無料ブログはココログ

« 陽だまり散歩・・・・紅葉最終便 | トップページ | 冬の花園・・室内牡丹園・・袋井可睡斎へ・・part2 »

2014年1月10日 (金)

冬の花園・・室内牡丹園・・袋井可睡斎へ

2014年1月10日

今年も見に行って来た室内牡丹園 期間は1/1~3/15まで
丹精込めて育てられた牡丹が優雅に咲いていた・・・・・

9日午後のこと

チョイト行ってくると出かける 行先は袋井可睡斎だ
目的は1/1から開園されている室内牡丹園を見に

自宅をでてR1を一路西へ
1時間半ほどで現地到着
Pへ車を置き駐車料を払い山門へ

Img_0357このお寺の事は以前にも紹介したことが有るので 細かい事は今回は割愛
とにかく山門をくぐり
Img_0355石段を登り もう一つ山門をくぐれば右に総受付
そこで拝観料を納め中へ
室内ボタン園のある瑞龍閣へ向かう
Img_0279このような案内板が有るためすぐにわかる
中に入れば
見事と云うしかない
Img_0280鉢植えの見事に咲き誇った牡丹 毎年見に来るのだが そのたびに
溜息を付かされてしまう豪華さだ
ピンク、白、紫、赤、黄色の大輪の花
この寒い時期に思い切り咲いている
Img_0285
Img_0286
Img_0304配置なども毎年変わって作者の丹精が偲ばれる。
香りを一応嗅いでみたが これだけはうーん なんとも言えず
いい香りとも言えなかったが。
1それにしても見事だ
他にも見に来ていた人がいて その人達も感嘆していたっけ
Img_0307このお寺の牡丹園では4月ともなれば 2000株からの牡丹が咲き誇る
今はその前哨
ユックリ花を観賞して
この場を後にする
2
3後は 本堂へ行き手を合わせ 外に・・・・・

寺域内にある火防の神様秋葉大権現を参拝し Pへ そして元来た道をひたすら車を走らせる

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・1月9日
場所・・・・・・・・・・・・・・袋井可睡斎室内牡丹園

牡丹の花言葉・・壮麗、 恥じらい、 高貴、 富貴

































« 陽だまり散歩・・・・紅葉最終便 | トップページ | 冬の花園・・室内牡丹園・・袋井可睡斎へ・・part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お寺の中で開催してるんですね。
色とりどりで本当に美しいですね。丹精込めて育ててるのが伝わってきます。

とっても寒かった四万十の今日でしたが 今お邪魔しました
牡丹の画像で暖かくなりました、scissors

ヽ(´▽`)/お見事ですね~shine

ひらひらとドレスのフリルみたいに可愛い!!

豪華というか気品がありますね。去年の事も思い出します。

もっともっと見たいです。これだけでまとめてしまってはもったいないなぁ~

こんばんは。
ボタン、綺麗ですねshine

可睡斎の牡丹は有名ですがお部屋の中でも見られるんですね〜
さすが〜〜
我が家の庭ではかすかに春を待つ芽が見えるだけです。

牡丹、華やかだけど上品なお花ですよね。
大輪なので一輪でも存在感があるのに、
これだけの数に囲まれると圧倒されそう。
室内で鑑賞できるというのも、新鮮です。
落ち着いた雰囲気で楽しめそうですね。(^^)

屋外で咲いているのと一味違って落ち着いた雰囲気ですね。

画像から牡丹の花の香りが漂ってきそうでしたが・・・微妙な香りだったのですかsign02

てんこさん

そうねー かぐわしい香りとまでは行きませんでしたね でも花そのものは豪華絢爛です。

凛子さん

楽しめますよ この寒い時期 お勧めです。

せせらぎさん

この時期に合わせて丹精込めた牡丹 機会が有れば一度はお勧めですよ 春になれば露地植えの牡丹が盛りを迎え舞すが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/58918922

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の花園・・室内牡丹園・・袋井可睡斎へ:

« 陽だまり散歩・・・・紅葉最終便 | トップページ | 冬の花園・・室内牡丹園・・袋井可睡斎へ・・part2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック