無料ブログはココログ

« 写真加工part5・・・合成 | トップページ | 竜爪山の雪化粧 »

2011年2月11日 (金)

代官屋敷

2011年02月11日

2月10日菊川市にある国指定重要文化財になっている代官屋敷
黒田家住宅を見に行く

12時過ぎ自宅を出てRⅠを西進 日坂を下ったところにある
八坂ICから旧東海道に入り、菊川方面に左折、市街地を抜け
東名ICの前を通り、旧小笠町の下平川にある黒田家住宅の
観光用Pまでほぼ1時間で到着

ここは昨年も見にいったが その時は改修工事中で庭を拝見
しただけだった。

入場は無料だが、梅の時期だけ自由に見学できる
今が ちょうどその時期。
綺麗になった長屋門、それに続く米蔵 その間を通り庭に
すると母屋が
今でも子孫が居住している為、建物の中には入れない。
外観を見るだけ。001 正面に見えるのが長屋門 その右手に少し見えているのが米蔵003 黒田家は代々武家で 江戸時代には旗本 本田家の代官を務めていた。
家の周囲には簡単ではあるが堀が巡らされていて すぐそれとわかる。

梅祭りの真っ最中、矢印の通り進んでいくと梅畑、その中を
一周するように仕向けられている。
下の写真は長屋門の半分程を庭から、梅の木越しに撮影005 梅畑の梅は、今が ちょうど見ごろ。程よく咲いている008 026 もう少し進むと西蔵、矢印の順にもう少し行くと019 西蔵と東蔵が仲良く並んでいる、建て方も少し違う028 東蔵の方からもう一度撮ると031 江戸時代の武家屋敷の面影を残す建物、
母屋については、現在居住している為、写真に撮るのは差し控えた
一周して庭に戻り米蔵を004_2 建物の外から生垣越しに、長屋門をもう一度055 帰りに資料館を除く、そこは入館料300円が必要、黒田家の歴史を
少しだけ垣間見ることが出来る。
聞くと 国指定の重要文化財になっている為、勝手に手を加えることは
できず困ることもあるそうだ。
近くに街道資料館というところがあり、同じチケットで入館できると聞き
行ってきた、
展示物は期待するほどではなかったが。
江戸時代の、しかも代官屋敷 その建物を見ただけでも
いい勉強になった。
2.5時間ほど いて 帰宅する。

« 写真加工part5・・・合成 | トップページ | 竜爪山の雪化粧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい場所ですね。
こんなとこ、家庭訪問に行く際には、学校の先生は、
カメラ持っていかなくっちゃhappy02
ですよね。

こんにちわ。

代官屋敷。。いいですね。shine
歴史を帰り見る事が出来ますね。
江戸時代の建物・・・見る価値有った事でしょう。eye

まだ子孫の方がお住まいだと・・維持するのも大変でしょうね。
ハッピーのパパさん・・いろんな所へ散策(見学)されて いいですね。camera
次回が楽しみです。heart04

私の地区にも「代官屋敷」とゆう地名がありますが、お屋敷は無いですね。昔お代官様でも住んでいたのでしょう。
以前「蓬莱橋」を訪ねた後、倉を改装してイベントに使っている所に行った事があります。覚えていなくてだめですね!
ブログを始めてから、あれこれ知識をいただき、何事にも関心を持たなければと思うようになりました。
それが楽しさにつながります。

今晩は。
代官屋敷だけあってなかなかの趣ですね。
時代小説をよく読んでいるので何となく
雰囲気が伝わってきます。それなりの地位にいる方は
建物も立派です。また、梅がいい感じです。happy01

ハッピーのパパさん、お早うございます。
梅の花がかわいいです!白梅だから、梅干にする実がなるんですよね?えへっ( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/50832080

この記事へのトラックバック一覧です: 代官屋敷:

« 写真加工part5・・・合成 | トップページ | 竜爪山の雪化粧 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック