無料ブログはココログ

« 杉尾山展望台へ・・・その2・・良い眺望だなー | トップページ | 杉尾山展望台からの帰り・・西里の紅葉を »

2011年12月 9日 (金)

杉尾山展望台へ・・・その3・・紅葉見物~下山

2011年12月09日

昨日からの続きです。

山頂付近にある紅葉 今がちょうど盛り
真っ赤に色付いたドウダンツツジとモミジが青空に燃え上がっていた
054
045
赤い色がいっそう引き立つよう 場所を替えながら ハッピーもその都度
すぐそばに寄ってくる。
可愛いね こいつは 頭をなでながら カメラのファインダーをのぞく
049
071
076十分紅葉を楽しみ さあ帰るか ハッピー行くぞと声をかけ
最後にもう一度富士山を見る
077来た道をどんどん下る、登ってきたときは気が付かなかったほどの急下降
よくもこんなところを登ったものだと我ながら感心もする
スギ林の中の道を歩いていた時 足元に 竜胆が数個 登るときは
気が付かなかった竜胆
079ひっそり咲いていたっけ
078なおもどんどん下る
道端の杉には赤く色づいた蔦が絡みつき
薄は枯れ穂になり
083081後ろを振り返れば 山頂は既に見えず
道の両側にはノジギクの薄青い花が 間もなく訪れる寒い冬を知って知らずか
その花の勢いを亡くし、
木の実は赤い実をさらけ出し
086登るときには気が付かなかったものまで見えてくる
行く手正面に目をやれば黒川の谷間に生える竹林が太陽をキラキラ反射し
さざ波のように揺れている
087このあたり一帯は そうだ タケノコの産地だった
今歩いているこの道も竹林の中を通っている
088この竹林を抜ければ やがて 西里の車を置いた場所はすぐそこだ
094もう少しだな ハッピー
今日は リードを付けっ放し
ただ手を離していただけ
それでも ハッピー 一生懸命

いつもそうだが 山へ入ると 途端にその能力を発揮する ハッピー
私の頼もしい相棒的存在

やがて P 往復約9k
時間にして 登り1時間 下り40分ってところか
今日も頑張ったね さあお家に帰ろう
ハッピーを車に乗せ 西里を後にする。

そうそう忘れていた 登山中の事だが 一台の軽自動車が道を間違え
進退窮まっていた所に出くわした
スリップしてどうしようもないとの事
車を押すのを手伝い 無事 Uターンし正規な道めざし戻って行ったのを
見送ってまた歩き出したことを ここに記して置く

なお この日に出会った人は その軽自動車にいた人のみだった。

だが どうしても気になるところが一か所
来るときに気が付いていたが帰りにと思い素通りした場所
市営の日帰り温泉付近の紅葉 どうしても気になった

よし 寄って見て行こうと Pへ車をいれ 少し散策
ハッピーは車の中で留守番だ。

その時の写真はまた明日

今日はこの辺で 又ね。



























« 杉尾山展望台へ・・・その2・・良い眺望だなー | トップページ | 杉尾山展望台からの帰り・・西里の紅葉を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山中で軽自動車を運転してた方、さぞパニックになっていたのでは?
ハッピーのパパさんに出会えた幸運を、だれかに連鎖させていくとイイですねぇ♡

・・・。
もう、リンドウが咲き出したの? w(゚o゚)w早ッ!

dog最近ハッピーがよく登場。
物語は・・始まるぅ~~って感じ。いいですねえ。
紅葉が続くかと思えば、おうおうしい富士山が現れてオットと驚かせ、
道端の小さな花達に目を向ける。eye
また、ハッピーに・・・dog
パパさんが楽しんで探索してるのがとっても解る。
こちらも、引っ張り込まれます。full
また、次回を楽しみに・・・・(*^^)v

tuba姐さん

竜胆 こちらでは普通だと思うけど 修善寺でも見ているし、安倍奥でも見ているし。

こころぐ郁美さん

自然を楽しむなら すべてに目をやらないと 申し訳ないものね、そしてそれが凄く楽しくてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53425655

この記事へのトラックバック一覧です: 杉尾山展望台へ・・・その3・・紅葉見物~下山:

« 杉尾山展望台へ・・・その2・・良い眺望だなー | トップページ | 杉尾山展望台からの帰り・・西里の紅葉を »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック