無料ブログはココログ

9/15の富士の山

2019年9月16日

今日も暑い 真夏だよ 本当に
空を見ればいくらか雲はあるものの晴れ晴れ
予報では35度だ 実際には???だが
こう暑いと外に出る気もせずだ ヤレヤレ

昨日15日の方がまだ良かった
この日も朝から良く晴れて暑い日にはなったのだが今日ほどでもなく
特に昼前は比較的過ごしやすく感じ
自転車を引っ張り出し安倍川堤防道路を走ってきた

いつもの様に国道へ出て安倍川にかかる国一の駿河大橋を渡り
右へ曲がりすぐに折り返すように左へハンドルを切る
そして堤防道路から一旦用宗街道へ 国道とJRをくぐり
再び堤防道路へ
空は何処までも青く左手遠くには夏富士が良く見える
その富士を見ながら河口まで走り
そこからUターン
今度は右手に富士の山 正面には安倍奥の山々を眺めながら駿河大橋へ
そうして帰宅する
かれこれ2時間程のサイクリング
昼過ぎは自宅でノンビリと過ごしていた
15日日曜日の事

下にその時安倍川越しに撮った夏富士の姿を何枚か載せておきます
まずは駿河大橋を渡り終え右に曲がってすぐのところで
  Img_6641
次は 国道、JRをくぐり再び堤防道路へ出た所で
  Img_6643
後は どんどん南下し適当なところでガシャリガシャリ
  Img_6645

  Img_6647
下の写真は静岡大橋をくぐり100m程行った所から見たもの
  Img_6649
次は 高速道路をくぐる直前に
  Img_6654
下の写真はR150をくぐり まもなく河口という所
  Img_6667
そして 最後に こんな写真を
  Img_6678
ススキの前ボケで富士山を 赤い橋はR150の橋 これより下流側には橋はなしだ。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・9月15日
場所・・・・・・・・・静岡市安倍川右岸堤防道路から







2019年9月14日 (土)

久しぶりの動物園

2019年9月14日

昨日9月13日
久しぶりに日本平動物園へ行く
前に行ったのは何年前だろう もう 記憶にないほど前の事だ
その後どう変わってるんだろうか
たまには行ってみるかなと思ってはいたもののあの暑さ
とても行く気も出なかった
それが昨日13日 曇り空だったせいもあるのか
長袖でもいいくらいの涼しい陽気に
良し 行ってくるかと 早めの昼食を済ませ ひとっ走り
動物園までは家から車で30分強
日本平パークウェイに入って間もなくの所だ

この動物園 シニアクラスになると入園料は無料だが駐車料金は別
料金を払い園の中へ

へー 前とはかなり変わってるな
キョロキョロしながら歩いていく
ビジターセンターから始まって 猛獣館やらレッサーパンダ館
サルたちの檻ら草食獣舎、爬虫類館、ペンギン館、ふれあい動物園、
フライングメガドーム、夜行性動物観、熱帯鳥類館等々

たまにはこんなのも良いもんだと4時間程そこで過ごし帰宅する
下にその時撮った写真をそれこそ抜粋で載せておきます。

まずは案内図のコピーから
  Img_3647
後は順不同です
レッサーパンダ
  Img_6461
チンパンジー
  Img_6471
牝ライオン
  Img_6480
タイガー
  Img_6490
白クマのロッシー この動物園では中々の人気者
  Img_6496
キリン
  Img_6498
ふれあい動物園にいる黒ヤギ
  Img_6524
やはりふれあい動物園にいるカピパラ
  Img_6529
フライングメガドームの中で テナガザル 何をかんがえてんだか!
  Img_6541
やはりフライングメガドームの中で
  Img_6549
次はフラミンゴ オープン当初はもっといたと思ったんだが・・・
  Img_6553
次は白サイ
  Img_6564
そして ワライカワセミ
  Img_6585
次はペンギン ペンギンはペンギンでもフンボルトペンギンというようだ
  Img_6597

  Img_6601

そして 最後に 象 インド象だ
  Img_6628
他にも写真は撮ったが どれも似たようなっもの
という事で 今日は この辺で

動物たちに癒されたひと時でした じゃあ又。

写真撮影・・・・・・9月13日
場所・・・・・・・・静岡市営日本平動物園



    



2019年9月10日 (火)

嵐が去ったまでは良かったが・・とんだ置き土産

2019年9月10日

暑い 全く暑い 真夏に逆戻りだ
静岡は降ったには降ったがそれだけで
端っこもかかったのかからなかったのか とにかく何て事もなく通り過ぎただけ
だが翌日のTvニュースを見て吃驚
伊豆から関東にかけ甚大な被害をもたらしていた
そして遠ざかっていった 台風15号
その置き土産が この暑さ
嬉しくもない土産物だ
我が地域はそれでも34.9度 所によっては35度越え いや
もっと高い所も
全くうんざり
今日も予報は35度だ 
少し歩けば汗がタラタラ

そんな事言っても相手が相手
無理せずってのが良い処か・・・・

嵐が去った日の昨日(9日)夕方近く
いくらか温度も下がり涼しさも出てきていたため
いつもの様に歩きに出る
空には秋の雲なのか はたまた風が強いだけなのか
太陽を取り囲むように薄いカーテンのような雲が流れている
しばらく見ていれば飛行機雲
  Img_6420

  Img_6422

  Img_6431
あるいは鱗雲などが 見てとれた
それらを見ながら駿河大橋を渡る そして富士山方向を
駄目か 雨雲らしき雲が広がり全然見えず
安倍奥へ目を転ずれば 上空には積雲なのか いくつも連なっている
  Img_6432
  まあいいか
それよっかこれだけ雲があるんだから
もしかしたら彩雲も
上を見ながら橋を渡っていくも ふと安倍の流れを見ると
何を狙っているのやら 一羽の鷺
  Img_6435
この後空に彩雲を見る
  Img_6440
少し場所を変えて レンズをズームダウンしもう一度
  Img_6444
暫くこの彩雲を眺めてると そこへ飛行機が
真ん中を突っ切り飛んで行った
      Img_6448 
安倍川橋を渡り 安倍川もちで知られた石部屋の前を通り
本通りから 自宅方向へ
いくら暑さが和らいだ夕方近い時間とは言え
暑いのには変わらない
帰宅後 思い切り 水を浴びたのは言うまでもない

そしてもう一枚
  Img_6450

歩いたのは今にも日が落ちる そんな時間帯だった。

それにしても暑い とんだ置き土産だ

写真撮影・・・・・・9月9日
場所・・・・・・・・静岡市安倍川周辺にて








2019年9月 8日 (日)

三保真崎海岸にて

2019年9月8日

昨日(9/7)の事 三保海岸へ行った時のリベンジでもないが
昼から三保真崎海岸へ出かけてきた
目的はもちろん富士山
前日の日本平からの眺めに気をよくして出かけてみたのだが

自宅から50分弱か 真崎海岸のPに到着
此処は以前海の家があった所だが
今はPとなり 大勢の人が利用している場所だ
正面には見えれば大きな富士山
日本平から見る富士は 絵葉書そのものだが
この真崎海岸からはそれこそダイナミックな姿が見られる

その筈だった

生憎の雲
それでも山頂が見えてるからいいかと
しばらく眺め
三保灯台目指しウォーキング開始
思えば 此処も 良くハッピー連れて歩いたっけ
いつぞやは狸に出くわしたこともあった
其の頃のことを思い出しながら テクテク
海岸へ出たり自転車道を歩いたり
其のうち灯台下へ そしてUターン
距離としたら 灯台から羽衣の松へ行くよりもはるかに近い
時間もそれほどかからない 犬の散歩にはもってこいの場所だった
そんな道を雲の上に頭を出した富士山見ながらテクテク

下にその時の写真を載せておきます
なお この日 結局最後まで雲がどくことはなかった
まず 行ったばかりに白灯台を一緒に 雲なければな~ そう思ったが
こればかりは・・・
  Img_6315
次は 松の若葉の向こうに富士を入れて
  Img_6319
次は 見る方向を変えて 安倍東山稜方向を
  Img_6326
写真中央に地球観測船も見える
次は 清水港から出てきた一艘のヨットと富士
  Img_6328
次は 土肥へ向かう駿河湾フェリー 清水港から出てきたばかりだ
  Img_6334
次は 敢えて海岸も入れて撮っている
  Img_6335
次は 少しクローズアップを
  Img_6340
ゆっくりだが徐々にその姿を変えていく雲 雲 雲
次は 何処へ行ってきたのか 清水港に帰るモーターボート
富士山には何やら黒っぽい雲もかかってきた
  Img_6355
そして こんな写真も撮ってみた
  Img_6359
ほんの一時だが 上のようになった富士山

そして最後に もう一枚
  Img_6363
なお最後の2枚 撮影モードをオートからMモードに変え 撮って見たもの

という事で 2回連続の富士山についてでした
では 今日は この辺で じゃあ又

それにしても 雲がなかったらな~~・・・・・

写真撮影・・・・・・9月7日
場所・・・・・・・・三保真崎海岸 及び その界隈







2019年9月 6日 (金)

残暑の日本平より夏富士を望む

2019年9月6日

朝から良く晴れた今日6日
昼食後 日本平へ向かう
この天気 多分 富士山が見えるだろうと

後方からの車もなくパークウェイをノンビリ走り 40分ほどでPへ到着
到着すれば 意外と車が多い 観光バスも然り
桜咲く時期程ではないが・・・・

さて 富士山は?とそちらの方向を見れば
見えた 中腹に雲は出ているものの 良く見える
自然 展望台へ向かう足も速くなる
まずは第2展望台へ立ち寄り その次に夢広場へ向かう
平日とはいえ 大勢の観光客
その誰もが富士山をはじめとする眺望に歓声を上げ記念写真を撮っている
その人たちの間に入り 思う存分夏富士を眺める
富士山はいつ見ても どの季節に見てもいいもんだ
もしこれが先日行った三保で見えていたら・・・
つくづく感じた 残暑厳しい午後の一時

帰るとき 三保へ そうすれば先日のリベンジを なんて瞬間思ったが
そのまま帰宅する。

下にこの時撮ってきた写真を載せておきます
まずは第2展望台より撮ったもの
  Img_6258
そして 夢広場及び山頂展望台より望む
その後 茶畑と富士を撮りに少し歩いて山を下る
下の写真は山頂展望台より見たもの
  Img_6271
清水の街と清水港 それに三保半島を前景に向こうに富士がそびえている
次の写真は夢広場の屋根をかすめ撮ったもの
  Img_6276
次は 手前に花壇を入れて撮ったもの
  Img_6280
次は 逆光のテレビ塔
いたずらに撮る
  Img_6284
次は 静岡市の中心部を俯瞰撮影
  Img_6287
そして いつもの風景
  Img_6292
次は 茶畑を手前に入れ 我が静岡のそれらしく撮ったもの 街並みは清水の街だが
  Img_6293
次も同じ 撮る場所を変えている
  Img_6304
そして最後に
      Img_6296
という事で 今日は この辺で
それにしても今日も暑い日になりました じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・9月6日
場所・・・・・・・・・日本平より  





 

2019年9月 4日 (水)

三保海岸にて

2019年9月4日

あれは 一昨日3日の昼過ぎだったか
たまには行ってみるかなと思い出かけた先は三保
最も 三保といっても付け根から先端まで広いが
行くところは決まっていて たいていが灯台下から真崎海岸だ
だがこの日は違う
灯台下のPに車を置いて羽衣の松がある三保の松原往復だ

雨の心配もないし
そして平日だ それほど 混んでもいないだろうと
車を走らせる
家から40分ほどかかったか 三保灯台下のPにつく
思えば ハッピー連れて良く来たっけなー
当時の事が昨日の事のように思い出された
一緒にこんなのも眺めたっけなー
手前は駿河湾 向こうは伊豆の山々だ
  Img_6155
こんなのも
 Img_6157
当時の事を思い出しながら羽衣の松方面目指し歩き始める
少し行ったところで見た道標によれば
見てきた灯台まで300m
鎌ヶ崎まで1600mとあった ふ~~ん こんなもんだったんだ
もう少しあったような気がしたが
この鎌ヶ崎の一角に羽衣の松が そしてこの辺りが 三保の松原として世界文化遺産の構成資産として
登録されている
兎に角 そこを目指し テクテク ウォーキング開始だ
 Img_6160
海を見れば白波が立ち 風が相当強いのが分かる
途中後ろを振り返れば
 Img_6162
すげー 雲
天気さえ良ければ富士山もバッチリの筈だったが
そうこうしているうちに鎌ヶ崎
 Img_6167
何が名勝だか知らないが とにかくここから砂地の遊歩道
 Img_6169  
松林の中を歩き
 Img_6177
こんな松を眺め 現代の羽衣の松の前に
 Img_6180
そして 海岸へ
下の写真で雲が一段と高くなっている所が富士山だが
この日は4枚目の写真でも書いておいたが とても富士を望める状態ではなかった
 Img_6183
ともかく海岸へ出たまでは良かったんだが
痛・・・・・・・
風が強く砂粒手が所かまわずだ
こりゃあたまらん 早急に松林の中へ退散
他にも観光客が大勢いたんだが 皆 同じ思いではなかったろうか
兎に角もと来た道へ戻りウォーキング再開
  Img_6195
松の新芽をのぞき込んだり 松ぼっくりを眺めたりし
途中からコースを変えて P目指し テクテク
 Img_6200
丁度 木の葉に止まったアカボシゴマダラと云ったか 偶然だったが
これを写真に収め
灯台下のPへ戻る
 Img_6204
という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・9月3日
場所・・・・・・・三保海岸

松の花言葉・・・・不老長寿、哀れみ、同情






2019年9月 2日 (月)

ちょうど見ごろだったパンパスグラス・・吉田公園にて

2019年9月2日

8月31日昼過ぎの事 天気もいいし
パンパスグラスが見ごろになってるかも知れない
良し 行ってくるかと
出掛けた先は県営の吉田公園
この公園 季節によっていろいろな花が咲き 訪れる人を歓迎してくれている が
今回の目的はただ一つ題名のパンパスグラスだ
勿論他にも撮らないわけでもないが・・・・

家から1時間強 Pにつけば飛行機の爆音
静岡空港へ着陸するんだろう 高度も低く 空港方面へまっしぐら
  Img_6095
それを見送り
園へ
早速パンパスグラスのお出迎えだ
  Img_6096
丁度 真っ盛り この花は南米、ニュージーランド、ニューギニアに分布するイネ科の植物
主に栽培されるのは南米産のセロアナ種とか
そして大草原に生える草という意味合いがあるようだ
そのパンパスグラスが見事に見ごろを向かえていた
  Img_6100

  Img_6102
取り敢えず何枚かここで撮り 中へ
好きな野の花の小道を通り
芝生広場から花壇から ぐるりと一回り
  Img_6127

  Img_6129
其のうち 青空だと思っていた空に雲が広がり
今にも降り出しそうな気配になってくる
海の方は晴れているのだが 妙な空模様
一応降らなきゃいいかと 今しばらく見て回る
  Img_6132

  Img_6135

  Img_6138

  Img_6147
さあ この辺で帰るかと 車に戻った瞬間
大粒の雨
やっぱ降って来たか
でもまあいいか と 車を発進 帰宅する
妙なことにその雨 本当に部分的
大井川を渡るときには雨のあの字もなかったことをここに記し
今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・8月31日
場所・・・・・・・・静岡県営吉田公園

パンパスグラスの花言葉・・光輝、人気






2019年8月31日 (土)

夜のウォーキング 何時もの道をテックテク

2019年8月31日

日暮れ 実に早くなった
ついこの間までは7時半といえどまだ明るかったと思うが
ここにきて一気に早くなったような
7時にはもう暗い・・・・

夕食を済ませた後15分ぐらい休憩し 一回りしてくるよと
ウォーキングに出る
・・・勿論昼間山などへは行かない時だが・・・
家を出るのがだいたい6時45分
駿河大橋にかかる頃はだいたい7時
その時には日もとっぷり暮れ 街灯もともり
車のヘッドライトが眩しく感じる
  Img_6065
正面から走ってくる自転車に気を付けながらテックテク
川面に映る安倍川橋のライトがきれいだ
一瞬足を止め じっと見入ってしまう
  Img_6066

  Img_6072

  Img_6073

  Img_6079
目を転じて今歩いてきた方向を振り返り 街の明かりを眺め
  Img_6084
再びテックテク
駿河大橋を渡り終え 安倍川橋を目指す
いつも歩く道 ハッピーを連れて歩いた道
  Img_6092

  Img_6093

一回りしてかれこれ1時間
歩数にして6000歩

毎日同じ道をテックテク
我ながらよくも飽きがこないもんだと思う

8月も下旬に入ったころから川筋を吹く風は涼しくなり
汗もどこへやらである

多分今夜も行くだろう
安倍川橋の夜景を眺めながら・・・

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・8月30日
場所・・・・・・・・安倍川筋にて




2019年8月28日 (水)

東富士へ火力総合演習を見に行ってきました

2019年8月28日

数日前 相棒のFさんから 25日 火力総合演習を見に行きませんか と 連絡が入る
毎年行われている陸上自衛隊の実弾演習 新聞やTVでは見ていて一度はと思っていた
そこへ誘いの連絡だ すぐにOKの返事
演習開始時間は10時という事だが 
会場までのかかる時間と混雑を予想し 早朝に出発します という事で
朝5時に家へ来てもらう約束にする

やがてその日 5時迎えに来てもらい 雨具の支度もし御殿場東富士演習場へ向け出発
高速を走り 指定された駐車場からは送迎バス
7時にはならなかったと思うが すでに大勢の人々
座席も確保し 時間の来るのを待つ
その合間にも演習の演習を見せてくれ 退屈せずに待つことができた

席もほとんど埋まり やがて開始時間だ
戦車、装甲車、火砲、航空機など迫力のある演習が行われ
あっという間に時間が過ぎていく
そして終了時間
この間 天候も何とか持ってくれ
会場を後に
帰りのバス待ちも大行列
そうしてるうちに結局雨具が必要になってしまった
それほど長い時間ではなかったが・・・

下にこの時撮ってきた写真を数枚載せておきます
ただ迫力に欠けるかも知れませんがその辺はご了承を
まずは
      Img_5969
そして向こうを見れば
  Img_5970-2 
大したもんだ 富士山の形になってるんだから
実際の富士山は雲に隠され見えてはいないが
  Img_5981

  Img_6004

  Img_6005-2_20190828082401
次は
      Img_6011-2    
上の写真 撮った写真をPCに取り込み確認して気が付いた
右側に発射されたロケット弾が写っていたのを
広角気味で撮っていたため写り込んだのだと思うが
ズームアップして撮っていたら・・・・・・・・・
次は
  Img_6013
これも発射された弾痕が写っているような
白い煙の筋のようなものがそうだ。
  Img_6034
次は戦闘ヘリからの機銃弾 赤い短い線のようなものが それ
これもズームアップして撮っていたら写り込まなかったと思う
      Img_6036
次は
  Img_6046
下は着弾地点の風景
  Img_6048
下は 戦車から発射された弾痕が写り込んでいるような
一筋の煙が目標地点まで伸びているのが分かると思う
  Img_6051
次は これも同じ
発射音がしてからでは遅いため ファインダーをずっとのぞき込み
タイミングを見計らいシャッターを押していた
  Img_6055
そして 今回の最後に
  Img_6058
帰路 駒門のPAにより軽食を取り
帰宅したのは4時15分ごろだったか
誘われた時 帰りは4時を回るかも知れませんよと言われたのを思い出し
あの混雑
あれでは当たり前だろうなと改めて痛感した

Fさんのおかげで見ることができた 今回の演習
写真には絶好のネタだが
実際に使われることがないことを祈る

なお 今回のこの演習 新聞やTVなどのニュースにも載ったと思いますので
細かいことは省きました。

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・8月25日
場所・・・・・・・・東富士演習場

2019年8月26日 (月)

今年も見てきた田んぼアート

2019年8月26日

24日の事
昼過ぎから菊川の田んぼアートを見に出かけてきた
鑑賞会そのものはとっくに終わっていて 展望台にも上ることはできなかったが
一応見ることだけは出来た

場所は菊川市下内田の稲荷部地区の水田
車で道路事情にもよるが片道1.5時間強だ
此処はハッピーも何回か連れて行った事もある水田地帯だ

田んぼアートの登り旗を目印に農道を走れば
やがてその場所へ到着
車を適当な邪魔にならないような所へ寄せ停車
展望台は駄目だが すぐそばを流れている川の土手に上がる
アートは二面
一面は富士山と菊川茶のイメージキャラクターだろう
もう一面はマスコットキャラクターだろう

一応撮るだけ撮ってその場を後にするものの
やはりハッピーの事を思い出してしまった
この日の田んぼアート見物

兎に角この時撮った写真数枚 下に載せておきます
まずは富士山のアートから
  Img_5924 
すぐそばを通る道路を走ってきたのだが 運転席の窓からでは
何がなんだかわからず 土手の上から見て初めて なるほどと思う
展望台に上がることが出来ればまだ良かったのだが
これは仕方なしだ
次はもう一面のアートの方を
  Img_5930
こっちの方も始めは何だかわからなかったが 見る位置を少しづつ変えていき ようやく理解
今年開催されるラグビーを菊川のイメージキャラクターを使いデザインしたものとか
  Img_5931

  Img_5932
レンズを広角に切り替え
  Img_5938
そして又 隣のアートを
  Img_5935

  Img_5936

  Img_5943
最後にもう一枚
  Img_5946
それにしても 上手く作るもんだ
稲が伸びてきたとはいえ これだけクッキリなんだから

以前何種類の稲を使うか聞いたことがあった
確か・・・8種類だったか・・それにしても

念のため 他所の田んぼを見れば 稲穂もたわわに垂れ下がり 刈り入れも近いんじゃないか そんな感じだった
現にここへ行く途中 すっかり刈入れが終わった田んぼも何か所か目にしていた。

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・8月24日
場所・・・・・・・・菊川市下内田稲荷部(いなかべ)地区



 



2019年8月22日 (木)

タカサゴユリ咲くころ

2019年8月21日

今の時期 あちらこちらでタカサゴユリが咲いているのを目にする
今日蕾だと思っていても翌日には咲き 次から次へ咲いていく
一つの花はそう長くはもたないが
この暑い時期 一生懸命に目を楽しませてくれる花

今まではあまり見向きもしなかったのだが
花の熱意に負けて少しばかり撮ってきた

しかも この時 雄雌だと思うがアゲハ蝶がヒラリヒラリ
目の前を舞い飛んで こちらにもレンズを向けてみた

下にこの時の写真を載せておきますので 宜しくお願いします
まずは
  Img_5903

  Img_5906
そして蝶 ピンぼけになってしまったが何とか撮れたアゲハチョウ
  Img_5909-2

  Img_5910-2
再び タカサゴユリ
  Img_5912

  Img_5915
そして こんな写真も
すぐそばで鳥の声が聞こえたため 声の方に目をやれば
  Img_5916
どこからどうやってこの上に来たのか分からないが 翌日見た時は
もう影も形も無くなっていた 今元気でいるのかどうなのか???だが
最後に 自宅玄関前に咲くクレマチスを
  Img_5900
   
という事で 今日は この辺で

写真撮影場所・・・・・・・自宅 及び 自宅近くの公園にて

タカサゴユリの花言葉・・・純潔、威厳、無垢
なお この花の原産地は台湾 花期は7月~10月とか

クレマチスの花言葉・・・・精神の美、旅人の喜び、策略

2019年8月19日 (月)

8月16日の月

2019年8月19日

いまさらと思いましたが敢えてここへ載せておきます

8/16の夜の初めの事
天気もまあまあだし 行ってくるかと
夕食後いつもの様にウォーキングへ
コースもいつも通り
このころになると 日没も早まり 7時ごろになると外は大分 暗い
空を見ても晴れているのか 曇っているのか・・・・

歩いているときは分からなかったが
家近くへ戻った時
月が見えていることに気が付いた しかも真ん丸な月が
おっ 月だ 綺麗だなー
帰宅と同時にカメラを持ち出し
国道筋へ
あれ 月は?ついさっきまで出ていたのが雲に隠され見えなくなっていた
其のうちに雲が切れ見えたと思えば又次の雲
その繰り返し
それでも何とかカメラに収め改めて帰宅する
後で見ると 何だ この写真はなんてものも有ったが

下にその時の物を載せておきます。もちろん抜粋ですが
まずは
   Img_5879
撮っていた場所が悪かったのか 東海道線の架線も入ってしまったのがミソ
黒い影は雲
   Img_5880
写真はもちろんトリミングしてありますので
        Img_5884

   Img_5885
この時は 確か満月の翌日だったと思うが
        Img_5890
そして 最後に
クレーターの凸凹も写っているような
   Img_5890-2  
そして この翌日 ハッピーの1周忌の法要でした

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・8月16日
場所・・・・・・・・自宅界隈より




2019年8月17日 (土)

一周忌

2019年8月17日

とめどなく涙が頬を伝う
もしかしたら一粒ぐらいはと思ってはいたのだが・・・・

明日18日がハッピーの命日 其の一日前の丸1年の時つまり今日17日に
動物の森霊園に法要依頼
時間は13時から
その時間に間に合うよう ハッピーの写真を持ち家を出る
(祭壇に飾ってもらうためにだが)
現地について受付を通し写真をお願いした時 およそ5分前
本堂で少し待っていれば
やがて開式だ
僧侶の挨拶から始まって読経、焼香へ進んだ時
涙が
一粒頬を伝わったと思ったら 次から次へ流れだし 最後まで涙、涙、涙

本堂での式が終わり 外の動物観音の前で読経していた時も涙は止まらずだった

こんなに涙が出たのは 一年前に別れた時以来だ

式全体では30分ほど

霊園側にお礼を言って 帰宅するも 車の中でも涙が頬を伝う
家の中に入ってやっと涙が止まる
今日のハッピーの一周忌

持って行った写真を 今までの所に戻し

良かったね ハッピー これからも一緒だからな と 改めて手を合わせる。

という事で 今日は この辺で

下にもっていった写真を載せておきます
この写真 ハッピーが13歳の頃だったと思ったが 秋のコスモス畑で撮ったもの
  Img_7788
じゃあ 又。





2019年8月15日 (木)

盆供養会へ・・・動物の森霊園

2019年8月15日

今から3週間ほど前だったと思うが いつもの様に動物の森霊園へお参りに行った時の事
8/13~8/15の夜6時から8時に盆供養会があることを知った
そうか そんなものがあるんだ でもどうするかな すぐに一周忌もやるんだし
すこし考えてしまったことは確かだ
そして13日
やっぱ行ってみるか 天気もいいし
夕食後7時15分頃だったか車を走らせる
何時もの道をいつもの様に
やがて動物の森霊園
着いた時には供養会も始まっており 大勢の人たちでにぎわっていた
駐車場も然り
その時丁度空いたスペースに滑り込ませる

動物観音様に通じるほんの15mの参道の両側には
ずらりと万灯が飾られ 昼間みる風景とは異なり なんとも厳かな風景だ
早速線香をあげ参拝
その後改めて私も万灯をお願いする
そしてしばらくその場に・・・・

その後も来る人後を絶たずだったが時間はやがて8時
その場に別れを告げ帰宅する
ハッピー 又来るからな 待っててくれよ と 心で声をかけて

下にその時の写真5枚ほど載せておきます
まずは行ったばかりに撮ったもの
   Img_5856   
そして すこし離れた所から
 Img_5858
次から次へ参拝する人 完全に除けるわけにもいかず
次は そう愛犬ハッピーへの万灯 中は蝋燭だ
 Img_5863
風が吹くたびにユラユラ揺れ 見ているとこれまた不思議な感覚がして
楽しいものだった。
 Img_5867
そして もう一枚
 Img_5868
本当は もっとたくさんの万灯を入れたかったのだが・・・・・

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・8月13日
場所・・・・・・・・動物の森霊園

2019年8月13日 (火)

8月12日の夕焼け空と富士の山

2019年8月13日

12日の事
夕食後 何時ものようにウォーキング
何時ものコースをいつもの様に
最近は日の暮れも早くなり
6時半を過ぎるとボチボチ夜のとばりが下りてくる

この時は天気も良く
空には月が輝き始め それを眺めながら テクテク
駿河大橋へ差し掛かった時 ふと後ろを見る
久しぶりに富士山がクッキリ見えている
珍しいなと思いながら先へ進む
空は夕焼け空 井川方面を見れば真っ赤に染まり
明日の好天を約束すかのごとくだ

橋を渡り終え土手道に入ると同時に 改めて富士山を眺めれば
お 見えた
5合目から山頂に至る山小屋の灯が良く見えた
あたりが夜のとばりに包まれ始めた頃 余計にはっきりと
こんな日も最近珍しい
夕方から雲に覆われ見えなくなる日がほとんどだった

そんな富士山を眺めながら 安倍川橋を渡り返し
いつもより短いコースで帰宅する

下にこの時撮った写真を載せておきます。
まずは月から 東海道線の架線を支える電柱を手前に
撮ってみた 月
      Img_5791-2
次は 月そのもの ちょっと条件を変えて撮ってみた
  Img_5797
そして 橋を渡る頃 後ろを振り返り
  Img_5801
次は 4枚 夕焼け空
  Img_5806

  Img_5808

  Img_5812

  Img_5813

そして富士山を
  Img_5832

  Img_5841
最後にもう一枚
  Img_5844
写真は少しづつ条件を変えて撮っているため 色合いも少しづつ変化
その辺はご了承のほどを
これでもし時間が早かったら 山小屋の灯は・・・・
沈む太陽は見えたかも知れませんが

という事で 今日は この辺で じゃあ又

2回連続 夕景写真でした

写真撮影・・・・・8月12日
場所・・・・・・・静岡市内安倍川周辺より





  

 

«梅雨明け10日というけれど

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック