無料ブログはココログ

« 咲きだした御衣黄桜と鬱金桜 | トップページ | 蓬莱橋再び・・ハッピーと・・その2 »

2012年4月14日 (土)

蓬莱橋再び・・ハッピーと・・その1

2012年04月14日

歩いたねー、ハッピー お利口だったねー

ここは大井川にかかる世界最長の木造橋 そう あの蓬莱橋 全長897.4mの橋

行ったのは4月10日 いろいろ忙しかった事柄も昼前やっと一段落した午後

前回行ったときは昨年の台風で流されその復旧工事中 途中で 通行止めだった
蓬莱橋
4月1日から全通することを聞いていて 改めて行って来た

天気は風も静かでポカポカ陽気 まだ 花散らしの雨が降る前で
桜もいたるところで見ごろを迎えていた

現地のPへは 自宅から40分弱 そこへ車を置き
番所で通行料100円也を支払う
犬は勿論無料だ 同じ橋の上を歩くのには変わらないのだが
そんな事はどうでもいいか

さあ ハッピー行くぞ

ハッピー なんだか怖気づいているのか 嫌がって腰を落としてしまった
そりゃーそうだよな 何となく怖いもんな
でも この間も ここ 歩いてんだぞ、

001仕方なく少し抱っこする、13.5kは重いが
しばらくそのまま歩き そっと橋の上に
そこで やっと歩き出す
歩き出せば しめたもの 抱っこされたことなど 念頭にない様な
歩きっぷり 大したもんだ
橋の途中で座らせ 今日の記念写真を
002橋の向こうは大井川右岸 牧の原台地である
さあ あの台地の上まで行くぞ GO・・・・・・・・

脇目も振らずスタスタ スタスタ・・・・・・・ でもないが、

004この色が変わった所が今回の修理箇所だ、
其処を通り過ぎ
やがて対岸へ

対岸は山桜がいたるところで満開に

橋のすぐ脇に大きな山桜が有ったっけ
008其処はちょうど展望台の様になっていて橋が良い具合に良く見える
ハッピーのリードを持つ手を離し 自由に
彼女にとって初めての場所 物珍しげにそこら辺をうろついている
010この 蓬莱橋 今まで何度流されたことか 大雨のたびに
その都度修復されて
橋をよく観察すると 橋げたは確かに木造 だが 橋脚は・・・・
そう コンクリート製 全部でもないが
ユックリ橋を眺めた後は 台地の方へ

その前にここに太古の大井川という注意書きが有ったので写真に撮っておいた
読みにくいかも知れないけど
011この説明板を読み なるほど などと半分納得して
台地の方へ向かう
ハッピー そのまま自由に
道は歩き易い簡易舗装の道
014途中七福神のユニークな石造を見ながら
やがて道は右へ大きくカーブ 直進は山道 勿論山道を取る
どうせ出る所は同じだから
所々 藪の中に 狸の置物が ハッピーふとそれを見た
なんだかびっくりした様子 いきなり歩調が速くなる
だが 道は一本道 何処へも行きようがない
やがて林を抜ける そこは 一面の大茶園
015あの一番高い所まで行くか
直に5月 茶摘みのシーズン そうすればこのあたりもお茶のむせ返るような
香りでいっぱいだろう
今は その時期めざし 新芽がグングン伸び始めている。

今日は ここまで この続きは 明日ね。
 
















 

 

« 咲きだした御衣黄桜と鬱金桜 | トップページ | 蓬莱橋再び・・ハッピーと・・その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蓬莱橋全通したんですね!
山桜との写真がいいですnotes
ハッピーちゃん13・5kgってうちの子と一緒!!
途中から、前来たところだって思い出したんですかね♪
次回のおふたりの散歩も楽しみにしてます^^

こんにちは
お散歩、気持ち良さそうです。
パパさんに抱っこされて、ハッピーちゃん、勇気百倍ですね。

パパ様ぁ~
この橋の画像をみたら、やはり怖気ずきますよぉ~~coldsweats01
ハッピーちゃんは目をつぶって渡られたのかな!?

ピンチになったらパパ様がおられるから13.5キロの体重なんか気にしないで抱っこされておられるハッピーちゃんに思わずニヤけてしまいましたよぉ~happy01

lovely約束通り行って来ましたね~

改めて見ると、長いですね。confident
ハッピーも絵になることか。dogscissors
良くここを渡ったねえ~、えらい、えらい。
色々な話に出て来る大井川。
さすがですね。パパさん所から車で40分位で行けるなんて・・
さあ~って、帰りはどうなるのかな?
次回は、どんな景色が見えるのかな?楽しみですようhappy01

パパさん ごめんなさい ハッピーちゃんだけに目がいってる~coldsweats01
我が家のサム君は豆柴やと言われていたんです。
これからもハッピーちゃんとの画像を楽しみにしてます。

  こんばんは。
桜と橋 いい景色 cherryblossom
この橋 渡るのコワそう~。 ハッピーちゃん歩くの止めた気持ちわかるな!dog
沈下橋と似てる。 私も怖くて渡れないかも?bleah
 茶園凄くひろいですね。
茶摘みの頃はいい香りが漂ってきそう!。

開通おめでとう。ハッピーも 少し怖かったのかな。
何度が流された橋でも、偉大な歴史物だし気をつけて渡ってね。
パパさん、抱っこしたら 重かったでしょうね~。おつかれさまぁ~♪

これだけ長い木造の橋、ちょっと怖いっていうのも分かりますね。
でも、流されてもまた、架け替えではなくて元と同じ木造の橋にするあたりは、地元の方々の伝統を守ろうとする努力が伺えます。
「太古の大井川」も興味深く読ませていただきました。

近代的な建築の多い中木の橋って素敵ですね。
長い橋のようですが手すりが低そうなのでハッピーも怖かったのでしょうね。

今の季節どこへお出かけしても春を感じられ嬉しいですね。

ukiさん、きいろひわさん、てんこさん、こころぐ郁美さん、御前さん、初心者水彩画さん、まぶちょんさん、みつひろさん、koutanbabaさん

最初は怖気づいたのですが 歩き始めたらしっかり前方を見て スタスタです。途中で写真撮りながらだから その都度下も覗きながら けど 度胸がついたというのか平気の様でしたね。橋の上から見た対岸の風景桜と桧のコラボ なんとも言えませんでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/54466745

この記事へのトラックバック一覧です: 蓬莱橋再び・・ハッピーと・・その1:

« 咲きだした御衣黄桜と鬱金桜 | トップページ | 蓬莱橋再び・・ハッピーと・・その2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック