無料ブログはココログ

« 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part2・・南尾根から山頂へ | トップページ | 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part4・・幹線林道からの紅葉 »

2013年11月 5日 (火)

紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part3・・山頂から山犬の段へ

2013年11月5日

前回の続きです

さてと どうせ何も見えないのならいつまでいてもしょうがないや
行くか

時間を見れば11時半を少し回った所だ
まてよその前にと撮った写真がこれ

Img_8847高塚山方面への道だ
それと
Img_8848山頂から見た風景 天気が良ければなー まあそれもし方あるまい
あともう一枚
山犬の段方面にやや下って後ろを振り返り
Img_8850これだけ撮って後はどんどん飛ばす

山犬の段までなら ここからほんの僅かだ
今度はよく踏まれた歩き易い道を快調に飛ばす・・・・

Img_8853先行した人を追い抜き 途中何組かの登山者とすれ違い
Img_8854半分駆けるように下って行けば 正面に八丁の段が大きく聳える
Img_8857つい先ほどは目の下に有った八兆の段が 逆に どんどん聳えてくる
Img_8858ここまで降りてくればもうすぐだ 正面に見えるのは朝日岳
寸又3山の一方をなす山だ その左手に少しだけ見えているのは前黒法師の尾根かな
これらの山山を眺めながら降りてくれば間もなく
Img_8862山犬段の小屋の横 時間は12時5分前 山頂から標高差220m程を20分ほどで
駆け下った事になる
ここは無人の小屋
かれこれ50人ほどが寝泊まりできるそうだ
この山犬の段 今でこそ車で林道を使ってわけなく来れるのだが
以前 といっても 半世紀も前の話だが
その頃は榛原川の谷を詰めてこなければ立ち入ることはできなかった奥深い所だ。
蕎麦粒山も然り 榛原川の源頭にそそり立つこの山は
今は簡単にハイキングを楽しめる山になっているが
昔は原生林と篠竹が茂り容易に人を寄せ付けない山だったとか
林道のお蔭なのか それがいいのか悪いのか・・・・・

少しこの山犬の段で休憩するか

Img_8864ベンチに腰掛 向こうを見れば ガスに煙る大札山の姿が
Img_8867この紅葉の時期 山犬の段は山歩きだけでなく単に紅葉見物の人も大勢訪れる
現に この日も何名かの人が紅葉見物に訪れていた
写真には撮らなかったが 車の数も何台止まっていたか
勘定もしなかったが
兎に角 結構有ったな
それらを横目に 20分程ノンビリ過ごせば
間もなく12時15分 さて 今度は車の所まで5k程林道歩きだ 他の車に気を付けて山肌の紅葉を楽しみながら 行くか
Img_8868その前に あそこの標識を
Img_8869さて 行くか ザックを背負い歩き出す
Img_8871ということで次回は南赤石林道から見た榛原川の谷と蕎麦粒山の斜面の紅葉を

今日は ここまで じゃあ又ね。



























« 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part2・・南尾根から山頂へ | トップページ | 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part4・・幹線林道からの紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(* ̄ー ̄*)お疲れさまでした!!

無料で楽しませてもらって・・勿体のうございます。
道なき道?やっぱり知っていないと行ける所ではありませんね。

こちらの地域の紅葉は、まだきれいとは言えません。
いい所撮りはまだでしょうか?行けば結構あるんですがね。
今は、ちょいと体力を温存中!!

で、ここで元気もらいました。ありがたきかなぁ~( ´艸`)プププheart
ハッピーちゃんは、いい子で待ってたんですねdog

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/58514633

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part3・・山頂から山犬の段へ:

« 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part2・・南尾根から山頂へ | トップページ | 紅葉彩る川根蕎麦粒山南尾根・・part4・・幹線林道からの紅葉 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック