無料ブログはココログ

« 宇津ノ谷峠ウォーキング | トップページ | 宇津ノ谷峠ウォ-キング-part2 »

2010年11月12日 (金)

皇帝ダリアの咲く頃 part2

2010年11月12日 -記-

前回 皇帝ダリアの咲く頃で 朝の散歩コースのものをここに載せたが
少し気になっていた場所があり、改めてそこへ見に行ってきた。

行ったのは宇津ノ谷に行く前の日 10日の午後から。
場所が場所だけに愛犬は連れて行かれず 一人で行く

場所は牛妻 地域交流センターの敷地内にある花壇
この間 安倍奥に行く途中、
走りながら車窓から あ こんな所に たくさん植えられている
と その時はまだ花を確認することができなかった。

それから 一週間ほどたち 前期のごとく散歩コースの
皇帝ダリアが花が開いたのを見て 牛妻を思い出した。

通り沿いからでも花は確認できる。
見事に咲いていた。
一体何本有るのか、まるでダリアの林のようだ。
Img_0026写真に写っているのは ほんの一部 この左右にたくさん植えられている
こんなに有るのを見るのは初めてだ。
でもこうやって撮ると花の美しさが良くわからない。
本当に上の写真て 何の花か良くわからないよな。でも
間違いなく皇帝ダリア。
また いっせいに花開いたら と 思うが 残念ながら違う
上から順に下に咲いていく。しかも皆 同じ方向を向いているのではなく、
あっちこっちに向いて蕾を付けている

Img_0019 この日は風が強く 花が 身を縮めているように見えた。
ここは 東海自然歩道龍爪山コースの西側の起点、龍爪山の直下にあたる
だが ここからは龍爪の山頂そのものは見えない
上流側には真富士山が見える

Img_0028標高1300mを超える 勿論何度か登っている。安倍奥の山全体にいえるが
その標高の割には意外ときついし時間もかかる。
ここから龍爪へ登るだけでも3時間ほど掛かる。1000mをやや超える程度だが、
話はもとに戻る
ダリアの本数 一体何本あるのだろうか 数えてみようと思ったが、やめた
そんなことはどうでもいい、
純粋に花を楽しめればいいのであって、数を確認するために来たわけではない と
しばし 花見を楽しむ。
それにしても風がきつい。花びらが 必死に耐えている

Img_0023望遠でピントを合わせていても合わせづらい
風が少し凪いだところで

Img_0011
Img_0016
Img_0019_2 右から左から 或いは真下に行ったり、少し離れたりしながら 花を眺め
写真を撮ったりしながら 時のたつのを忘れる

Img_0024満開になったときのことを考えながら 花を撮るのは 凄く楽しい。
十分モデルになってもらったところで 帰宅する
本当にモデルといっても いいくらい ゴージャスで綺麗な花だ。
ちなみに、ここまで安倍街道を走って自宅から30分とは掛からず到着することができる

なお別名と原産地は前回の項で載せているため 今回は省略する。
 
皇帝ダリアの花言葉; 優雅、 威厳、 華麗

« 宇津ノ谷峠ウォーキング | トップページ | 宇津ノ谷峠ウォ-キング-part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/50005037

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ダリアの咲く頃 part2:

« 宇津ノ谷峠ウォーキング | トップページ | 宇津ノ谷峠ウォ-キング-part2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック