無料ブログはココログ

« 立冬の日に | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part2・大谷嶺山頂 »

2012年11月 9日 (金)

安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part1・まずは乗越めざして

2012年11月09日

ふー 着いた 2年ぶりのリベンジだ ここは新窪乗越 標高1850m地点
一昨年の秋にも登るつもりで来たが その時は靴底がはがれやむなく
撤退した苦い経験が有る

今回はその悔しさを跳ね返すつもりも有った

058時間は10時30分 歩き始めが9時だから1時間半で登ったことになる

右へ行けば大谷嶺、左へ行けば山伏 以前はここから南アの雄姿が見えていたが
今は・・・・・・・・

登った標高差850m いや車を置いた所からなら900m程になるか
それを1時間半 我ながら まだまだいける ああ気持ちがいい。

家を出たのは8日朝7時を15分位過ぎていた、ハッピーはもちろん留守番
安倍川を遡り
この大谷崩れのPについたのが9時少し前
足ごしらえをして 歩き出したのが9時
正面に大谷嶺が見える そこへ行くのには大きく迂回しなければ
行くことが出来ない そこが乗越である
003
そろそろ冬支度の始まった樹林の中をまずは扇の要を目指す
そこからが本格的な登山だ

008目指す乗越 正面に見える一番低い所
其処へほぼ一直線に登って行く
012
樹林帯を歩いている間はそれでもいいが 砂防堰堤の基部 扇の要を通り過ぎ
それを抜けると 一気に
傾斜は増す
014写真はまだ樹林帯の中だ

がれ場の中の登山道 石ころやザレ場の中をジグザグに
上を見ればきりがない
ゆっくり足元だけ
耳を澄ませ 落石に最大の関心を寄せながら とにかくゆっくり
登るにつれ傾斜はどんどんきつくなる
足元の浮石に気を付けて 時折後ろを振り返れば035上の写真は樹林が切れる前
036これは樹林帯から飛び出した時だ
038一歩一歩確実に登る ザレ場では せっかく前に出した足も 戻され気味
頼りになるのは自らの脚力のみ
この登山道 以前登った時より 大変になったようだが
それだけ自分の体力が落ちたのか
兎に角登る たまに上を見ると目指す乗越 どんどん逃げるような
妙な錯覚に
052これは途中で後ろを振り返り 今登って来た道を撮影したもの
056嫌なザレ場を通り過ぎ 灌木が現れれば間もなく乗越
額は汗がびっしょり 被った帽子からは汗がぽとぽと
057間もなくだ 右手にこの岩がまじかになれば もう乗越

ふー 着いた これで一昨年の苦い経験払拭だ
時間を見れば10時半
9時に歩きだしているから 1時間半で登った ヤレヤレだ
最初の予想では最低2時間はかかる筈だったが それよりも30分程
縮めた勘定になる
ここの標準タイムは知らないが・・・

この大谷崩れ 日本3大崩れの一つに数えられている
一つは富士山大沢崩れ
一つは富山の鳶の巣崩れ
そして大谷崩れ

乗越から眺めた風景をここに載せて 続きはまた次の機会に
059今日の所は ここまで じゃあね。





















« 立冬の日に | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part2・大谷嶺山頂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2年前にそんな苦い経験がおありでしたか。
リベンジ登山、お疲れ様でした♪
すごい急斜面ですね・・・。
でも雲一つない青空に美しい山の風景heart01
最後の写真、最高ですね!

お疲れ様です。
秋の山の景色と空気をいただきました♫♬

わぁ〜。。タフですね。。空気薄そう。。^^
でも。。達成感。。あるだろうな。

ソールが剥がれたぁ~danger
こんなに厳しい所で・・・
大変な下山になった山に挑戦ですかsign02

リベンジ成功!
バンザァーィ!(^^)!

登山タイムも凄いshine

次も、ハラハラかしらぁ~good

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙目標もって登るパパさんの意気込みが

どんどん伝わってきました!!

良く見れば、凄い足場!!前に前にと進んで行ったのですよね。

もの凄い脚力ですね。意思の強さと言うんでしょうか!!

それゆえに達成感は、何倍もあったことでしょうね。苦い思い出制覇!!
やったねぇ~ヽ(´▽`)/note続き・・・楽しみにしてますね。

tuba姐さん

そう しかも両側 参ったねその時は ひもで縛って降りてきたけど。

こころぐ郁美さん

山自体は何度も登っているけど 若い頃だからね 今の年齢になってからは・・・。でも無事に登れてよかったよ 次も楽しみにしてよ。

ukiさん

そう2年前にね 斜面も急だけど そこへ持ってきてザレ場と来てるからね、ほんとにフーだよ 次も楽しみに。

すばるさん

秋の山 もっと凄い眺めが待っていましたよ 次回になるかその次になるか こうご期待です。

jazzmaineさん

そう 達成感は有りますね 空気はごく普通だと思いますが。

リベンジですか。
こちらの方の山は山伏に二度ほど登っただけで馴染みは有りませんが、大谷崩れは眺めてなかなかかなって思ってました。
次を楽しみにしています。

山の風さん

いざ登るとなると 難易度は山伏以上だと思いますよ それだけに面白いですが。稜線も南アルプスの雰囲気そのままですよ。又 山頂からの展望も素晴らしいものが有ります。

わ〜お疲れさま!
汗だらだらと知っただけで険しさを感じます。
日本3大崩れ!ですか〜
大沢崩れはお馴染みですが、他は初めて知りました。
調べてみたい。

もうすっかり山も 冬支度してるね。紅葉っていうか、もう山の姿が寒い!
だんだん寒くなってこのまま冬かぁ。

せせらぎさん

うん 険しい事は険しいけど ここへ登らないとどこにも行けないしね。昔はもっとアラアラしさが漂っていましたよ 今のように植林活動が進んでいない時は。

まぶちょんさん

そうだなー このまま冬に入るかもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/56074348

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part1・まずは乗越めざして:

« 立冬の日に | トップページ | 安倍奥第二の高峰大谷嶺へ・・part2・大谷嶺山頂 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック