無料ブログはココログ

« 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part1・まずは乗越めざして | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part3・下山 »

2012年11月10日 (土)

安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part2・大谷嶺山頂

2012年11月10日

昨日の続きです。

ふー 着いた これで一昨年の苦い経験払拭だ
時間を見れば10時半
9時に歩きだしているから 1時間半で登った ヤレヤレだ
最初の予想では最低2時間はかかる筈だったが それよりも30分程
縮めた勘定になる
ここの標準タイムは知らないが・・・

・・・・・・・・・この時間なら 大谷嶺(おおやれい)まで行けるな
確か30分ほどだったと思うが

良し行くかと 再びザックを背負い 右手に続く登山道に入る
この道も中々の急坂
ガレの縁をまくような形でピーク目指して登って行く

063右を見ればこんな感じ

下から見ると大した事の無いように見えるピーク
稜線上のコブも歩いてみるとなかなかどうして かなりきつい
道はやがて左へ 山梨県側のコメツガの樹林に回り込むように続いている
このピークをやっと超えたかと思えば 今度は下り 次も立ちはだかるピーク
064目指す山頂はまだまだ先だ
再び樹林帯 しかもかなりハードな急登 沿道にはロープが張られいかにも
困難そう
066こんな樹林帯だったり
067こんなんだったり
2つ目の大きなピークを越えたと思ったら 何だこのくだり 何処までも
下まで降る勢いだ それが終わったと思ったら またまた大きなピークが
立ちはだかる
069このピークだ
これも下から見るには大した事がなく見えるのだが
実を云うと今回はストックを持ってきた それが今度は邪魔に
ロープに助けられ 木の根に助けられ やっとの思いでここを通り過ぎ
ガレの縁に立ち来し方を見れば 先日登った山伏(やんぶし)が
その姿を 堂々とあらわしていた。
072さあ もうすぐだ もうすぐ大谷嶺の山頂だ
最低鞍部から再びロープに助けられ 最後の急登を登る
074着いた着いた 大谷嶺だ 何年ぶりかなー
前に来た時と変わったもんだなー
大体山頂にこんなにたくさん木は生えていなかったぞ
せいぜい コメツガだかシラビソだか知らないがそれが数本じゃあなかったかなー
富士山も良く見えていたんだがなー
山頂標識も変わっていたっけ
075これも半分倒れたようになってはいるが
そうそう三角点 ここは確か三等点 だがその標石はガレの彼方に
消え去っているとか
しかも点の記によると この山は行田と云うらしい
今回写真には撮らなかったが この大谷嶺の山頂標識の直ぐ横に
山梨県側で打ち込んだ行田山という標識が有った

ここはあくまで南アルプス その南部に属する山だ
乗越からここまでいかにもアルプスらしい雰囲気だ

展望
富士山は駄目だが南面は見事に開け・・遠く御前崎まで見渡すことが出来
北側は南アルプス南部の山々が惜しげもなく その姿をさらけ出していた

082これは 富士山側
083これが南側
足元はと云えば 目もくらむような絶壁だ
朝 車を止めた場所が はるか1000mの下に見える
そうそう ここの標高1999.7m安倍奥第2の高峰だ
093上の写真のはるか下の方に見える河原が朝歩き始めた所だ
実際には河原ではなく そのすぐ横になるのだが

風は冷たいのだが日差しはポカポカ
ウィンドブレーカをどうするか迷ったが まあいいや 着ないままにしていた。

ここへ着いた時時間を見たら11時を5分ほど過ぎた処
やはり乗越から30分か
帰りも同じ程度かかるのかな 12時にここを出れば乗越で12時半
其処を1時に出れば車には2時半だな
そんな予定を立てて ここでのんびりしていた
昼を取りながら 南アルプスを眺めたり ガレの下を覗き込んだり。

ここでまたコラージュを 南アルプスの写真だ  赤石岳、聖岳、荒川三山
北岳、間の岳など

Photo昔の事を思い出していた あれはたしか20数年前だ 何時だったかな
そうだ 24年前だ
その時は新田から歩いて大谷崩れを登り この大谷嶺を通り 八紘嶺へ縦走し
梅が島へ降りて 又新田へ 昔はよく歩いたなー
そんな事を この南アルプスを眺めながら 思い出していたっけ。
あの時はまだ40になったばかりの頃
体力もそれなりに有ったんだなー
つい 懐かしさがこみ上げる。

ちなみに その24年前の富士山の姿を映した写真をここに乗せ
この続きは 次の機会にとする
Img今は この山頂からは 富士山は 見えなくなっている
樹林が育ってしっまたのではどうしようもないね

じゃあ今日は こんなところで。

 









 















« 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part1・まずは乗越めざして | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part3・下山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
けっこう紅葉もしていますね。
こんな所で風景撮影を楽しみたいものです。
野鳥も多そうですね。
私が遠出が出来るようになったら、連れて行ってください。

お疲れ様でした。
今回はリベンジの登山だったんですねrun
見ただけで大変なのが伝わってきます。
山というのは自分の足だけがたよりになりますよね。
毎度だけどパパさんの健脚に恐れ入りました。
これからもステキな風景を見せていただけたらうれしいですhappy01

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ・・凄すぎます!!

こんな所に挑戦❣❣気負いが違う!!

しかも一人でしょう・・・何かあったらどうするんですか!!

なんて、奥さんの気持ちにもなってしまった!!

もの凄い所の苦労と写真❣❣もったいないですねぇ~見せていただいて感謝。

空が綺麗です。紅葉もいいもんですね。本当にお疲れさまでした。

まだ、続くんですよね~これを下りるって事が、また、凄いって思ってますcoldsweats02

こんばんは、リベンジ登山、一時間半での達成おめでとうございます。scissors

FUJIKAZEさん

山の下の方は今が見ごろでしたね、稜線はもう冬支度ですが、又 そのうち御一緒しましょう。

めぐさん

そう 2年前のね、ここは特に脚力が必要になります 難易度は安倍奥一番じゃあないでしょうか。

こころぐ郁美さん

まあ ある程度自信が有るから行くんですが、むろん 頭の隅には万一の事も考えていますよ。無理のない程度にね。

花の伝道師さん

1.5時間は乗越まで それから30分だから トータル2時間です。いいタイムですよ。

写真が好きになると。。どうしても。。山岳
めざしたく。。。なりますね。。。。♫

がんばりましたね。登りよりも下りがやっかいですね。
でも天気も良くて何よりです。他に登山者はいなかったのですか。静かな山歩きができて良ったですね~scissors

お天気の良い日の登山は気持ちいいですね。sun
秋の空 とても綺麗で 高い所から撮った紅葉良いです。
コラージュ 私の好きな木が青空に大きく写っていて ステキです。scissors

ふ~~お疲れさまでした~と思わず言葉が出てきました。
パパさんは元々は登山が趣味?やったんですか?写真が先?ですか?
写真が好きで 色んな所へお出かけかな?とか登山が好きで写真を撮るように?とか
思っている次第ですが?一枚目の画像の遠くに薄~く見える絵に描いたようなこんな写真が私は好きなんですよね~ 難しいですが>>>

jazzmaineさん、御前さん

もともと山好き 子供の頃からです だから写真は二の次でしたね でも今は・・・です。1枚目の写真 それほど難しくはないですよ。半逆光で撮ってるだけですから、ただそこまで行くのにね。

山の風さん

そう下りがね 特に大谷嶺から乗越まで とにかくロープ場の連続でしたから。山中で1人、乗越で夫婦連れ一組 それだけですよ、だから静かな山歩きが出来ましたよ。

初心者水彩画さん

紅葉は 上から出ないとみられない風景ですね 半分はこれ見たさに行ったんですがもう半分が2年前のリベンジ 無事目的達成です 後 下りをお楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/56082328

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part2・大谷嶺山頂:

« 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part1・まずは乗越めざして | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part3・下山 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック