無料ブログはココログ

« ミカン狩りウォークに参加して・・その2 | トップページ | 修験の地 鳳来寺山へ・・・その2・・奥ノ院~天狗岩 »

2011年11月18日 (金)

修験の地 鳳来寺山へ・・・その1・・P~鳳来寺奥ノ院

2011年11月18日

その古いお堂の前に立った時 身が引き締まるのを覚えた。
山の中腹にある古いお堂
時間はまだ8時半を少しばかり回った時、私はそのお堂の前に立った。

その山の名は 愛知県奥三河にある鳳来寺山
その山の中腹(と云ってもほとんど山頂に近い)にあるお堂
いや お寺と云った方がいいだろう
寺の名は鳳来寺 真言宗五智教団の寺院で開創1300年を誇る名刹だ。

15日久しぶりに愛知の山へ出かけた。その山の名は鳳来寺山
奥三河設楽(したら)山地にある山岳信仰の山である

自宅を出たのは朝5時半 平日の為通勤渋滞を避ける為でもある
東名高速を浜松西で降り環状線からR257に入る、後は引佐の山を抜け
一本道
宇連川を渡り本長篠の駅入口の交差点を右折、田口への道を取る
15分ほど走っただろうか もっと短かったかもしれないが
T字路へ出る、そこを右折し 鳳来寺山パークウェイへ
この道路 以前は有料だったが 今は無料開放され自由に通行できる

そして山の中腹にあるPへ Pそのものは有料であったが。

時間は8時20分
自宅を出て3時間弱で到着したことになる
料金を支払い 適当な場所に車を降りる

その時 料金所の係りの人と寺関係の人を除いたら
そこに居たのは私一人
今日はハッピーは家で留守番

ザックを背負い 鳳来寺本堂までの道を歩いていると
朝の冷気を含んだ いや霊気と云ってもいいかな
その空気が体を優しく包んでくれ
身が引き締まる思いだ。

気が付けば沿道にはもみじ祭りの旗が 朝の風に揺らめいている
11月1日から30日まで祭り期間と云う
紅葉もすでに色づいたのも有ったり 全然まだのものも
全体的には5分と云ったところか

013
それでも色付いていたものを写真に収め 今は取り敢えず本堂へ

徳川氏とゆかりのある東照宮の前を通り 本堂前
山はあくまで静まり返り、聞こえるのは風にはためく祭りの旗の音

023上の写真が現在使われている本堂だ
ここの前に立ち 手を合わせ この脇にある石段から
今日の工程が始まる。
山はやっと夜が明けてきた
太陽がまぶしい いや神々しさを感ずる
024
このお寺 いや この鳳来寺山は今回で4回目になる
最少は本長篠の駅から歩き通して1425段だったかな
そこを登って来たっけ。そして湯谷温泉まで下りたっけ。
2回目以降は車できたが 確か 2回目の時か
ハッピーがまだ2歳かそこらの時に連れてきたのは。
そんなことを思い出していた。
そして急な石段を登り すぐ裏にある古いお堂の前に立った時
改めて身が引き締まった。
026今にも崩れ落ちそうなお堂
古い本堂(鳳来寺)はこの横にある石段を上がったところに静かに立っていた
まるで人間の盛衰を見てきたかのように
027
029このお堂の前に立ち、身が引き締まるのを覚えるのと同時に 手袋を取り
帽子を脱いで 静かに手を合わせていた そして つたない経を読み
今日のご加護を祈っていた。

さあ これから出発だ
とは云うもののこの場所 山の中腹とは云え ほとんど山頂に近い
海抜で言えばこの山が684mで寺は500mを超えているんじゃないかしら
だが 登りはきつい
017本堂まで来る前に見た山容を見れば分かる
岩がむき出しの所も有る
狭い岩をくり抜いただけの様な道や、垂直に近い岩肌に取り付けられた梯子
あるいは、昔の人が刻んだような階段を上って行く
025面白いねこの岩の形は むろんここへは道は通じていないが。
道は奥の院めざし 石仏が鎮座する中 少しずつ高みを増していく
そしてやがて奥ノ院
と云っても 倒れ掛かり、やっとの事で そこにある状態だ
038ここで 軽く手を合わせ その横にある展望台まで出てみる、凄い眺め
奥三河の山々が手に取るように見える
勿論足元は絶壁 慎重に先端まで行き腰を下ろししばし休憩する
ここから山頂までは10分ほどで行くはずだ
急ぐことも無かろうと 少しのんびりする。

今日はここまで 続きは また明日 じゃあね。





« ミカン狩りウォークに参加して・・その2 | トップページ | 修験の地 鳳来寺山へ・・・その2・・奥ノ院~天狗岩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
なんと表現していいのかわからないのですけれど、すごいところですね。
風景が語りだしそうです。
映画の舞台になりそう、と思いました。

こんにちは
太陽の光に 活力貰えそうですね
落ち着いた風景に 青空 紅葉
素敵なプチ旅行でしたね

歴史を刻んでいる建物は、やはり素晴らしいですね
心が引き締まるのも分かるようです
でも本当に行動範囲が広いですね~!!

lovely元気ありますねえ。run
参りました。私も負けていられませんね。
明日 挑戦する試験は、こうして画像でお参りしてますから
バッチリかもしれないわ。coldsweats02
な~んて言いながら、目の色変わってる感じの私。
でも、嫌になったらPC開き、話しています。困ったもんです。
今日も、美味しい景色や空気、力を頂いてありがとう。happy01

山の中というか標高が高いところにお堂があるのですね。
音というのが風にゆらめく旗だけっていうのもいいですねshine
パパさんはやっぱり元気でいらっしゃいますね。
空気が気持ちよさそうhappy02山登りしたいな。

なにか 身の引き締まる思いですね。はっぴーのパパさんの写真から、修験の地の雰囲気が伝わってきます。修験道.。。役小角・・・昔々の仏教に心がはせますね。~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53258556

この記事へのトラックバック一覧です: 修験の地 鳳来寺山へ・・・その1・・P~鳳来寺奥ノ院:

« ミカン狩りウォークに参加して・・その2 | トップページ | 修験の地 鳳来寺山へ・・・その2・・奥ノ院~天狗岩 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック