無料ブログはココログ

« 富士山展望の山 御坂黒岳へ・・part2・・新道峠へ | トップページ | 紫陽花の季節・・part1・・夜陰に浮かぶ »

2014年6月 4日 (水)

富士山展望の山 御坂黒岳へ・・part3・・スズランの森へ

2014年6月4日

前回の続きです

走りくる車に気をつけながら 途中のスズラン峠からの道の合流点めざし
スタスタ スタスタしかも登山靴履いて背中にはザックを
何処にこれだけのエネルギーがと自ら感心するぐらいのスピードで歩く

樹林の隙間から行こうか行くまいか迷った釈迦ヶ岳を望みながら

Img_4546兎に角下る
途中山側斜面を見れば スミレが
Img_4550また 道路際には珍しくもないがタンポポが黄色い花びらを風に揺らせていたっけ

その内見えてきた スズラン峠からの道
この今歩いている林道を横切り 左へ林の中を下っている
その道へ入る
道はどんどん下る 林の中をどの位歩いたか それほど時間はかからず
スズランの森へ入る
森は白樺林 相も変わらず頭上では春ゼミの大合唱
それと合わせて ここへきて急に騒々しくなった
当たり前だ ここは山と違ってこの時期だけの観光地
園地へ入って見渡せば まあ凄い人
写真撮るのも一苦労かな 思いながらも スズランの花にレンズを向ける

Img_4555このスズラン 純粋の日本スズランだ 小さな白い花が可愛らしく
この時がちょうど見ごろのようだった
Img_4559靴は登山靴のまま、背中にはザックを背負ったまま 人が見たらどう見えたか
まあ いくらかは抵抗も有ったが 車まで戻って服装変えて来るのも面倒だ
と そのままのスタイルで園内を散策
Img_4560この樹林 スズランだけでなく チゴユリ、銀蘭、ウマノアシガタ、イカリソウ、フデリンドウ、
マイズルソウ等々色々咲く まさにお花畑だ そして全てが同時期とは限らない
今回目にしたのはスズランとイカリソウ、マイズルソウそれにフデリンドウ
銀蘭は蕾の物が一本、チゴユリは終わりに近かった。
ウマノアシガタは見ただけで写真はあえて撮らなかった。
時期をずらせば 他にも何種類か咲くようだが・・・・・・・

Img_4569これはイカリソウだね
2コラージュをもう一枚
3上の写真の中央に有るのがフデリンドウ
白いのは全てスズランだ
ただ注意しなきゃならないことが有る それは スズランは有毒という事である
見かけによらずだね。
Img_4587そんな事はさておいて とにかく可愛らしい花である
また ここスズランの森は日本でも数少ない群生地 非常に珍しい所でもある

またスズランの別名は君影草という非常にロマンチックな名前があるようだ

ここを知ったのは何時だったか それから花の時期になれば毎年のように
見に出かけているスズランの森

時計を見れば2時か そろそろ帰るかな 今から帰っても4時過ぎるし
Pはここから程遠くない
いやすぐ側である
どん兵衛峠から山に入り 黒岳山頂から稜線を新道峠に そしてこのスズランの森へ
ほぼ一周
9時少し前から歩きだし 5時間か ちょうどいいな

元来た道を戻り 朝霧を抜け 帰りは高速を使う
新富士ICから新静岡まで

帰宅したのは 途中の混雑を含め5時少し前
その時ハッピーが窓から顔を出していたっけ ただいまハッピー

最後にもう一度富士の写真を ちょいと加工して。
Img_45332これと
Img_45042これ 最初の写真はスズラン峠近くの展望台から
モノクロ写真は黒岳山頂からの風景である

という事で この項お終い じゃあ またね

写真撮影・・・・・・・・・・6月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・御坂黒岳、及びその周辺、及び芦川スズランの森


スズランの花言葉・・・・・幸福、 純潔、 純愛、 清らかな愛、 繊細

イカリソウの花言葉・・・人生の出発、 君を離さない



 







 






















« 富士山展望の山 御坂黒岳へ・・part2・・新道峠へ | トップページ | 紫陽花の季節・・part1・・夜陰に浮かぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(* ̄ー ̄*)良いですねぇ~・・

スズラン・・・花言葉にぴったりですもんね。
しばらく見ていたいですね~・・shine拡大しながら、バッチリ見ましたよ。

しかし、パパさんは体力ありますね。さすがです。
お陰さまで、こうして見せていただけて幸せですheart04
帰ったら、ハッピーちゃんは大喜び?もちろんですよねconfident

すずらんは 私のうちにたくさんありました。今は亡き祖母が たくさん育てていたので なんだか心に しみる花なんです・・・。
懐かしいなぁ・・・・。

こころぐ郁美さん

ハッピー?うん もちろん大喜び 帰るなりもう付きっきりでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/59758866

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山展望の山 御坂黒岳へ・・part3・・スズランの森へ:

« 富士山展望の山 御坂黒岳へ・・part2・・新道峠へ | トップページ | 紫陽花の季節・・part1・・夜陰に浮かぶ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック