無料ブログはココログ

« ハッピーと日本平へ | トップページ | いつまで続くカラカラ天気 »

2012年1月13日 (金)

可睡斎から油山寺へ

2012年01月13日

1月9日に行った室内ボタンの続きです

外に出た後 今度は外から 建物を見て歩く。
その写真についてはまた後日。
それにしても 観光客が多い
遠州三山の観光コースにもなっているから当たり前だが。
ただ単に観光の人、三山参りの人、いろいろ。

写真も人が入らない様 時を選びながら 撮影だ。

帰途 兄に頼まれ油山寺(ゆさんじ)へ

私にとって両方とも珍しくもないお寺
だが 兄夫婦にとっては 両方とも初めてだ

063まずは先ほど参拝した本堂を今度は外から改めて参拝し
寺域を見て歩く、僧堂、御真殿、等
065上の写真正面は御真殿 三尺坊様御真体が祭られている
そこの番人をしているカラス天狗の像がある
よく見ると向かって右側が天狗、左側がカラスだ 今まで何度も行っているが
チョイト見落としていた為写真に撮っておいた
071上の写真が向かって右側にある像
下の写真が左側にある像
072改めてじっくり見ていると 今まで 見落としていたものが案外ある
076兄がそろそろ次へ行くか 次?私が聞く油山寺へ と
じゃあ行くか 車に戻り 油山寺方面へ

と言っても可睡斎から10分もかからない いわばすぐ隣
Pへ車を入れ早速参拝に

兄夫婦 やはり 珍しいようであちこちキョロキョロと
087このお寺 目の霊山と言う
取り敢えず本坊御祈祷所へお参りをし、本堂方面へ
途中るりの滝がある そこの建物の天井画がまた凄い。
やはり今まで気が付かなかったが
八方睨みの龍が描かれていた
091改めて感嘆した。
そこからは本堂、3重の塔はすぐだ
だが ここも石段 全く石段だらけ
義姉も少し音をあげていたが 何とか登りきり本堂へ 084そして3重の塔を拝み 2社参りを終了する
086
この日 本来は可睡斎の室内ボタンを見るのが目的であったのだが
こちらへ来た以上 寄ってみようという事になったわけである。

やがて日も傾き始め さっさと帰らなければ 又渋滞に嵌ると
だが案の定 国一は日坂でその渋滞が始まっていた
おりしも三連休の最終日 混むのも当たり前 ならばと旧国道経由だ
と国一を降り旧道へ
そちらは車も空いてスムースに そして東光寺ICより再びR1へ
兄夫婦を自宅まで届け 帰宅する
帰った時間は4時半 すぐに ハッピーの散歩に出かけた三連休最終日。

ちなみに 可睡斎の本尊;聖観世音菩薩、 油山寺の本尊;薬師如来であることを
ここに記して この項を終わることとする。
 
 

じゃあ 又ね。

写真撮影日・・・・・1月9日
場所・・・・・・・・・・・可睡斎、油山寺(ゆさんじ)


















« ハッピーと日本平へ | トップページ | いつまで続くカラカラ天気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
行きなれた場所に、そこに行くのは初めての人と一緒に訪れると、初めて見るような感覚になって、見過ごしていたものも目に入るようになるのかしら、と思いました。素敵な体験だと思いました。

rvcarお疲れさまでした。

天候が良かったんですね。とっても空が綺麗でした。
歴史に触れるって、やっぱり良いもんですね。
ゆっくり参拝とご兄弟の話も弾んだのではないですか。

やっぱり、何度か行っても新しい発見があるもんなんですね。
力強さは、偉~い方の象徴みたいにも感じました。
参拝を一緒にさせてもらったので・・良いことあるかもしれませんね。☆

きいろひわさん、こころぐ郁美さん

そうなんですよね 不思議なものです 一人で行くときは目に入らないものでも 改めて誰かと行くと 新しい発見が 全く不思議です。

立派な構えのお寺ですね。
神社仏閣には、疎遠のアタシにも癒される感じを受けました。
あらためて、日本人であることを実感です。

天狗像は、高尾山でも拝見したような・・・?

>八方睨みの龍が描かれていた

不思議な技法ですよねぇ!? どこから見ても、自分を睨んでいるような・・・eye
そんなに、睨まないで!って、言いたくなるくらい視線を感じませんでしたか?

願い事を一つだけshine
どうか・どうか、アタシの視力をUPしてくださいませぇ


こんばんは。
目の霊山・・・ご利益ありそうですね。
私も最近、目の調子が悪いので・・・最近じゃないかも?ずっとかも??・・・お参りに行きたいです。
龍の絵、すごい迫力ですね。今年の干支だから、天井画を見に、お参りされる方、多くなるかもしれませんね。

岐阜県に カラス?天狗?の 像がある寺があったような・・・。
関係あるのかな~

tuba姐さん

何処にいても見られてる そんな視線を感じましたよ。視力のUPだけは無理だと思うけどね。

グッピーちゃん

目の霊山 昔からそのように言われていますね。天井画は今回初めて気が付きました。そう言う事ってありますね、何度も言っているのに気が付かない事って。迫力はありましたね。

まぶちょんさん

どうですか 可睡斎に祭られているのは火防の大本 もしかしたら関係あるかも

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53719655

この記事へのトラックバック一覧です: 可睡斎から油山寺へ:

« ハッピーと日本平へ | トップページ | いつまで続くカラカラ天気 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック