無料ブログはココログ

« 展望の山 信州守屋山へ・・part2山頂へ | トップページ | 守屋山で見た紅葉をコラージュに »

2012年10月16日 (火)

展望の山 信州守屋山へ・・part3山頂・・そして帰宅

2012年10月16日

昨日の続きです

其処は小広い草地上に
弁当を広げるのに格好の場所になっている
勿論眺望は申し分ない
東峰に劣らず良い眺望だ
今度は諏訪湖も見えるし、さっきの東峰では西峰の陰になって見えなかった
御嶽も見えている

天気は上々 空気は比較的ヒンヤリ 風はあってもそれほど寒くなく
ここで1時間ほどのんびりしていた・・・・

ここで早速三角点の標石を覗き込む
確かに一等点だ。

109ついで 山頂標識を
106これだけは来た記念にいつもやる事
時間はまだ11時前 早いが昼にする
南アルプスを望める向きでザックを降し ちょうどいい場所に腰を降す
良い眺めだ
東峰で見た時と ちょいと見え方が違うように思えた
ほんの僅かな事だが・・・・・・

昼を食べながら 甲斐駒、北岳、仙丈を再度写真に
108目の前に木が有るせいなのかな それで見た感じが・・・・
右を見れば 先ほど見えなかった御嶽の姿も そのどっしりとした山容に
威厳を感じた
107再度正面を そして今度は 甲斐駒、北岳、仙丈 別々に写真を
まずは甲斐駒2966mとそれに続く鋸岳・・ちなみに木曽駒は2956m
122次が日本第2の高峰北岳3192m
123次が仙丈岳3033m
124この3巨頭を見ていると 息子と登った時の事が走馬灯のように
頭をよぎる・・・・・・・・ああ あの時は・・・・・・・・。

再度目を右にやれば 中央アルプスの山並みが
今度は空木岳まで入れて撮影だ 東峰では木曽駒周辺だけだったが

129そうそう 諏訪湖は 思い出した 諏訪湖を忘れてた
肝心なものを
食べていた昼を中断して 後ろ側に
見えたねー
上諏訪の街から下諏訪の街が
ただ残念だったのは レンズを広角側にしてなかった事だ
これは後で気が付いた事だが
121それでも これだけ写っていたから取り敢えず良しとした。
このままカメラを正面に向ければ 美ヶ原高原が
ズームアップして
138まあ それ以外はいいやと 再び元の場所に腰を降し
ゆっくり 昼にかぶりつく
山頂を吹き抜ける風は心地よく
少し眠気も誘われる
ここに1時間程費やし
十分展望を楽しみ 下山に取り掛かる
帰りは 紅葉を楽しみながら のんびり下るか
151ザックを背負い 元来た道を 杖突峠めざし 歩き始める
中嶽を通り 東峰の岩場を通り過ぎ
183胸突き坂を快調に下り 座禅草の咲くアカエ沢源頭を通り過ぎ
今度は林道を途中まで歩き
杖突峠へ降りた時 時間はまだ1時半 途中休憩を含め
家へ着く時間を考えればちょうどいいか

荷を降し、靴を履き替え しばらくその場に休憩し
諏訪ICめざし車を走らせる
中央道へ入り 双葉JCTから縦貫道、そしてR52へ 新清水ICから新東名
帰り道 富士の山が 高く聳えていた。
新東名ではルームミラー越しに
それを見ながら自宅目指す。

家へ帰れば ハッピー 喜んで飛びついてきたのは 言うまでもない
ただいま ハッピー。

往復330k程 歩いた時間も含め12時間ほどの信州の旅でした。

この項 これで お終い。

明日は この時見た紅葉と沿道に咲いていた花をコラージュに。

今日はこの辺で 又ね。
 




















« 展望の山 信州守屋山へ・・part2山頂へ | トップページ | 守屋山で見た紅葉をコラージュに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/すごい!すごい!

なんていい眺めなんでしょう。
自分がそこにいるみたいですね~
とっても贅沢な眺め…他の方もいたのかな?

すべての山々が、パパさんの頭に入ってて、思い出もいっぱい詰まってるんだ。
なんだか、胸が熱くなってきました。不思議ですね。

*今日も本当に、ありがとうございました(* ̄ー ̄*)heart04

こころぐ郁美さん

勿論 何組かいましたよ ただ写真には入れてないだけで。思い出 特に南アルプスの山にはいっぱい詰まっていますね 遠い思い出ですが。

素敵な眺望ですね。
秋晴れの山は最高です。

山々の稜線が。。綺麗ですね。。。^^
ススキ。。そうそう。。秋なんですね。
私も何処か。。撮影スポットに。。生きたいな。

富士山ばかりが有名っぽくなってるけど、周りには 3000m級の山が たくさんあるんだよね~。あまり知らなかったけど、こんなに あるんだぁ~happy01
木曽駒くらいなら わかるけど、なかなか行く機会がなさそう~coldsweats01

こんばんは、山頂で雄大な景色を見ながら心地よい秋風と日差しを受けて
食べるお弁当は最高でしょうね。

パパさんは、こだまなんか楽しんじゃうんですか。声出したくなる、雄大な景色ですねー!

すばるさん

いい山ですよ とにかく360°日本アルプスに囲まれ遮るものなしの山ですからねー。

jazzmaineさん

そう 秋 いつの間にかそうなりましたよ。

まぶちょんさん

有るよたくさん 南北アルプスに中央アルプスに八ヶ岳 いっぱいあるよ
みんな いい山だよ。

花の伝道師さん

良いですね 最高ですよ雄大な景色を楽しみながらの弁当は。

キハ58さん

こだままではねー、山の静寂を楽しみに山に登る 勿論眺望も目的の一つですがね。

凄い景色です~絵葉書に出てくるような(絵葉書古いですか?)綺麗です、
息子さんと登った山々を懐かしく思い出しながら その当時にタイムスリップしたりして
思い出に浸りながら 素晴らしい景色に感動し ・・だから山は止められないってとこですよね~good腰痛持ちの私には羨ましい限りです、

御前さん

絵葉書 ちっとも古くないよ 素晴しい景色は事実だから。腰痛は私にも有りますよ、けど 山の魅力はそれ以上 無理しない程度に登っています。

日本展望の山・100山

へぇ~♪
そう云う山頂があと99座、在るってことですねcatface

part 2 にもカキコしたけどぅ・・・
ホント、よだれが垂れそうですよぅ~
イイ景色だぁーshine

tuba姐さん

そういう事になるかな あと99座 何処だろうねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/55904227

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 信州守屋山へ・・part3山頂・・そして帰宅:

« 展望の山 信州守屋山へ・・part2山頂へ | トップページ | 守屋山で見た紅葉をコラージュに »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック