無料ブログはココログ

« 百日紅の花と藤の狂い咲き | トップページ | 涼を求めて大間・福養の滝へ »

2011年7月 5日 (火)

麻機沼のチョウトンボ

2011年07月05日

チョウトンボを見たくて3日午後より麻機沼へ、
昨年の同時期に同沼へ行ったとき、もちろんトンボの事など全然意識せずに
行ったわけだが、その時初めてヒラヒラとその青黒い羽根を優雅に羽ばたき
飛翔するトンボを(その時はトンボかどうか分らなかったが)見て、それ以来
気になっていた。
後でそのトンボの事を調べたらチョウトンボということが分かった。
最もそれ以前にも見ているのかも知れないが。

そして今年もチョウトンボの時期になった
今回は愛犬は連れて行かず家で待たせることに
駐車スペースに車を置き沼地へ
いたいた例によって青黒い羽根を優雅に羽ばたき飛翔しているチョウトンボ006 飛んでいるところを写真にと思っても動きが早く、ファインダーの中に
なかなか入らない、広角にしても難しい
ならばと上の方に飛んでいるものをとレンズを空に向け狙う
今度は収まる032 黒い点のようなものが空飛ぶチョウトンボ
目の前に来たと思ったらすぐに視界から消えてしまう。まことにすばしこい。
止まっているやつなら007_2 それでもこちらが少しでも動こうものならすぐに飛び立ってしまう。
しかも 他の蜻蛉のように すぐ近くにはこない、それだけに余計に
撮影の面白さがあるが。026 羽を広げたトンボの背中側から見ると、青光りして何とも言えない
美しさだ
蜻蛉と太陽光線の位置関係次第でこのように輝いて見える。033 だが滅多に上のような写真は撮れない、近づくとすぐに飛び立ってしまうからだ
今年も何とか写真に収めてきた。
チョウトンボの飛ぶ麻機沼、いつまでも この自然が続いてほしいと説に願う。

撮影日・・・・2011年7月3日
場所・・・・・・麻機沼

« 百日紅の花と藤の狂い咲き | トップページ | 涼を求めて大間・福養の滝へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

グラデーションが美しいトンボさんですねshine
トンボのお顔がどうも苦手でsweat02
飛んでいるものを撮るのは大変でしたよね。
後世に残したい沼地にしたいですねsign03

昨日、今年初めてトンボを見ましたeye
写真を撮り(パパさんみたいには撮れませんsweat01)、主人に見せました。
「鬼ヤンマ」だそうです、大きくてじっとしてましたconfident

こんにちは。
沼の周りはトンボにとってよい環境なのでしょうね。県内のある沼でも夏になると
銀ヤンマが大量発生してます=^_^=

こんばんは。
初めて見ました。チョウトンボ。こんな種類がいたのかさえ知りませんでした。
色もきれいですね。どことなく原始的な感じがしましたが・・・。

おはようございます。
チョウトンボ、きれいですね。
不思議な色合いで、大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/52112303

この記事へのトラックバック一覧です: 麻機沼のチョウトンボ:

« 百日紅の花と藤の狂い咲き | トップページ | 涼を求めて大間・福養の滝へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック