無料ブログはココログ

« 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 | トップページ | 箱根金時山へ・・その5・・足柄駅へそして帰宅 »

2012年2月 8日 (水)

箱根金時山へ・・その4・・山頂から足柄峠へ

2012年02月08日

富士山をはじめ、南アルプス、道志山塊、丹沢山塊、大菩薩連稜、その向こうの
奥秩父山塊と全く贅沢な眺めだ
うっかりすれば踏み外すような急な道
下からも登山者が次から次に登ってくる
その誰もが 苦しさにあえぎ、辛い登りを登ってくる
山頂での至福の一時を過ごすために、又その誰もと声を交わし
道を譲り会い下って行く。

下る途中樹林が切れ目の前に丹沢の山並みが勢いよく飛び込んできた。
すげー 早速写真を パノラマ用にするか レンズは望遠のまま
1枚、2枚 都合6枚
それがこれ
089西丹沢の山並みが一望だ 以前息子と登った時は 登るのに夢中で
この眺望を見る余裕もなかったが。
大室山、檜洞丸、畦ヶ丸、蛭ヶ岳と丹沢山塊の名だたる山々が欲しいままに。
一番手前にほんの少し見えるのは矢倉岳の山頂だ
全くいい眺めだ
もう一枚
091蛭ヶ岳から繋がる丹沢主稜線写真には写っていないが 右側に塔の岳
そのまた右側に大山が並んでいる
0942全くいい眺めだ。
おっと 足元にご用心 写真を撮るのに夢中になり 足元がおろそかになる
この下りまだほんの1/3 心して下らねば
左側には富士山 その右手奥には 南アルプスの盟主北岳も姿を見せている
096これから目を右に写し、じっと凝らすと
098左側の雲がかかった白い山が北岳と吊尾根、そして仙丈の頭も少し覗いている
また右側に鳳凰連山と その向こう側には甲斐駒の姿も。
手前の稜線は籠坂峠とそれに続く三国山稜の稜線だ
まごまごできない 下を見れば次から次へ登ってくる
その誰もが 喘ぎ 息を弾ませ 中には始めからアイゼンを装着している人も
その人たちと声を交わしながら下って行く
106所々にあるこの鉄梯子 こういう所はアイゼン付きでは歩きにくい

ひとしきり下ると やがて古い木製の鳥居が見えてきた
山頂にある社のものか
という事は この向きから見ると 小山にある金時神社に関係あるのか
そんなことを考えながらくぐる
そして振り返り108太陽はちょうど逆光 鳥居の上から日が燦々と降り注ぎ なんとなくいい感じに。
しばらく行くと左側にベンチが そこは富士山の展望も素晴らしい
114ふと道の右側を見れば足柄峠まであと3k、金時山頂まで0.7kとある
まだそんなにという思いではあったが まあ 少し休憩していくか
ザックをおろし、ベンチに腰を下ろし、ついでにアイゼンを取り外す。
また 今下ってきた方を振り返れば金時山がその独特な姿を
これ見よがしに 背伸びでもするように聳えていた
116よくもまあ あんな所から下ったものだ 我ながら感心もし
これからの長い道のりを思い さあ足柄峠をめざし出発
アイゼンも外したことだし 気を付けて行かなきゃ
猪鼻砦跡の説明版を右に見て 歩き出す
117道はまだまだ雪道 その中を慎重ながらも快調に飛ばす
110どのくらい歩いたのか やがてPが見えてくる
ゲートが有り、車の場合はここまでだ。そしてピストンになる
雪もここからは少なくなってきた その代り 凍りついたところが目立つ
今まで以上に慎重に歩く
道はまだ続く 周りの風景を楽しみながら しかも足元にも気を付けて
山頂を辞してどのくらい経ったのだろう
敢えて時計を見ないのだが それでも12時を回った頃か
足柄峠だ やっと着いた、標高は759m
118右に下ればすぐに足柄峠の関所跡 右の小高い丘に上がれば足柄城址
左側の石碑は新羅三郎義光の笛吹の石だ
真っ直ぐそのまま道なりに行けば駿河小山に
取り敢えず足柄城址へ上がる
其処は日当たりのよい しかも富士山の眺望も素晴らしい場所
早速富士の写真を。
120そして今歩いてきた方向を眺めれば 金時山が 聳えていたっけ
119一番左の三角の山が金時山
ここまで山頂から3.7k 足柄駅まであとどのくらいあるのか
もうひと頑張りになるか、ふた頑張りになるか
行って見なきゃわからないが、日はまだ高い。行くか 取り敢えずこの城址公園を
一回りして。

今日は ここまで 又ね。

























« 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 | トップページ | 箱根金時山へ・・その5・・足柄駅へそして帰宅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

lovelycamerapresent朝からいいプレゼントをいただきました。

パノラマ・・・素敵ですね。あっとうされました。happy01
どれも、クリック。うっとり見とれ、いつものように大きく息を吸い込みます。
そうしたら、富士山のご利益もあるかもしれないねぇ~
しかし、足腰強くないと歩けませんね。
パパさんは、お腰は大丈夫なんですか?
そんなことを、もろともしないで出かけてしまうのも解ります。
*この光景は、いかないと感じられませんよね。
  行ってない私たちは、幸せ者でーーす。ありがとう~~~heart04heart04

こんにちわhappy01

山の風景撮りはパノラマが迫力があって見ごたえがありますね。
この時期に体を張って山登りをして撮られた画像はお宝ですよねnote
パパ様の男らしさを発見したような気分ですよhappy01

いい眺めですね~eye
山がラグビーしているようにがっつりスクラム組んでるようです。
雪が残る中 お疲れさまでしたhappy01
金時山 登ってみたくなりました。

こんばんは!
いいですねぇ~。
こんな雪の山道をアイゼン付けて歩きながら、被写体を探すのって最高ですね。
私も行って見たいです。
来年の冬は行けるかなぁ。

こころぐ郁美さん、てんこさん、めぐさん

パノラマ良いでしょう 迫力ありますね、冬ならではの景色ですかね 確かに足腰丈夫でないと歩けないけど。

FUJIKAZEさん

好きだからこそできるんですね、カメラ持って朝早く家を出てっていうのは。でも気持ちいいですよ、一度やれば絶対嵌まりますよ。

西丹沢の山並み・・、美しいですね。
天気に左右される山の景色ですが、晴れるとほんとにステキです!
明るい景色は もう春みたいな感じで 暖かさが 感じられるくらい!いいですね~♪

高校一年生の5月の遠足が金時山でした。
景色は覚えてなくって、新しいクラスメイトとお喋りばかりしてました。
今年は雪が凄いですね。

まぶちょんさん

全く雄大です。見ていたらまた行きたくなりましたよ。

Lisaさん

5月なら遠足に最適ではないですかね、あの山は 遠くまでは見えないかもしれないけど緑が綺麗で、急だけど道は整備されているしで。そお 今年はいつもより雪が多く降りましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53916754

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根金時山へ・・その4・・山頂から足柄峠へ:

« 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 | トップページ | 箱根金時山へ・・その5・・足柄駅へそして帰宅 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック