無料ブログはココログ

« 夜のウォーキング | トップページ | 牡丹の花を見に »

2012年1月10日 (火)

どんど焼き

2012年01月10日

1月8日日曜日 どんど焼きを見に出かける。

毎年行われる正月明けの風物詩、我が小学校区は子供会が主体となって
正月の御飾りを前日集め
当日の朝 安倍川河川敷に場所を設け 集めたお飾りを山にして 簡単な神事の後
火を点ける

点火するのは勿論小学生。

むろん地区防災の人も可搬ポンプを用意している

我が子が小学生の時は毎年見に行っていたが 終わった途端 行かなくなっていた
今年は久しぶりに行ってきた

054少し離れた所で撮影している為 量は 少なく見えるが なかなかどうして
かなりある
2礼2拍手1礼の後
消防担当の人に手伝ってもらい 点火
057今年は 良い年でありますようにと祈りながら 燃え上がる炎を見つめる
059よく乾燥しているため 火の回りも早い
あっという間に 燃え上がる 一度燃え上がれば 後は見ているだけ
069子供たちは この後 お母さんたちが用意してくれた お汁粉を頂く

私は しばらく炎を見つめていた。
072それにしても あっという間 この間15分あっただろうか
この炎の熱気で十分暖を取らせてもらい 自宅に戻る
帰りに安倍川の土手に咲く水仙の花を愛でながら。
074同じ日 他の場所でも どんど焼き行われていたようで その煙が
数か所で視認された
また 我が学区では子供会が主体となって 正月のお飾り回収をしているが
他の所では それぞれに持ち寄ってどんど焼き行っている所も有るようだ。

なおどんど焼きの語源は この場では 割愛させていただくとして、

今日は この辺で じゃあ又ね。

写真撮影日・・・・・1月8日
場所・・・・・・・・・・・安倍川河川敷
















« 夜のウォーキング | トップページ | 牡丹の花を見に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

lovelyこれだったんですね。

お疲れさまでした。結構多いですね。

色々飾ったりもするんですね。

子供たちにも、見て解りやすい行事ですものね。

大人になって覚えててくれるかな?

京都議定書のために
京都府では煙が出る事は一切禁止されたので
中止になりました
学校の焼却場も使用禁止になり
火や煙を発すると、30万円の罰金です
薪ストーブも禁止です
毎年、小学校の校庭で行われていたのですが
すっかり姿を消してしまいました
兵庫県では大きなやぐらを組んで盛大な行事ですよ~

どんど焼き〜。。経験した事ないです。。。。^^
炎って。。なぜか。。見つめたくなっちゃいますよね。。confident

こころぐ郁美さん

一応昔から受け継がれてきている神事ですからねー 子供たちが大きくなっても受け継いでいってほしいですね。 

のんびりさん

今はうるさくなっていますね こちらでも許可なく火をつけることは出来なくなっています。消防に必ず届を出して、なお消防の立会いの下にやっていますよ。

jazzmaineさん

そうですね 見つめたくなります なぜなのかしら。炎にそれだけ人を引き付ける力が宿っているのでしょうね。

こんばんは。
とんどさんで焼いたお餅を食べると、頭ハシリが治ると、小さい頃から聞いて育ったのですが、最近はとんどさんしないので、食べられません。
こちらとは、ちょっと雰囲気が違うような・・・。

あら!袋に入れたままですか?
こちらではお飾り山に積みますよ、お札とか書き初めとかもね。
消防に届けを出して。見回りに地元の消防車が来ます。
以前は甘酒とかお酒とかお菓子とか班長さんが準備しました。
此の頃はどんど焼きのお団子を持って来る人も減りました。

どんど焼き・・・。今は めったに見ません。やはり、火事の心配からでしょうか・・・。
自宅のごみ焼きさえ、禁止ですもんね。
ちなみに 安倍川って、安倍川餅・・・、って、ありますよね。大好きです!!

“どんど焼き”の行事、いいですねぇ~
昔を懐かしんで、ほっこり気分ですぅconfident
ちびっ子のころ、枝の先に餅を付けてどんど焼きの火で焼いて食べました。
夜に真っ赤な火が綺麗でした。

こんにちはヽ(´▽`)/

どんど焼き  
日曜日にうずんちの近くの 公園で(自治会主査)やってたよ〜〜
でね、でね
升酒、甘酒、ジュース、搗きたてお餅&その場で炊いたあんこで「おしるこ」を
振る舞ってくれるんだo(*^▽^*)o 
だーから 毎年、行ってる〜happy01
嬉しい事に ¥0  タダなんだよ〜scissors

升酒を何杯も飲んで 出来上がってるおいちゃんが たくさん居たよ( ^ω^ )
うずは甘酒でほろ酔い気分でルン&ルンnote
お汁粉もおかわりして大満足だったんだhappy01

グッピーちゃん

地方によってやり方が異なる行事 こちらでは以前から写真のようなやり方です。また言い方も異なりますね グッピーちゃんの所の様にとんど焼きと云ったり、こちらの様にどんど焼きと云ったり。また どんと焼きと云ったり。発祥の地は出雲地方のようですが。

せせらぎさん

家の学区では子供会主体で集めて 包のまま山にして 簡単な神事の後火を点けます。もちろん消防に連絡を。そして 地元の地区防災の人たちも詰めています。後は子供たちにお母さん方がお汁粉をふるまうのが習わしになっています。よその学区ではわかりませんが。

まぶちょんさん

そうだよ 届け出無しではできないね 今は、そう あの安倍川餅の安倍川です。以前には5軒ほどあった店も今では3軒かな 勿論昔からの石部屋という店も入れてですが。

tuba姐さん

どんど焼きの炎 見てると ほっこりしますね。いいもんです。だけどほんとに久しぶりだったなー 行ったのは。写真撮るの目的で行ったからなにも食べなかったけどね。それとあくまで子供会主体だから。

うずちゃん

美味しんだよね ああいう所で食べ足り飲んだりする お汁粉や甘酒 それにお酒も
けど 写真が目的だったから 何も貰わないし 初めからその気もなかったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53703227

この記事へのトラックバック一覧です: どんど焼き:

« 夜のウォーキング | トップページ | 牡丹の花を見に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック