無料ブログはココログ

« 登山靴 | トップページ | 山茶花 »

2010年11月 9日 (火)

玉露の里の菊花展と朝比奈川沿いのススキ

2010年11月09日 -記-

前回菊花展にいくつもりで途中のクジャクアスター畑に魅せられ
やめてしまった菊花展、11月8日午後から改めて見にいってきた。
規模は三島楽寿園よりも はるかに小さいが 厚物、管物、鉢物等
出ており、また 飾りつけについては三島のそれとは異なるため
それなりに楽しめる。

玉露の里道の駅のPへ車を置き朝比奈川に掛かる橋を渡り会場へ
ヨシズで囲まれた中には、厚物、管物、鉢物等がおかれていて
来場者を出迎える。
門をくぐり会場へ、花は8部咲き程度Img_0009明るい秋の日を浴び どんなもんだと咲いている。
よく見ると たくさんの蝶が蜜を求め舞っている。
菊の花に止まった瞬間を狙うかと カメラを構えて待つ
それが次の一枚。
Img_0012蝶の種類はヒメアカタテハだ 他にもいた キタテハだ
それが次の一枚だ
Img_0034 さすが、蝶達も綺麗な花には すぐ集まってくる。
次に 4枚ほど立て続けに、
Img_0020
Img_0037
Img_0028上の写真は池越しに見たもの 鯉がたくさん飼われている。
Img_0038場所が狭いため 一箇所に座ってのんびりと構えていられる。
のどかな午後の一時だった。
また平日のため観光客も まばらで ゆっくり花を楽しめた。
しばしの間そこにいたが、あまりののどかさに、
少し朝比奈川沿いに散策してくるかと橋を渡り県道へ出て
ぶらぶら歩き始める。

先日みたアスター畑の前を通り過ぎ、まだその先へ行く。
あまり遠くまで行くと また 車に戻るのが億劫になるため
1.5KmほどでUターン、
川沿いに咲くススキが陽光を浴びキラキラ輝いている
あまりの綺麗さにじっと見つめ、
カメラを向ける。
Img_0063
Img_0069 足元には野菊をはじめ 名前も知らない可愛い花たちが咲いていて しじみ蝶やら
蜂たちが蜜を求めて群がってきている

Img_0066 もう少しでPへ戻る
Img_0073本当にのどかで どこかのんびりとした 川沿いの風景であった。
菊を見に行くだけの積りが 散策まで始めてしまい、
とんだことで時間を費やしたが こんなことをしているのが
好きだから まあいいかと、自分を納得させ帰宅する。

菊とススキと野菊の3重唱でした。



 

« 登山靴 | トップページ | 山茶花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはよ〜
玉露の里でも菊展が開催しているんですね。
お茶の里は何回か寄りましたが、玉露の里は一回行ったのですが、記憶が薄くて・・・
すすきの風景に癒されます。
すすきは何回かたたずまいを変えて、そのつど趣が代わりいいね〜
私は穂が出たての赤く輝く頃が一番好きです。

菊花展、華やかですね~。
菊の香りがしてきそうです。
パパさんが撮ったススキは、なんだかお行儀がよく上品なんですけど・・・。
ホントに同じ種類のすすきなのでしょうか・・・。
それとも、やはり撮る人に似る、とか・・・pencil

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/49979428

この記事へのトラックバック一覧です: 玉露の里の菊花展と朝比奈川沿いのススキ:

« 登山靴 | トップページ | 山茶花 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック