無料ブログはココログ

« こんなものを撮って見た-part2 | トップページ | こんなもの撮ったみた-part3 »

2010年12月16日 (木)

西丹沢檜洞つつじ新道からの富士

2010年12月16日 -記-

Img_00001_2西丹沢檜洞丸からの富士山を見たくなり、天候具合を予報で確認し
12月15日出かけることにした。
朝5時半自宅を出発 清水ICより東名→御殿場IC→R246→小山町を通り
神奈川県山北町清水橋交差点を左折
いたるところに路面凍結注意の看板 

途中 小山町を通過する際には 先日の水害地をちらっと横目で確認

丹沢湖畔を通過し西丹沢自然教室のPへは、7時50分ごろ到着
早速 登山靴に履き替え、歩き始めが8時
あたりは山陰のため薄暗い 県道をしばらくそのまま進み登山口へ
正面には大室山が大きく見えるImg_0001山肌からは薄靄が立ち上がり、冬の気配だ 何か寒々しい感じがする。
やがて檜洞登山道入り口、沢沿いの滑りやすい道
ここへくるのは何年ぶりかしら、10年ぐらい来ていなかったじゃなかったかしら。
道は当時と変わっているのかしら、等考えながら、取り付く

しばらく登って 左に折れ曲がり 沢筋と分かれ山道に
かなり急坂 いたるところ崩壊のあと、はしごが掛けられている。

Img_0004慎重に マイペースに登っていく、稜線乗越を過ぎれば等高尾根歩き
ゴーラ沢出会いまで快調に歩く。沢を飛び石伝いに渡れば、急なコンクリート製の階段
それを上り、半分崩れたようなところをよじ登り、ただひたすら登る
歩き始めより1時間半ほど登った所にある3.5km地点の展望台
富士山はと 見るも雲の中
しばし休憩の後 再び 登行開始、山頂まであと1.8km
すれ違う人も、先行する人も、後から来る人もなく 本当に単独行
聞こえてくるのは演習中の自衛隊ヘリの爆音、また 砲撃演習の音 沢の音
たまに小鳥の声 時折どこかの崩壊地で落ちる石の音 他には静かなもんだ。
周囲の山々が目線かそれ以下になってきた頃、後ろを振り返ると
葉を落としたブナ林の向こうに、富士山がその姿を現している、青空の下で
白い衣をまとった富士山

Img_0015周囲の木々は全て葉を落とし全く冬モード、足元には霜柱が、行く手の登山道は
霜が日を浴びてキラキラと妖しく輝き

Img_0013
Img_0019気温も相当に冷たいはずだが、それは 全く感じられない。
それより先ほどより、汗がほとばしり、暑いくらいだ。
やがて頂上稜線に出る少し前の地点、眺望が開ける地点がある
そこで 素晴らしい景色が目の前に現れた。雲海の上に浮かぶ富士
雲海の下には西丹沢の山々 今日はこの景色を見たくて ここまで
上がって来た。その甲斐も報われたような気がした

Img_0020
Img_0022夢中で写真を撮る、富士山の姿 神々しいまでにいい姿だ、だがいつも見慣れている
姿とは少し違う、それは 宝永山が左側にあるということだ、静岡側からだと右側だ。
稜線にでて山頂へ、まだ天気はいい でも右側のユーシン谷のほうは一面のガスで
真っ白、何も見えない、晴れていれば東丹沢の山脈が見えるはず、そして最高峰の
蛭ヶ岳も

Img_0030冬枯れの山は見通しがいい 春から夏はブナが葉を一杯に広げ 足元には
コバイケイソウの群落、6月にはつつじも咲く。
そんな素晴らしい山だ。
まもなく山頂 標高1601m 丹沢山塊2番目の頂だ。
周囲はいつの間にかガスで覆われていた。自分のいる周囲が見える程度
写真も撮らず 長居は無用と 頂を後にする

Img_0035稜線上は植物を守るために木道が整備されている、ハイカーはそこを
歩かなければならないが、登山靴では甚だ歩きにくい。
時間はまだ11時、つつじ新道上の先ほど富士の写真を撮った場所より
少し下ったところのベンチで簡易的な昼食をとる。
向こうの尾根のその先に犬越え路の避難小屋の屋根が薄く見える。
それより標高の高いところはガスの中

Img_0041その昔 甲斐の武田信玄が小田原の北条攻めに通ったと云われる峠道
自身、幾たびか足を運んだことがある。その峠を眺めながら 下山開始
ひたすら下る
30分も下ったろうか、先ほどの展望台 富士は 山頂が見える
よしとばかりに、望遠ズームを取り出しカメラに装着

Img_0052レンズを元に戻し、再び下山開始、ひたすら下り、ゴーラ沢を渡り 自然教室までもう一息
Pへ付いた時 時間は2時半過ぎ さあ帰るか
途中 色々な所で道草を食っていたため思わぬ時間がかかってしまったが
これもいいだろう、ただ歩くだけじゃつまらんと。
スニーカーに履き替え 車を走らせる。
下山途中 それでも3組6人の人とすれ違いました。
最後に 帰りの富士川SAから見た富士山を

Img_0090

« こんなものを撮って見た-part2 | トップページ | こんなもの撮ったみた-part3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ〜〜いい汗をかきました。
歩いた歩いた・・・道のりが楽しかってです。
雲海の富士山!あそこまで登らないと見る事が出来ないよね〜
中々お昼にしてくれないから、おむすび食べ損ねましたハハハ!
またよろしくね〜

こんちわぁ〜〜。。パノラマ。。富士。。すてキングです。。奇しくも。昨日は私の
誕生日。。とっても。。素敵な。。プレゼント。。戴いたようなぁ〜〜〜happy01note

素敵な登山の一日でしたね~
宝永山が左に来る富士山
あまり見たことない姿を
ありがとうございます(◎´∀`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/50314514

この記事へのトラックバック一覧です: 西丹沢檜洞つつじ新道からの富士:

« こんなものを撮って見た-part2 | トップページ | こんなもの撮ったみた-part3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック