無料ブログはココログ

« ジャカランダの花 | トップページ | 紅更紗満天星の咲く山・・・川根大札山 »

2011年6月 9日 (木)

遠い日の記憶-part8・・・小楢山からの展望

2011年06月09日

今から遡ること9年ほど前の5月、ゴールデンウィークの時
兄と二人で奥秩父は金峰山へ行こうと、出かけた
大弛峠から往復すれば日帰り可能だろうと、そのつもりで早朝に出かける。

林道の冬季閉鎖中とはつゆ知らず、調べてから行けばいいものを なんてのは
後の祭り

塩山から恵林寺の横を通り、R140から焼山林道へ入る焼山峠を通過し柳平という
所で林道閉鎖中、車から降りて看板を見ると6月1日から通行可能と有った。
ヤイヤイという事で、引き返す。

先ほどの峠で一旦休止、見ると小楢山への道標がある。
折角だ、行ってみようと車を他の車に邪魔にならないよう置き直し
そちらへ向かう。歩き易い気持ちのいい道だったことを憶えている。

1時間ほど歩いたのだろうか、いや もう少しかかっていたのかも知れない
とにかく山頂(1712m)に着く
そこは小広い台地上の頂だった。周囲にはレンゲツツジの群落
カラマツの疎林 全く気持ちのいい山頂
富士山は何処にある?と いつもの事 南にそそり立つ孤高の富士、しかも雲海の上
雪を纏い その優雅な裾を引き 屹然とそそり立っているのを目にしたとき
全く感動P5050515 しばらくの間 呆然と立ち尽くしていたのを憶えている。P5050516 右方向には南アルプスの山稜が横一線に、残雪を纏って並んでいたっけ、
兄と二人肩を並べ 周囲の山々の大展望を心行くまで楽しんでいた。
金峰山へは行けなかったけど、この風景を見られたのだから OK としようとP5050517 再度富士山を眺め 山頂を後にする。下りは意外と速く車の所に戻っている。
この近くに乙女高原があるようだ、そこで昼にしようとそちらへ向かう。
車でほんの数分程度、気持ちのいい高原だった。やはりレンゲツツジの
群落が凄い、花の時期には大勢のハイカーで賑わうだろうなと思いながら
いい場所を探し昼にする。
昼寝でもしたくなる高原 機会があればまた来ようと ここを後にする。
帰りは昇仙峡方面に下る 道は 荒川林道(クリスタルラインという)
途中 奥秩父山塊の眺めがすばらしい、行くはずだった金峰山が
目の前に 荒川の谷を挟んで五丈岩が良く見えた。
金峰山の左肩越しに ごつごつした感じの山 あれは 以前登った瑞牆山だ
あんな風に見えるのかと。
しばらく車を止め眺めていたっけ。P5050518
P5050519 道は狭く急坂 しかも 曲がりくねっている。その分景色は良く見えるが
緊張を強いられた。
どのくらい 走ったのだろうか やがて昇仙峡P5050520 ここまでくれば一安心、快調に車を飛ばし 甲府から、確かR52を通り
帰ったと思う。
遠い日の出来事でした、写真を見ると昨日の出来事の様に思い出される。

撮影日・・・2002年5月5日
場所・・・・・小楢山ー昇仙峡

« ジャカランダの花 | トップページ | 紅更紗満天星の咲く山・・・川根大札山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
雲上富士、いいですねぇ。
一日見ていても飽きないだろうなぁ。
私も見てみたいです。

おはようございます。

小樽山・・・北海道かと思いました。・・coldsweats01
良~~く見ると富士山が見えました。・・・
地理に弱い私・・・失礼しました。(笑)・・・

素晴らしい景色ですね。
もう一度行きたくなる気持ち解りますよ。good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/51891012

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い日の記憶-part8・・・小楢山からの展望:

« ジャカランダの花 | トップページ | 紅更紗満天星の咲く山・・・川根大札山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック