無料ブログはココログ

« 芦川のスズランの里へ・・・part3・・帰り道にて | トップページ | 山オダマキと山法師の咲く森 »

2011年5月29日 (日)

サツキ咲く

2011年05月29日

東海、関東もついに梅雨入り宣言が出された、平年に比べると
12日、昨年よりも17日はやいそうだ。

沿道を埋める花たちも、いつの間にか春から初夏に移っている。
サツキ、紫陽花、タチアオイ等、よそ様の庭先にはアマリリス、バラ
ベゴニア、ペチュニアなどは年中だが。

特にサツキが群を抜いて目立つようになっている
その赤い花が一斉に咲いているさまは見事だ。
だが なぜか赤ばかり、
玄関先や、庭先の鉢植えのものは見ると 色とりどりだが
沿道のものは なぜだろう。

まだ 雨が降り始める前の27日 少し市内を巡ってみた。
何処へ行っても赤ばかり006 本当に赤ばかり これと言って変化がない
なおも歩く あった 白と赤の混じったものが002 しかも同じ植え込み、又同じ植え込み中には真っ白いものも
あったが、それは既に遅く、花が枯れかけていた。

では 他にもあるんじゃないかと、もう少し探してみた。
相変わらず赤が多い 市役所付近なんか見事なもんである。023 見ていると目がチカチカしてくるくらいだ。
でもやはり物足りない もう少し探してみるかと、今度は今までと反対方向へ

あったあった、一部の植え込みに混じって咲いている044
051 下の方を見ると 又 色が違う056 反対側に回ると真っ赤な花が058 株は もちろん違うだろう、ただ 同じところに植えてあるため
お互いに枝を伸ばし、枝を絡ませ、種々混同し花もまた入り混じって
咲いているのだろう。

何とか花色の違うものを見つけて 写真に収め 帰宅する。

サツキは・・・ツツジの仲間である。開花時期はツツジより一月ほど遅く
旧暦の5月いわゆる皐月の時期に一斉に咲き揃う事からサツキと呼ばれている。

サツキの花言葉; 節約、 節制

撮影日・・・5月27日
場所・・・・・市内沿道の植え込み

« 芦川のスズランの里へ・・・part3・・帰り道にて | トップページ | 山オダマキと山法師の咲く森 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

こちらも盛りとばかり咲き誇っています。
本当ですね。
赤が目立ちますね。shine

今日のサツキ・・雨に濡れて可哀そうweep・・・。
お日様が恋しいですね。

一昔頃・・流行りましたね。
サツキの盆栽・・めっきり見なくなりました。eye

さつき、きれいに撮れてますね。さつきを見ると亡くなった
親父を思い出します。小さな挿し木を何本も何本も植えて
一年中盆栽に向き合っていました。今は空になった鉢だけが
山積みになってます。coldsweats01

サツキという言葉をすっかり脳裏から消えていて、目が覚めた気分です。
子供の頃はあんなに口に出していた名前の花なのに。
この季節もまた絵になりますね^^
雨にうたれたサツキは何か言いたそうで、また美しいです。

箱根のホテルの庭にさつきを見に行ったことがあります。
大きくこんもりと何株もあり中に入ったら 私なんて見えないくらいです。
やはり雨の日で、傘が邪魔だったことを覚えています。
色変わりの花がきれいね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/51789702

この記事へのトラックバック一覧です: サツキ咲く:

« 芦川のスズランの里へ・・・part3・・帰り道にて | トップページ | 山オダマキと山法師の咲く森 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック