無料ブログはココログ

« 展望の山 浜石岳へ・・・その1 | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その3 下山 »

2012年1月29日 (日)

展望の山 浜石岳へ・・・その2 山頂にて

2012年01月29日

見渡せば360°いい眺めだ目の前に聳える富士山をはじめ愛鷹連峰、その向こうに
箱根神山と駒ヶ岳 それから続く伊豆の連山 南には大きく広がる駿河湾から三保
日本平 大崩 西側には竜爪から始まる安倍東山稜の連山が 七面山が 身延山が
富士見山、櫛形山が

天気が良ければ南アも見える筈だが、生憎 雪雲がかかりそれは駄目だったが
また富士の外輪山 天子から続く山々が

これでもかというように見えていた

ここ浜石岳へ初めて登ったのは中学の頃 秋の遠足 今から50年ほど前になる
その次が高校へ行っていたころ 仲間と2回ほど
その時はまだ自動車道もなく純然たる登山道だった。しかも山頂及びその直下は
カヤト野原だった。

それが何時の頃だったか
山頂直下の広場に青少年指導センターができ 舗装された自動車道が通るようになった。
それと同時に植林も進み今では杉、ヒノキの林で中腹は覆われている。

そして 次が 今から30年ほど前に家族と登ったのが最後であった。

そして今年1月27日 都合5回目だ
360°の眺望とは云え 山頂近くには桜あり 松の木もある
昔は本当に丸坊主 本当の意味で360°だったが
時期には桜と富士山のコラボが楽しめそうだ。072上の写真は一列にならんだ安倍東山稜 俵峰から七面山まで見えている049上の写真は 手前の山の向こうがサッタ峠 清水港と三保半島も見えている041上の写真は 庵原の山の向こうに富士山と愛鷹連峰が
実に眺望豊かだ
おっと忘れていた 山頂標識だ039本当は富士山バックに撮ればもっと良かったのだが。
相当古いね この標識は
昼食を取りながら 心行くまで眺望を楽しんでいた
下着に山専用の冬着を着ているものの やはり冬 だんだん体が冷えてくる

今まで暑くて下げていた上着のジッパーを又上げ、冷えを防ぐ。
昼を取りながら富士山を眺めれば 御殿場側に上がる雪煙がなんだか
手を振っているように思えたがそれも束の間 あっという間にその形が変わり 雪煙は空中に飛ばされていた。
0672_2
じっと見ていると次から次へその形が変わる雪煙0682全く面白い カメラの望遠からとても目が離せない。0512富士をもう少し大きくしてみよう
0692凄いよね 全く。

そう言えばここに方位盤が有ったんだ いつ設置されたのか分らないが064それをバックにした安倍連山も中々絵になる。

まあ こんな風景を十分楽しみ 1時間ほどだったが、
そろそろ下山するか

帰りは 但沼経由と決めた。

最後に富士山をもう一度眺め山頂に別れを惜しみ
079_2下山開始 但沼までは2時間と少し
今時間は11時40分 1時半にはバス停へ着くことが出来る計算で下山開始。

今回も富士山は 背中から 声をかけてくれた 又 見に来いよと。

この続きは また明日 じゃあね。今度は鬱蒼とした樹林帯から興津駅まで。






















« 展望の山 浜石岳へ・・・その1 | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その3 下山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雪煙っていうのも初めて見ました~
面白いですね
頂上での昼食は寒かったでしょう~!!

昨日はコメントありがとうございましたo(_ _)oペコッ

富士山は角度によって見え方が全然違いますね
自分の目でそういった景色を見てみたいものです

遠くから眺める富士山は穏やかでホッとしますが、接近してみたら厳しい寒さに耐えているような、不思議な緊張感が伝わってきますconfident

5枚めのお写真が印象的ですnote

runsunやっと来たあーー

そうだったんですか。30年振りが、よく解りました。
もっと前からの付き合いだったんですね。confident
親しみのある山からの、富士山は感慨があったことでしょう。
富士山だって、待っててくれたんですよね。きっと。いいなあ~
*お話見てると、30年前は自分は何してたにかなって考えてみましたよ。
  まだ、学生上がりで、仕事初めて必死だったかな?punch
  そうそう、スポーツも続けていて、競技会にも出てたな~とか・・
*今は、ずっこける程コンパスも短くなっちゃって・・あはは・・coldsweats02

のんびりさん

面白いでしょ雪煙は、弁当タイム だんだん冷えてはきたけれど、格別寒くはありませんでした。

miniさん

そうですね 富士山は見る角度によって その姿 全然変わります。それだけに魅力はありますね。

てんこさん

そう 遠くからでは優しく見える富士山 近くでは厳しい表情も持ち合わせている富士山、それだけに神秘的な緊張感がみなぎっていますね。

こころぐ郁美さん

そう浜石は半世紀からのお付き合いです、庵原の山の最高峰から見た富士山 もう何とも言えませんでしたよ。行って良かったと思っています。

富士山の雪煙って、富士山に隕石でも落ちたような、ふわーっとした感じ?
爆煙みたーい!なんだか、神秘だね!!
パパさんは 富士山と 半世紀つきあってきたんだね、長いなぁ~、♪
富士山の いいとこも、悪いとこも知った親友なのかも?(*^-^)

まぶちょんさん

そう神秘だね 富士山の雪煙 風がなければ何もないけど とにかく凄い風だからね、それで雪が巻き上げられて色々な形になっていくんだね、実際見ていると面白いよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53844504

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 浜石岳へ・・・その2 山頂にて:

« 展望の山 浜石岳へ・・・その1 | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その3 下山 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック