無料ブログはココログ

« 庭の片隅で咲いた茗荷の花一つ | トップページ | 写真加工・・・・・八重咲き向日葵 »

2011年8月31日 (水)

稲穂の海で

2011年8月31日

8月も早いものでもう終わり、いよいよ9月 だが日中はまだまだ暑い
南からは台風も北上して来ている。

残暑厳しい30日の午後、遠州は中遠地域の稲穂の中を歩いてきた
本来は別の目的で出かけたのだが、目指すものは まだ駄目で
どうしようか 考え、急遽変更したものだ。

行った先は袋井市浅羽地区の稲田
車を郊外型のスーパーのPへ止め、そこから歩き出す。
周囲は見渡す限りとまでは行かないが、広い田園風景
街中に住んでいたのでは見られない光景だ。

日が燦々と降り注ぎ、太陽に照り付けられながら、カメラ片手に
他の人が見たらどう思うだろうね、このくそ暑い中。
だが私にとっては。非常に珍しい風景
たわわに実った稲が、重そうに頭を垂れて 今にも倒れそうな
そして稲わらのむせ返るような独特な匂い。間もなく刈入れ
今実っているのは 早生の静岡コシヒカリだと思うが
005
田圃の中の道 その全てが舗装されている。
そこを、一周 一時間半ほど歩いてみた、あっちへ寄り道、こっちへ寄り道
空は広く、底抜けに明るい遠州平野
その内のほんのごくわずかな場所だが、とてつもなく凄く広く感じた、
付近に大きな高い建物が見当たらないせいもあるのか。006重く頭を垂れ 刈入れ時期を待つ稲穂
静岡コシヒカリは味も良く、少し高いのも事実だ。009稲を刈った後の稲わらは、コンバインでそのまま細かく砕く
そしてそのまま肥料となる
又 稲を刈った後の田圃は 小麦の種がまかれ
来年5月~6月には黄金色の絨毯になる場所もある030又場所によっては10月に一面のコスモス畑。
それにしても暑い0327月に通りかかったときは一面青々としていた所。今は実りの季節を迎えていた。
画面からは分らないが、刈入れしている場所も見えたっけ。
本当に空が広い、風も良く吹き渡り、見ていると稲穂が波打っていた。
時間も3時半を回る、
余りゆっくりもしていられない。4時過ぎると帰りのラッシュに。
そろそろ帰宅時間 急いでPへ戻る。
高速を使う事にし、5時には無事帰ることが出来た。
暑い 8月も終わりに近い午後の一時でした。

撮影日・・・・・8月30日
場所・・・・・・・袋井市浅羽地区












« 庭の片隅で咲いた茗荷の花一つ | トップページ | 写真加工・・・・・八重咲き向日葵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まるで稲穂の海のようですね。
いい風景です。おいしいお米がここにいるんですもの。
空も広く感じますねhappy01

こんにちは。
台風は来るのか来ないのか?ですが、蒸し暑い広島県地方です。
今日は稲刈りするので、と言う理由でお休みされている方もいらっしゃいますが、台風が来たら大変だから、早めに稲刈り正解かもしれませんね。
被害がないとよいですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/52611332

この記事へのトラックバック一覧です: 稲穂の海で:

« 庭の片隅で咲いた茗荷の花一つ | トップページ | 写真加工・・・・・八重咲き向日葵 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック