無料ブログはココログ

« 西伊豆達磨山を訪ねて・・その2・・・金冠山~達磨山 | トップページ | 秋バラの甘い香りに誘われて・・・・・2 »

2011年10月31日 (月)

西伊豆達磨山を訪ねて・・その3・・・達磨山からの眺望

2011年10月31日

遮るものが何一つないその眺望、昨年も来ているが、その時には上空は
晴れていたが、周囲の山々は雲に隠れて見えなかった
ところが 今日はどうだ、昨年のリベンジを撮った様な気分になった。

068上の写真は一等点の三角点標
文字の向きは南側 普通は南側を向いているが 中には 他の方向を向いたのも
あるようだ。
山頂に腰を下ろし、ウィンドブレーカーを羽織り、周囲の山々を見ていると
いかに自分が小さいか思い知らされる。074富士山が、南アルプスが 箱根の山が 後ろには伊豆の山々が
一望のもとに さえぎる物なく その姿をさらけ出している
しいて言えば やや靄が多い
鳳凰の向こうには甲斐駒が その横には早川尾根が、077仙丈岳はあいにく北岳の後ろに隠れ見えなかった。

その手前には北岳、間ノ岳、農鳥岳の白根3山が聳え(農鳥は欠けてしまったが)076その左には写真には撮らなかったが 塩見岳
その手前には荒川3山と赤石岳が075又 その南には聖岳、上河内岳、茶臼岳・・・これも写真を撮らずじまい

ずーっと南に下って黒い三角の山黒法師岳が見えていた078後ろを見れば やや東寄りの方向に伊豆の主稜線 天城の連山が鎮座し087目を真南に転ずれば長九郎山などの南伊豆の山々が望まれる072西側のすぐ下には戸田岬に守られた戸田の入り江が080全く見ていて飽きない風景だ、さりとて この場にずっといるわけにもいかない
そろそろ車に戻るか
山に別れを告げ、元来た道を引き返す
又 膝の笑い出しそうな、木の階段を慎重に下り
富士山を正面に見据え一路戸田峠目指す
峠の近くには ズミの真っ赤に色づいた実が 鳥が来るのを待っている
115日はまだ高い おまけに昼にするにもまだ早い、下へ降り
狩野川べりの公園で昼にするかと、車を走らせる
帰りは いつものコース
すなわち西海岸へ出て、沼津に入り 沼津港の所から 千本公園をかすめ
原の町からR1へ入る。
後は自宅までノンストップ
そうそう お土産にアジの干物を沼津港界隈で購入したことを記し
この項終わりとする
長々 有難うございました。
今日は この辺で 又ね

ちなみに富士と南アの写真は原版のままでは見にくいため少しでも見やすくなるよう
修正を加えてあることを ここへ記す。


写真撮影日・・・・・・10月27日
場所・・・・・・・・・・・・西伊豆達磨山周辺
写真修正ソフト・・・・アドビフォトショップエレメンツ9

山の標高・・・・金冠山:816m、 小達磨:890m、 達磨山:981.8m
 






« 西伊豆達磨山を訪ねて・・その2・・・金冠山~達磨山 | トップページ | 秋バラの甘い香りに誘われて・・・・・2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雄大な自然を前にすると、人間の小ささを思い知らされますね
悩みなんか吹っ飛んでしまうみたい・・・
赤い実は、鳥さんへの目印ね~

のんびりさん

そうですよ 自然の前には人間なんてちっぽけなもんです。すべての人が平等ですよ
格差が有るのは人間社会だけ。
大自然はいつもそれを教えてくれています。

いつも写真とっても綺麗です!
見ててこんなに楽しいブログつくってみたいです(゚ー゚)
どこかを旅してみたいな( ^ω^ )

最高!
なんてイイ眺めなんでしょう!!
ドッカーンの山々と、岬の入り江。。。

tuba姐さん

そうでしょう 素晴らしい眺めでしょう。ここから撮影された富士山の写真 昭和14年に開催されたニューヨーク万博に出品されたとか、そして絶賛されたとか それだけ素晴らしい眺めだよ。

いぜんはよく訪ねた場所ですが 此の頃はすっかりご無沙汰です。
駐車場から広場を抜けるとこの眺めだよね〜
ここに富士山がなくなったらつまらなくなる。
噴火しないでおくれよ!
アジに干物は沼津の名物。このごろはあれこれ名物を思案中らしいね。

せせらぎさん

そうだよね富士山噴火してなくなっちゃったら 考えただけでもつまらないよ
達磨山は富士山の眺めでもっているようなものだもの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西伊豆達磨山を訪ねて・・その2・・・金冠山~達磨山 | トップページ | 秋バラの甘い香りに誘われて・・・・・2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック