無料ブログはココログ

« アヂーよー 何とかしてよ! | トップページ | 信州車山高原へ・・・2 車山からの展望 »

2011年7月16日 (土)

信州車山高原へ・・・1

2011年07月16日

7月14日車山高原から車山へ遊びに行く

ネットを見ていたら、車山のニッコウキスゲが、肩のあたりでほぼ見ごろになった
と云う記事があった
久しぶりだ、行ってくるか、思い立ったが吉日という言葉の如く
早速出かける。

あまり遅く出ると向こうでPに困ると思い、朝4時10分自宅を出る
興津よりR52、増穂より中部縦貫道 双葉JTCより中央道、諏訪で降り
後は大門街道からヴィーナスラインは車山肩のPへ着いたのは まだ8時少し前
何でも14日まではP代が無料とか
15日からは有料になるとかなんとか
とにかく そこへ車を止め下車、
で ニッコウキスゲは、
咲いてました、満開までは行ってないけど、ほぼ見られる状態にはなっていた。031 オレンジ色のものは全てニッコウキスゲの花
間に白く見えるのはコバイケイソウの花だ。
この時間でも、既に三脚構えている人が、ここにも、あそこにも
向こうにも、中には花に飛んでくる鳥を狙っている人も。
上の写真だと花の様子が良く解らないため、一つ一つ拡大写真を0062
011
0182 上空にはまだ雲がかって 車山の山頂などは完全にガスの中
しばらく、肩の高原をぶらりぶらりと逍遥する。
吹き渡る風も気持ち良く、上空も見る間に雲が切れていき、車山もその姿を
だんだんあらわにしてくる。
相変わらずノンビリとしたたたずまいだ。
足元には、キスゲのほか、コバイケイソウ、イブキトラノオ、山オダマキなどの花が
アザミの蕾も見られた037_2 青い空にコバイケイソウの白い花が良く映える・・あえて空をバックに038 上の写真はガスが晴れた直後の車山の風景
中ほどの右上がりに見える筋は山頂への登山道。
ふとヴィーナスラインの方を見ると数台のバスが上がってきたのが見えた
        (写真を大きくしてみるとバスも見える)030あれは もしかしたら団体さん?見事にその危惧は当たる
しかも、小学生と中学生、遠足か はたまた 課外授業か
一般の団体さんもご到着だ。
小中学生はそれでも統率がとれて静かだが
そうでないのが 一般の団体さんだ.
その騒々しさを避けるには、ここから逃げ出すしかない。

時間もやっと9時になったばかりだ。
車山山頂までちょっくら行ってくるか、だが 足元はスニーカー
登山靴を持ってはきているが、いまさら履き替えるのも面倒だ。このまま行ってしまえと
山頂目指して歩き始める。
その時、車山の左側に霧の中から蓼科山の山頂部が現れ始めた。051 良いねー 夏山そのものだ、このまま山頂へ着くまでガスを被らずにいてほしいと
願いつつ、再び歩き出した。・・・今日の処はここまで、続きはまた明日。

ニッコウキスゲの花言葉; 君いませば心なごむ、 日々新たに、 心やすらぐ人

コバイケイソウの花言葉; 遠くから見守っています

« アヂーよー 何とかしてよ! | トップページ | 信州車山高原へ・・・2 車山からの展望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ〜高原のお嬢さんの舞台。
舟木一夫のこの映画をみて行きた〜い と思った。
でもその頃はとても遠く思えて夢の世界でした。
結婚してから夫殿に頼んで願いが叶った。
今でも好きな場所の一つです。
 ガスが晴れた後のビーナスライン!いいね〜
この奥の美ヶ原高原美術館のアモーレの鐘!何回も行きましたよ。
 七島八島も! 蓼科!坪庭も!淡水魚の水族館ではイモリを貰いました。また行きたいな。

朝早くから車山高原へ出かけられたのですね。わ~
ニッコウキスゲがもう咲いているのですねhappy01
オレンジがかわいい。
山の天候は変わりやすいですね。
空気もおいしそうで、リフレッシュできたのではないでしょうかshine

こんにちは。
かなり前のことなのですが、毎年、私の知り合いが「夏は車山のほうで過ごす」と言っていたのですが、こういう場所で夏休みを過ごしていたんだと、しみじみ思いました。良い場所ですね。

「車山」... 懐かしいです。

若かりしころスキーに何度か行ったことがあります。

カリカリのアイスバーンをエッジをガリガリ食い込ませて滑るのが気持ちいい... という
記憶と、めちゃくちゃ冷え込む処だね... というイメージがありました。

検定を受けるので早朝から起きだして高原の凍った道をランニングしたとき、高原から
見晴らした麓の景色がキラキラ輝いていてとても印象に残っています。
残念ながらその時の写真はありませんが... 。

夏の高原はさぞや爽快なところなんでしょうねえ... 行ってみたいですう!
花もたくさん咲いているみたいだし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/52213231

この記事へのトラックバック一覧です: 信州車山高原へ・・・1:

« アヂーよー 何とかしてよ! | トップページ | 信州車山高原へ・・・2 車山からの展望 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック