無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

ただいま警戒警報発令中

2012年09月30日

今日は十五夜 晴れていれば綺麗な満月が・・・・・
だが生憎 今日は台風がやってきた

予想進路は昨年の台風15号とよく似たコースだ

午後の3時ごろに大雨、洪水、波浪警報が出された

その頃から強い雨も降りだした。

お昼頃までは全然その気配すら感じられなかったが。
4時半を回った頃から 一層激しく降ってきている

と同時に 風も強くなってきている 家の中に居ても時折強く吹く風の音が
感じられる
暴風圏内に入ったんだろう

外は荒れ模様だ。起きな被害が出なければいいが

今朝の散歩時 風もなく穏やかな朝だった が空は

002嵐の前触れだったのか 雲が厚かった
004今 17時半になるが 雨はますます強く 風もまずます強くなってきている

今回の台風 勢力は衰えずと聞く

これから進路にあたる方面の方々十分にご注意を。

参考までに 昨日の夕方 安倍川より見た夕景を 時間が早かったせいか
あまり綺麗ではないが

036カメラはコンデジ まあ何とか写っていた。

今日は ここまで 又ね。

台風 くれぐれも ご注意を。

写真撮影・・・・・・・・上の2枚が9月30日、 3枚目は9月29日夕
場所・・・・・・・・・・・・上の2枚が自宅界隈、 3枚目は安倍川より











2012年9月29日 (土)

朝比奈の里でボチャリンコ

2012年09月29日

さあ 天気は良いし 何処へ行くか・・・・・

2日前の27日午後 少し暑いくらいの陽射しの中
午後から 又 ハッピーを乗せ出掛ける

27日と云えば 昨日載せた夕景 あの写真を撮った日だ。

朝比奈川流域の岡部玉露の里周辺に行く事にする
理由は簡単
近いし 車を置くのに絶好の場所 玉露の里のPへ車を置けばいいのだから

自宅から30分も走らせればそこへ着く
山あいの静かな里だ
その場所 毎年のように出かけている
昨年もハッピーを連れて朝比奈城跡に出掛けている 又 10月中旬には
コスモス祭りも開かれる

今年も朝比奈流星祭りに合わせコスモスが満開になるようにしているとか

まあそんなことはさておき
Pへ車を置き川沿いの道に入れば
真っ赤な彼岸花がまるで絨毯を広げたように所々咲いていた

002ハッピーを連れ歩いて行けばキバナコスモスが
003風に揺らいでいたっけ 向こうに見えるのは流星打ち上げ用のやぐら。
004
左に目をやれば ああコスモスが咲いている
其処へ行ってみるか ハッピーのリードを離し自由に
そしてコスモスの方へ
005風に揺られゆーらゆーら
009いい所だなー ハッピー 自然がいっぱいで
010さあ 歩こうか
013朝比奈川にかかる吊り橋を渡り 反対側に
其処から河原に降りる
水はすこぶる透明
ハッピー 早速入るね ボチャボチャと
3川面を吹き渡る風はヒンヤリ気持ち良く 何時までもそこに居たいくらいだったが
そうもいかず
さあ もういいだろう 上がるか
027又 涼しくなったら遊びに来るか
再び遊歩道へ
今度は 上の写真の橋を渡ってPへ
034ほんの1.5時間ほどの散歩を楽しみ
帰宅
その日の夕方 夕景を撮りに駿河大橋上に出向く。

その写真が 夕焼け雲に~ の記事である。

今日はここまで 又ね

写真撮影・・・・・・・・9月27日
場所・・・・・・・・・・・・岡部玉露の里界隈





















2012年9月28日 (金)

夕焼雲に~

2012年09月28日

歌の文句じゃないけれど 昨日27日最高の天気 夕方 夕焼雲に誘われて~ のように
R1安倍川にかかる駿河大橋上へ。

素晴しい夕焼け たなびく雲が茜色から金色に変化していくさまを
じっと眺めていた

もちろんカメラを持って

035唯一 初めから望遠ズームを付けて行ったのが 失敗だった
空が広いから広角レンズも持っていれば

だが 後の祭り
ズームをアップダウンして撮っていたのだが やはり限界が
038それでも何とかカメラに収める
この橋の上 良く見える 富士山、南アルプス南部の山々など
048上の写真 右側が川根前黒法師、左の遠く見える三角が前黒法師岳だ
富士山も良い具合に染まっていたっけ
061時間は5時半をやや過ぎた所
茜色の空を眺め 又振り返りながら金色に輝く雲を眺め

至福の時間だ この時はハッピーは家に置いてきている
もし一緒にいれば とてもじゃないがノンビリはしていられない。
068これだけ見られればもういいや 帰るか

ハッピーも待っていることだし
082富士山も間もなく暗闇に包まれるだろう

明日の好天が期待される 夕焼けだった。
最後にこの時撮った写真をコラージュで
Photoもう1枚 夕映えの富士の写真を
Photo_2今日は ここまで じゃあね

又 次回 機会を見て写真を・・・・・・。

写真撮影・・・・・・・・・・・9月27日夕
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡駿河大橋上より






















2012年9月27日 (木)

雲のコラージュを・・・part2

2012年09月27日

朝 めっきり気温が下がり 歩くのにも長袖が必要となってきた。

今朝も、昨日もそうだった。

今朝はあまり雲もなく青空が広がっていたが 昨日26日の朝は意外と雲が
多かった
それも日が高くなるにつれどこかに行ってしまったが

散歩開始時 空を見て これはと思いカメラを持って出かける

001朝 青い空に白い雲 上を見ていると 次から次に変化する雲に
目を奪われることもしばしば。
今回も この日撮った写真をコラージュに
Photo一回りしてくれば 先ほど見た雲の形は全然違う形となって流れていく
全く 飽きない雲の形
ハッピーも知ってか知らずか
017さあ お家の前だよ お座り
016朝の一時 ほんの30分ほどの散歩タイム
その時間に見た 束の間の雲のショーでした。

今日は ここまで 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・9月26日朝
場所・・・・・・・・・・・・・・・・自宅界隈












2012年9月25日 (火)

彼岸花とコスモスの咲く堤

2012年9月25日

満開の彼岸花を期待して来たのだが・・・・

24日絶好のドライブ日和 午後からハッピーを車に乗せ
真っ赤に咲きそろった彼岸花を見たくて出かける

行った先は富士市雁堤(かりがねつつみ)
途中雲の上に頭を出した富士を見つつ 車を進める
Img_0001
上の写真 R1サッタ峠直下付近

由比から旧国に入り 富士川橋を渡り すぐの信号を左折すればすぐだ

Pへ車を置き
ハッピーを降し 期待して行ってみた が・・・・・・・・・・
Img_0012
昔 暴れ川だった富士川を鎮める為 人柱を立てて築かれたという堤
その形から 雁堤と云われているようだ

まあそれはさておいて 本来なら今頃は 真っ赤な彼岸花で
埋め尽くされている風景を見られるはずだったが・・・・・・・・・・・

そこに居た土地の人に聞いてみた
雨の欲しい時に雨がなく 今年は開花が遅れているという

そうかー そういう理由じゃしょうがないなー
それでも 堤(堤防)の下の方には 数か所 まとまって咲いていた
又例によっていいとこ撮りするか

ハッピー?花にはお構いなく 緑の草地に大喜び 早速ゴロンゴロンが始まった
それも連発
あっちでゴロン こっちでゴロン 写真撮る間もない位
まあ 一枚一枚出すのも面倒と 毎度のことながらコラージュに

1さあ 肝心の彼岸花だ
そうそう ここの堤 道沿いの植え込みにはコスモスも植栽されている
そのコスモスも花を開き始めていた為一緒に撮っておいた
Img_0029正面にはさっきまで見えていた富士山 完全に雲の中
Img_0067条件が良ければ この方向で富士山も見える筈だったが 今日はしょうがなし
この写真を撮ってる間もハッピーはあっちでゴロンこっちでゴロン
飽きれば日陰で休憩している

この雁堤 今の時期は彼岸花とコスモスだが 春には桜と富士山の
コラボも楽しめる まことにいい場所だ

ハッピーにつられ 私も小休止
その内 ハッピーが動き出す それにつられ私も。
2ほぼ一回りして さあ帰るか
右の奥を見れば 東名の富士川橋と新東名の富士川に架かる橋が
仲良く並んで見える
Img_0078手前の紅いのが東名高速 奥のアーチ型の橋が新東名だ
それにしてもよく見える
車もひっきりなしに走っていたっけ
堤の反対側 下の方には彼岸花の群落も
Img_0082望遠レンズで撮影だ
さあ 帰るか ハッピー リードを持ちPへ
後 数日で真っ赤に燃える様な土手になるだろう
今日は 期待していたほどではなかったけど それでも見られたから
いいやと 自分にいいきかせ ハッピーを乗せ 車を発進させる

途中 ハッピーの方に目をやれば ドライブボックスの中で
眠りこけていたっけ。

今日は こんなところで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・9月24日
場所・・・・・・・・・・・・・富士雁堤






















2012年9月24日 (月)

雲のコラージュを・・・

2012年09月24日

昨日23日の事 雨上がり後散歩に行き 一回りして帰って来た時
空を見たら 何と面白い雲よ

急いでカメラを持ちだした しかも望遠着けて
その様子を見ていたハッピーも呆気にとられたようだが

ハッピーを連れ 近くの公園まで
夢中になって 雲の写真を撮りまくった
その内の 2枚ほど単独で 後は個別に出すのも面倒だから
コラージュにした
勿論最初の1枚も入っている。

まずはこの写真

005見るからに面白い だが広角ならもっと良かったのだが
悲しいかな望遠 撮った時にはすでに遅しと云うやつだ
次は これは大したことはないが。
007何となく 色が変わっているのが見て取れると思うが
最後に コラージュを
Photo1枚月の写真も これ全て同じ時間帯 上空の雲を切り取った画像だ
よくも色々形が有るものだと感心した一時
この後 ハッピーともども 家に入る

今日は ここまで 又ね。

写真撮影・・・・・・・9月23日
場所・・・・・・・・・・・自宅近くの公園から








2012年9月23日 (日)

今日も河原でボチャリンコ・・・part2

2012年09月23日

今日は朝から雨そのせいか少し寒い ついに長袖を着こんでしまった

そんな日の前日 要するに昨日22日の事

夕方の散歩はいつものように安倍川へ 3時半ごろだったかな出掛けたのは、
コンデジを後ろのポケットに放り込み
のんびり行けば やがて安倍川堤防に

すると 面白い雲が出ていたねー 何だあの雲 ラクダのようでもあるし
龍が首をもたげたようでもあるし
まずは堤防に登る前に一枚

001堤防上は車道にもなっている 車を避けるようにして 少しの間眺めていたね
008やがて形が変わり ごく普通の雲になっていったが 雲のショーと云うのは
見ていて飽きないね

だが 何時まで ここにいてもしょうがない ハッピー行くぞ 河川敷に降りて
ハッピーのリードを外し いつものように河原に
そうだ今日は向こうへ行こう
安倍川橋をくぐれば ちょうどいい水遊び場
016ハッピー 早速水の中
今回は初めから水遊び風景をコラージュにしてみた
Photo水の流れも緩やかで 先日の大雨 嘘のようだ
最も 本流は凄い勢いで流れているが ここはまるでプールのように穏やか
ハッピー 何時もより深い所まで行き 水遊びに興じていたっけ。

あっちへ行ったり こっちへ行ったり 時には私の方を見たり
腹までびしょ濡れ
岸に上がっては又水の中に その繰り返し
頃合いを見計らって さあ行くぞ と声をかける

ハッピー川から上がり 後を追ってくる

038秋ですねー 草むらの薄も穂を出していた
高い所の雲は まさに秋の雲
039低い所の雲は雨になっていない雨雲だ
夕方 直に夕焼けが始まる だが 雲の形から この間の様な焼けるような雲は
望めないだろう
さあ 帰るぞ
ずぶ濡れのハッピーにリードを付け 帰宅する

帰宅後 風呂場に連れ込んで 洗い ドライヤーをかける

毎度のことだが これが以外の手間 また それが楽しくもある。

今日はここまで 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・9月22日
場所・・・・・・・・・・・・・安倍川河川敷 


















2012年9月22日 (土)

桔梗寺へ・・・・

2012年09月22日

昨日の続きです

こちらに来たついでだ 桔梗寺へも回ってみるか 時期としては少し遅いと思うが と
車を発進させる。・・・・・・・

蓮華寺から桔梗寺(正確には香勝寺)へは車でほんの5分足らず
場所は少し高台にある
Pへ車を置き見慣れた山門をくぐり 本堂前を左へ

Img_0070奥に見えるのが本堂だ
このお寺も遠州33観音の一つとなっている

兎に角 本堂前を左へ曲がった所に 受付が そこで入園料を払い中へ
季節は既に盛りを過ぎたとはいえ 何とか咲いていた
全体の4割ってとこか 花をよく見れば 萎れている物や 花びらが欠けているもの
変色したものなども有ったが
盛りの頃は 下に載せるが 見事なものだ
Img_0010むろんこんなものではない

この桔梗園 日本3大桔梗寺のひとつに数えられているのだから
が 今の時期は・・・・・・・
どちらかと云ったら女郎花、男郎花が盛りだった

025上の写真は女郎花
047これが女郎花と男郎花

女郎花と云えば秋の七草
桔梗、女郎花、薄、フジバカマ、葛、撫子、萩
ここではその全てが植栽されている

・・・・・・本題に戻って
肝心の桔梗
031もっと広い範囲で撮れば良かったが・・・・・
032少し視点を変えれば彼岸花 それも白い花
萩も咲いていたっけ
033ここはお客相手の茶室の前
白い萩が
034桔梗寺と云いつつ 今の時期は秋の花で彩られている
園内の遊歩道を尚も行けば
035やがて道は 裏山の農道にぶつかる
少し 歩いてみた そこは一面の茶畑
季節には茶の香りがむせ返るだろうな 香ってくるような茶畑の
間をしばし散歩
037そういえば ここ 森の茶も有名だった
039空はあくまで青く 陽射しは容赦なく照り付けていた
だが吹く風は心地よく
秋の風だった。

再び 桔梗園に戻り 坂道を降りて行けば またもや団体 あ~あ
急いでやり過ごし
早急に 桔梗園を後にする
その前に 本堂に手を合わせ
Pの近くにはキバナコスモスが
058蝶に蜜をタップリ吸わせ 秋の風に揺らいでいた
さあ帰ろう
車に乗り 来た道を戻る
県道40号線から掛川でR1に
063途中 空を見たら 面白い雲が
信号で止まった時に レンズを向ける。

帰れば ハッピーが大喜び 今日も飛びついてきた
良し良し ただいま
さあ 少し休憩してから散歩だぞ

今回の散歩も 安倍川まで いつもの日課である。

この項お終い じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・9月20日
場所・・・・・・・・・・・・森町桔梗寺

桔梗の花言葉; 変わらぬ恋

女郎花の花言葉; 親切、 美人、 はかない恋、 永久、 忍耐

男郎花の花言葉; 野性味

キバナコスモスの花言葉; 野生美















2012年9月21日 (金)

萩の花と彼岸花

2012年09月21日

不安定だった天気も安定した20日午後 ちょいと森町まで出かける

目指すは萩の花

場所は萩で有名な蓮華寺 遠州33観音の一番札所でもある

お寺の創建云々はここでは割愛する
この萩 花の時期は長い 種類によって次から次
だから 正直 何時がピークなのかは良く解らない
まあ とにかく行ってみた
この時期行くのは都合4回目 何時行っても????である
今回は如何なのか
Pに車を置きわき道から寺の庭に

002一応咲いてはいるが これが満開なのかはなんとも・・・・・・・・・。
萩と同時に彼岸花も咲いていたね
001ここ 森町の蓮華寺まではR1から県道40号線経由で一時間と少し
途中新東名と交差し森町へ

行ったときはまだ誰もいなかったが 花を見ている時 団体が

ワイワイガヤガヤ 静かだった寺院内が一気に騒々しくなる

006まずは観音堂に手を合わせ 心を鎮める
お堂の前に見える緑は全て萩 近づいてよく見れば花も咲いてはいるが・・・・
010庭の片隅にはこんなのも有った
008水引だ 赤い水引 長かったなー 花穂が。
012この鐘 幸せを呼ぶ鐘とか へーそうなの と思っただけでつきはしなかったが
見ていたら 団体さんの中につく人も
それにしてもうるさい もう少し静かにならないものかね 思いながら山門を出る
今度は正面玄関から
振り向いて
015もう少し階段を下りて もう一枚
Img_0008見れば Pには大型バス
ああ このバスで来たのか 千葉からと有った すると新東名か

勝手に想像していた

バスそのものは写真に撮らなかった・・興味がないからだが018
そうだ ここから少し離れた畑に彼岸花がたくさん咲いていたっけ
行ってみるか
有ったねー まだ少し早い様な感じもしたが
020もう少し近寄って
0202周りを見ればそこかしこに蕾が
後2日ほど赤い絨毯になるんだろうな
想いながら その場を離れ 再びPへ
024今回も何かもやっとした気持ち 地味で決して派手とは言えない花だからなのか
そんな事は初めからわかっていた、
彼岸花が何とか今日の花見を盛り上げてくれたようなものだ・・
萩の花には悪いが。・・・・・・

こちらに来たついでだ 桔梗寺へも回ってみるか 少し遅いと思うが と
車を発進させる。・・・・・・・

この続きは また次回という事で 今日はここまで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・9月20日
場所・・・・・・・・・・・・・・森町蓮華寺

萩の花言葉; 思案、 思い、 柔軟な精神

水引の花言葉; 慶事、 祭礼

彼岸花の花言葉; 情熱、 悲しい思い出、 独立、 再会、 あきらめ



































 

2012年9月19日 (水)

雨上がりの日の夕焼け

2012年09月19日

前日夜から出っ放しだった大雨警報も午後3時になってやっと解除
それにしてもよく降りました

昨夜9時ごろには雷雨も

明日20日は晴れて暑くなるとか やれやれ 又夏のぶり返しか

夕方 ハッピーの散歩を終え 家にいるとき 障子越しに写った夕焼け
久しぶりだ。
窓から顔を出し空を見上げれば
切れかかった雲から 面白い雲が
早速カメラを持って外に出る
 

とはいうものの ここは街中 周囲の建物、あるいは電線等
邪魔者がいっぱい
まあ仕方あるまい、なんとかなるさ と カメラのシャッターを切る

001この時ハッピーは家の中
私が飛び出したものだから何事かと思い 外を覗いていたっけ
004空を見上げていれば 見る間にその色は変わっていく
005低空にはまだ雨雲のかけらも残る
006この間 ほんの5分程度
あれだけ降った雨も今は止んで 明日の好天を約束している夕焼け
自宅前から夕焼けを眺めたのは本当に久しぶりだった。

今日は 更新は休むつもりでいたが 夕焼けに誘われ 写真を撮ったもので

いや お粗末さまでした。

今日は これにて じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・9月19日
場所・・・・・・・・・・・・自宅前にて









2012年9月18日 (火)

雨の降り出す前に

2012年09月18日

今日も朝から変わり易い変な天気

昨日に続き降ったり止んだり照ったりと

一時は向こうが見えなくなるくらいの激しい雨も降った

明日朝にかけ大雨の予想も出ている 今日 夕方の散歩

雨が降る前に行ってくるかと 少し早い時間だが行って来た

コースは 何時も行く安倍川でなく もう一つの公園コースだ むろん雨具は用意して
さあ行くか ハッピーにリードを付け外に出る

001
公園めがけ 歩く 空を見れば雲の流れが 速い 目まぐるしい速さだ
002だが そんなの構っていられない 歩くスピードは 意外とゆっくり
のんびりムード
008公園へは15分程度 一回り回って 今度は国道方面へ
009向こうは雨でも降っているのかしら
あちらは如何か
空を見上げながら歩く
011見ていると 次から次へ雲の固まり
ハッピー そんなの構わず歩く 写真撮る時は待っているが
016一周回り 自宅付近で空を見上げれば 今にも雨が来そうだ
019ハッピー 雨が降り出す前に帰ってきて良かったね
さあ 家へ入るか
020相変わらず空は雲の流れが速い
024ハッピーを促し 家へ
しばらくして雨が それも強い降り方で あー 助かった。

何ルートかある普段の散歩コースの一つでした。

今日はここまで 又ね。

写真撮影・・・・・・・・9月18日
場所・・・・・・・・・・・・自宅界隈






















2012年9月17日 (月)

今日も主人公はハッピーだ!

2012年09月17日

今日は朝から変わり安い変な天気 降ったり止んだり照ったり
また降ったりと

そんな日は またまた 悪戯と
PCの前に座りハッピーの写真を引っ張り出す
どれにしようかな
良いのが有った
以前 吉田公園に行った時の1ショット 季節は春
確かチューリップが咲いていたころだと思うが
それはさておき
写真はこれ

Img_1559それを
Img_15592カットアウトと云う手法で 変えてみた
少し 絵のようになっているね
次は
同じ写真を 周囲をぼかしてモノクロに
Img_15593如何だろうか 自分では良いと思ったが。

そうそう 最後に こんなのやって見た 又 コラージュだが
ハッピーが我が家の家族になった直後から3年位までの写真だ
内何枚かは この場にも載せているが ほとんどは初めての写真を。別段 何もやることがなかった 今日の日中 暇つぶしにやって見た。

1

今日は こんなところで じゃあ又ね。




2012年9月16日 (日)

今日も河原でボチャリンコ

2012年09月16日

2日ほど前に遡る

14日午後の散歩時 今回も行先は安倍川だ

さあ出かけるか

001

安倍川土手に着き 河川敷の中へ
山の上には大きな入道雲が
003
行けば必ず興じる水遊び 日照りが続き本流までは案外遠くなった安倍川
リード外してもらい 一目散に水の流れに向かう
わー 気持ちいい
005お水は良いなー 時折私の方をチラ見
ハッピー 早速水に入りボシャボシャボシャボシャと 
深みには絶対行かないから安心していられるが

一枚一枚だすのも面倒だ コラージュに纏めちゃえとばかり
水の中に興じるハッピーを
Photoお腹までは水につけても それ以上は・・・・・・・・
最も 今回は私も水に入らなかったが
いい加減 飽きて 外へ
さあ 帰るかね 上流の雲も 時間と共に姿を変え
016_2だが その雲こちらに来る気配は全くない 空はあくまで青く深い。

時間は もう夕暮れ まだまだ暑い 路面はそれほどでもないのだが

自宅近くに来て 再びあの雲を見れば

029見え方が 随分 変わるものだな

又 夕方天気が良ければ 散歩は安倍川だ

これからは 安倍川へ行く日が多くなるだろう そして水の中に・・・・・・。

今日はここまで じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・9月14日
場所・・・・・・・・・・安倍川

















2012年9月14日 (金)

チョイトそこまで足慣らし・・・その2

2012年09月14日

昨日の続きです

今日の予定は一応ここまでだ 手を合わせた後は 又 下に降りる

ただ今度は石段でなく 横にある女坂 車の通れる道だ
下の道路に降りた後そこで気が変わり もう少し奥まで行ってみた。

044
この奥には乗馬クラブが2か所あったはず せめて手前のクラブの馬でも
見てくるかと
そこは 本当に すぐそこ 行って見たら これは如何だ
何か張り紙がしてあった
何々 しばらく休むだと
みれば馬小屋の前に青いシートが
馬はいるようだが 中は見えない 仕方がない 引き返すか。

その時側の水路の上に 何かぶら下がっているのが目に付いた
何だろうと思いきや
オニヤンマだ 蜘蛛の巣にひっかっかり息絶えているオニヤンマ
それをちょうど蜘蛛がお食事中

046弱肉強食の自然界 少し眺めていたっけ
この一枚を写真に撮り
道を田圃脇に変える
050向こうに見えるのは先ほど参った平沢観音様のある平澤寺(ヘイタクジ)の
本堂と庫裡

そして日本平ハイキングコースへ道を取る
052川を渡り この坂道を登れば上は舞台芸術公園
その中を進む
敢えて建物は撮らなかったが
風情ある建物が並ぶ
054茶畑の横を通り
059すぐそこは日本平パークウェイ
途中 右折しこの公園の本部建物を通過し ミカン畑の脇を抜け
062急坂を下れば 先ほどの平沢への道に合流
後は美術館Pまで一投足
そんなにはかからない
この道 ハッピー連れて何度歩いた事か
春夏秋冬 散歩にはもってこいの里山歩き
070こんなの見ながら
072行くとき見た稲田 今度は上から眺めながら
077お茶の葉の香りを嗅ぎながら 歩く速度は何時もよりはるかに遅い
今日のコース普通に歩けば1時間 だが 今回はその倍以上
ゆっくり歩く
079行く時通った山の神の前を通り 勿論この時は射撃場の前は既に通過済み
Pへの裏道に入れば
百日紅が青い空に揺れていたっけ
082
間もなくP 自販機で飲料水を買い求め 車に戻る
腰 思い出した 何とか歩けた 痛みも来ずに
今回 ハッピーを置いてきたが 連れていたら・・・
やはりおいてきて正解だったかな 何か有っても まだ対処が・・・・

往復3k強 単に往復ならほぼ3kだったが 久しぶりにいい運動になった。

この項 これでお終い

じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・9月13日
場所・・・・・・・・・・・・静岡平沢界隈































2012年9月13日 (木)

チョイトそこまで足慣らし・・・

2012年09月13日

腰の痛みもかなり治まった13日午後の事

足慣らしに出かけてきた

行った先は平沢 今回はハッピーは家で留守番
その理由は後でわかるが

平沢・・・私の子供の頃よく遊んだ場所 家から平沢を通り日本平へ
その平沢
車を美術館のPに置き 後は歩き 片道およそ1.5K程
普段よりもはるかに遅いペースで歩く
001このプロムナードから 平沢への道に降り のんびりと
005茶畑の横を通り
006栗を眺めながら
010刈入れ間近の田圃の脇を通り のんびり

このコース ハッピーを連れてよく歩くコースだ
だが途中に射撃場が 今日もやっていた ハッピー その音が大嫌い
一発でも聞こえようものなら 大変な事に
以前は抱き上げて通った
そういう場所だ 通りすぎればなんてことは無いが
今日は派手な音 連れてこなくて良かった 胸をなでおろす

017オクラの畑も でっけえオクラ
021こんなの食えるんか
027柿畑の前を通り
尚ものんびり 周囲の風景を見ながら
029やがて 道は自動車道に そして平沢観音の前に出る
この観音様
安倍七観音の一寺
創建は古い 行基上人のいたころだから何年になるのか
038門をくぐれば石段が そこを登れば観音堂だ
祭られているのは千手観音 我が守り本尊
041観音堂の前に立ち 手を合わせ 般若心経を
ここに来るといつも手を合わせる
子供の頃からの原風景 平沢観音
手を合わせるとなぜか心が晴れやかに
040山奥の静かな場所にたたずむ平沢観音
日本平ハイキングコースの途中でもある

今日の予定は一応ここまでだ 手を合わせた後は 又 下に降りる

ただ今度は石段でなく 横にある女坂 車の通れる道だ
下の道路に降りた後そこで気が変わり もう少し奥まで行ってみた

という事で この続きは また明日 じゃあね。























2012年9月12日 (水)

4日ぶりの散歩に・・・

2012年09月12日

歩ける こんな良い事は無いなー

今日は4日ぶりにハッピーの散歩に出かける。

いつものコースをいつものように

出掛けるとき ハッピー 待ってましたとばかり飛び出してくる

この間の土曜 やっと治まりかけた腰痛 ちょいと無理しすぎて再発
痛み止め飲んで安静に
この間 ハッピーの散歩 家内に頼み ひたすら養生

やっと痛みも遠のき今朝から散歩に

P1000122何時ものコースをいつものように ゆっくり歩く
ハッピーも心なしか喜んでいるかのようだ
P1000124慌てないで歩こうな 朝の空気は 真夏と違い 秋の空気だ
気持ちがいい
歩ける こんな素晴らしい事はない
全く馬鹿な事をしたものだ 今度はもっと気を付けなきゃ
つくづくそう思った。
P1000129上の写真 我が家の庭先に咲く朝顔 今が盛りだ
P1000130

夕方の散歩も何時ものコースを何時ものように、のんびり歩いた

はっぴーも知ってか知らずかのんびりと・・・・・・・。

今日は ここまで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・9月12日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅界隈





2012年9月11日 (火)

富士山写真のコラージュ作って見た。

2012年09月11日

昨日 ひとまず富士山写真終わりとかいたが

変更

今日はコラージュを作って見た
それこそ過去に載せた写真ばかりではあるが。それはそれとして

13枚ほど作って見た 富士山の写真ばかり 春夏秋冬織り交ぜて。
2さあ もう一枚
3これをやっている時も 頭の中では????であったが・・・・・・
やって見るべしと。どんな感じだろうか
富士山のコラージュ どうも しっくりこないが・・・・・・。
折角だから 載せて置いた。

今日は これで 又ね。








2012年9月10日 (月)

今日も過去の写真で・・・富士山その2

2012年09月10日

昨日に引き続き今日も以前撮った写真で

今回は今年上旬1月~2月にかけ撮ったもの
勿論ここに載せたものも有るかも知れないが
承知のうえで再度 アップする

20120103上の写真 1月3日 日本平山頂より夜明け
20120118これは 1月18日安倍川土手より夜明け
20120119これは上の写真を撮った翌日19日 東名高速富士川 SAより
次は やはり東名高速富士川SAより ただし撮った日が違う
201201251月25日の撮影だ 時間帯は夜明け
次は
201201252同じ日 帰り東名高速由比PAより
次は
20120127同じ月 1月27日由比浜石岳に登った時に山頂から
次は
201201311月31日富士岩本山から見た富士山
次は
201202182月に入り沼津アルプスは香貫山から見た富士山・・これは夕方近く

今年の始めは朝な夕なによく富士山を撮りに行ったものだ
それも季節が進むとともに行かなくなった

理由は特にない

しいて言えば撮影する対象が変わって来ただけだ
これから涼しくなれば また行くだろう それまでは しばし休息だ。

今日は こんなところで じゃあ又ね。 富士山はひとまずお終い・・・。

撮影は 全て今年1月~2月

























2012年9月 9日 (日)

今日も過去の写真で・・・富士山

2012年09月09日

今日も過去に撮ったアルバムを見ていた 目に付くのは決まっている
ハッピーの写真か 富士山の写真だ

その内 どちらかといったら富士の写真が多い

特別な芸術的な写真はないが いつみても飽きない富士の写真
今日も選んでここに載せてみる
前に載せたのと重複するかも知れないが。
まずはこれ
020昨年一月 富士岩本山から撮ったもの
次は
029やはり昨年の一月 三保真崎海岸から 朝
次は
201106030376月 石割山から
次は
20111017020昨年10月 夕暮れ時 安倍川土手より
次は
201110230282やはり昨年10月 三保海岸より夕暮れ時
次は
20111027038やはり昨年10月西伊豆金冠山より 朝9時ごろ
今日の最後に
20111027059上の写真を撮った同じ日 達磨山山頂から見た富士山
富士の写真はまだまだある
皆平凡だが私にとってはいい記念 全てを大事に保存している
また機会を見てここに。
中には以前とダブるものが出てくるかと思うが その辺はご容赦を
今日はここまで 又ね。




















2012年9月 7日 (金)

腰痛の虫もほぼ収まって・・

2012年09月07日

腰痛の虫もほぼ収まった 全くどうしようもない虫だ。
今考えると季節の変わり目には必ずと言っていいほど
騒ぎ出している
ただその程度の問題だけで その都度痛み止めの御厄介に。

外は天気も良いし と云っても まだ無理は出来ない
なにするかなと思い 過去のアルバムを開いていた と 富士山が目に入った
日本のシンボル富士山
静岡と山梨にまたがる秀麗な富士山
今回はこれでも出すかと、

今までとダブっての登場となる写真も有るが
その辺はご勘弁を
6枚ほど ほとんどが静岡側からだが。
028上の写真は 山梨県は甘利山からの遠望 レンゲツツジの頃
20110603029これも山梨県だ石割山へ行ったときの写真
20110918025上の写真 静岡県富士市雁堤から 彼岸の頃だ
20111007013これは 我が静岡からの富士山 安倍川土手より 撮ったのは明け方だ。
20111027001これも朝 東名高速由比パーキングより
20111102039これは 安倍奥八紘嶺への途中。
最初の2枚が山梨県から後の4枚は我が静岡県側から

まあ 今日はこんなところで じゃあ又ね。















2012年9月 4日 (火)

畜生 又 腰痛の虫が・・・・

2012年09月04日

ちくしょうめ 又だ

腰痛の虫が騒ぎ出しやがった

それも今度は左側

今までは右側だった それが今度は左側

湿度の関係かしら

ここへきて急に痛くなった 腰

ちくしょうめ

医者ではあまり関係のないようなことを言っていたが・・・

今日は自宅で安静にしていた

この分じゃしばらく駄目だろう

しょうがないな 薬飲んで 安静にするしかない

全く嫌になる

おきれば痛むし 立ち上がれば痛むし 歩けばいてててててーっだ。

PCの前に座っても 時折 ズキンズキン

全く嫌になる持病だ

散歩時も少し難儀

安静にして 痛みが 遠ざかるのを待つしかないか

しょうがないな

全く嫌な持病だ ちくしょうめ。

と云う訳で 今回は コメント欄閉じました
又 少し 痛みが治まるまで ブログ更新を休みます。

広場の方の顔出しも しばらくの間 朝の内だけとします

ブロ友の皆さん その辺 ご了解のほど 宜しくお願いします。 

2012年9月 3日 (月)

夏の終わりに・・・・・。

2012年09月03日

昨日に続き今日も変わり易い天気

空には所々雨雲が

午後3時 雨になる前に散歩をと思い出かける

行先は 勿論安倍川だ
空を見れば所々に雨雲が まだ大丈夫と思い 少し早目に歩く
ムッ 痛えー、 少し腰痛が出てきたようだ

それでも歩けないことはない。
ハッピー急ごう
ハッピーもそれを知ってか知らずかさっさと歩く
やがて土手に
すげー雲

021今にも降りそうだ 空は暗いし 黒雲が渦巻いている
今日はカメラは持って出ない 仕方なく携帯で
ハッピーも土手に腰を降し 向こうをじっと見ている
Dcf_0587その時だ 川の向こうが 用宗の当りが真っ白に
うわ 雨になった もうすぐこっちに来るぞ 帰ろうハッピー
020急いで ハッピーに雨除けのマントを着せ 自身は折り畳み傘を広げる
途端に降り出した雨
ふー 助かった
ぎりぎりでぬれずに済んだ 振り返れば川の向こうは一面真っ白に
向こう岸から見れば こちらも同じであろう
自転車に乗った人たちも 急いで 家路についていた

雨 急いで帰って来たものの 家へ着いた時 ほとんど止んでいた
何だこの雨は
それでも昨日よりはいいか
昨日はまるでスコールのようだったから

自宅に帰り 夏の日の最後にと 思い立ち 家の周囲に転がっていた蝉の抜け殻を
集めてみた
あったねー 幾つあったんだろう 全部ではないが 写真に撮ってみた

Img_0001クマゼミ、油蝉、ツクツクホウシ等々
Img_0004家の周りには 探せばまだまだある 集めきれないほどだ
既に土に帰った抜け殻も
途中で羽化に失敗したものも
夏の最後を飾った蝉の抜け殻 この写真を撮った後 土に返した。

この文を書いている時も 蝉のコーラスは続いている。

今日は ここまで 又ね。

写真撮影・・・・・・・9月3日
場所・・・・・・・・・・・安倍川土手。抜け殻は自宅にて










2012年9月 2日 (日)

雨上がりの朝空のしたで

2012年09月2日

昨夜久しぶりに雨 どうやら朝方まで降っていたようである

散歩時には雲も切れ青空ものぞいていた。

上空を見れば 雨雲の上に秋の雲も

これはと思いカメラをもって散歩に出かける。

昨夜の雨で 空気は冷やされ 吹く風もどことなく秋の風
空は

001ぽっかり穴が開いたようになっていた
002いつものコースをいつものように 国道を渡り
いつものようにJRのガードをくぐり
003歩いて行けば 雲の切れ目はどんどん広がっていく

南の方はまだまだ雲が有るものの
006それもどんどん薄くなっていく
007いつものコースを一回りすれば 再びJRのガードをくぐり国道を渡る

上空はと見れば
雲が切れているのは この付近だけか

どうやらそんな気配の雨後の朝の散歩だった。

自宅付近に来て西の空を見れば 雲のスクリーンに虹が

010大きな虹ではなかったが 一応カメラに収めた

朝の散歩の一時

今日は ここまで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・9月2日 朝
場所・・・・・・・・・・・・自宅界隈

















« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック