無料ブログはココログ

« コスモスと彼岸花が咲く堤 | トップページ | 第2東名ウォ-ク »

2010年9月30日 (木)

ススキの高原 富士朝霧高原

2010年9月30日 -記-

あれだけ暑かった朝晩の気温もすっかり秋めいて、出やすい季節になってきた。
けれど私の心は相変わらず、
くよくよしても始まらないが、如何ともどうしようもない。

そうだ 広い場所へ行けば気も晴れるだろうと思い 富士の裾野 朝霧高原へ
いってきた。
9月29日 天気は雲があるものの雨の心配はない
同行者は私の妻と愛犬ハッピー。

朝9.00頃家を出る
東名経由西富士道路を経てR139 途中で弁当を仕入れ まずは本栖湖を目指す
根原にある朝霧道の駅を通り過ぎたころ左右を見ると
凄い あたり一面ススキの高原だ。とりあえずは通過する

11時少し前にPへ到着
気温は15度 涼しいを通り越し やや寒いくらい。

Img_0006ススキの花穂が風に揺られ、すっかり秋だ
先に昼食を済ませ、湖畔の散策に出かける。
Img_0012富士アザミを見る いつ見ても綺麗な花だ。
普通のアザミとは異なり 花は大ぶりで 全て下向き ひとつの株から
いくつも花を咲かせる。

Img_0014 我が愛犬も嬉しそう?
Img_0033 オンタデも秋空の元 たくさんの花をつけている
Img_0022我が愛犬は 波に少々驚き及び腰
Img_0035ウィークデーでもあるため閑散としていてボート業者は手持ち無沙汰
Uターンし朝霧高原に向かう
15分ぐらいで朝霧道の駅 そこへ車を置き ススキの高原の写真を撮りに行く
妻と愛犬はその場で留守番

Img_0045茫洋としたススキの高原 あいにく富士山は見ることはできなかったが 富士の裾野に
広がる この広い高原
何か気持ちがせいせいする。

Img_0049風に揺られなされるまま それを見ていると 自分の気持ちなど本当にちっぽけだ。
Img_0057
Img_0067ススキの花穂を集めて布団代わりにしたら気持ちいいだろうな。など 頭に浮かべながら
Pへもどる
手前側の黄色い花はセイタカアワダチソウ
Img_0069気も心もいくらか休まり 妻と愛犬を車に乗せ 帰宅する。
でも下界は暑いなー。
気温の差は6度近くあるのだから当たり前だ。
自宅到着は4時少し前だった。

アザミの花言葉;独立、 触れないで、 はかない愛

オンタデの花言葉;見かけによらない

セイタカアワダチソウの花言葉;生命力

ススキの花言葉:生命、 力、 活力

 

« コスモスと彼岸花が咲く堤 | トップページ | 第2東名ウォ-ク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
肌寒くなってきましたね。

今頃ですが・・・
ススキ、とても綺麗ですね。
セイタカアワダチソウの花言葉って、生命力なんですね。
確かにあの花は、すごい生命力です。
毎年、毎年、その辺一帯に背高く咲いてますもんwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/49603290

この記事へのトラックバック一覧です: ススキの高原 富士朝霧高原:

« コスモスと彼岸花が咲く堤 | トップページ | 第2東名ウォ-ク »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック