無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

芝は気持ちいいね ここから動きたくないよ~

2013年10月31日

秋も深まってくると午後の散歩は駿府城公園が多くなってくる
30日も例外ではなかった

おりしも公園内は1日から始まる大道芸ワールドカップの準備が盛ん

そんななか園内の芝生へ行った時
やおら立ち止まり座り込んだハッピー ここから動きたくないよ~ とでも
言ってるが如く動こうとしない それより ふさってのんびりムード

Img_8673陽射しはポカポカ 少し 暑い位 だが芝生が気持ちいいのか
写真には撮らなかったがゴロンゴロンも始まった
しょうがないなー 好きにしろ
ハッピーが動き出すまで その場に腰を降す

その内頭を持ち上げキョロキョロが始まる
あっちを向いたりこっちを見たり
Img_8672ならば行くか おいハッピー行くぞ 声をかけて歩きだせば しょうがない行くか
とでもいうように立ち上がり ついてくる
結局この日の散歩時間行って帰って2時間強
但 行ってくるなら1.5時間も有れば十分なのだが

これからもっと秋が深まり 陽射しが心地よく感じるようになれば
芝生に座り込む時間は今まで以上に長くなるんだろうなー
まあその積りでいれば確かだろう 散歩時間が長くなるだけの話だから・・・・・・

という事で 今日は この辺で

写真撮影・・・・・・・・・・・・10月30日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡駿府城公園




  

2013年10月30日 (水)

安倍奥大谷崩れから山伏へ・・part3・・再び乗越へ

2013年10月30日

前回の続きです

しばらくこの場で休憩し 元来た道を引き返すことに
山伏はまた次の機会に行けばいいや 別に初めての場所でもないし


ところで今何時だ?携帯を取り出して確認すれば12時半
良し 行くか
今行けば悪くとも3時半には車に戻れるだろう

帰り道 来た時以上にゆっくり歩く
あっちにキョロキョロ こっちにキョロキョロ

Img_8615何組の人とすれ違ったんだろう
山伏は安倍奥での人気NO.1の山
今日も大勢登っていたんだろうな そんな事思いながらノンビリと・・・Img_8625綺麗だなー これじゃ紅葉三昧だよ 気持ちに余裕が出てきたのか
色付いたツツジをユックリ鑑賞しながら 登ったり下ったり
Img_8627ダケカンバの樹林帯を通り過ぎ
Img_8636疎林の間から紅葉越しに山々を眺め
Img_8637やがて大平沢の頭との鞍部へ
正面に おお 木の間越しに七面山も見えるぞ
Img_8639あの山も行ったっけなー などと思い出しながら歩いて行けば
鞍部から急登が始まる
今日の最後の登りだ 慎重に行けよ 自らに言い聞かせる
Img_8641こんな岩の直ぐ側をよじる様に登れば
行く時に出会ったツツジの黄葉
Img_8645改めてゆっくり眺める
ありがとよ 綺麗なものを見せてくれて 又来年頼むぞ

やがてピークを過ぎ 乗越めざし下降が始める 最後の急下降を慎重に下れば
着いた
ここで一休み
太陽はやや傾き始め 大谷崩れは午後の舞台に・・・・・・

喉を潤し 改めてザックを背負い さて行くか
下りは慎重にも慎重を期す ましてや杖を忘れたこの身 余計だ

Img_8651今の時期 日が陰った大谷崩れは風は冷たい
まあそれもいいだろう
ザレバも無事通り過ぎ 大谷崩れのシンボルとでも言おうか
登山道わきにある大きな岩の所まで降りてきて ようやくホッとする
Img_8656今日も ありがとさんよ 見守ってくれて 軽くタッチしてなおも下れば
やがて樹林帯へ
そして扇の要を通り過ぎ 最後の河原を過ぎた所でもう一度後ろを振り返る
Img_8669すっかり陰となった大谷崩れ 秋の日は短い
あと1時間もすれば暗くなるだろう
時間を確認すれば3時半少し前
今から帰れば5時には家につくな
車に戻り ザックを降し 靴を履き替え 車を走らせる。

最後にこの日の黄葉、紅葉をコラージュで
3後2枚 まずは
4で もう1枚 足元の小さな紅葉
5て 事で この項終わります じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・10月27日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・安倍奥大谷崩れから山伏に至る稜線上

















 





















 

2013年10月29日 (火)

安倍奥大谷崩れから山伏へ・・part2・・県境尾根

2013年10月29日

前回の続きです

さあ どうするか 右へ行けば昨年行った大谷嶺
左へ行けば昔 息子と歩いた山伏(やんぶし)への道
さて どっちにするか あるいはここで良いにするか
山伏 体力有るかなー?それとも大谷嶺に うーん

決めた 山伏目指して行って見るか 時間を見ればまだ10時半
昼まで歩いて駄目なら途中で戻ればいいやと

左へコースを取る

改めてザックを背負い 急登を登る
前に歩いた時 こんな 急登だったかなー
そんな事が頭をよぎった
歩き始めてすぐ目の前に
Img_8576大きなツツジの黄葉だ うわー 見事
尚も行けば
Img_8579倒木をかいくぐり登って行けば 道はシラビソやコメツガの針葉樹林帯に
ふと左下を見れば小さなプレートの大平沢の頭と有る
標高は1900m以上になるんだろう
ピークを越え やがて急下降
眼前には
Img_8586おお 見事見事
やがて鞍部に 再び道は登りだす
ここは県境尾根 静岡と山梨が接する稜線だ 又静岡市と身延町との
市境でもある稜線
進行方向右側が山梨県 左側が静岡県だ

その山梨県方向を見れば疎林の間から南アの山々が
うーん良い風景
Img_8588右側の双子峰が笊が岳、手前の山は布引山か 何れも2500mは超える山だ
もっと右奥を見れば
日本第2の高峰北岳がチョコンとみえている
Img_8590よく見れば 鳳凰三山も
道は登ったり下ったりを繰り返し確実に山伏へ近づいている
Img_8593うーん綺麗だ 青い空に良く映えること
Img_8594やがて道は2重稜線の山梨側を歩いている
Img_8595左手には安倍東山稜が一望のもと
Img_8601また行く手には山伏の山頂も
Img_8602
いつしか熊笹の原へ差し掛かる
おお ここは休憩にもってこいだ しかも倒木が上手い具合にベンチ様になってるし
ここで昼飯かな
その前にもう少し先へ行ってみるか
すると見えた 富士山だ
この稜線に入って初めてだ
おお すぐ側にちょうどいい所が 熊笹茂る斜面を僅かに滑るように降りて
Img_8607雲はかかるが まあいいか さて先ほどの場所に戻るか
今日はここを目的地としよう
其処は山頂とは目と鼻の先
だが腹が減ったし少し疲れも 無理することないなと
どっかと腰を下ろす
Img_8609上の写真がその場所 後で調べた所 何でも鹿の踊り場とか
そう云えば休憩した近くに鹿の糞が
へー そうだったんだ 後で帰って分かった事だが
しばらくこの場で休憩し 元来た道を引き返すことに
山伏はまた次の機会に行けばいいや 別に初めての場所でもないし

という事で 今日はこの辺で じゃあ又ね。








2013年10月28日 (月)

安倍奥大谷崩れから山伏へ・・part1・・まずは新窪乗越

2013年10月28日

ああ着いた着いた やっぱここからの風景はダイナミックでいつ見ても良いなー
でも ここから先どうするか 体力と相談だ・・・・・・。
Img_8574ここは新窪乗越 標高1850m 大谷崩れ源頭にあたる場所だ。・・・・・

台風一過の27日朝から好天に恵まれる
少し早めに起きハッピーの散歩を済ませ
さて久しぶりに行ってくるかと 山道具一式持って 朝7時自宅を出る

目的地は大谷崩れ
紅葉もある程度は進んでいるだろうと安倍街道を太田崩れ目指す
安倍川沿いにどんどん遡り
真富士山を横目にチラリ でもないか ちょいと車を止め 一枚

Img_8517途中小休止を含め なおも遡り 安倍東山稜の名峰十枚山を望み
Img_8520赤水の滝上部から治山林道へ入る
そのまま走り
大谷崩れのPへ着いたのは8時半になったかならないか
標高は東山稜南端の竜爪山よりやや高い位置にある。
車で来るとそんな気は全然しないのだが。
早速足ごしらえ
チョイト大谷川際まで
そして大谷嶺を望む
Img_8521大谷嶺は1999.7m安倍奥第2の高峰 昨年足を運んでいる
今年は如何するか とにかく乗越までいってそれから決めるか
Img_8525歩き始めて数分でこの場所に 正面に乗越を望む
沢を何本かわたり樹林の中へ
Img_8526周囲を見渡せばそろそろ見ごろに染まってきている。
Img_8527これは歩きながら大谷嶺と七人作りを望む
Img_8531反対側の山の上には月も
やがて扇の要 崩れの基部に設けられた砂防堰堤だ
昔は良く見えたのだが今は樹木が生い茂り 壁の様に見えるだけ。
その脇を登れば ここからが本番
傾斜はだんだんきつくなる しかも石ころだらけの登山道
足元に注意しながら登って行く
その時思い出した しまった 杖を持ってくるの忘れた しょうがないな
何とかなるか と
道は爪先上がりに傾斜をきつくしていく
このあたりの事は昨年も書いていると思うが・・・・・
周囲の景観を楽しみながら高さを増していく
Img_8532後ろを振り返ったり 横を見たり 要するにキョロキョロと
そんなんだから時折躓く オットットットー。Img_8536綺麗に色付いた葉が有れば止まってレンズを
Img_8541時には登山道から外れて写真撮りに
こんな事ばかりしている為 時間だけは過ぎ去っていく
やがて樹林帯から出れば
Img_8547いよいよガレ場の登り しかもほとんど直登に近い
心して行かねば
やいやい 杖が有ればなー
うっかり止まれば 次にはどちらの足を出すか・・・・

兎に角余分な事は考えず登るに限る 駄目なら帰ればいいさと

後ろを振り返れば
Img_8552そう ここへ来た目的は この風景を見る為だ
特に今頃からの時期は山肌が錦に彩られ 見た目も美しい
Img_8566夏は夏なりに又違った美しが有るのだが・・・

ふと足元を見れば 竜胆、野菊、撫子等々が出迎えてくれていたっけ1こうなると本当にキョロキョロ 歩くスピードも格段に落ちる
これらの花と風景に励まされ やがて乗越へ
Img_8650
さあ どうするか 右へ行けば昨年行った大谷嶺
左へ行けば昔 息子と歩いた山伏(やんぶし)への道
さて どっちにするか あるいはここで良いにするか
山伏 体力有るかなー?それとも大谷嶺に うーん

決めた 山伏目指して行って見るか 駄目なら途中で戻ればいいやと

左へコースを取る

という事で 今日は この辺で 続きは又次回 じゃあね。









































2013年10月24日 (木)

金木犀香る散歩道

2013年10月24日

昨日の続きの様なものです

まあ それにしてもいい香り 家のがこうなら 公園のも咲き出しているだろうなー
行って見るかと
ハッピーの散歩がてら ぶらぶら出かけてみる。

いつもの道をいつもの様に 雨の降る前に 勿論雨具の用意だけはしっかりと

公園が近づくにつれ香ってくる金木犀独特な香り
先日桜紅葉を撮りに行ったときはまだ蕾でそれほど香っていなかった金木犀

あれから数日で開花し 香りが辺りを漂っているImg_8495鼻を近づければ うーん なんとも言えないいい香りImg_8496その時ハッピー 何してるのなんて 不思議そうな顔をしていたっけ

うん?うん さあ 先に行くか 駿府城公園まで行くぞ
あおば通りから いつもの様に市役所脇 県庁脇を通り駿府城公園方面へ
そこに至るまでも金木犀のいい香りが

要所要所に植えられている金木犀 やっと咲きだし これからが本番
時折白い銀木犀も見るのだが やはり 金木犀が圧倒的に多い

駿府城公園についたのはいいが そこをつっきり北門橋を渡り市民文化会館裏手へ
ここは先日桜紅葉を見に来た所 たくさんの金木犀が植えられており さながら
金木犀の並木道だ

Img_8503春は桜、今頃は桜紅葉と金木犀 又 ツツジも植えられている為 結構花見を
楽しめる場所 しかも散策コースになっている。
そんな小道をノンビリ歩くImg_8502ハッピー 何を見ているのやら
Img_8504それにしてもいい香り
Img_8506

思う存分金木犀の香りを楽しみながら ゆっくり歩くImg_8508その後お堀端の道へ

東御門から再び公園内へImg_8512ハッピーが眺めてる方向は県庁方面 反対側はこんな風景Img_8514奥の方に見える山は安倍東山稜の最南端にある竜爪山だ
行くか
橋を渡り 門の中へ
Img_8515後は 又 いつもの道をいつもの様にスタスタ かつて知ったる何とやら
自宅目指してまっしぐら
脇目も振らず 金木犀香る近所の公園を通り過ぎ
行って帰って2時間強

自宅へ着く寸前 雨 フー助かった。

ちなみにこの文章を書いた24日 同じコースを同じ時間で歩いてきたが雨には降られず
雨具を使う事も無かった。

という事で この項 お終い

じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・10月23日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡駿府城公園界隈























2013年10月23日 (水)

夏の名残りと金木犀

2013年10月23日

うーん いい香り 庭に植えてある金木犀がやっと咲いた

この夏の暑さが関係したのか 開花がやや遅れたようだ

さて 花を眺めるか と 木の下に行けば

お セミの抜け殻 金木犀の花と良い取り合わせだ

一枚撮るか カメラを持ち出しレンズを向ける
Img_8487周囲を見回せば おや こっちにも有るよ あっちにも有るね
都合五つほど 撮りやすいものに照準を合わせシャッターを切る
Img_8488こんなのも有ったね 使わなくなった釣竿 それを出しっぱなしにしておいたら
その先端にしがみついていた奴も
Img_8490植木鉢ではホトトギスが開花しているって云うのに 夏の名残と秋がごっちゃ混ぜ
面白いもんだ
Img_8491さて もう一枚
Img_8493まあ それにしてもいい香り 家のがこうなら 公園のも咲き出しているだろうなー

行って見るかと

ハッピーの散歩がてら ぶらぶら出かけてみる。
その事についてはまた次回と云う事で

最後におまけ 室内でのハッピーImg_8494今日はこの辺で  じゃあ 又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・10月23日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭
















2013年10月21日 (月)

染まり始めた桜紅葉・・駿府城公園外堀沿い

2013年10月21日

そろそろ染まり始めたサクラの紅葉

今日21日午後 ハッピーの散歩がてら 駿府城公園外堀沿いへ見に出かける
いつもの通りあおば通りから市役所脇を通り県庁脇から駿府城公園へ

少々休憩し 北門橋から市営体育館横を通り外堀沿いへ
通りは秋色が始まったケヤキ並木
Img_8457この下を歩き 外堀沿いへ
外堀では 今 石垣の修理中
其処を横目に もう少し歩けば
始まっていた サクラの紅葉 いわゆる桜紅葉だ
Img_8459まだ少し早いのか 色付きは今一
おまけに空模様がよろしくない
紅葉には晴天が似合うのだが あいにくの曇り空
時折日差しが有る程度
Img_8460しかも葉っぱをよく見れば・・・・
うーん・・・
傷が多いな
暑さのせいなのか それとも 虫か
兎に角 綺麗でないことは確か
Img_8462それでもいいとこ撮りで写真を撮る
ハッピー 勿論大人しく待っている
Img_8463たまにはハッピーの写真もと レンズを向ければ
Img_8465こちらを向いてニッコリだ。
Img_8466太陽が出ていれば 綺麗に輝くのに まあ仕方ないね。
Img_8469春には両側桜の花で埋まるお堀端
今は秋色が濃厚、もう少し寒さが増せば赤みも増してくる
それを期待して外堀を後にする

ただ今度の台風27号の影響がどう出るのか少々心配だが

再び公園内へ戻り ハッピーを桜の木の下で座らせ一枚
Img_8472正面に回ってもう一枚
Img_8474さて帰るか 元来た道を戻る
県庁横から市役所脇を通りあおば通りから自宅まで
行って帰って2時間ほど
最後にケヤキの紅葉とハナミズキの紅葉をコラージュにしてこの項終わります
1とまあ こんなところで じゃあ又ね

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・10月21日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・駿府城公園外堀沿い、その他
































2013年10月19日 (土)

変わり種コスモス・・シーシェル

2013年10月19日

前回の続きの様なものです

先日袋井へ向日葵を見に行ったとき 植えられていた変わり種コスモス シーシェル
初めて見た時は 本当に これがコスモス?
と思ったことは前回にも書いている

花びらの形が筒状になったコスモス種まき後70日~90日で開花するそうな
原産地は調べてみるとメキシコだそうである

花色は普通のコスモスと変わらず 赤系、ピンク系、白系のミックスだそうだ。
先日も初めてだという人達がいたが その人達 八重咲きのコスモスだと思ったそうだ
Img_8411まあ 確かにそう云われれば・・・・・
でもなんとなく上品な花に見える
Img_8450上の2枚は今回のものだが
前に撮った写真も有るため ここに載せてみる
Img_0064この時はすこぶる上天気 確か5年ほど前だと思ったが
勿論 向日葵を見に行った時に撮ったものだ 全てがシーシェルだ
Img_0004
Img_0009この花も青空に良く映える その辺りは通常のコスモスと変わりはない。
Img_0016
Img_0039この時は台風など来ず 従って寝ているものなどなかったことを憶えている
Img_0041あともう一枚
Img_0062という事で 今回は過去の写真も含めて シーシェルの乱舞風景でした

じゃあ今日はこの辺で 又ね

過去のものも有ると云う事で 今日は 撮影月日は割愛します
場所は袋井三川地区で撮ったものです。






























 

2013年10月18日 (金)

10月の向日葵畑

2013年10月18日

あれまー みんな寝ているよ
やっぱ あの台風で寝かされちゃったのかな

何が寝ているかと云うと 向日葵 みな仲良く同じ方向を向いて寝ていた
いやお辞儀かなー・・・・・・・・

毎年10月中旬になると一面の向日葵畑が出現する 今年も時期になった
昨年は見逃してしまったため 今年は行ってくるかと台風が去った翌日の17日午後
車を走らせる
調べてみると12年前からやっているそうだ

場所は袋井市三川地区
麦を刈りとった後の8月に種をまくため どうしても今頃に
従って背丈はそれほど高くは無い向日葵
台風さえなければ・・・・・

Img_8398まあそんな事言っても仕方がない
一回りするか
なんでも6.5hの田圃に向日葵とコスモス併せ100万本とか
すげー数だ
普通の黄色いのや
Img_8404黒いムーランルージュとか云うやつとか
Img_8402はたまた色変わりの向日葵など 又コスモスも面白いものが有る
シーシェルというやつだ
今回もたくさん写真撮った為コラージュにしてみた
1左上がムーランルージュ
真ん中はキバナコスモスにとまるキタテハ
左下は沿道のコスモス
2左上と右上がシーシェル 右下に見えるハウスはこの地域特産のメロンハウスだ
3真ん中 向日葵の向こうにコスモス 確かシーシェルだ
4向日葵の茎がお辞儀したようになっている為 撮影もしゃがみこんで。
5右上と左下がシーシェル
このコスモスを初めて見た時 これ 本当にコスモス?
我が目を疑ったっけね
花びらが筒状になったコスモス 少し離れたところから見ると八重咲きの様に見える
右下のコスモスは普通のコスモスだ
ここにかれこれ1時間位いただろうか 時間も2時半を少し過ぎた
そろそろ帰るか 帰り 遅くなれば又渋滞だ
最後にもう一枚撮って
Img_8419さて 行くか また来年これたら来ようと車に戻る。

平日とはいえ 結構な人が花見に訪れていた向日葵畑を後にする

帰宅すればハッピー 大喜び ただいま。

という事で 今日はこの辺で じゃあ又ね

写真撮影・・・・・・・・・・・・10月17日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・袋井市三川地区

























2013年10月17日 (木)

十三夜前日の月・・・自宅物干し台より

2013年10月17日

今日は十三夜 だが 空は曇り空 月は何処にあるのか・・・・・・

昨日台風が去った日の夜

何気なく外に出る

ふと空を見れば 流れる雲間から煌々と輝く月

うわ 綺麗だなー 台風被災地もこの月を見ているんだろうか

いやそれどころじゃないだろうな

そんな思いが頭をよぎる・・・・・・・

急いで家の中に入り カメラを そして改めて物干しに出る

ハッピーそんな私を怪訝な様子で見ている

そして物干しへ

改めて空を見れば やいやい 雲の中へ入っちゃたよ

しょうがないな 諦めるか・・・・

しばらくTVをPCの前に座っていたが

やはり気になる 再度物干しへ

お 今度は出てたな

早速レンズを向けるImg_8385まあ何とかだ 一応全オートで撮ってみた

それにしても雲の流れは速いな まあもう一枚Img_8386うーん なんとなく物足りない
今度は条件を変えて撮ってみることに
シャッタースピード優先にしてスピードは1/250に
絞りはカメラ任せ
感度を200にする
それでやって見た
Img_8394月の模様がくっきり写り込んだ
さて 中へ入るか 側にいたハッピーと共に部屋の中に

既に眠くてしょうがなかったハッピー 部屋に入るなり 自分の寝床に入り
すぐに高鼾

お休み 云い夢見るんだぞ・・・・・・・

という事で 今日はこの辺で

**台風被害に遭われた方々には 心から お見舞い申し上げます。**

写真撮影・・・・・・・・・・・・・10月16日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅物干しより

2013年10月13日 (日)

沼津港へ・・part3・・沼津深海水族館にて

2013年10月13日

昨日の続きです

・・・・・水族館まではここから歩いても5分程度 沼津港83番地と云う所にあるらしい
何度かTVでも紹介されており ぜひ一度行って見たかったところ

港沿いにゆっくり歩いて行けば そこは すぐに見つかった・・・・・

Img_8330上の写真は釣り船の船溜まり これを見ながらのんびりと
道なりに歩いて行けば
Img_8332有った有った 目の前が港町83番地
向こうに見える魚のマークが入った建物が目指す水族館だ
道路を車に注意して横断
Img_8333こんなの横目に見ながら歩いて行けば
すぐに水族館の入口に
チケットはシニア割引も有るという 上手い具合に3人ともシニア
大した額ではないがそれで入場
受付で聞いてみた 写真はいいかね?と
ストロボ撮影をしなければいいですよ と云う返事
それは良いぞ
気に入ったものがいれば撮影だ ただしうまく撮れるかどうか それだけは気になったが
全ては撮るつもりはないが 取り敢えず まあ やって見るかと・・・・・・・
Img_8334早速お出まし 深海生物 でかいダンゴ虫だなーと兄弟顔を見合わせて笑う
これは数日前TVで紹介されていたっけ
この水族館の新顔のようだ
この後も続々深海の生き物が
一枚一枚では枚数が多い為コラージュにしてみた
1サンゴの仲間やら貝の仲間 又 深海の魚たち
へー こんなの妙なのもいるんだ 感心しながら眺めて歩く
2駿河湾の深海に住む生物では、たか足蟹はお馴染みだが 後の生物は・・・・・・・
3よくもまあ 色々変わった生き物が 改めて感心するやら驚くやら
このほかにもヒカリキンメダイコーナーも有ったのだが そこはストロボなしでは
不可能 したがって写真撮らず。

これらをじっくり見た後 2階のシーラカンスミュージアムへエレベーターで上る
ここにも変わった魚がいたね

Img_8362こんなのや
Img_8363こんなの もちろんこれらは日本にはいない  
何時もそうだが 後で気が付く何とやらで 呼び名
それを控えてこないことが失敗
今回の生物の写真全て同じこと 全く 何とやらだね。
さあ いよいよシーラカンスの剥製に
Img_8364実際は青くないよ 照明の関係だ 実際は艶のあるこげ茶色の様な色だった
ガラスケースの中に収められ ここでは2体の冷凍と3体の剥製標本が有るという
Img_8368
このシーラカンスを展示するのには有る証明書が必要との事 日本ではここの水族館でのみに発行されているとか
それだけ貴重なシーラカンス標本 改めてじっくり眺め
この水族館を後にする
最後に一枚 水族館のパンフレットから
Img_0003
帰路はいつもの様に千本公園を通り 千本海岸どうり沿いの旧国道からR1へ
兄夫婦を送り届け
帰宅したのは4時を回っていた
この日 夕方のハッピーの散歩は家内が済ませてくれていたっけ。

という事で この項 これでお終い じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・10月10日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・沼津港界隈
























2013年10月12日 (土)

沼津港へ・・part2・・大型展望水門びゅうお

2013年10月12日

昨日の続きです

沼津港は波静かな駿河湾最奥にある 狩野川河口に隣接する西伊豆観光の拠点にも
なっている
又 内港と外港に分かれており 内港は主に観光船と釣り船 外港が漁船の船着き場に
なっている

展望水門びゅうおは内港の入口に建設されており 展望室からは360°の眺望が楽しめる

・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ前置きはさておいて 腹も満たされた3人 少し展望広場に出てみるか
店を出て広場に通ずるドアーを開け外へ
陽射しは暑いものの 爽やかな海風が吹き渡る展望広場
其処からは目の前に
びゅうおが大きく見える

Img_8318兄夫婦はいまだ行った事がないという じゃあ行くか
その前に内港風景を
Img_8319撮るだけ撮ってびゅうおに向かう・・・・

施設利用料と云うのか入場料と云うのか とにかく一人100円也を支払い
専用エレベーターに

地上高30mの高さからは360°の眺めだ
条件さえ良ければ富士山も見えるのだが この日はあいにく雲に覆われNG
だがキラメク駿河湾、遠く安倍奥の連山 南アルプスはチョイト無理だったが
展望は欲しいまま

兄夫婦も喜んでいたっけ。
Img_8324上の写真は大瀬崎方面
Img_8325これは 狩野川の向こうに沼津アルプスを望む
白い屋根の建物は昼食をたべた魚市が入る建物
Img_8321これは目の下を飛び回る鳶の姿だが・・・・・・
Img_8326これは遠く駿河湾の向こうに安倍の連山を望む
Img_8327これは安倍の連山の一部と庵原の山の一部だ 黒いものは 海上を飛ぶ鳶の姿
Img_8328これも鳶の姿
飛ぶスピードが速く やっと撮れたもの
これらの風景を心行くまで楽しんで 再びエレベーターに乗り下へ降りる

さて どうせならもう一か所行くか

という事で 近くにある沼津港深海水族館へ行って見ることに・・・・・
Img_8329これは下へ降りてからびゅうお越しに沼津港出口方面を撮ったもの

・・・・・水族館まではここから歩いても5分程度 沼津港83番地と云う所にあるらしい
何度かTVでも紹介されており ぜひ一度行って見たかったところ

港沿いにゆっくり歩いて行けば そこは すぐに見つかった・・・・・

という事で 今日はこの辺で 続きは又次回に じゃあまたね。


























2013年10月11日 (金)

沼津港へ

2013年10月11日

10日朝の事 携帯が鳴った 兄からである
今から生ジラス食いに行くぞ 一緒に来い という事だった

どうするか 他にやらなければならないことも有るし・・・・
2つ返事でOK

早速兄の家まで車を走らせる

兄夫婦が乗ったところで 何処へ?田子の浦港のシラス街道へ
了解

R1へ入りそのまま東進

あそこのインターを出ればいいのだな・・・・
ところが しまった行き過ぎた どうするか そうだ沼津まで行くか
あそこへ行ってもシラスは食えるのだから
という事で沼津港までひた走る

原の交差点から旧国めざし右折したまでは良かったのだが・・・

何 踏切が通行止めだ しょうがないなー ここを左へ行くか
どうせ ここを走っても行けることだし と 旧国の1本手前をひたすら東進
要するに旧道の旧道みたいな道路だ。

昼少し前には 沼津港へ 立体Pへ車を入れる

さあ 何処へ行く

其処にたまたま地元の人が

この辺でお勧めの場所は?
うん そこの魚市がいいよ

魚市?
そう魚市 沼津魚市場食堂の略だよ

なんだそうだったの という事で 魚市へ
Img_0001食う方が先だとばかり写真撮らなかった為 パンフレットより

魚市場2階にあるこじんまりした食堂だ ここには食堂が2軒
1軒は回転寿司 そこには今回は用は無し
あくまで魚市
メニューを見て これだって決めたのは
するが丼だ
生ジラス、生桜海老 それにマグロの赤身この3種が乗った丼だ

しばらくして運ばれた丼を見て
うわ すげー 生ジラス、生桜海老がタップリ それにマグロも美味そう
兄夫婦と私と3人 顔を見合わせて 早速口の中へ

うーん ぷりぷり 旨いなー
これで目的が達したね 兄夫婦もにっこりだ

これも食う方が先に来て写真撮らなかった為 パンフレットより

Img_00023種類ある一番下のメニューだ 実際にはまだメニューはあるが ここでは
この3種をスキャン

存分に味わい腹もいっぱいになり さて せっかくここまで来たんだから
びゅうおへ寄って行くか それともう一つ 深海水族館へ

という事になり この魚市を出る

そしてまずはすぐ目の前にある びゅうお へ・・・・・・・

という事で 今日は この辺で 次回は写真が有るよ

じゃあ 又ね。



2013年10月 9日 (水)

ハッピーと見に行くコスモス畑・・散歩を兼ねて

2013年10月11日

チョイト話は前後するが 7日午後の事

久しぶりにハッピーを車に乗せ散歩を兼ねてドライブに
行った先は岡部コスモス畑

今頃の時期毎年のようにハッピーを連れ見に行っている

R1を西進し宇津ノ谷トンネルを抜けて坂下の交差点から左前方へ
旧国へ入る

最初の信号を右へ曲がれば後は目的地まで一本道

玉露の郷のPへ車を入れる

少し戻って左へ曲がればコスモス畑はすぐである

うーん 何とか咲いてはいるけど 少し早かったかなー 良く見ても3分~3.5分か

うーん

Img_8290それでも咲いてないよりはまあいいやと
ハッピーのリードを引き 見て回る
畦には 彼岸花が最後の輝きとばかり コスモスなんかに負けていられるかとばかり
真っ赤な花を空に向けていた
Img_8288ハッピー そんなに引っ張るなよ
そうだ お前の記念写真を撮るかと その場に座らせ一枚
Img_8297その目の先には
Img_8291はたまた
Img_8293畑の中へ入る事が出来ればいいのだが そうも行かず
畦から眺めるのみ
Img_8292展望台らしきものもできていたのだが ハッピー連れてじゃ登るわけにもいかないし
まあいいか
取り敢えず 広いコスモス畑を一周しながらもう一度見まわし
Img_8298さて まあ見れたから良しとするか 向こうに行くか
県道を横断し朝比奈川沿いの道に入る

本来の目的が散歩
コスモスは付録だ

後ろを振り返ることなく 川沿いの道をPめざし歩いて行く
Img_8302草地の上で小休止したり
又は ゴロンゴロンしたり
Img_8303田舎の風景を楽しみながら 段々 Pへ近くなる
Img_8315ここまでくれば直だな さて 行くか

それから数分後 快調に走らせ再びR1へ 1時間も経たないうちに帰宅と
相成った

尚 この翌日の事 眩暈を感じたのは

この文を書いた今日は 体調は異常なし すこぶる調子はいい
やはり少し寝不足だったのかな 今思えばそんな感じだ。

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又ね

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・10月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡部玉露の里周辺





























2013年10月 8日 (火)

眩暈

2013年10月8日

何だろう 嫌にへんだ くらくらするなー・・・・・・

今日昼前の事 PCの前に座っている時 妙にくらくら

くらくらと云うより目が回る様な感じに陥った

寝不足なのかなー

そんな事は無いと思うけど

そんな具合だから 勿論立っているのも少々難儀に陥った

しょうがない 少し寝てみるかと 畳の上で・・・・・・

何分経ったのだろうか いやそんなには経っていない筈

目が覚めた

少し くらくら感が治まっていた

やはり寝不足だったのかなー・・・・・・・・・

昼食後 もう一度横になる 2時間ほど眠っただろうか 自然に目が覚める

その時 時計を見れば午後3時にほど近い

あーあ良く寝た 大欠伸

その時 例のくらくら感は完全に収まっていた やはり寝不足だったのかなー

どう考えてもそんな事は考えられないが まあいいか

通常に戻ったのだし

さて ハッピーの散歩に行ってくるかと

いつもの様に出かける

という事で 今日はこの辺で 次回は7日午後からハッピー連れて見に行って来た

コスモス畑の事を

じゃあ 又ね。

2013年10月 7日 (月)

朝から晩まで休みなく

2013年10月7日

如何するかなー 行事が重なっちゃったよ しかも3つも 参ったねこりゃー

今をさかのぼる事2月ほど前

兄から連絡が入る 10月6日に亡きお袋の23回忌をやるからと
むろんOKの返事

するとすぐに今度は同級会の連絡だ
日程は あらまー 10月6日だと 困ったねーこれは

そんなこんなで 今度は学区自治会連合会の運動会の日程が決まったと
やはり10月6日

こうなると 何かを外さないと とてもじゃないが身が持たない

法要の方は止める訳には行かない

すると同級会か運動会

運動会は町内の役員をやってる以上休むわけにもいかない
自然断るのは同級会だ

今まで欠かさず出ていた同級会だが 致し方なし 幹事に欠席と連絡

いよいよ10月6日

まずは運動会

役員は朝5時半集合 設営の為だ ん5時半?ハッピーの散歩は・・・・

やむを得ず4時半起床 軽く近所を一回り
その後町内の倉庫へ 勿論朝食前 そこが集合場所だ

テントやら何やら必要なものをトラックに積み込み いざ会場へ

設営開始 一応は7時半ごろまでには準備終了

一旦自宅へ 何時もなら朝食後すぐに運動会会場へ行くのだが
今回は違う

小休止の後 着替え

集合時間が10時との事
それに間に合うよう 家を出る

23回忌の法要も無事終わり 自宅へ 遅めの昼食後 今度は買い物
休む間もなく車を出す

午後3時 そろそろ運動会も終わるころ 片付けに行かなきゃ
行ったときはあらかた片付いていたのだが一応あたりを確認

町内の倉庫に戻り 今朝と逆の手順で出したもの全てを片づける
それが終わったのが4時半少し前

やれやれこれで終わりだ

後はハッピーの散歩だ 急ぎ自宅に戻り散歩へ

6時 完全に今日の仕事は終わった それにしても休みなく良く動いたもんだ

何処にそんな気力が有るのだか???

雨が降らなくて助かったなー

まあとにかく忙しい一日でした。

という事で 今日は この辺で じゃあ又ね。

 

 

2013年10月 5日 (土)

秋の香漂い始めた外堀沿い

2013年10月5日

昨日の続きの様なものです

但し今回はハッピーの写真は無しと云う事で

ひとしきりゴロリンコしてサッパリした顔つきのハッピーのリードを持ち
今度は外堀沿いに出る

Img_8262公園を後にし
中堀にかかる北門橋を渡り市民体育館横から外堀沿いへ
Img_8263上の写真 体育館横のケヤキ並木だ。
外堀に架かる橋を信号で左へ
堀沿いの道を進む
ハッピーも分ったもので スタスタ ついてくる
時折クンクンやるが
Img_8265堀端に生える木も その葉が幾分黄色くなってきている
Img_8268ススキも穂を開き 風になびいていたっけ
転落防止用の手すりの根元を見れば 彼岸花が
Img_8270揺らめく水面に影を落とし
Img_8271目の前を見れば 桜の葉も赤くなりかかっている
このあたり 春には桜の花で埋め尽くされるところだが 今は秋の入口
11月に入れば桜紅葉が楽しめる所でもある
Img_8272堀沿いの道を またもや左へ 本通り方面に向かい 草深橋を渡り中堀沿いへ
北門橋から再び駿府公園内へ
Img_8273ちょいと休憩後
再度北門橋を
この北門橋 桜の花が咲くころは 桜のトンネルとなり 大勢の人目を楽しませるところ
今は外堀沿いの桜と同様 桜紅葉となる時を待っているかのごとくだ
Img_8274ここから道なりに歩き 県庁脇から市役所前にでて
Img_8281咲きだした銀木犀の香りに包まれながら 青葉通りから 自宅へ
ハッピーも我が意を得たりとばかり さっさと歩く

この日は久々の駿府公園

行って帰ってほぼ2時間 ハッピーも良く歩いた散歩の一時でした。

という事で この項 これでお終い じゃあ又ね。

写真撮影 昨日の分も併せて10月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・駿府公園 及び その界隈




















2013年10月 4日 (金)

久々のゴロリンコ・・駿府公園にて

2013年10月4日

お 始まったな ゴロンゴロンが

午後の散歩時 久々に駿府公園へ 秋色迫る駿府公園へ
青葉通りから市役所脇、県庁脇を抜けていけば公園まではおよそ30分だ。

園内はかなり秋色が目立って来ていたっけ。

そんな公園の芝生にしばらく大人しくしていたハッピー
Img_8245始まったねゴロンゴロン
Img_8246よほど気持ちがいいのか 思い切りやっていたっけ
Img_8247しばらくこのままゴロンゴロンやっていたのだが
やおら立ち上がり改めてその場に休憩 満足そうな顔をしていたっけ
Img_8248公園内の樹木はかなり秋色が目立ってきてはいるのだが
Img_8249全体的にはまだまだ
11月に入れば木々の紅葉は一層進み 鮮やかに(但し例年の話だが)
今年はどうなりますか・・・・

ゴロンゴロンを十分楽しんだ後 公園内をノンビリ散策
Img_8256これは散策途中 いったん小休止
Img_8257
小休止した直ぐ側に咲いていたお茶の花 よく見れば実も。
ハッピーをこのお茶の木の前に改めて座らせ
Img_8258さて 行くか まだ帰るんじゃないぞ
今日は外堀まで行くからな

ハッピー 知ってか知らずか スタスタ歩き出す。

外堀周辺については次回と云う事で今日はこの辺で
じゃあ 又。















2013年10月 3日 (木)

今朝の富士山・・日の出とともに

2013年10月3日

ん?今何時だ? なんだまだ4時前か もう一眠り・・・・・・

再び目覚めた時は5時10分ほど前

起きるか

着替えてハッピーを連れ外に出た時は まだ 薄暗い
上空は一応は晴れているようだ

東の空には流れる雲に月が見え隠れ

Img_8209さて 行くか ハッピー今日は少し長く歩くぞ
R1へ出て駿河大橋方面へ
時折脇道へ引っかかるも何とか歩くハッピー

朝の内は私よりもどうしても遅れがちになる
やがて駿河大橋へ
後ろを見れば 見えたよ富士山
Img_8211岱明の空の下 薄青く浮かんでいたっけ
今日は橋を渡って 向こうに見える安倍川橋を渡るぞ
一周コースだ ガンバレ ハッピー
Img_8215空は 段々明るくなるもまだ日は出てこない
Img_8217東の空を見れば 月は何処へ行ったのか 雲の中だろう
だが 間もなく日が昇る
雲が赤く染まってきている 朝焼けだ
Img_8218下には安倍の流れが
Img_8221向こうに見えるのが安倍川橋だ

やがて駿河大橋を渡り終えれば 右へ 安倍川上流方向に曲がる
少し行ったところで富士山方向を見れば
Img_8222静岡の街の向こうに青く浮かんでいる富士
この姿 いつみても飽きない故郷の富士の姿だ
Img_82242上の写真は レンズの倍率を上げて撮影したもの

東の空に目を凝らせば 上がって来たね 太陽が 夜明けだ
Img_8230と同時に再度富士山を
Img_8228
やがて安倍川橋へ 今度は富士山を正面に見ながらになる筈なんだが
其処はそれ 安倍川橋のアーチが邪魔して良く見えずだ
最もそんな事は承知の上
太陽方向を見ながら歩く
Img_8239太陽もかなり昇ったね
綺麗なもんだ
Img_8242空に浮かぶ雲も全く秋の風情
橋を渡り終え さあ帰るぞ おっとその前に
Img_8244ハッピーも満足げ
一周凡そ5k弱 写真撮りながらの散歩でかれこれ1.5時間程の朝の一時でした

写真撮影・・・・・・・・・・・10月3日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内





































« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック