無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

クレマチスのコラージュを

2013年4月30日

毎朝散歩に出ると あちらの庭先 こちらの庭先とクレマチスの花が
目立つようになってきた
むろん他の花も 春本番を思わせるようになってきているが
クレマチスは花が大きく色合いもすぐに目立つ

クレマチスを見ると思いだすのがクレマチスガーデン
今から3年ほど前だが そこへ見に行っている
その時もたくさんの写真を撮っている
どのくらいあるんだろう
その時は3年ほど連続して見に出かけた
今日はその時の写真をコラージュにしてここへ載せてみる
まずはこれ
1 撮った時期は5月も下旬
その頃になると一斉に花開いていた
2 写真を撮って3年の月日は過ぎても
何時までも綺麗ですね
3 このクレマチスガーデンはクレマチスだけでなくバラも植栽されていて
4 薔薇とクレマチス同時に見ることができる場所でもある
5 又 小さな池も有りそこには睡蓮も確かあったと記憶が残っている
6 ガーデンの面積自体はそれほど広いとは思わないが
ここには美術館も併設されており そちらも楽しめるようになっている
7 花の時期 園内を一周すれば 楽しめること請け合い
8 ただし それなりに入場料が必要だが

その場所 長泉町クレマチスの丘にある・・・・・・・。

今日は 過去の写真を持ち出してみた と云う事で じゃあ又ね

写真撮影・・・・・・・・・・2010年5月下旬
場所・・・・・・・・・・・・・・長泉町クレマチスガーデンにて

クレマチスの花言葉; 美しい、 高潔、 心の美

2013年4月29日 (月)

今年も見に行くアカヤシオ・・川根大札山part2・・北尾根

2013年4月29日

前回の続きです

やがて先ほど登ってきた大札山肩登山道を左に分け
いよいよ北尾根だ
さあ 如何かな 半分期待を込めて急下降の道へ足を踏み出す

その時だ 一組の夫婦が北尾根を登ってきた
其処で聞いてみた
如何も良い返事が戻ってこない

うーん まあ とにかく行ってみるか

足元に気を付けながら下って行けば
ん?あそこにピンクが
花数は昨年ほどではないが咲いていたね
しかも正面には蕎麦粒の雄姿が
良い風景だなー
2

だが どうも花の様子が変だ やはり先日の異常な気象条件が影響してるのかなー
おまけに花数も少ないしなー
まあそれでも咲いていないよりはいいかと カメラのシャッターを押す

Img_5040 目の上を見ればツツジの新芽が目に染みるし
正面を見れば蕎麦粒山が
Img_5044 目を左に移せば三合から高塚山の尾根が
Img_5043 全く持って良い風景だ
なおも下れば これまた素晴らしい光景が
これだけ見れれば上等と
3 ここでも何枚かカメラに収める
道はなおもどんどん下る
Img_5046 これが又いよいよ急下降
歩き慣れた道でも やはり慎重に下る
後ろで何かを感じた
振り返ればツツジの新芽が逆光に照らされ眩しく輝いていたっけ
Img_5047 うーん 綺麗だなー
青空の下に新緑が目に染みるようだ
4
進行方向に目をやればやっと出てきたミツバツツジ
パラパラだが開花し始めていた
いつもの年ならほぼ満開になっても良い筈なのに
そういえば 何時も見られる コイワカガミの花も咲いてはいなかったなー
それだけ寒さが長く続いたのか・・・・・・。

やがて 急下降を続けたこの道も終わりに近づく
正面には通行止めの柵が
道は左へ
正面は崩壊が進んで危険な為 う回路として設けられた道だ
僅かな時間でしたの林道へ飛び出す
如何するかな そうだ 杉川林道へ入ってみよう
そこのいい場所で昼に
春野町の町からつけられた林道
杉川沿いに高塚山の中腹を通り蕎麦粒の中腹を通り
この赤石林道と もちろん崩壊が進み諸車通行止め
お蔭でのんびり出来るいい場所である

Img_5066 斜面にはミツバツツジが咲き誇り 又写真には撮らなかったが
山桜が今を盛りに咲き誇っていたっけ
丁度いい場所を見つけ昼にする
後ろは崖だが風は当たらずポカポカ陽気
周囲のツツジを見ながらの昼になった
5 昼食後 空を見れば やや雲が広がってきていた 
さあ 行くか サックを背負い
車の方へ歩き出す
杉川の深い谷の向こうに南アルプス深南部の尾根を見ながら
Img_50815082 蕎麦粒から高塚山へ至る稜線だ
この稜線も又中々楽しい所だ
いつか再びあるくことが出来るかどうか・・・・・・

1杉川林道から1.7k やがてP
そこで またまた驚く
朝も凄いと思ったが その時より増えている車の数
アカヤシオ人気は凄いものだ
妙な事に感心してしまった。

しばらく休憩し 帰途につく

行って帰って8時間半 往復130k程
車に乗ってる時間の方が長い位の山行だった。

この項これでお終い じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・4月27日
場所・・・・・・・・・・・・川根大札山

2013年4月28日 (日)

今年も見に行くアカヤシオ・・川根大札山part1

2013年4月28日

27日の事 天気は快晴 朝7時 じゃあ行ってくるよと

山靴とリュックを車に放り込みハッピーの見送りを受け出かけた先は
川根大札山

例年4月末から5月初旬にかけ咲くアカヤシオ
今年は如何だろうか
気温の差がどう出ているんだろう
まあ行って見なけりゃ分らないや しかも天気も良さそうだからと
前日の晩に急遽決定

明日 大札山へ行くよと

R1を島田向谷ICから後は大井川沿いに遡る 上長尾から南赤石幹線林道へ
うねうねと続く細い林道を登って行けば
自宅を出ておよそ2時間
大札山肩登山道登り口にあるPへ着く
ついて!凄い車の数
何とかスペースを見つけ車を滑り込ませる

いいねー この景色何度来ても何度見ても飽きないね
Img_4987 早速足ごしらえ、ザックを背負い 休憩もそこそこに昇り始める
山は久しぶり
とは云うものの歩き慣れたこの道 足運びは至って軽い
咲いているかなー アカヤシオ 半分期待しながら登って行く
途中 降りてきた人に聞けば うーん・・・・・・・

まあいいや 行くだけ行くか
Img_4992 こんなの見たもんね 開いた口がふさがらないや 見事なツララ
こんなの今頃有るかいね 初めてだよこの時期見るのは 相当冷え込んだんだなー
感心しながら
なおもどんどん登って行く
そろそろヤシオの花が見えても良い頃だが

前方に注意して行けば
おっ ピンクの花が 咲いてるぞ
Img_4994 やっと咲きだしたのか まだ蕾も残っているから咲きだしたばかりか
それでも今年もお目にかかれたアカヤシオ 少しだけ気をよくした

こうなるとおかしなもんで ツイツイ欲が出る
もっと咲いてないかと

一応は山頂へ行くか
尾根道に出れば ほんの10分って処だ
山頂にはすでに何名かの人たちが休憩中
その全ての人たちがアカヤシオ目当てのようだが・・・・
眼前に広がる見慣れた風景
富士山をはじめとしてダイナミックに広がる景色をしばらく眺める
Img_5002 目の前には榛原川の深い谷を隔て板取山から沢口山に続く尾根が その向こうには
前黒法師が堂々と聳えている
やや左に目を移せば
Img_5004 八丁の段の向こうに端正なピラミッド型の黒法師が
飽きないねー この風景
Img_5007 南側には大札山南尾根が大井川まで続き その向こうには大井川左岸の山々が
目を富士山方向に持って行けば
見えたねー 但 冬見る様には行かずだが
Img_5009 はるか向こうに富士の姿が聳えている
そうそう肝心のアカヤシオ
Img_5017 山頂にも数本 そのどれもがほぼ満開
この花を見たくてやってきた
周囲にいる人たちも 眼前に広がる景色とアカヤシオの花を
楽しんでいるような
1
ここで乞うなら北尾根は?あそこはアカヤシオの群生地
行って見るか
昨年も一昨年もその前の年も毎年のように訪れる大札山
しかもその都度北尾根も

期待しながら北尾根に向かう 歩いてきた稜線を戻る形で
Img_4997 こんなの見たり
Img_5026 こんなの見たりしながら
やがて先ほど登ってきた大札山肩登山道を左に分け
いよいよ北尾根だ
さあ 如何かな 半分期待を込めて急下降の道へ足を踏み出す

この続きはまた次回と云う事で 今日はここまで じゃあ又ね。

2013年4月25日 (木)

石楠花の森へ・・天城グリーンガーデン・・part2

2013年4月25日

前回の続きです

・・・・・やはり急な温度変化なのか、枯れている花も随所に見られた

次回は今回の写真を一枚一枚でなくコラージュにしてここへ載せるつもりだ
むろん 石楠花だけでなくツツジ等の花も含めて

と云う事で 取り敢えず 今日の処はこの辺で じゃあ又ね。

昨日の最後はこんな文章でした

兎に角 園内の遊歩道を いや 遊歩道から外れたかも知れないが
いいアングルを探しながら歩いていた
1 花のすぐそばまで近寄ったり あるいは望遠レンズに切り替えたり
たまには広角にもしたが
2 上の写真は園内に咲く山芍薬、アマギミツバツツジ、スミレにドウダンツツジ 後は緑豊かな
モミジだ
3 この日は平日 訪れる客も少ない いや 私がいた時は案外少なかった
帰る段になった時はまた違うが・・・・・・。
4 今の時期でこうだから これから6月まで どんなになるか想像しながら
園内を歩く
5 そろそろ出るか 写真も撮り過ぎた事だし いや待てよ もう少し
なんて 一人 思いながら行ったり来たり
6 少しばかり 後ろ髪をひかれる思いで 外へ出る
腹も減ったし そろそろ昼にするか
道の駅に併設されているレストランへ・・・・・・・

食後 少し 周辺を歩いてみる
7 緑広がる天城の森
この場所へは何度来たことか  子供が小さい時
はたまた会社の旅行、山歩き等々
次から次へ昔の思い出が湧いてきては 流れて行ったっけ。

そろそろ帰るか。
その時だ 高校生の団体が 静かな園内も一度に騒々しく
ああ 助かった
ユックリ見て来いよ
高校生の一団を横目に車を発進させる。

ん 待てよ そうだ 帰り久しぶりに浄蓮の滝へ寄ってみるか
ここから5分も走ればいいのだし・・・・

・・・・間もなく滝駐車場
早速緑生い茂る急な遊歩道を下りて行けば 変わらないなー 昔と
変わったのは自分位か 年取ったもんなー

Img_4950 ゴーゴーと飛沫を上げて流れ落ちる滝の姿が目に飛び込む
Img_4954 滝の写真は シャッタースピードを1/15にして撮影
しばらく眺め
又 遊歩道を登り車に

さあ 今度こそ帰るぞ
車を走らせ 流れる風景に見とれながら やがて修善寺道路へ
そして毎度の如く西海岸を走るR414へImg_4959
途中 干物を購入する 上の写真はその時 海岸端へ出て西伊豆達磨山方面を
撮ったもの
沼津港から千本公園を通り 旧国道 原の交差点からR1へ
自宅へ着いた時 午後の4時
行って帰って8時間、往復約200kの花見ドライブと相成った。

帰ればハッピー 大喜び いつもの様に飛びついてきた。

この項 これでお終い じゃあ又ね さあ次は・・・・・・・。

写真撮影・・・・・・・・・・・・4月23日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・天城グリーンガーデン(一部浄蓮の滝 及び 西海岸)

石楠花の花言葉・・・・・・・威厳、 荘厳, 警戒心をもて

山芍薬の花言葉・・・・・・・はじらい、はにかみ

2013年4月24日 (水)

石楠花の森へ・・天城グリーンガーデン

2013年4月24日

伊豆半島のほぼ中央部 後数分で天城トンネルと云うにある道の駅「天城越え」
この道の駅向かい側 R414を挟んで天城グリーンガーデンが有る。

このガーデン 石楠花の庭で有名だ
要するに石楠花園 4月中旬~6月にかけ各種の石楠花が咲き乱れ
道行く人を魅了する

今回はその石楠花を見に出かけてきた。

23日火曜日 朝8時 自宅を出る
高速に乗り沼津ICから伊豆中央道へ 塚原で一旦R1へそしてR136へ
熱函道路入口交差点を再び伊豆中央道へ 修善寺道路を経てR414(下田街道)へ
伊豆湯ヶ島を経て浄蓮を過ぎ 目的地の道の駅へ着いたのは
凡そ2時間と30分ほど

131 上の写真は今回の物ではなく一昨年4月の写真だ
今回はついぞ写真を撮らなかった為

車を降り早速グリーンガーデンへ
132 上の写真も一昨年4月の物
手前に咲くのも石楠花だが今年の花付き うーん・・・・・
既に遅しと云った具合だったが
中に入れば中々どうして
Img_4748 この石楠花園 森と云うのに 本当にふさわしい
面積54,072㎡の中になんと500種13,000本の石楠花が有るという
その木が4月~6月にかけ順番に咲いて行くのだから これまた見事と云うしかない
天城石楠花をはじめとし西洋種、又 交配種等々
このほかには天城ツツジ、桜、モミジなどと 天城山中に咲く草花なども
賑わせている
Img_4749 園内の遊歩道を ゆっくりキョロキョロ 案外咲いているね この春の急激な
温度差にも負けず 一生懸命花を咲かせていたっけ
次から次へ出てくる石楠花
今回も爆撮りに
Img_4760 赤、白、ピンクさまざまな色合いの花が目を楽しませる
木陰では小鳥たちの囀りも
Img_4786 空は時折日の射す程度
それでも それほど寒くもなく 比較的薄着でもOKの気温だ
Img_4838 上の写真は全て石楠花
Img_4853 これも
Img_4885 これも
Img_4901 これも石楠花 一回りしても時間的にはそれほど掛からない
ただ見るだけなら

ここのガーデンには一昨年4月に来ている そしてこの場に載せているが
今回も敢えて乗せてみた 
又 心なしかその時の方が花がよく咲いていたと思ったが

・・・・・やはり急な温度変化なのか、枯れている花も随所に見られた

次回は今回の写真を一枚一枚でなくコラージュにしてここへ載せるつもりだ
むろん 石楠花だけでなくツツジ等の花も含めて

と云う事で 取り敢えず 今日の処はこの辺で じゃあ又ね。

2013年4月22日 (月)

夜の城北公園にて・・浮かび上がるナンジャモンジャの花

2013年4月22日

おお 咲いてる咲いてる 相も変わらず淡雪被ったようだなー

夜の静岡城北公園

花時計の周囲にぐるり植えられている ヒトツバタゴ 別名なんじゃもんじゃ
今年も咲いた。

ナンジャモンジャの名称は家康さんが 何じゃ あの花は?
と聞いたところからつけられたようであるが

見に行ったのは4月19日夜 前回の駿府城公園中堀沿いはその帰りの事だ。

(夕食後 ナンジャモンジャの花を見に城北公園まで自転車で出掛ける その帰り
駿府城公園中堀沿いを通ってみる。)

前回はこんな出だしだった。

そのナンジャモンジャ 何時も散歩に行く駿府城公園にもあるが
開花が進み風に揺られているのを見て 城北公園は如何だろうかと
出掛けた次第である

本来の時期にはやや早いかなとも思ったが とにかく行ってみた。
Img_46782 図書館の駐輪場に自転車を置き 公園内へ 上の写真はストロボなし
灯りは水銀灯のみ
足元に気を付けて行けば
Img_4641 白い花が暗闇に浮かび上がる 街灯のある所はそれなりに明るいのだが
じっと見れば やはりまだ少し早かったのかな そんな感じだ
この写真を撮った時から後一週間程立てば もう少し白さが そんな感じだった

この公園 春先は枝垂桜から始まる それが 今はナンジャモンジャ
花が咲いている時 日中 暖かければ大勢の人が見に来る場所だ
Img_46422 上の写真は ストロボなしの状態 案外うまく撮れるもんだ
カメラはもちろん手持ち
Img_4643 これもストロボなし
Img_4654 これはストロボを発光させたやつだ
Img_4658 木の間を行ったり来たり 上を見ながら アングルのいい場所を探す。
Img_4664 夜 たまに散歩の人が通るぐらい
挨拶を交わしながら 歩き回る
Img_46672 上の写真もストロボなしで撮影したもの
時間は夜8時少し前 公園のすぐ近くを通る麻機街道は煌々と明るい
だが このナンジャモンジャが植えられている場所は・・・・・・・

所々に有る街頭で 見えるには見えるのだが・・・・・・・
さあ もう一枚
Img_4676 そろそろ帰るか 空気も冷たくなってきたことだし
着ているものも着ているものだし 風を引く前に、

駐輪場へ戻り 来た道を・・・・・

帰り そうだ中堀沿いを東御門の方へ行ってみるか
何か変わったものが撮れるだろう・・・・

と云う事で 撮った写真が 前回の中堀沿いの写真である。

今日はこんなところで じゃあ又ね。

2013年4月20日 (土)

夜の駿府城公園中堀沿い

2013年4月20日

昨日(19日)の事

夕食後 ナンジャモンジャの花を見に城北公園まで自転車で出掛ける その帰り
駿府城公園中堀沿いを通ってみる。

自転車は引いて、

尚 今回は自転車の為ハッピーは留守番。

昼間見ても 何の 変わり映えしない風景が 夜 見ると何か変わって見える

土手に咲くツツジ 又 それがお堀に映し出されて
上下対称をなしていたり
街灯の灯りが やはりお堀の水に反射して 何か 違うものに見えたりと
改めて見ると中々面白い
勿論 この時 カメラ持参で出かけていた為 それらを撮ってみた
いわゆる夜の風景である

行く時いつもの道を県庁脇からお堀沿いに走り
西草深に そこから城北公園までひとっ走り

散歩時いつも見ている県庁前に咲くツツジから写真を撮り始める
むろんこの時はストロボ撮影

Img_4637 周りの物が写り込まない為 ツツジが強調されるね

このツツジを撮って 城北公園まで行き なんじゃもんじゃを眺め
お堀端へ

Img_4691 自転車を止め レンズを向ける しかし今度はストロボ撮影はしない
従ってシャッタースピードは遅い ぶれに注意しながら撮影

手持ち撮影の為ややボケが入っているが まあ まずまず
後は お堀沿いを自転車を引きながら歩いて行けば
Img_4693 水面に反射する街灯の灯りが美しい
Img_4695 昼間何気なく通っている場所 ハッピーを連れ何時も歩く場所
それがなんとなく変わって見える
Img_4700 ツツジも昼間とはちょっと異なった味わいが
Img_4706 自転車を引きながら東御門の前に差し掛かる
向こうに見える県庁の建物とのコラボが ちょいと異次元空間に
Img_4709 水に影を落とす駿府城巽櫓
これも改めて見ると 中々 美しい
Img_4713 こんなのも昼間見ても全然どうと云う事も無いツツジの植え込み
夜は何かが違って見える
後ろを振り返れば ツツジの植え込みの向こうに巽櫓が
Img_4714 ライトアップの光に照らされ白く浮かび上がっていた

数分後 家へ帰れば ハッピー待ちかねたように自分のベッドに
すぐに眠りこけてしまった
Img_4717  お休みハッピー

4月19日の夜の一時でした

今日20日朝からドンヨリ 一日冬に戻ったかのような日になった
夕4時過ぎ ついに☂ 明日まで続くようだ。

今日は こんなところで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・4月19日夜
場所・・・・・・・・・・・・・・駿府城公園中堀沿い

2013年4月19日 (金)

今日も出かけるお花見散歩part11・・・マロニエの花と見ごろを迎えたツツジ

2013年4月19日

駿府城公園内にあるマロニエ
花が咲きだした
園内にある花の大きな花のヒラドツツジがほぼ見ごろを迎える頃
Img_4558
公園北側の一角にあるマロニエ園のマロニエも花が咲きだす。

今年も咲きだした
静岡祭りの時はまだ固かった蕾
数日前から咲きだしていた

Img_4541 上の写真は16日に散歩に行ったとき撮ったもの
で今回18日は
Img_4590 始めからこのマロニエを撮るつもりで出かける
いつもの如くハッピーの散歩ついで
木が高木の為最初から望遠をセットしていく
午後からの散歩 何分風が強い
上手く撮れるかどうか 甚だ 心配に
いつもの道をいつもの様に
県庁前のツツジもほぼ見ごろ
Img_4584 公園内に入り まずはマロニエめざしまっしぐら
いつもと違う行動にハッピーも訝る
遠くからでもマロニエの木は分かるが 花は????
皆 上を向いて咲いており しかも高所 葉も一緒に出てきている為
少し離れた所から望遠で狙う
Img_4595 何時もこの花を見て感ずることだが 下から見ると
木の上にソフトクリームを並べてある様な感じだ
それが風にあおられ ゆらゆら揺れるさまは・・・・・・
3 マロニエ 日本名 西洋栃の木
昨年5月5日にもここのマロニエの事は載せている為 細かい事は割愛するが
下から見ると 本当にソフトクリーム いやパフェかな
それにしても 変わった花である。
この花を撮っている時 ハッピーは
Img_4603 この駿府公園 マロニエのすぐ近くにナンジャモンジャもある
それもかなり開花が進んで風に揺られていたっけ
1 右側の2枚がナンジャモンジャ
左側上 ハナミズキ
左下は 鈴懸の実だ

少し公園お外に出てみた
お堀越しに見ごろを迎え他ツツジ見たさだが
Img_4606 改めて見ると なんとも見事
今まで何度も見てはいるが 写真に撮ったことは今回が初めて
むろんここだけではないが
Img_4628 又 園内に戻り 土手沿いに散歩の続きを
2 最後にもう1枚 マロニエの花を
082 上の写真は昨年5月初めに 駿府公園で撮ったものである

今年も もう一度 撮るつもりでいる。

じゃあ 今日は こんなところで 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・4月18日(一部16日及び昨年5月)
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡駿府城公園

マロニエの花言葉; ぜいたく

2013年4月17日 (水)

4月の空の牡丹の花見

2013年4月17日

昨日の続きです

15日少し早目の昼食を済ませ 遠州は袋井可睡斎にある牡丹苑を目指す

今年の牡丹はとネットで確認してからの事であるが・・・・・・

前回はこんな出だしでしたね

自宅を出てR1を西へ 袋井可睡斎までは1.5時間ほど快調に車を走らせる
時は昼少し前
国道はトラックが多いものの案外スムースだ

予定通り 可睡斎Pに到着
ここは正月にも室内ボタンの時に来ている
秋葉総本殿可睡斎 家康とも深い繋がりのあるお寺だ
そのことについては以前にも書いている為 ここでは割愛
牡丹苑へ直接行こう

まずはとにかく山門をくぐり 正面石段を登り 後は案内板に従い左へ
そうすれば牡丹苑に導かれる

Img_4440 数日前ネットで見た時は開花している花は200株以下と有ったが
今日は如何なんだろう むろんネットで見た時より開花していると思うのだが・・・・

まあいいさ 例によっていいとこ撮りすればと思いながら入園料を払い中へ入れば

おっ 結構 咲いてるじゃん

赤、白、ピンク、絞りの入ったもの、紫等々
一回り見渡せば こんなのが目に入ったね

Img_4268 一つ株だけだったが面白いねー 牡丹が唐傘さして もう少し近づいて
Img_4269 この花を皮切りに あちこち目をやれば
全部の株が開花しているわけではないが 豪華な花が次から次へ目に飛び込んでくる
牡丹、ツツジ、桜、細葉石楠花等々4月の空の下 底抜けに明るい牡丹苑
ユックリ見て回るか
写真は 以降 コラージュで
1 行きつ戻りつ キョロキョロしながら見て歩く
この牡丹苑 昔 一度だけ来たことが有った
確か今から40年以上前のことだ まだ 家内と知り合う前 確かお袋と一緒だった記憶が
その時も凄いと思ったが・・・

今はその時以上だ

2 冬は 室内牡丹でここ数年毎年訪れているが
4月の路地植えの牡丹苑は・・・・・・・
3 この日は平日 しかも月曜日
お客もいることはいるが 混雑することなく ゆっくり見て歩く事が出来た
写真も後で見たら凡そ200枚
そのどれもが似たような写真になってしまったのは致し方のない事
6 それにしても この牡丹ってどのくらいあるんだろう
凄い花数だ ちょいと調べてみたところによれば60種2000株との事
面積は凡そ180坪
その全てが咲き揃えば 想像しただけでも・・・・・・・・
7 こんなのも有ったから ちょいと載せてみる
8 まだ紅葉と云う訳ではなく 初めからのものだ
チョイトおつまみ代わりに撮ってみた
牡丹の花 まだまだ続くが 見れば見るほど同じような写真に
従って自ら気に入ったものを後4枚ほどここへ載せて今回はお終いとする。
又 機会が有れば改めてこの場に載せるとして
Img_4377 これと
Img_4418 これとImg_4424 後 1枚
Img_4435
牡丹の花を心行くまで満喫し 可睡斎を後にし 油山寺(ゆさんじ)に向かう

その後は 前回紹介した通り 新緑の息吹を思い切り吸い込み
帰宅する

と云う事で 今日は この辺で 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・4月15日
場所・・・・・・・・・・・・・・遠州袋井可睡斎牡丹苑

牡丹の花言葉; 壮麗、 恥じらい、 高貴、 富貴

2013年4月16日 (火)

緑輝く季節に

2013年4月16日

15日少し早目の昼食を済ませ 遠州は袋井可睡斎にある牡丹苑を目指す

今年の牡丹はとネットで確認してからの事であるが・・・・・・

この事については次回と云う事で 今回は帰りに見た 新緑を先に

牡丹を十分堪能した帰り 車で10分ほどの所にある油山寺へ寄ってみた
ここは晩秋紅葉でも有名なお寺で その頃は紅葉狩りの参拝客で賑わう所であり
実際行った事もあるが なかなか見事な紅葉である。
だが新緑の季節は・・・・・

Pへ車を入れ 早速参道へ 掛川城の大手門だったと謂われる山門へ向かう
おー 素晴しい 見事な額縁

Img_4446 向こうにはモミジの若葉が涼しげに生い茂っているではないか
いいなー この雰囲気
秋の紅葉に負けず劣らずだ
ここは遠州三山の一山 真言宗油山寺 行基と関係ある古いお寺
この門をくぐり 緑を楽しみながらのそぞろ歩き 本堂を目指す
10 正面の石段には上らず 上の写真では分らないが 石段の手前に左へ行く道が有る
天狗谷と呼ばれる道だ
Img_4480 其処を道なりに行けば
やがて石段 そこをのぼりつめれば本堂にたどり着く
Img_4457 正面に見えている屋根が本堂の屋根
本堂に上り詰める手前の広場には重文の三重の塔が
Img_4463 最後の正面石段を登れば本堂
Img_4470 余りにでかすぎて画面に入りきれない為 やや退いて撮影
本尊は瑠璃光薬師如来 堂の扉があいている時ならばいつでも拝観可能だ
又 このお寺眼病平癒としても その名を知られていている。

本堂に上がり手を合わせ真言を・・・・
Img_4464 本堂から見た三重の塔

・・・・石段を下り天狗谷をPへ向かう
それにしても緑が爽やかだ 眩しい位に輝いて見えるモミジ
11 思い切り深呼吸して車に戻る

・・帰途 周囲を見渡せば 刈入れ間近な茶畑がそこかしこに広がる
そうだ掛川道の駅近くにも茶園が有ったっけ
其処へも寄ってみるか

Pからはすぐだ
車を置きっぱなしに一般道へ
そして大きな茶畑に
其処にはこんな看板が有った

Img_4492 付近は掛川茶の名産地だ
兎に角行って見るか と 茶畑周囲の農道へ
Img_4498 おお いい色だ 萌黄色のいい色をしている
このあたりも間もなく茶摘みに入るんだろうな などと思いながら
畑の周囲をノンビリ歩く
12 見れば見るほどいい色だ むせる様な香りを感じて鼻を近づけてはみたが・・・
うーん・・・・・・・
13 こんなのでお茶を入れたら・・・
こんなのを天麩羅にしたら・・・・
茶飯にしたら・・・・・・・・・・・・・・・
次から次へ思いを巡らし 茶畑を見て歩く
Img_4505 それにしても 今日は疲れたなー それもそうだ 牡丹苑を歩いて油山寺で歩いて
今また茶畑の周りを
そろそろ帰るか
ハッピーも待っていることだし
道の駅に戻り
Img_4500 少し喉を潤し 自宅向かって車を走らせる。

帰宅すれば 私の帰りを待ち窓から外を眺めていたハッピー
嬉しげな声を上げ
玄関を開ける私に飛びついてきた
ただいまハッピー

夕食前の一時 近くの公園まで散歩に出たのは言うまでもない。

今日は こんなところで 次回はこの日撮影した牡丹の花を。

2013年4月14日 (日)

藤の花見に蓮華寺池公園へ・・・part2

2013年4月14日

昨日の続きです

すぐ下を見た
見れば 石楠花が満開だ
赤、ピンク、白の石楠花が
後であれも写真に撮って行こう・・・・・・・。

行くぞハッピー のんびりしているハッピーに声をかけ
Img_4188 遊歩道を石楠花園めざし歩き始める 園と云っても種類はそれほどない
西洋石楠花が3種類か4種類 ただ本数は有る
そのどれもが満開
6 まあ 見事なもんだ
ここの石楠花 毎年見ていて その都度写真に。
ん!いい所が有るぞ ハッピー そこへ座ってごらん
白い石楠花の前に座らせ一枚
Img_4206 そうだ 赤い花の前でも撮って行かなきゃ
Img_4199 後はこのすぐ下にある藤の花広場まで一気に下る
7 ハッピー 少々バテ気味かな 暑いもんなー
上ったり下ったり
もう少しだよ・・・・・・・

やがて広場に降り立つ
藤の甘い香りがムンムン
ここには何種類あるんだろうなー この公園全体では確か23種類の筈だったが・・
まあいいか そんな事は

ハッピー 取り敢えず少しその辺で待ってろよ 花を駄目にしないように
それだけ言って写真に興じる

Img_4219 藤の影がちょうどいいようで 私が撮り終えるまでこの場で待っていたハッピー
8 それほど広くは無いこの広場
行ったり来たり
ハッピーも私の姿を目で追っているようで 右を向いたり左を見たり
9 かなり キョロキョロしていたっけ
一通り撮り終えハッピーの元に戻る そしてリードを持ち
・・・ん!待てよ この前で一枚撮るか
10 それがこの写真 そこへ藤の写真を2枚貼り付け

じゃあ ハッピーそろそろ帰るか
藤の花広場を出て いつもの道を芝生広場まで歩き そこから下の売店際まで
坂道を下り 後は池に沿ってつけられた遊歩道を駐車場までさっさと歩く。

帰り 車の中で眠るとばかり思っていたが 今回はなぜか起きて
窓の外を見ていたハッピー
帰宅するなり寝てしまった。

最後にもう一枚
古墳広場でリラックスしていた時の写真を載せて この項をお終いとする
Img_4187とまあ こんなところで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・4月13日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園

藤の花言葉; 歓迎、 恋に酔う、 佳客、 決して離れない

石楠花の花言葉; 威厳、 荘厳、 警戒心をもて

2013年4月13日 (土)

藤の花見に蓮華寺池公園へ・・・part1

2013年4月13日

13日午後の事 藤枝蓮華寺池公園まで出かける この公園4月20日より
藤祭りが始まるという。
じゃあ その前に行ってくるかと ハッピーを連れ出かける
目的は藤の花
どの程度咲いているのか 半分楽しみにして

Pについた処 凄い車
何とか空きスペースを見つけ駐車
天気は良いし 陽気も朝の様な寒さも無し おまけに週末
人が出るのも当たり前か

兎に角車から降り 公園内へ
駐車した場所が場所 いつもとは反対方向から公園内へ
池のほとりに植えられた八重桜 枝もたわわに咲き誇り さも重そう

Img_4138 ハッピーのリードを引きながら 桜にレンズを向ける
1 さあ肝心の藤は
咲いてたよ 見た所 ほぼ7分
見頃が始まったって処か
Img_4150 我が家の藤は 先日の雨でやられ 完全に終わってしまったが
ここ蓮華寺池公園はこれからが見ごろ
良い時来たねー 人は多いが まあこれだけはしょうがない
2 写真撮りながらのんびり歩けば ハッピーも良くしたもの
ノンビリ歩く
Img_4158 それにしても凄いね
なんでも この蓮花寺池公園には23種260本以上の藤の木が有るという
3 そんなにあるものかねー
4見た所 良く解らないが・・・・・・・

途中から山道へ

俄然ハッスルするハッピー

Img_4173 私を追い越し どんどん先へ
足元には蓮華が咲き
上を見れば八重の桜が
Img_4172 やがて稜線の道へ
ここはよく遊びに来る場所
ハッピーも慣れたものだ
5 頭の上にはモミジ、アケビの花 あら!桑の木も有るよ

それらを見ながら歩いて行けば やがて 僅かな急登を古墳広場
うん いい景色だ ハッピー少し休憩だ

空はあくまで青く

Img_4184 はるか向こうには富士の山も顔を出していた

すぐ下を見た
見れば 石楠花が満開だ
赤、ピンク、白の石楠花が
後であれも写真に撮って行こう・・・・・・・。

今日は こんなところで この続きはまた次回 じゃあ又ね。

2013年4月12日 (金)

今日も出かけるお花見散歩part10・・・或る日の駿府城公園

2013年4月12日

或る日といっても 昨日の午後の事

いつもの時間にいつもの様に散歩に

風は強いものの天気は青空 駿府城公園まで出かける
途中 桜はすっかり葉桜 ツツジもかなり開花が進み
ハナミズキはほぼ満開状態で風に揺られている。
1 いつもの様に市役所脇から県庁脇を通り抜け目指す駿府城公園へ
公園内に植えられているツツジ つい先日までは2分咲き程度だったのが
思い切り花を広げていたっけ
Img_4070 しかし 朝晩寒い 今年は何かが異常だ
桜が終わってツツジの季節に入ったというのに・・・・・・・・・。しかも連日風が強い
何か 変だ。
2 だが この公園内 周囲を土手に囲まれ 西風などはほとんど通らない
そのおかげか 案外ポカポカ

5日向ぼっこにはちょうどいい環境だ
Img_4081 園内を一巡すれば 至る所でツツジが目に入る 花の大きなツツジ 小さなツツジ
今は小さなツツジが見ごろに
赤、ピンク、白と

桜の時期 花見客で賑わう園地では 今は数本ある八重咲きの桜が満開を
迎えていたっけ
Img_4103 ハッピーのお花見だね しかも場所を独り占め
3 土手の上に上れば ここにもツツジ
Img_4109 そうだ マロニエの蕾はどうなっているかなー
木の側によって見上げてみれば
かなり大きくなっていた もう少し時期が進めば 綺麗な花を見せてくれるだろう
4 左上はトウカエデの花
左下が大きく育ったマロニエの蕾
右上はナンジャモンジャ
右下は 水面に影を落とすクスの枝だ

土手から降りて安らぎ広場に入れば
斜面に植えられている花の大きなヒラドツツジが今にも満開の様相
Img_4121 園内は 間もなく 本当にツツジの季節
それを実感し
まずは ひとまず休憩
ハッピーもポカポカ陽気の下でリラックス
Img_4129 さーて帰るかね ハッピーのリードを持ち
再び県庁脇から市役所脇を通り抜け 青葉シンボルロードから自宅へ向かう
風は強いが良く晴れた11日午後の一時
最後にもう一枚 白色ハナミズキの写真を
Img_4134 と云う事で 今日の処は この辺で じゃあ又ね

写真撮影・・・・・・・・・・4月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡駿府城公園

ハナミズキの花言葉; 貞節

ナンジャモンジャの花言葉; 清廉

トウカエデの花言葉; 豊穣

ツツジの花言葉; 愛の喜び、 情熱、 節制、 伝奇

2013年4月10日 (水)

春のガーデンパークへpart2・・花木園~百花園へ

2013年4月10日

前回の続きです

いくら撮っても撮り切れない そんな気がした 花の美術館
薔薇の時期や真夏 秋などは何度か足を運んでいるが
チューリップ咲く時期は 今回が初めてだった
それだけに 時間の経つのも忘れる位 写真に没頭した4月8日の一時。

次回は、花木園 及び 百花園それにネモフィラの様子を簡単に

と云う訳で話を花の美術館から花木園、百花園に移す
ネモフィラの丘を横目に歩いてくれば
おっ 何だ あそこは 
もしかしたら芝桜?
目の覚めるようなピンクが広がっていたっけ
Img_3878 勿論 ピンクだけではなく 白色の芝桜も 今が盛りと咲き誇っていたっけ
その中には水仙も
又その周囲には 椿、桜なども・・・
10 足元には芝桜 目を上げれば椿
11 振り返って向こうの方を見れば
Img_3904 でも 目が覚める光景だね これは
芝桜と桜のコラボだよ
12 しばらくこの場にいたね グルグル回って
考えてみると 何度か来ているガーデンパーク この場に入ったのは
初めての様な気がする
百花園の方へ先に行ってしまい そのまま花の美術館へ その後は
世界の庭園方面に行ってしまい 何時も素通りだった。

この花木園を後にして向かった先は百花園
ここも数多くの植物が植栽されて それが順々に花を
13 順不同だがコラージュに載せてみた
Img_3920 チューリップはかなり花弁が落ちかけていたっけな
14 花の美術館近くにはクリスマスローズの小道なんてのも
新たにできていたっけ

その小道 如何でもいいかと思ったが 一応 歩き
花の美術館へ・・・・・・・・
そして中を一回り
その後世界の庭園方向へ
少し運河沿いに出れば菜の花が・・・・

Img_4030 何時もなら浜名湖の眺めも楽しむのだが 何分この日は強風
止めて 庭園へ
そして 来た時に横目で眺めたネモフィラの丘へ
Img_3870 本当はこの風景が見たくてここへ来た
だが やはり他にも目が行ってしまい まあしょうがないね
なんたってガーデンパーク 花の公園だからねー
15 花自体はまだ満開とは云えずだが・・・・・
まあ目的は達した事だし 取り敢えずは良しとする
さあ そろそろ帰るとするか
向こうに見える花壇を見ながら
16 まあ 見事なもんだ
最後にもう1枚 コラージュを
17 上のコラージュは 前後してしまったが世界の庭園内で撮ったもの

と云う事で この日は 行って帰って凡そ190k 思い立ったが吉日
ハッピーを留守番させての 花三昧を楽しんできた一日でした

ハッピーただいま
玄関を開けた時 喜んで飛びついてくるハッピー
すぐに散歩に出たのは言うまでもない。

この項これでお終い 今日は この辺で じゃあね。

写真撮影・・・・・・・・・・・4月8日
場所・・・・・・・・・・・・・・・浜名湖ガーデンパーク

2013年4月 9日 (火)

春のガーデンパークへpart1・・花の美術館へ

2013年4月9日

8日朝 急に思い立ち 浜名湖ガーデンパークまで車を走らせる

自宅を出たのは朝の8時 通勤時間帯だ

静岡ICから高速へ それにしても風が強い 時折ハンドルを取られる

下りるICは浜松西 途中休憩も含め1時間ほど

ICを出ると浜松環状線を右折 はまゆう大橋方面からガーデンパークまでは
自宅を出て1時間35分ってところか
北側Pへ車を入れる 時間もまだ早い為か かなり余裕が

本来の目的は一面のネモフィラを見たくて行ったのだが・・・・・

空は見事に晴れ渡り 雲のかけらさえ見当たらない
早速公園内に入る
Img_3867 運河のむこうには 見えたね青いネモフィラの丘が
その様子は帰りに見るとして ここへ来たからには まずは公園一番奥にある
花の美術館まで行かなきゃ(以前はモネの庭と云ったが) 花木園に立ち寄り百花園の中を
歩き
公園最奥にある花の美術館へ
Img_3947 行って見れば そこは春真っ盛り
写真撮りながら一回りしたが とても撮り切れない
それだけ 色とりどりの花が咲き乱れていた
チューリップ、水仙、オダマキ、石楠花、桜等々
1 睡蓮の池周辺も様々な春の花が
訪れた人の目を楽しませてくれている

この公園 入園料は全く掛からない 勿論 P代も ただ少々遠いだけ
2 ペットも一応はOKだが
花の美術館、百花園についてはNGと云う事だ
3 風もここへ来ると 周囲の立木が防いでほとんど感じない
4  ここは バラの時期に来ると 又華々しい 花好きにはたまらない空間ではないだろうか
しかし 今は チューリップ
それが 見事に咲き乱れ 少し異次元空間のようだ
5 上のコラージュは睡蓮の池周囲に咲く花だ
6 このコラージュは全て八重咲きチューリップ
7 これも八重咲きチューリップだ
それにしても豪華だね
それが入場無料だから 申し分ない
これらの花を十分楽しんで 花の美術館を後にする

コラージュを後2枚ほど
8 全く見ていて飽きないね
いくら時間が有っても足りない位だ
9上の写真も池の周囲で撮影したもの

いくら撮っても撮り切れない そんな気がした 花の美術館
薔薇の時期や真夏 秋などは何度か足を運んでいるが
チューリップ咲く時期は 今回が初めてだった
それだけに 時間の経つのも忘れる位 写真に没頭した4月8日の一時。

次回は、花木園 及び 百花園それにネモフィラの様子を簡単に

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・4月8日
場所・・・・・・・・・・・・・・・浜名湖ガーデンパーク内

2013年4月 7日 (日)

今日も出かけるお花見散歩part9・・・咲きだしたツツジ

2013年4月6日

昨日からの雨も上がった今朝の事 いつもの様に朝の散歩に行こうと
玄関ドアーを開ければ

うわっ こりゃースゲーや

玄関先にたわわに咲いていた藤 雨で散らされ 紫の絨毯に(敢えて写真撮らず)

花房も重く垂れさがり 乾くまでは見る影もない
散歩から帰った時 その絨毯は 綺麗に掃除はしたが。・・・・・・・・・・・

ところで 話変わって 遡る事3日程前の4月4日 御衣黄を見に出かける前日の事だ

いつもの様に午後の散歩は駿府公園へ
ソメイヨシノも終盤に入り 落花がひっきりなし 葉桜となり
桜は八重咲きに変わりつつあった。

途中の植え込みではドウダンツツジが釣鐘状の花を春風に可愛く揺らせ
(もっとも 桜が咲き始めるころ ボチボチ咲き始めてはいたが)
Img_3807 公園や途中の民家ではコデマリが
Img_3797 又 写真には撮らなかったがハナミズキも咲き始めている
花の大きなヒラドツツジもボチボチ咲き始め
Img_3705 小さなクルメツツジも開花し始め
又 民家の庭先では紫色のミツバツツジも(場所が場所写真撮らず)見頃を迎え
まさに春本番

例によって 市役所脇を通り県庁脇を抜け駿府公園へ入れば
直ぐ右手にある小さなツツジの木
見事に満開
Img_3678 園内へ入れば 桜の木の根元は落花した花びらだらけ
それでも枝垂桜が最後の輝きを
色は褪せたが何とか頑張っていたっけ
Img_3688 園内に植栽された花の小さなクルメツツジ 満開ではないが
良い具合に咲き始め
Img_3681 季節は確実に桜からツツジへ移行している
Img_3682 ハッピーもなんとなく嬉しそう
Img_3684 向こうに見えるのは東御門
Img_3686 いつもの様にお堀の周囲を回り
いつもの様に歩いて行けば
Img_3696 ソメイヨシノがハラハラハラリ その下で少し休憩だ
Photo 再び歩き出し 土手の上に登り 西門から公園外へ
そして中堀沿いへ そして県総合庁舎前に 見ればそこに植えられている
クルメツツジ
その一部が見事に開花している
Img_3707 考えてみれば ここは例年早いんだよな いの一番に咲き始める所だ。
しばし 花を眺め 元来た道へ 県庁脇から市役所脇を通り抜け
帰宅する
帰って時計を見れば 何時もそうだが 行って帰ってほぼ2時間
花見散歩と相成った4日午後の一時
最後にもう1枚コラージュを
2左上の写真はハナズオウ
左下はマロニエの蕾、右上はヒトツバタゴ(別名なんじゃもんじゃ)の蕾
右下は八重咲きの桜

と 云う事で 今日の処はこれまで じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・4月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・駿府公園 及び その界隈

ハナズオウの花言葉; 質素、 裏切り、 目覚め

マロニエの花言葉; 天才、 ぜいたく

ヒトツバタゴの花言葉; 清廉

ツツジの花言葉; 愛の喜び、 情熱、 節制、 伝奇

満天星ツツジの花言葉; 節制

コデマリの花言葉; 努力、 優雅、 品位

2013年4月 5日 (金)

今日も出かけるお花見散歩part8・・・御衣黄桜と鬱金桜

2013年4月5日

駿府公園の桜も散っていよいよ春本番に 我が家の藤も満開
例年の如く クマ蜂も花蜜を求めにやってきている
今日もブンブンしていた。

近くの公園では八重咲きの桜が開花している 近所のお宅では満開の木も

ならば あの御衣黄(ぎょいこう)桜も咲いているんでは・・・・・

と 云う訳で

4日午後 ハッピーを連れ県立美術館周辺へ 散歩がてら出かける
ここは昔 一面の茶畑 それが今は立派な文教地区

美術館、図書館、県立大学有りと
又 市内では有数な桜の名所 しかも色々な種類の桜が植栽されていて
御衣黄桜もその内の一つである

又そのすぐ隣りには鬱金(うこん)桜(別名 浅葱桜)も

Pへ車をいれハッピーを連れ歩いて行けば
咲いていましたよImg_3726 まだ満開とまではいかなけれど 緑色の独特な色をした桜が
この花 咲いたばかりは全体が緑色 日が経つにつれ花芯が赤く
落花時には黄色く変色するという変わり種
遠くから見てもそれとは気が付かない 但 じっと見ていると
中々に気品のある花だ
Img_3776 又 この木のすぐ隣にある鬱金も僅かではあるが開花していた
この御衣黄と鬱金が同時に見られるところはそれほどあるまい。
写真をコラージュにしてみた
まずは御衣黄から
2_2 引き続いて 鬱金を
1 この写真を撮っている時 ハッピーは 適当にその辺りで遊んで待っている
Img_3754 共に見れば見るほど気品のある桜

そう言えばこの鬱金 浜松フラワーパークでは浅葱(あさぎ)桜と銘うっていたっけ
又の名を浅黄桜とも呼ぶそうだ
実際花色は浅黄色
見るからに上品な柔らかい色をしている・・・・

この2種の桜はこの辺にして先に進もう
ボチボチ咲きだしている八重咲きの桜を愛でながら
おっとその前に面白いものを見つけた
それは御衣黄桜から延びた鬱金桜の枝だ

Img_3733 さて 行くか
この2種の直ぐ側にある八重咲き 通称牡丹桜 正式名称は??だが
そろそろ見ごろ
他にも八重咲きがたくさんある 八重咲き以外でも今が見ごろの桜が
適当にいいとこ撮りしながら帰ろうとハッピーを呼び寄せる
Img_3770 再びコラージュで
3 もう一枚
4 桜の種類も固有種、交配種を含めると日本では600種に上るとか
まあ そんな事はどうでもいいとして どうせ覚えきれないのだから
最後にもう一枚
Img_3783 ピンクの桜の向こう側に咲くのが緑の御衣黄桜だ
本当に遠くからではちょいと分かりにくい桜だね

とまあ 今日はこの辺で じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・4月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・・県立美術館周辺

2013年4月 4日 (木)

藤の花にやってきましたよ お客さんが・・・・

2013年4月4日

今朝の事

あれほど降った雨でも持ちこたえた我が家の藤
Img_3718 僅かだが雨で落とされた花がらを掃除していた時 聞こえたね

ブーンと云う羽音

見ればクマ蜂 毎年藤の花が咲くと何処からかやってきて花蜜を吸っていく
今年はまだ来ないなーと思っていたら
今朝 やはりやってきた

じっと見ていたら やっこさんもこちらを見ている
ホバリングしながら

よし こいつの写真を撮ってやろうと カメラを持ち出す
レンズを向けると早いのなんのって とにかく動きが素早い
ピントを合わせるのにオートは聞かない
止むを得ず手動でピント合わせだ

良し今だ シャッターを押せば
Img_3719 背中から撮ったものだが何とか撮れた 向こうの背中を見せているのは
ハッピー
私がカメラを持ち出すのを見て ついて出てきた。
もう少し何とか
撮れたよ
Img_3720 クマ蜂もこちらが手を出さなければ何と云う事も無い・・・・・

蜂の動向を見ていれば 藤の周りをせわしなく飛んでいる
花の様子でも伺っているのかしらん
Img_3722 しばらく蜂に付き合う事に
Img_3724 それにしても目まぐるしく飛び回る蜂

ただ黙って じっと見ていたら その内どこかに飛んで行ってしまった

この後 午後からだがハッピー連れて県立美術館裏へ
御衣黄桜を見にひとっ走り

帰ってきたときも蜂の羽音は聞くことはなかった。・・・・・・

今日はこの辺で じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・4月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・自宅

2013年4月 3日 (水)

春の霊山寺へ・・・一足遅かったか

2013年4月3日

今日は☂ 昨日午後から降り出した雨 ずっと降り続いている
夕方前には上がると思うのだが・・・・・・・。
玄関先に咲く藤も心なしか重たげにぶら下がっている
Img_3671 今の処は 何とか大丈夫のようだ・・・・・・・・・・

話変わって 遡る事5日ほど前の3月30日の事

清水大内にある大内観音霊山寺へ出掛ける あることを期待して・・・・・・
今回は家内も行く 勿論ハッピーも一緒。

自宅から通称北街道を清水方面に走る事30分弱
大内の信号を左折 川沿いの狭い道を行けばまもなくP

Img_3533上の写真はPのすぐ近くにに咲いてた菜の花
ハッピーを降し 九十九折の古い参道を登れば
沿道にはシャガの花が
Img_3536ハッピーこの道は慣れたものでホイホイ登って行く
Img_3539 私の足で10分強 家内の足で20分弱 文化財の仁王門につく

家内が上がって来るのを待つ間
Img_3540 頭の上を見れば山桜 これならもしかしたらと淡い期待を・・・・
Img_3541 その期待 勿論桜 いままで何度も来ているが桜の時期は今回が初めて
家内と共に仁王門をくぐれば うーん 遅かったか
時すでに遅し 9割以上が散った後 うーん残念
Img_3544 殆どが葉桜状態
それでも本堂前は少しは残っていた
まあしょうがないや
Img_3546 上の写真の桜は八重咲き 今咲き始めたばかり
この本堂(本来は観音堂)の石段に座って遠くの景色を眺めれば
目の前に桜の花びらがハラハラハラリ風に舞い散って云った
Img_3554 気を取り直してお参りを
ここの本尊は千手観音 安倍七騎に数えられる古い観音様だ

そのいきさつ等は以前にもここに載せている為 今回は割愛するも
行基に由来するものとだけここに。

足元にはシャガのほかにスミレも

Img_3550 桜には遅かったけど まあいいさ 来年くれば 今日はこれで帰るかと
Uターン
鐘楼の鐘を突き 仁王門へ
その仁王門越しに見た風景が又素晴らしい まるで額縁だ
この門をくぐり
Img_3556 春の柔らかな日差しの中 再び九十九折の道を下れば
シャガの花が又来いよと云わんばかりに見送っていてくれた。
Img_3563 今日は ここまで じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・3月30日(藤 4月3日)
場所・・・・・・・・・・・・・・・・清水大内霊山寺

シャガの花言葉; 決心、 抵抗、 反抗

スミレの花言葉; 慎み深さ

2013年4月 2日 (火)

チューリップ咲く吉田公園・・part2

2013年4月2日

次回は チューリップ以外の花を含め コラージュと共にここへ

と云う事で昨日の続きの様なものです

Img_3594 ハッピーも人の多さには少々疲れ気味
写真には写っていないが 次から次へ 大勢の人が 中にはハッピーの
顔を覗き込んでいく人も知る始末
そんな時ハッピーは後ずさり
1 この公園 6日から14日までチューリップ祭りが開催される
その祭りの時にハッピーを連れて行った事が有った。偶然であったが。
やはり人の多さに吃驚していた様子
今回は祭り期間ではなかったが それでも見に来る人は後を絶たず、
この会場全体を写真にと思ったが いかんせん やめにした
3 この公園 今の時期 咲いているのはチューリップだけではない
それらもコラージュでここへ載せてみる
2 桜、ピンクの花は花桃かな 右上は?桜は桜でも左上はうこん桜だ
6上の写真 花に囲まれ気持ちよさそうだね

芝桜、水仙、リビングストンデージーなどに囲まれて

撮影は腹ばいになって撮っている
もう一枚コラージュを
5 めくるめく春の一齣でした

他にもたくさん撮ったが そのどれもが似たような写真 と云う訳で
この項はこれでお終い

今度は何処へ・・・・・・じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・4月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・県営吉田公園

チューリップの花言葉; 博愛、 永遠の愛情、 愛の告白

リビングストンデージーの花言葉;瞳の輝き、 華やかさ、 賑やかな人

2013年4月 1日 (月)

チューリップ咲く吉田公園・・part1

2013年4月1日

昨夕(3月31日の事だが)TVのニュースで浜松フラワーパークの事が流れた
見事にチューリップが咲き揃っていた風景が
ならば 吉田公園は如何なのかな と思い
翌1日(要するに今日の事)午後から出掛けてみた

3月12日に出かけた時はまだまだ蕾固く小さかったチューリップ
見事に花開いていた

勿論今回はハッピーも一緒だ

Pへ車を入れるも 中々の混雑ぶり やはりチューリップが目的なのか
空きを見つけて駐車
ハッピーを降ろして公園内へ
左回りに歩いて行けば
Img_3569 桜とチューリップの取り合わせが素晴らしい
もう少し先に進みハッピーを座らせ
Img_3573

やや風はあるものの ポカポカ陽気の下 次から次へ大勢の人が歩いてくる

いったん公園を出て大井川土手まで上がるも 又すぐに公園内へ
Img_3577 それにしても見事だね
花はここだけではない なおも左回りに歩き 芝生広場へ
そして何時もチューリップ会場になる場所へ
其処がメインの場所だ
Img_3590 正面からそのまま入ってくれば嫌でもこの場所に最初に来る
それを左回りに遠回りしただけの事
綺麗だねハッピー
Img_3591 毎年 この場へチューリップを見に行くが 今年は少し趣向が違う、
今までは広場の両側のみ 今年は中央にも 植え込みが
その分楽しみが増えている
Img_3600 ハッピーも気持ちよさそう
行き交う人もハッピーを見て目を細めていたっけ
Img_3610 間もなく始まるチューリップ祭り
期間中は大勢来るんだろうなー そう思いながら花を見て歩く
Img_3617 さあ そろそろ帰るか ん 待てよ 向こうにも有るなー
あっちへ行ってみるかと
ハッピーのリードを持ち 公園西側へ
Img_3630 赤やピンク、黄色、色、紫 色とりどりのチューリップが咲き乱れる
吉田公園
ここには これ以外にも様々な花が咲いている
むろん そのいくつかは写真に撮ってきているが 取り敢えず今日の最後にもう一枚
Img_3645 次回は チューリップ以外の花を含め コラージュと共にここへ
アップするとして 今回はこれまで
じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・4月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田公園

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック