無料ブログはココログ

« サツキ咲く | トップページ | 紫陽花巡り・・・・part1 »

2011年5月30日 (月)

山オダマキと山法師の咲く森

2011年05月30日

先日 スズランの里へ行ったことをUPしたが その時、文を書きながら
梅雨真っ最中の頃 やはり スズランの里へ行ったときのことを思い出していた。

今回はその時のことを

あれは今から4年ほど前、まだ 花のことがほとんど分らないころ。
だからと言って、今でも詳しくはないが。
2007年の6月も梅雨の真っ最中、雨が降りしきる中
芦川のスズランの里まで行ったっけ。もちろんスズラン見たさだ。


むろん有るわけない、当のスズランの開花時期は5月末から6月初めに
かけてだから、が そんなこととはつゆ知らず。
森は森閑として誰一人いない。雨降る中 スズランを探して 何周も
一生懸命探したね。
もちろん見つからない。
その代り山オダマキが、背高ノッポの姿を惜しげもなく見せびらかせて
咲いていたね。 Img_0004スズランがなきゃこれでもいいやと、夢中で写真を撮った。Img_0007 森と言っても、前回も紹介したように白樺に赤松が混じる明るい疎林
傘をさして回ったね。Img_0008 初めてこの花を見たのは信州車山高原、ニッコウキスゲが咲き誇る山で
何か 背高ノッポのイメージだ。Img_0010 雨の中よく行ったものだと 今になると 我ながら思う。
森を出て 車を第2Pへ移動させ、その辺を散策すると目の前に凄い
満開の山法師 度肝を抜かれたね、しかも 何本もImg_0018 雨の滴で余分な埃も洗い落とされ、葉も艶やかに。Img_0020 上を見ながら、下を見ながら、さまようように歩いた記憶を思い出す
その時こんな花も見た。高山植物のベニバナイチヤクソウだ。Img_0027 と言っても初めは何の花だか分らなかったが。
道端にはアヤメが さしずめ森の中の美女宜しく咲いていた。Img_0022 他にも名前の分らない花もたくさん咲いていた。だが生憎の雨降り
長居も無用と帰ってきたのを憶えている。

山オダマキの花言葉; 愚か者

山法師の花言葉; 友情

ベニバナイチヤクソウの花言葉; 恥じらい

アヤメの花言葉; 気まぐれ 神秘な人 よい便り

撮影日・・・2007年6月24日
場所・・・・・芦川スズランの里、および その界隈

« サツキ咲く | トップページ | 紫陽花巡り・・・・part1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
昨日、私も森の中を歩いたのですが、キイチゴの仲間の白い花が咲いていたくらいでした。こちらの記事にあるような花がみられたら、素敵だなと思いました。
それから、ちなみに、自宅の庭のすずらんはやっと芽を出したところです。

こんにちわ。

そうですね。
記録写真・・・
沢山お持ちの事と思います。
見ていると走馬灯の様に思い出されますね。
雨に濡れた「山法師」・・・いいですね。

山オダマキ!
何に例えたらいいんでしょう。
我が家のオダマキは 西洋オダマキ。もう種になります。
今年は沢山咲いてくれて嬉しかった。
 白樺の森! 
雨の中傘をさして・・・探しまわる・・・
白樺の木の陰に隠れて探してくれるのを待ちたい!

せせらぎさん

山オダマキ 何に例えたらいいんだろう、木の陰に隠れ 探し出してもらうのを待ち続ける、はにかみ屋の森の乙女 そんな所でしょうか。

雨もいいものですね。汚れが落ちて艶やかでキレイですgood
写真を整理しているとその当時を思い出したりしますよねhappy01
お花は癒されますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/51799025

この記事へのトラックバック一覧です: 山オダマキと山法師の咲く森:

« サツキ咲く | トップページ | 紫陽花巡り・・・・part1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック