無料ブログはココログ

« 安倍奥 八紘嶺・・その1・・錦繍の登山道 | トップページ | 安倍奥 八紘嶺・・その3・・山頂より梅が島へ »

2011年11月 5日 (土)

安倍奥 八紘嶺・・その2・・山頂目指して

2011年11月05日

しばし休憩、水分補給と糖分の補給をしたのち
再び登りだす。さあこれからが本番だ、心していかなくては
目の前には今まで以上に険しい道が待っている。

人一人がやっと通れる登山道
歩き出してすぐにロープ場 だがそんな物には頼らずあくまで自分の手と足を
使いよじ登る

041こんなところが有るのだから ハッピーは留守番させて良かったとつくづく思う
いかにハッピーでもとても登れまい
そんな登山道
有るだか無いだか分らないような登山道
少しバランスを崩せば確実に滑落する
0411こんなロープ場が都合4か所ほど
道は相変わらず急傾斜 こんな所も有った
登った後、後ろを振り返り撮影したものだが
0412雨に降られたら、あるいは濃いガスにまかれたら、いや地震でも起きたら
どうなるのか、そんなことを考えながら山頂めざし歩き続ける。
やがてこの急な坂道も終わりを告げ頂上稜線に
だが まだ山頂ではない 登り着いた所は八紘沢の頭と云い
八紘嶺の手前のピーク
特に指導表は無い、だが比較的歩き易い道が続く
046この八紘沢の頭を越えれば、目の前に目指す八紘嶺のピークが
疎林の間に見えてくる。
鞍部めざし少しばかり下り、登りかえす時
目の前がパッと開ける 今日一番のハイライト箇所
向こうには八紘嶺からの尾根続きになる大谷嶺の尾根が
その尾根と七人作りの間からは安倍奥最高峰の山伏の姿が覗いている
050後ろに目を転ずれば、今越えてきた八紘沢の頭が、やや右に目を移すと
安倍の流れが、深い谷を刻んでいる
051
054今日の険しい登りも間もなく終わる 目指す山頂はすぐそこだ
頑張ろう 我が身に言い聞かせる
着いた 山頂だ 久しぶり
何年振りだろう 着いた所は3等三角点
大谷崩れから大谷嶺を経て到達した時か、はたまた七面山から縦走した時か
あるいは息子と登った時か、兎に角10年以上昔の話だ。
057その標石をポンと叩き ドッカと腰を下ろす。山頂は樹林に囲まれ眺望は良くない
ここへ始めて登ったのは今から30年以上前
まだ山登りのやの字も知らない頃、底の薄い運動靴で よくも登ったものだ
我ながら、思い出し笑ってしまう。
その時は今の様に樹林も大きくはなく すぐ下の安倍の谷、流
又 南アルプス白根南陵の青薙山、笊が岳など良く見えていた。
だが 今は 見えるのは疎林の間からやっとだ
標高は1918m安倍奥では三番目の高さを誇る
一番は山伏(やんぶし)、二番目は大谷嶺(おおやれい)、そしてこの八紘嶺だ
そしてここは県境の山静岡と山梨の境にある山だ と同時に 市境でもある
056また この山は安倍川の最奥に位置し安倍東山稜の要ともなる山
北へ行けば七面山に、西へ行けば大谷嶺を経て新窪乗越を通り山伏へ通じている
(山伏は白根南陵の最南端に位置する)
又 南に下れば 安倍峠を経て 奥大光(おくおおっぴかり)、大光、十枚山 地蔵峠、
青笹山、真富士山から竜爪へ そして静岡の浅間神社に至る。

ところで 富士山は 見えたそれも7割がた葉を落とした落葉松の間から
060大きな石に腰を下ろし、じっと耳を澄ます
この大きな自然の中に身を任せて、じっと耳を澄ませば 聞こえてくるのは
秋風に揺れる木々のざわめき、どこで鳴いているのか鹿の甲高い鳴き声

昼を済ませ しばらく休息

所用時間は梅が島を出て2時間半ほど掛かっている
さあ帰りはどうなるか

空模様 今朝の予報では雨とは言っていなかったが、だんだん怪しくなってきた
さあ帰るかと腰を上げる
時間は12時 下山開始だ 下へ着くまでは大丈夫だろう、予報を信じて。

今日はここまで 続きは明日 又。



















« 安倍奥 八紘嶺・・その1・・錦繍の登山道 | トップページ | 安倍奥 八紘嶺・・その3・・山頂より梅が島へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パパさん、元気バリバリですねhappy01
読みながら私も登っているような錯覚にup
もう十年以上のぼってませんthink
腰と膝を痛めてからcoldsweats01
ところでパパさん、一人で登ったんですか?
気をつけてくださいね、山って「こわ~い」っていうじゃないですかsign02

頑張りましたねぇ〜。。お天気も良くて。。sun
ハッピーくん。。は。。やはり。。お留守番が。。ベターですね。dog

まきさん

今回は一人で行きました。と云うより 最近は一人で行きます。以前は複数で良く行ったのですが、年と共に相棒が行かれなくなり、最近は一人です。良く知ってる場所が多いのですが、油断しない様登っています。

jazzさん

久々に頑張りました 10年以上登っていないと やはり少し道程が変わりますね
昔の道ならハッピーも登れたかもしれないけど、留守番させて正解でした。

頑張りましたね~~
山伏は一度いって見たかった山です・・・
ロープあり 鎖場あり・・・以前は 良く山歩きしていたのに
最近は ずっとご無沙汰・・・
竜爪山・・・行ったことがあります。
単独行動ですから 気をつけてくださいね~~

たんぽぽさん

今回登った八紘嶺は縦走か梅が島から登るしかないのですが、山伏は何か所かあります、その内井川の方の猪の段から行くと比較的簡単に登れるのですが、
単独も結構楽しくて けど 慎重に登っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53152011

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍奥 八紘嶺・・その2・・山頂目指して:

« 安倍奥 八紘嶺・・その1・・錦繍の登山道 | トップページ | 安倍奥 八紘嶺・・その3・・山頂より梅が島へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック