無料ブログはココログ

« 安倍奥 八紘嶺・・その2・・山頂目指して | トップページ | 紅葉 燃ゆ »

2011年11月 6日 (日)

安倍奥 八紘嶺・・その3・・山頂より梅が島へ

2011年11月06日

空模様 今朝の予報では雨は言っていなかったが、だんだん怪しくなってきた
さあ帰るかと腰を上げる
時間は12時 下山開始だ 下へ着くまでは降るなよと願う。

三角点の標石をポンと叩き 一種のまじないだが
機会が有れば又来ることを願い、ザックを背負い靴紐をしめなおす

その時も どこかで鳴いている鹿の声
まるで 又来いよと云ってるような

元来た道をひたすら戻る

061
頂上稜線を歩いている間はそれでもいいが
063上の写真はまだ鞍部へ下る所だ。登りと下るときでは視点が異なる為
また違って見える。
 

鞍部を過ぎ八紘沢の頭を通過し いざ 下降点に取りつくと

何だ よくもこんなところを登ったものだと自ら関心もする
登るときは視点はすぐ目の前、下るときの視点は自分の足元よりまだ下
それだけ差が有る為
登り以上に気を使い神経を集中させる。
また付近はカモシカ、鹿などの生息地域 良く見るとそれらの足跡が
急斜面に縦横無尽
そんなのを横目にロープ場を過ぎ少し展望のいい場所へ
066
富士山は 相変わらず見えている 上空は雲が広がってきているのに
075七面山方面もまだ天気はいいようだ
道はなおも下る 登りの逆だから当たり前だが、少し疲れた体には
やはりこたえる
下り始めて40分位で先ほどの富士見台 ここで少し休憩を取り
錦繍のアーケードに入る
080
084空は薄雲が広がり、日差しは半分に それでも紅葉した葉は 明るく
道を照らしてくれている
今の内だ どんどん下る、安倍峠への道を左に見送り 広い登山道を
どんどん下る。
088
095下へ下るにつれ木々の紅葉度合いはその色合いを深めている
面白いものだ この登山道に取りついた時は杉の植林帯 分岐から富士見台までは
錦繍の登山道、富士見台から上は紅葉も終わり、木々は葉を落とし
冬の準備に入っていた、唯一元気なのはモミ
落葉松もほとんど葉を落とし、冬の眠りに入る準備をしていた。
いわば3段の縞模様の中を歩いたようなもの

道はやがて 分岐 林道と交差している場所だ そのまま登山道を行く。
何の変哲もない杉の植林帯
どのくらい歩いたのか 足元に一輪のリンドウの花が咲いていた
そう云えば、登るときも有ったっけ
ただ つぼみの状態で それを見たら急に花がいとおしくなった。
102疲れた体に 一服の清涼剤 そんな気持ちになった
リンドウ 咲いてくれてありがとう 花に一言礼をいい 再び歩き出す。

それからどの位立ったか、そんなにかかってはいないと思うが
登山口に飛び出した、素直に ほっとする。
その場に杖を戻し 家内にTELL 無事下山したことを連絡
112上の写真は林道から梅が島温泉街を撮った所だ
Pへはここから10分もかからない
そして稜線上を確認すると、ガスですっぽり覆われていた
良かったー あんな風になる前に降りることが出来て。
素直に思った。

今まで八紘嶺へは一人では登ったことがなかった、必ず誰かと一緒だった。
それが今回 始めて 一人で登った。
自慢にはならないが 安倍奥へ再び第一歩を刻んだ日にもなった。
機会と体力が有ればまた登るだろう
その時まで しばし お別れだ
来た時以上に慎重に車を操り、4時半ごろには自宅に到着

ハッピーの鳴き声が聞こえた ただいまハッピー
大喜びで飛びついてきた。 良し良しいい子だったね。

家内に後で聞いた所 ハッピー私の帰りをずっと物干しで待っていたとの事
余計に可愛くなる。


長々 有難うございました 八紘嶺については これで終了します。

今日は この辺で 又ね。



 












« 安倍奥 八紘嶺・・その2・・山頂目指して | トップページ | 紅葉 燃ゆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この景色〜。。ひとりで。。全て。。取り込んできたんですね。。
山は。。。ほんとに。。素敵。。。。confident

やっぱり登山はいいですねshine
登らないとこの景色、空気感は味わえないですものね~
パパさんありがとうhappy01
ご無事に下山できてよかったです。
ハッピーちゃんもパパさんの帰りをずっと待っている姿もかわいいです。
愛おしい存在ですねlovely

jazzmaineさん

一応全部一人で、まだまだ写真有るんですが、なかでもいいのだけ出してみました。
でも 山はいいですね 自然の摂理のしたがって行けば 誰でも優しく迎えてくれますから。

めぐさん

登山は素晴らしいです、空気もいいし、綺麗な景色も見れるし。天候を選んで無理せず登れば山はいつでも歓迎してくれます。
今回 ハッピーを連れて行かず正解でした、普段そこに暮らしている鹿やカモシカならどうという事は無い斜面ですが、ハッピーに登れたかどうか、また下れたかどうか。
家へ帰った時 嬉しくて飛びついてくれた時は思わず抱きしめました。

やっぱり一人で登ったんですねup
無事に帰れてよかったですhappy01
ハッピーの大喜びの姿が浮かびますdogheart04

咲いてくれてありがとう…
優しいですね~!!

のんびりさん

ひたすら山を下り ふと足元に気が付いて、嬉しかったですよ。登るときには蕾だった花が、さも お帰りと言うように咲いていてくれたのは、それで 有難う って。花に通じたかどうかは分かりませんが。

まきさん

最近は一人で行く事が多くなりました。今回もルートは知っていましたから不安はなかったのですが、体力が持つかどうかだけでした。腰痛も有っただけに素直に嬉しかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53153921

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍奥 八紘嶺・・その3・・山頂より梅が島へ:

« 安倍奥 八紘嶺・・その2・・山頂目指して | トップページ | 紅葉 燃ゆ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック