無料ブログはココログ

« 箱根金時山へ・・その1・・電車の窓から見る富士山 | トップページ | 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 »

2012年2月 6日 (月)

箱根金時山へ・・その2・・乙女峠から金時山頂へ

2012年02月06日

ここからが山登り さあ行くぞ 先日の雪が残る中歩き出す
まずは乙女峠を目指し。


国道から離れ登山道へ 乙女峠までは15分~20分 言ってみればすぐそこ
樹林の中の道は雪 雪 雪、
だらだらの道を登って行く、足元をよく見ているとアイゼンの歯の後がくっきり
だが 凍り付いてもいないから 今の処はその必要もなし。

025靴で雪を踏みしめる音が耳に心地よく響き
自然 足にも力が加わり 歩くスピードにピッチが上がる。
029それにしても先日はたくさん降ったんだなー と 思いながら
やがて乙女峠到着 そこには感じの良い茶店が立っており
ハイカーを迎えている。
030またいつ出来たのか分らないが木製の展望台が2基
その内の1基に上がると
これまた富士の眺めがすばらしい 全く 正面に見える
032今回初めてではないが、なんど見ても 全く初対面の様な感じがする
これも富士のなせる業か。
さあ行くか 展望台を後にして まずは長尾山までの長い登りを
右手には箱根中央火口丘の神山がその大きな姿をさらけ出し
その足元には千石の平原が、又 大涌谷の噴煙が立ち上り
右手奥には芦ノ湖の光る湖面も見えている。
035そうそう 乙女峠の由来だが 写真を撮っておいたので それをここへ
載せて置く
031道は 単調な上り坂 だがこの雪のシーズン 坂道にありがちな階段を隠してくれ
登りやすくなっている
左側は時折樹林の間から見える富士、後ろは箱根峠まで続く外輪山の尾根が
右側には遠く相模の海がキラキラと。
20分ほど歩いただろうか、長尾山の山頂だ標高は、確か1100mを超えていた。
039道は相変わらず雪、雪、雪
まだ アイゼンの必要はない
目指す金時山はすぐ目の前に立ちはだかっている。

冬枯れのブナの枝の間からは雪を真っ白に抱いた富士の山頂が見え隠れ
040
右手眼下には箱根の外輪山に囲まれた仙石原と芦ノ湖が静かに広がっている052やがて見えてきた 金時の山頂が すぐ目の前に
053間もなくこの長尾山と金時山の鞍部
やや急な下りを慎重におり、再び登り返す
狭い露岩がむき出しの、しかも滑りやすい道だ 見ると凍り付いている所も
見られた。
帰りはアイゼンも必要だなと思いながら うっかりすれば滑ってしまう道を
注意して登る。
右前方には相模の海がキラキラ輝き、疎林の間からは
左手の奥には雪の道志山塊、その奥には
大菩薩連稜が、奥秩父の山が 又 よく見れば
南アの甲斐駒までその姿を見せていた。また左前方には白くなった丹沢の山塊が
見え隠れ、山岳展望が思いのままだ。全く贅沢な眺めだ、
春から夏ではこうはいかない、ブナが生い茂り 沿道の笹が生い茂り その他の木も
葉を広げ、遠くの景色を覆い隠してしまう為。又空気にも霞みがかかり、ただでさえ
見にくくなっている所へ。
さあ 着いた着いた 山頂だ。時計を見ると10時少し前 意外と早く着いた
バスを降りて写真を撮りながら それでも1時間と15分位で山頂へ
それにしても 随分の大勢の人がいたもんだ。
ぎっしりとは言えないが大勢の人が思い思いの場所に陣取り眺望を楽しんでいる
062金時山の標高は1213m箱根古期外輪山の最高峰
別名猪鼻山といい 急峻で険しく露岩が多く 登下山には要注意の山だ
雪の時期には余計にそうだ
山頂は静岡県と神奈川県の県境
山頂には2軒の山小屋が
一軒は静岡県側に、一軒は神奈川県側に建てられている
静岡側の山小屋は金時娘がきりもりしていて有名である
また大勢の常連さんで賑わっている。
今回は小屋には入らずベンチに座り富士を眺めながらの昼食となったが。

さあ 次回は 金時山から見た風景を パノラマ交えて紹介する。

忘れていた事があった それは帰宅してから気が付いたのだが
測点の三角点を撮影して来なかった事だ、もう 頭の中からすっかり
忘れていたことをここに記して置く。

今日は ここまで 又ね。













« 箱根金時山へ・・その1・・電車の窓から見る富士山 | トップページ | 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハッピーのパパさん、
うらやましいです。いつも、富士山は青空をバックにきれいですもん~~。
きれいな青空が白山をバックに見れるのはいつのことやら~~

たくさん雪が降ったみたいですね。
富士山が大きく手を広げたみたいな形になってて、あったかく感じる。
芦ノ湖ですか~ いい眺めshine
おおっ 金時山到着ですねhappy01
パパさん 健脚さんですね。

lovelyscissorsしっかり 堪能しましたよう。

クリックのしっぱなし。「乙女峠」何やら心に響いてきました。
親子の情が見に浸みました。heart
こんな事も、あの富士山は見ていたんですよね。eye
拡大すると、富士の山頂から人が手を振っててもおかしくないな。coldsweats01
なんて思いましたよ。そう思うとにやけちゃいました。
景色が澄み渡っているのは、空気も美味しかった証拠。
とっても、新鮮でしたようlovelyshineshine

こんにちは
>天下の秀峰金時山
ワ-オ、素晴らしい富士。
裾野まで写してくださり感激です。

名古屋から富士に行くのは一仕事です・・・。毎日、日本一の風景を見られていいなぁ。
いつも うらやましいです。山梨側からと、静岡側からと、両方から見比べしたいなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53906382

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根金時山へ・・その2・・乙女峠から金時山頂へ:

« 箱根金時山へ・・その1・・電車の窓から見る富士山 | トップページ | 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック