無料ブログはココログ

2018年10月17日 (水)

初冠雪の富士の山・・・・・安倍川右岸より

2018年10月17日

一昨日15日夕のローカルニュースで富士山が冠雪したと報道されていた

昨日16日は朝の全国版でも初冠雪のニュース

へー どんなんだろう 見てみたいな と 思っていた

9時ごろ車で買い物に ある場所に行った時 正面に雪を被った富士の山が
うわっ すげーなー あそこまで白くなるとは

その時はそのまま帰ったが 午後もう一度買い物に
帰路 見た富士は 雪帽子はそのままで 小さな傘雲を被っていたのが見えた
ただ 空は曇っておよそ写真って感じでもなかったが
まあいいかな カメラ持って出直してみるかと
帰宅後すぐにチャリンコで安倍川へ

駿河大橋の中間ほどで後ろを振り返れば 買い物帰りに見た富士がそのまま そこに
さっそく一枚ガシャリ
Img_3892
橋を渡り終えた所でもガシャリ
Img_3896
さて 今回はどっちへ行くか 前回は上流側 なら 今回は下流側に行くかと
橋を渡り終え 用宗街道へ行ったん合流 線路をくぐり又安倍川土手へ
そして どんどん南下
Img_3906 静岡大橋が近くなったところでガシャリ
Img_3910 大橋をくぐったところでガシャリ
富士山を横目にそのまま安倍川河口目指し南下
Img_3918
上の写真は東名高速が近くなったところでズームの倍率を上げガシャリ
後は河口を目指す
丸子川との合流点を通り過ぎ
目の前が海岸になったところで いったんチャリンコを止め 浜へ
下の写真はその時に撮ったもの
Img_3923
さて
 ここも前にハッピーを連れてきたことあったなー あの時は何処から???
そうかあの時は用宗港からだ
そんな思い出に浸りながら 富士山を眺めていた
ここにどのくらいいただろうか チャリンコの所に戻り もと来た道を自宅目指しひた走る。

ということで 今日は この辺で 初冠雪した富士山を静岡側から見た様子でした。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・10月16日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市安倍川右岸より

 

2018年10月16日 (火)

丸子川沿いに咲くコスモスの花

2018年10月16日

一昨日(14日)のこと 静岡の西部を流れる丸子川沿いにコスモスがどうのこうのという話を
小耳に挟んだ
へー 丸子川にねー 何処なんだろう ちょっと行ってみるか
同じ日の昼過ぎ 自転車を走らせる

起点を安倍川との合流点にしても良かったんだが ママチャリでは ちと
距離がありすぎる
そこで用宗街道と東名高速との交差するところから上流へ向かうことに

家を出て その起点としたところまでのんびり走っておよそ30分
桜トンネルの下をまず走り JR線を潜り抜け 一応旧東海道丁子屋の所まで
キョロキョロしながら走っていけば
どのくらい行った所だろう
確かに咲いていた まさに今が見ごろといった処だった


コスモス自体 何も珍しいものでもないが
しばらくの間 そこで 花を眺め一応写真に収め 再び自転車を走らせ
丁子屋の所へ
そこから旧東海道を走り 自宅へ戻る
時間にしてかれこれ2時間半ほど

いい運動となったこの日のママチャリサイクリング

以下はその時に撮った写真です


まずは 走り始めの桜トンネルから 途中まで走ってから後ろを振り向いて一枚
この場所 一応桜の名所となっていて 時期には大勢の花見客で賑わう

Img_3863下の写真から そのコスモスの咲いていた場所だ
地元の人が丹精込めて育てたコスモス あの台風が原因だったんだろう
いくらか倒されていたものも有ったが見事に見ごろを迎えていた

Img_3865

Img_3870


Img_3874
このコスモスを見ていたら 何処からか一匹のアゲハチョウ カラスアゲハだと思うが
花から花へヒラヒラ ヒラヒラ
そのうち何処かへ飛んで行ったしまったが

Img_3880

Img_38812

下の写真は 上のコスモスの場所から 少し離れた所に咲いていたキバナコスモス
ほとんど終わりに近かった
このコスモスの場所からそれほど遠くない場所に

Img_3883トロロで有名な丁子屋
右手の看板には広重の丁子屋の風景が描かれている。

Img_3886ここから 旧東海道へ入り 丸子の街並みを抜け 自宅へ戻る

Img_3887ということで 今日はこの辺で じゃあまた


昨日のこと 富士山に初冠雪の話がローカルニュースで取り上げられていた
それが今朝は全国ニュースでも
いよいよ雪の季節がやってきた富士山
本格的に白くなるのは年が改まってからではあるが
又 楽しみが増えたのは確かだ。


写真撮影・・・・・・・・・・・・・10月14日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内


2018年10月13日 (土)

岡部のコスモス畑へ

2018年10月13日

昨日12日のこと
例によって午後からだが 岡部のコスモス畑へ行ってきた
場所はいつも行く場所 玉露の里のすぐ南側に広がる田んぼで
コスモスの時期はハッピーもよく連れていった所だ

例年通りなら田んぼがコスモスの花で埋まっているはずなんだが

だが 今年は台風24号の影響か 倒れていたりして
期待するほどでもなかった

それより雑草の陰に埋もれているような花も見受けられ
先日の雁堤のほうがよほど華やかに感じた
仕方のないことかもしれないが。

見に来た人たちも何だというような感じでさっさと引き上げていた

それでもいつものように良いとこ撮りだけして帰ってきたが。

ということで 下に その時撮ってきた 良いとこ撮りの写真を数枚
まずは
Img_3813 撮ったのは足元に咲く野の花も一緒に
Img_3815 上の写真は多分朝顔の仲間だろう つる性の植物には違いないが
続いてツユクサ 普段撮ったこともないのだが
Img_3831 コスモスに戻って
Img_3835

Img_3840

Img_3846

Img_3849

Img_3854 撮るだけ撮って帰宅する
帰路 ついでに動物の森へ立ち寄り お参りをし 霊園の隣にある田んぼの風景を
写真に収め 帰宅
下は その時の一枚
Img_3860 ということで 今日は この辺で じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・10月12日
場所・・・・・・・・・・・・・・・岡部玉露の里界隈 および 静岡市内

2018年10月10日 (水)

見ごろを迎えていたコスモス花壇・・・富士雁堤にて

2018年10月10日

7日日曜日のこと
昼前 兄が用事で家へ顔を出す その時 午後からだけど
富士の雁堤(かりがねつつみ)に行かないか?と誘ってみた
二つ返事でOK
じゃあ12時ごろ そっちへ行くから待ってて と
約束通りの時間に兄の家に 車に乗せ雁堤へ車を走らせる

そこは旧国一の富士川橋を渡ってすぐの信号を左へ入れば 直だ
Pへ車を置き 後は堤の上をぶらぶら
沿道の花壇に咲くコスモスがほぼ見ごろになっていた。
9月の彼岸頃なら彼岸花で染まっていた土手も
その頃はハッピー連れて良く遊びに行ったっけ
が 今はコスモスだ
Img_3685
兄は初めてだったようで 気持ちよさそうに歩いては深呼吸
周囲をキョロキョロしながら 嬉しそうにしていた
そんな兄をよそ眼に コスモスの花をカメラに収めながら 歩いていく
Img_3697
時には 輝く太陽をバックにしたりしながら
Img_3704



Img_3719


Img_3722 又 ここはコスモスと富士山のコラボを撮れることでも知られた場所だが
この日はあいにく雲、雲、雲

本当なら正面に富士山が見えるんだが・・・・・
Img_3729
ふと 向こうに目をやれば 雲の形がハッピーに見えてきた
いかん 又 涙が出てしまう・・・・
かろうじて涙をこらえ兄と別の全然関係ないことを話し 気を紛らせる
Img_3740
そして 再び コスモスを見ながら歩きだす
Img_3741


下の写真も 正面には富士山 多分三角の尖った所が山頂だろう
Img_3750


Img_3760堤の一番外れまで行き しばらくの間 高速を走る車を眺め
戻るか
帰りは芝生園地を歩いていくかと話をし 往復やく4k
車に戻る

兄を家まで送り 帰宅したときは4時を回っていた。

ということで 今日は この辺で じゃあまた。

写真撮影・・・・・・・・・・10月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・雁堤

コスモスの花言葉・・・・・乙女の真心、 調和、 謙虚

2018年10月 8日 (月)

ススキと☀と富士の山

2018年10月8日

昨日7日のこと

今日の日没は何時だ 新聞を見れば17時22分とある
そうか 外はよく晴れてるし行ってみるかと3時半ごろ安倍川へ
途中 弥勒公園に咲く金木犀の香りをかぎながら
自転車を走らせ 安倍川橋を渡る
Img_3627_2 渡り終え後ろを振り返りまずは1枚
Img_3634
その後上流側へ 土手道へ入れば
ススキの群落が風に揺れていた
Img_3639
土手道から河川敷広場に入り 自転車を適当な場所に止め 後はその辺をぶらぶら
そうだ逆光のススキでも撮ってみるかと レンズを向ける
Img_3642
一枚撮り終え 反対側を見れば 向こうに富士の山
いつもと変わらぬ姿がそこに
Img_3643
再びススキのほうに目をやる
カメラのモードをオートからMにし スピード、絞りを調節 ISO感度をあげ
夜の風景になるよう設定
Img_3645
それを撮り終え 再度富士の山へ目をやる
ススキといい具合に撮れるところがないかしらとキョロキョロ
Img_3656



Img_3659 うんあそこがいいかなと何とか撮れて 自己満足
Img_3667



Img_3674おいてある自転車まで戻り帰宅する    帰宅後日没となる

ということで 今日はこの辺で じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・・・・10月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川右岸河川敷広場にて


金木犀の花言葉・・・・・・・・・・・謙虚、 気高い人

ススキの花言葉・・・・・・・・・・・・生命力、 活力、 勢力、 心が通じる

2018年10月 3日 (水)

吉田公園から大井川河口付近にて

2018年10月3日


昨日2日の午後のこと

今日は少し出かけてくるよと 以前 ハッピーを連れて良く遊びに行った
吉田公園から大井川河口へ・・・・・・・

家を出て用宗街道からR150へ 慣れ親しんだ道を走ることかれこれ1時間
県営吉田公園のPに到着
さっそくカメラを持ち園内へ と 思ったのだが
待てよ 先に 河口へ行くかと
公園を通り過ぎ 土手に上がる

この吉田公園 大井川右岸に当たる吉田町の河口近くにあり
ハッピーを連れて春夏秋冬よく遊びに行ったものだ

が 今日は一人 ハッピーの面影を頭に浮かべ 蝶々が舞い飛ぶ堤防道路をぶーらぶら
Img_3557

Img_3559_2 はるか向こうには 富士山が

この風景 ハッピーと一緒によく眺めたものだ
Img_3561
Img_3564 川の水は 嵐の余波も消えやらずどぶ濁りだったが
遠く見る富士は台風などどこ吹く風って感じで秋の空の下にそそり立っていた
Img_3565
目を大井川上流に移せば 南アルプス新南部の山々が横一列
ここで思わずハッピーの名を呼んでいたのは事実である
Img_3571
河口を後にして 吉田公園内へ戻る
園内の芝生広場では どこかの幼稚園児たちが運動会
それを横目に見ながら 花壇のある場所へ
ススキが秋空に揺れ
Img_3582 アゲハ蝶たちが花蜜を求めながら舞い飛び
Img_3589


Img_3597 空に浮かぶはまさに秋の雲
Img_3603

この公園に河口と併せて1時間半ほどいただろうか

Pに戻り 自宅目指して車を走らせる。

この5日でハッピーが旅立って49日を迎える。今日は動物の森へお参りに
そしてハッピー安らかにいられることを改めて祈ってきた。

ということで 今日はこの辺で じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・10月2日
場所・・・・・・・・・・・・・・・吉田公園 および 大井川右岸河口にて


2018年9月29日 (土)

花開いた金木犀 雨の庭で

2018年9月29日

朝 裏のドアーを開けるとプーンと香ってくるいい匂い

そう 金木犀だ 3日ほど前 涼しくなって一気に咲き出した

咲き出したばかりはそれほど濃くはなかった色合いも ここにきて黄みを増し

見た目も鮮やかになってきた

だが外はあいにくの雨 どうするかなと思ったんだが 一応撮っておくかなと

カメラを持ち出しレンズを向ける

ぽたりぽたりと落ちる雨だれも 一緒にカメラに収め

Img_3475

Img_3476 PCへ移し 改めて眺めてみてみて
Img_3498 まあ こんなもんかと自己満足
Img_3501

Img_3526

Img_3531

Img_3543 明日から明後日の朝にかけ台風で大荒れになるという

被害の少ないことを祈り 今日はここまでとします

じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・・・9月29日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭にて


金木犀の花言葉・・・・・・・・謙虚、 気高い人

2018年9月27日 (木)

こんな写真を撮ってみた・・・その3・・・キバナコスモスに蝶

2018年9月27日

26日昼過ぎのこと

何か面白いものはないかと すぐそばの公園へ

だが そう簡単にあるわけがない

仕方なく帰ろうとしたとき 見たのは

今が盛りと咲いているキバナコスモスに蝶

一匹だけならなんとも思わないが 一組の交尾している蝶に
 
別のもう一匹がちょっかいを出していた しかも何度も何度も
Img_3419 これは面白いとしばらく眺めてみることに
Img_3420

Img_3421 そこにしゃがみこんで蝶たちの動きをじっと見ていれば

そのちょっかいを出してる蝶 近づいては離れ 離れては近づき
Img_3422
そのうち 我慢ができなくなったのか 交尾している蝶の上に舞い降りた

それでも2匹は知らん顔
Img_3423


Img_3424見ているこっちは 何となく 笑えてきたが ただレンズを向けるのみ

そのうち しびれを切らしたのか ちょっかいを出していた蝶

何処かに飛んで行ってしまったが 二匹の蝶は相変わらず交尾の真最中。

ということで 今日は この辺で じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・9月26日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅近くの公園にて

2018年9月23日 (日)

ちょうど見ごろ 彼岸花・・・・玉露の里界隈にて

2018年9月23日


ハッピーを送って6週目に入った昨日22日午後のこと

たまには気晴らしに何処かへ行ってみるかな と 思い

ちょっと出かけてくるよ と 家内に伝え 車を走らせた先は

岡部玉露の里に併設されている駐車場 久しぶりだ 
何度ハッピーを連れてきたことか
つい昨日のことのように思い出される・・・・・

家を出て30分弱か 車を止め カメラを肩からぶら下げ 朝比奈川沿いの道に入る
道路際には今が盛りとばかり彼岸花

へー こっちは今が見ごろじゃん 家に咲くのは完全に終わったというのに へー
場所によって随分違うな
いや~ それにしても暑くなったもんだ

きているものがあっという間に汗だらけ 9月も彼岸だというのに
ふ~~~
まあ とにかく 折角咲いてるんだから撮っていくかと 
カメラを向けながら1時間と少しぶらぶらしていたか

帰宅したのは3時前だったか ほんの少しだけ沈んでいた気が晴れたような気がした
昨日のこと

下に この時撮った写真を数枚載せておきます
Img_3298
 Img_3320

Img_3329

Img_3333
(上の写真で 彼岸花の向こうに見える櫓は
朝比奈大流星を打ち上げるときに使用さる櫓である)
又 ここには大きくはないが椿園もある そこに何か白い花が見えた
おや あれは白花彼岸花かな 行ってみるかと 足を向ければ
Img_3336 思った通り白い彼岸花 へー 又 これだけよくもまー
そう思いながら上へ登っていくと
何やら陰でゴソゴソ ん?あれは? ウリボウだ しかも2匹
なかなかすばしこく カメラを向けシャッターを押す前に逃げられてしまった
まあいいか 親がいなかっただけ助かった ホッ。
踵を返し 再び朝比奈川沿いの道へ入る
Img_3349
Img_3365 歩みは 相変わらず ゆっくりゆっくりだ
Img_3387 額から流れ出る汗をふきふき 写真に興じ 一回りして車に戻る
Img_3396
Img_3401 さて 帰るか 自宅目指して車を発進させる。

ということで 今日は この辺で 久しぶりに花の撮影を楽しんできたひと時でした。

じゃあまた

写真撮影・・・・・・・・・・・9月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・・岡部玉露の里界隈にて

彼岸花の花言葉・・・・・悲しき思い出、 あきらめ、 独立、 情熱

2018年9月10日 (月)

こんな写真を撮ってみた・・・その2・・・ん?あれでも虹???

2018年9月10日

昨日9日の事

午後 前日と同じように明るいうちにウォーキングに出かける
何時もの道を 流れる雲を見ながら安倍川方面へImg_3100駿河湾上には積乱雲が浮かんでいた Img_3104この雲も 見ている間にその姿を変えていく それが又面白く見ていたが
限がない 先へ行くImg_3108駿河大橋を渡り 右岸の道を安倍川橋まで
途中 富士山が顔を出した
カメラには広角系のレンズ 如何かなと思いながらも一枚Img_3132安倍川橋を渡り始めた時 下からいい匂い そうバーベキューだ
1組のパーティが橋の下で大騒ぎ

そんなのを覗き見しながらユックリユックリ その内気が付いた
先ほどの駿河湾上に浮かぶ雲 それが ほんの一部だけ虹色に染まっている
太陽の位置がちょうどいいんだろう
早速にレンズを向ける ただ 望遠でない事だけが残念だったが・・・Img_3156雲自体は ハッピーが大空に向かって何やら言ってるように思えたが
見る物の気持ちの持ちようかも知れない。
それにしても珍しい現象だ おそらくあの下は降っていたんだろう
Img_31562上の写真は 周囲をトリミングした物
そして もう一枚Img_3158渡り始める時にはそんな風には見えなかった遠くの積乱雲
良いものを見たなと しばし 足を止め 見入ってしまった
だが 道行く人たちは 感心が無いのか 或いは 気が付かないのか
足早に通り過ぎて行った事は確かだ。

やがて その現象は太陽が動くと共に消えた と 同時に又ゆっくりと歩き始める。
そして 最後にもう一枚Img_3173正面の山は 徳願寺山。

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・8月9日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川周辺




 

«こんな写真を撮ってみた・・・流れる雲に

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック