無料ブログはココログ

« 残念ながら朝日に染まる富士は・・・・ | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その2 山頂にて »

2012年1月28日 (土)

展望の山 浜石岳へ・・・その1

2012年01月28日

着いた着いた 眺望360°の山へ
この山に登ったのは実に30年ぶり 子供たちが小さかった頃
登ってそれ以来

山の名は浜石岳
静岡県静岡市清水区由比にある山だ
測点は二等三角点 標高707m

今日27日 日本海側は大雪だという だがこちら太平洋側は乾燥した晴天
絶好のハイキング日和

いつも東に行くと車の運転席から見ている山 今度はあそこへ
それがツイツイ先延ばし
思い切って行って来た

自宅を出たのは8時5分ごろ 電車利用の為駅まで歩く
途中のコンビニで弁当を仕入れ 電車は8時35分発
由比へは20分弱で到着
駅を出るとこんな看板が目立つ。
001こんなアーチの下を通り 狭い街並みを抜け 旧国道から浜石岳に通ずる
道路へ入る
山頂まで通ずる舗装された自動車道 そこをてくてくと歩く
電車を降りて15分も歩いただろうか新幹線を跨ぎ 少し行くと
そこに道標が 山頂まで6.3k175分とある ほんとかいな そんなにかかるのか
正面に目指す山が見えているのに
そう思いながらもマイペースで歩いて行く004由比駅のある所がせいぜい海抜5mぐらい も少しあるのかな
だから700mは登る計算だ
けれど 私の足なら2時間あれば十分だと

登るにつれ傾斜はまし 後ろに見える景色も だんだんその範囲が広がっていく
海も燦々と降り注ぐ太陽をキラキラと反射しいっそう眩しさを増していく007ふと気が付けば 庵原の山の向こうに富士山が顔を出し よく来たと 行っているような009だが山頂からは 雪煙が勢いよく上がっているのが良く解る
道はなおも傾斜をまし グングン その標高を増していく
富士山もその姿をだんだん大きくしていく012途中休憩ベンチが そこで小休止
飴玉を口の中に放り込み さあ出発
なおもグングン登る 足は ウォーキングシューズ
この道 登山靴などとてもはけない 靴下はそれでも2枚
着ているものは一応冬山用だ。上着だけは違うが。
やがて西側が開けた所を登る
向こうは浜石からサッタ峠に至る稜線015帰りは途中までそこを通り ただ沼へ降りるつもりだ。
両側はミカン畑、杉やヒノキの林など多彩だ017頂上はまだまだ先029歩き始めてどのくらい経ったのだろうか キャンプ場に着く
そこの地面 猪の掘り返した後かなあと思ったのだが
妙にぼこぼこしていた そこで よく見てみた 違った霜柱だ
それがいたるところに031富士山の方を見れば おお ここからの眺めも 中々
だが少し邪魔になるものが  電線
文句を言っても始まらないが やはり邪魔になる。033ここまでくれば山頂は遠くない それでもあと2kぐらいあるのだが
体はかなり汗をかいている
寒さは感じないが。
間もなく由比青少年野外センター
そこの入口を横目になおも登る
山頂まであと1.5k、0.7k、0.6kとだんだん近づく
途中から山道に入る ここまでくれば後ほんの僅か 最後の登りをひとしきり
やがて稜線036そして山頂・・目の前に037空は抜けるように青く 向こうに富士の頭がチョコンと見える
早速三角点を確認する
紛れもなく三角点 測点は二等三角点 標高707m頂上だ
時計を見れば10時50分
駅から2時間ほどで歩いた事になる
ならば、あの指導表の時間は何なんだ 1時間以上もタイムを
短くできるのか そんなことを考えてしまった。038見渡せば360°いい眺めだ目の前に聳える富士山をはじめ愛鷹連峰、その向こうに
箱根神山と駒ヶ岳 それから続く伊豆の連山 南には大きく広がる駿河湾から三保
日本平 大崩 西側には竜爪から始まる安倍東山稜の連山が 七面山が 身延山が
富士見山、櫛形山が
天気が良ければ南アも見える筈だが、生憎 雪雲がかかりそれは駄目だったが
また富士の外輪山 天子から続く山々が

これでもかというように見えていた040今日は ここまで 続きは 又明日 じゃあね。



























 

« 残念ながら朝日に染まる富士は・・・・ | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その2 山頂にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
思い出しましたよ。広い山頂でしたね。海も眺めて富士山もなんとも贅沢な眺めですhappy01
電車での山行も珍しいですね。

富士山の眺めが素晴らしいですね!
北海道にも「えぞ富士」と呼ばれる山はありますが、やっぱり本家本元はいいですね。
「日本一の山」と呼ばれるのも納得です。

電車移動は珍しいですね~
由比というと、桜エビですものねhappy01旨みたっぷりで大好きですぅ~
海もキラキラして、富士山はいつでもあたたかく迎えてくれて気をつけて歩いてと
言っているような堂々としたたたずまい。
お写真をたどっていくと、パパさんといっしょに山歩きをしているような気になってきました。
汗かいてないけどcoldsweats01
ハイキングはやっぱりいいですねshine

lovelyshineshine凄い、凄い❣

やはりパパさんの行く所は違うね。
もの凄く歩きまたね。でも、富士山は待っててくれたんだ。
一緒に登って行くような気分になってます。
山道やミカン畑・・と中の景色を見ながら、
ぱっと富士山が出て来る。eyehappy01
パパさんは、構成が上手い❣scissors
*今日も楽しませてもらい、次への期待がましてきましたよ、

とっても綺麗な青空ですね~
雪のある富士山は綺麗!!
登山慣れしたパパさんの足は凄いんですね~

こんにちわnote
お天気が良くて空がぬけるように青くてお写真を拝見していて気分爽快になりました。
キラキラと反射した海・・・いちど撮ってみたいけど、カメラに慣れてないから難しそうcoldsweats01

今朝の地震が富士山の辺りだったと思いますが、結構揺れたのではないですか?
朝このニュースで眼が覚めました

山の風さん

車で行くとまた元の場所に戻る必要があるし、こちらからあちらへが出来ない為電車にしました。それで正解でしたよ。

いっせいさん

地震の震源地はもう少し東側です、揺れはどうですかねー 静岡の東部は震度4という事でしたが。

めぐさん、こころぐ郁美さん、快宴帯さん、のんびりさん、てんこさん

冬の晴れ渡った空のもとに屹立する富士山は何もにも代えがたいですね、夏も良いのですがやはり雪を纏った富士山がいいですね。それで 行けばいつでも待っていてくれるしね。海もキラキラ輝いて申し分ありませんでしたよ。

今日は地震ですね、河口湖震度4とか?大丈夫でしたか??気をつけて。午後も 東北 関東 東海で地震たくさん!!きれいな富士に影響ないことを祈ります!!
パパさんも 気をつけて!!!

まぶちょんさん ご心配なく 今回の地震は噴火とは関係ないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53838454

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 浜石岳へ・・・その1:

« 残念ながら朝日に染まる富士は・・・・ | トップページ | 展望の山 浜石岳へ・・・その2 山頂にて »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック