無料ブログはココログ

« ススキの高原 富士朝霧高原 | トップページ | 金木犀の咲く頃 »

2010年10月 4日 (月)

第2東名ウォ-ク

2010年10月4日 -記-

昨年(2009年)11月のこと
市の広報を見ていたら、秋のふれあいウォーキング参加者募集ということで
工事中の第2東名を歩くイベントが開催される旨 載っていた。
主催は地元の健全育成会、後援は中日本高速道路(株)静岡工事事務所

興味があった為 早速 資料を取り寄せ、
内容を調べてみた。


開催日は2009年11月8日(日曜日)
9:15受付開始、 10:00開会式、 10:20ウォーキング開始、
14:00終了
工程は巴川橋~中之郷第3高架橋までの往復約10km
P有りとのことだった。

面白そうだなと思い、妻と話をし 2人で参加してみることにした。

当日の天気は絶好のウォーキング日和 朝9:00ごろに家を出
Pへは、30分ほどで到着。
ここへは県道から工事用道路の狭い道へ入り うねうねと山の中へ
上って行く。やがてP
Pは勿論第2東名上、すでに大勢の人が来ている。

Img_0002車を置き受付まで少し歩く
Img_0003向こうの開けて所が 受付であり集合場所だ。ここは下からどのくらいの
高さになるのだろうか? そんなことを考えながら歩いていき、受付を済ませる。
しばらく待って開会式、役員の挨拶があり ウォーキング開始。

Img_0007静岡の町がよく見える、いい景色だ 高さは100m近くあるんだろうな。
この先どんな景色が展開するのか、楽しみに歩き出した。

Img_0008それにしても凄い人 1000人はいるのじゃないか
足の速い人、遅い人、走り出す人、まちまちだ。
そんな人たちの中を 景色を楽しみながら 写真を撮りながら歩いていく。

Img_0009
Img_0014やがて高架橋が終わり まだ工事中の切通し部分に差し掛かる 峠状の道だ。
この部分まだできていないため工事用道路に入る
その頂上部からの開けた景色が素晴らしかった。
眼下に鯨が池、向こうの流れは安倍川だ。

Img_0018道はここから急下降 山際に付けられた工事用道路を下に見える高架橋目指して降りていく
油断すれば膝が笑う。

Img_0021まもなく I.Cだ 勿論 静岡I.C
これがまたでかい、現在の東名高速のICなど可愛いもんだ。
このICの中ほどで片道工程の約半分、中間地点だ

Img_0031高速への上り線進入路を中間地点まで歩き その先は下り線の進入路をまた本線まで
上り返す。

Img_0033ここまでくれば 目的地の折り返し点 第3高架橋まで あと2.5km。
さー 頑張れ。今 安倍川を渡っている。

Img_0036ここら辺までくると 途中休憩の人、折り返して戻る人、景色を楽しんでいる人など
さまざま
妻も一生懸命歩いている。私は写真を撮りながら楽しんで歩いている。
もうすぐ折り返し地点だ。
そこでお弁当だ。

Img_0038折り返し点では 太鼓保存会の人たちが太鼓演奏で出迎えてくれる
勇壮な音に元気付けられながら
いい場所を探し、お弁当を広げる。
食事後しばし休憩してから 同じ道を戻る。

Img_0046それにしても凄い構造物だと関心しながら また 見とれながら
戻っていく。

Img_0049 空はあくまで秋晴れの 絶好のウォーク日和、やがて峠を越えれば ゴールもま近だ。
Img_0054
赤いクレーンの先がゴールだ
来たときと同じように受付で帰りのチェックをし Pまで戻る
Img_0055今度は 今 歩いて来た高架橋の下を 車で通過し 改めてその大きさに
驚き 感心する。

工事中の第2東名を歩くなんて 考えてもいなかっただけに
充実した1日であった。

« ススキの高原 富士朝霧高原 | トップページ | 金木犀の咲く頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/49635472

この記事へのトラックバック一覧です: 第2東名ウォ-ク:

« ススキの高原 富士朝霧高原 | トップページ | 金木犀の咲く頃 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック