無料ブログはココログ

« 箱根金時山へ・・その2・・乙女峠から金時山頂へ | トップページ | 箱根金時山へ・・その4・・山頂から足柄峠へ »

2012年2月 7日 (火)

箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望

2012年02月07日

良いなー この景色は 前に来た時も冬、快晴の空の下に登って来たっけ
時間がまだ早い為 昼にするのは 勿体ない、
しばらく この360度の眺望を楽しむとするか。
だが 何と言っても富士山 他の登山者もそのほとんどが富士山を
写真に撮っている
055真っ青い空の下 白い衣をまとった富士山 左側には愛鷹連峰を引き連れ
その向こうには安倍東山稜も見えている、富士山の右手には南アルプスも
064良く目を凝らしてみれば 鳳凰の向こうに白く輝く甲斐駒が見えていた。

南側には仙石原から芦ノ湖が、右側に屏風の様に見えるのは乙女峠から
箱根峠まで続く外輪山の山並みだ060それも一度歩いたことが有ったが、中々の捨てがたい存在
目を尚左に転ずれば 台ヶ岳の向こうに今なお噴煙を上げる
大涌谷が
068もう少し大きくしてみよう
070噴煙が分かると思う
箱根は休火山ではない、今なお息づいている活火山である。
この噴煙がそれを物語っている。
富士山も然り
ここは富士火山帯に属する場所だ。
伊豆七島もその上にある事になっている。
まあその話はさておいて 今しばらく眺望を楽しもう
061この祠は何処を向いているのか 少なくとも富士山の方角でない事だけは確か
チョイト名前を確認するのを忘れてしまったが
0632富士山を見ていると 宝永火口の基部あたりから次から次に雪煙が
雲となって巻き上がるのが 面白いように見て取れる
ほんとうに次から次へ
0772そしてそれが強風にあおられ すっ飛んでいくさまも。
やがて 10時半 早いが昼にするか 富士山を眺めながらの昼なんか
最高の贅沢だ
ザックから買ってきたおむすびを取り出し、ぱくつき始める。
最高に美味い、青空の下 ぱくつくおむすびは、
昼を食べている最中 大学生のグループらしき人たちに記念写真を頼まれる
それを快諾し カメラを預かり シャッターを
ふとその人たちの足元を見れば 履き古された底のすり減ったスニーカー
下山時 十分気を付ける様 注意する。
073そろそろ下山の事を考えるか と ザックからアイゼンを取り出しておく
112今回 持って行ったアイゼンは縦走用の8本歯 頼りになるやつだ
今はいている靴にぴったりと合うよう調整済み。
だが久しぶりに着けるアイゼン ベルトの締め方が 一時 あれっと
我ながら可笑しくなったが まあ 無事に装着完了。
雪によくなじみ、その感触も 昔と変わらない。
しばらくその辺を歩き足慣らし。

神奈川県側の山小屋の裏側から確か丹沢山塊が見えたはず
行ってみた 東丹沢の大山が 大きく見えていたな
それ以外は樹木が邪魔になり少し見づらかったが。
083時計を見れば 11時 自分の設定した下山時刻だ
ベンチに戻り忘れ物、ゴミの点検をしザックを背負う。

そして2軒の山小屋の間につけられた登山道を降り始める。

下山は足柄峠への道 急下降だ 垂直に近いくらいの道を
アイゼンの歯を効かせながら ゆっくり下ってゆく。
それにしてもいい音だね 耳に心地よく響いてくる。
ここから見える景色もまたすごい
富士山をはじめ、南アルプス、道志山塊、丹沢山塊、大菩薩連稜、その向こうの
奥秩父山塊と全く贅沢な眺めだ
うっかりすれば踏み外すような急な道
下からも登山者が次から次に登ってくる
その誰もが 苦しさにあえぎ、辛い登りを登ってくる
山頂での至福の一時を過ごすために、又その誰もと声を交わし
道を譲り会い下って行く。

途中何か所か 絶景ポイントが その写真についてはまた明日、

今日は ここまで じゃあ又ね。
 


















« 箱根金時山へ・・その2・・乙女峠から金時山頂へ | トップページ | 箱根金時山へ・・その4・・山頂から足柄峠へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

lovelyscissorsなんと景色の良いことか❣

空がまっさお。富士山も映えますね。eyefuji

山の名前が解らない私にも、こうして解説してもらえて、どこかな?と思いながら

見ていました。でも、何と言っても最初の1枚目のインパクトは強すぎる。

雪煙・・カメラを通してだけですか?肉眼ではだめ?単純にごめんなさいね。

こんにちは!私もむか~しは山登り(正確には山歩き)してましたが、登る時も下る時もすれちがう時に皆さん挨拶するんですねhappy01
それにゴミもちゃんと持って帰るし、礼儀正しいですよねo(*^▽^*)o
それにしても「富士山」fuji偉大ですねimpact

いつもきれいな写真を撮りますねshine
来月友人が箱根行くって言ってましたが
青空が澄んでとっても綺麗。
心が洗われますねhappy01
 
ブログへのコメ、ありがとうございます。
ハッピーパパさんもインフルエンザ
気を付けてくださいね~~~wink

さすが日本一のお山ですね。
パパさんのカメラワークも良く本などで見ることのできない富士山を堪能させて頂きました。
ありがとうhappy01
冬山ですからそれなりの装備をしていくのですね。

素敵な写真を
デジブックで是非アップしてください~おねが~い。

こころぐ郁美さん 

雪煙 見る気なら肉眼でも十分わかりますよ。ただ白い雪に白い雪煙見にくいかもね。

まきさん

すれ違う人との挨拶、ゴミの持ち帰り これ山へ行く者にとっての最低限のマナーです。気持ち良く山歩きするための。

ゆうこさん

冬の澄んだ空は綺麗ですねー 山頂から見た景色も良く溶け込みます。

koutanbabaさん

足回りと服装だけです いわゆる登山ではなくハイキングですから。 登山になると装備そのものが 変わってきますよ。デジブック 一度検討してみます。

絶景ですね。
冬の山登りに憧れます。
でも、装備が何もないですから、行けず仕舞いです。
これだけ天気が良いと、ホントに爽快でしょうね。
素晴らしいです。

山頂での至福のひと時、寒そうだけど絶景で忘れそう。箱根は随分前に訪れた地、思い出しました(^O^)

こんばんわ 富士に魅せられた男ですね~♪
パパさんは、根からの山男ですね!
静岡を知らない私でも、ブログみせてもらってると、結構、地名と山の名前で、地形がわかってきましたよお

みつひろさん、どうねさん

あそこは絶景ですね コースによっては意外と簡単に登れるし、よく整備もされているし いい所ですよ。冬は特に空気も澄んでいて景色を見るにはうってつけの山です。

まぶちょんさん

特に魅せられてもいないと思うけど でも富士山は被写体として最高ですね。それと山男ではなく単に山が好きなだけですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/53909095

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根金時山へ・・その3・・金時山頂からの眺望:

« 箱根金時山へ・・その2・・乙女峠から金時山頂へ | トップページ | 箱根金時山へ・・その4・・山頂から足柄峠へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック