無料ブログはココログ

« 今年も紅葉の森へ | トップページ | 今年もイルミネーションの季節に »

2013年11月24日 (日)

展望の山ダイラボー

2013年11月24日

静岡市を流れる安倍川にかかる安西橋を西進すると 正面にさも展望の良さそうな
山が見える 実際その通りで眺望は素晴らしい
静岡の街から駿河湾 その向こうに伊豆半島から箱根に至るスカイライン
富士山から安倍の連山
少し場所移動すれば南アルプスまで
その山の名前はダイラボーという三等三角点峰である
(点の記によればダイラボーという名は無く富厚里村とある)
Img_9573標高は561.1m 山頂まで自動車道が伸び 少し興がそがれるが
家族ずれには最高の山である

昨日23日はそんな山へ朝から出掛ける。

むろん一人ではない 主催が服織校区の育成会によるもの
兄の誘いで参加だ
参加したのは今年で3回目
8時半に受け付けと聞いていた為 8時少し前家を出 兄の家により車に乗せ受付場所へ
指定されたPへ車を起き受付 ゼッケンを貰う

9時ハイキング開始だ 総勢100名ほど

Img_9530早く行ってもしょうがない 列の中ほどに入ってゆっくり行くかと のんびり歩く
歩くスピードは単独で歩く時よりはるかにゆっくり
これなら汗もかかないだろう そんな具合の歩き方だ
朝の気持ちのいい空気の中を道なりに上がって行けば のどかな風景が広がるImg_9535Img_9538右に曲がり左に曲がり 参加した人たちと話をしながら
段々高度を上げてゆけば
樹林の切れた所から富士山が覗いていたっけ
Img_9546慌ててレンズを望遠に切り替え撮影
やがて道は富厚里(ふこうり)峠に そこから車道と離れ山道へ
何度も歩いた歩き慣れた道だ
過ぎの植林帯を抜け 左側に茶畑を見てなおも行けば再び過ぎの植林帯
飛び出した所が自動車道
再度山道へ やがて頂上直下の自動車道へ
其処が又素晴らしいススキの原
Img_9554何時こんなのが出来たんだ? 以前は無かったのに
まあいいか 綺麗なものは綺麗なんだから
Img_9558ここを左回りに行けば頂上広場
其処からの眺め 昔からそうだったが眺めは超一級
目の下には藁科の流れ 開通した新東名 流れに沿って目をやれば安倍川
その向こうに見える静岡から清水に至る街並み
Img_9559日本平の向こうには光る駿河湾 その向こうには箱根から連なる伊豆の山々
目をずっと左へやれば安倍東山稜南端竜爪山の向こうに富士山が
Img_9561うーん 良い眺めだ いつみても良いなーこの景色
富士山をもう少し大きく撮れば
Img_9563適当な場所にザックを置き 周囲を見渡せば
お綺麗だ モミジが ドウダンツツジが 山ウルシが真っ赤に色づいて
後で撮るかと まずは一休み 帰りは午後1時
2時間ほどの休憩だ
思う存分写真を撮れるぞ
その内 係りの人が叫んだね 豚汁が出来たから欲しい人は並んでくださーい
とね 勿論並ぶ
頂くと同時に昼食を済ませ
早速紅葉撮りだ
1山頂広場を景色を眺めながら色付いた木々を眺め歩く

このダイラボウと云う名称だが
昔 ダイダラボッチと云う巨人がいたそうだ その巨人が悪戯して土を落として
出来た山だという事でダイラボウの名前がついたそうだ
あくまで伝説だが

そうこうしているうちに帰りの時間 一応人数チェックして下山に掛かる
この頃になると富士山には雲がかかりその姿は雲の中
帰りも同じ道を下れば 2時半ごろには朝集合した場所につく
そこで再び人数チェックをしゼッケンを返却し 閉会 解散

ポカポカ陽気の下 久しぶりにノンビリしたハイキングを楽しんだ
秋の一日でした
帰りには兄を送り届け 帰宅したのは3時半を回った頃
すぐにハッピーの散歩へ出たのは言うまでもない
最後にコラージュをもう一枚
2という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・11月23日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡 ダイラボー(だいらぼー)






























« 今年も紅葉の森へ | トップページ | 今年もイルミネーションの季節に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!秋晴れのハイキング富士山もバッチリで景色サイコーですね。goodfuji

よい一日でしたね。
いつもは一人で山に出掛けるパパさんそれはそれで楽しいでしょうが、大勢でワイワイもそれなりに楽しかったみたいね。
お天気がよくて富士山も、ススキもきれい〜
ダイラボーと言う名前面白いね。

山々と湾の絶景ですね~。
富士山も紅葉のコラージュも素敵ですが、風にそよぐススキに太陽の光芒のお写真がとってもよいですねheart01
夕暮れ時も綺麗なんだろうなあlovely

せせらぎさん

面白い山名でしょう ダイダラボッチという伝説の巨人から来ている名前ですがね、そう たまには大勢でワイワイガヤガヤ行くのも楽しいもんです 時間もあっという間ですから。

ukiさん

夕暮れですか 多分絶景なんでしょうね 山は真っ暗になりますが。ススキの原は思いもかけていませんでしたね 内心驚きでしたよ でも良い写真が撮れましたね。

花の伝道師さん

そうですね 眺望のいい山はやはり天候ですからね 良い眺めでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/58635626

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山ダイラボー:

« 今年も紅葉の森へ | トップページ | 今年もイルミネーションの季節に »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック