無料ブログはココログ

« 川根大札山へ・・part1・・今年も会えたアカヤシオ | トップページ | 川根大札山へ・・part3・・幹線林道沿いにて »

2014年5月 4日 (日)

川根大札山へ・・part2・・北尾根は花の競演地帯

2014年5月4日

前回の続きです

時折雲は広がるもの雨の心配もなく快適そのもの 間もなく山頂
今度は休みなく 北尾根ルートに足を延ばす

けどせっかく来たんだからと山頂標識だけはカメラに収める

Img_3578後はそのまま素通り
分岐点までは来た道をそのまま戻りImg_3579 疎林の間から見え隠れするアカヤシオを楽しみ
Img_3580
道の両側には紅更紗満天星の木が花の時期を待っているかのごとく
Img_3581 キョロキョロしながら行けば やがて分岐 先ほど登って来た所だ
Img_3582 左へ曲がり降りて行けばそのままPへ
だが そちらへは行かず 正面に見える蕎麦粒山南尾根を見ながらの下降だ
又 この道 アカヤシオだけでなくミツバツツジ、白ヤシオ、更紗満天星、紅更紗満天星、
足元にはコイワカガミと季節を追っていけばそれぞれの花が楽しめる
花の競演地帯だ
特にミツバツツジが咲きだすと それは又見事 アカヤシオとはまた違った
雰囲気が楽しめるんだが
幹線林道沿いにはかなり咲いていたが この稜線はもう少し後に
蕾はかなり大きくなっていたから 間もなくだとは思う が 今はアカヤシオ
Img_3605 一枚一枚出すのは面倒
例によってコラージュで  説明も不要だろう
1
2 アカヤシオの花をアップで撮ってみた やや遅いくらいだったが
まだまだ見られるアカヤシオ
Img_3607 こんなの見ながらかなり下ってきた
途中コイワカガミの群生地を通る 昨年はこのアカヤシオと同時期に
花を付けていたんだが 今年は・・・・・・
蕾はかなりあったから これも間もなく咲きだすろう

かなり下ったところで後ろを振り返れば
Img_3620 ピンク色がアカヤシオ、あの下を歩いてきたんだなと思えばなんとなく感慨深い

間もなくこの稜線ともお別れという場所に来た時
咲いてたねミツバツツジ
これも一枚コラージュで
5 上のコラージュ写真の左上 向こうに見えるのは蕎麦粒山南尾根だ
この花が現れると間もなく左へ
幹線林道への下り口だ
ものの5分で林道へ飛び出す そこは車も通る道路 飛び出す時は要注意だ
さて 昼は如何するか
そうだあそこなら車も来ず 静かに休憩できると
今は廃道同然になっている杉川林道へ
大札山と蕎麦粒山の鞍部めざし歩きだせばほんの数分で鞍部しかも分水嶺となっている
東側は大井川水系榛原川の深い谷
Img_3633 西側は天竜川水系気多川支流杉川の深い谷
Img_3634 其処に出る
杉川林道はその鞍部から始まる
車止めの柵の横から林道へ しばらく行き適当な場所に昼食場所を設け
座り込めば5月初旬の風が心地よく吹き通って行った。

尚 すぐ上の写真で一番手前が高塚山 その向こうが竜馬が岳 そして岩岳山
この岩岳山がやはりアカヤシオで有名な山である 静岡からではちと遠いが。

という事で 今日はこの辺で この続きはまた次回に。






« 川根大札山へ・・part1・・今年も会えたアカヤシオ | トップページ | 川根大札山へ・・part3・・幹線林道沿いにて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
なるほど、これは素晴らしい場所ですね。
絶対に野鳥がたくさんいたと思います。
アカヤシオの花とルリビタキなんていい絵になります。
私も一緒に行きたかったなぁ・・・。

FUJIKAZEさん

野鳥ですか 確かに見たには見ました しかもすぐ近くでね 鳴き声も種々聞いてますよ。但 足場 これが問題かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/59579516

この記事へのトラックバック一覧です: 川根大札山へ・・part2・・北尾根は花の競演地帯:

« 川根大札山へ・・part1・・今年も会えたアカヤシオ | トップページ | 川根大札山へ・・part3・・幹線林道沿いにて »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック