蝉を撮ったくらいか
早く本格的に使ってくれよと言ってるような
だが そんな気には到底なれず
ただ ひたすら横にゴロンとなってるだけだ

秋になって涼しくなれば 少しはなんて思うのだが どんなもんだろう

首に異常が起きる前は
梅雨が明けたら 行くぞ山へ 行くぞ高山の花見に なんて思っていたのだが
それも全て止め
いや それどころじゃなくなった 今年の夏

全くついてない夏となってしまった

あ~あ

今日も今日とてゴロンと寝てばかりの日になってしまった。

という事で 今日は この辺で
尚 今回は写真等はありませんのでご了解を。



«あれから2年・・・・

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック