無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

暇つぶしに写真加工・・・・花火の写真を

2014年7月31日

早いですねー 日が経つのは もう7月31日

明日からは8月

南海上には台風が2つ

うち一つは日本へ・・・・・・・・・

今日は暇つぶしにチョイト写真加工してみた

材料は先日の安倍川花火の写真 一度アップしたもの

使用ソフトはアドビフォトショップ

その中のパッチワーク使用

まずはこれ 最初に普通の写真 次に加工した写真を

Img_6135Img_61352なんか布に処理したようなそんな感じだ
次も 使用ソフトはやはりパッチワーク
Img_6161Img_61612
Img_6236Img_62362もう一枚
Img_6165Img_61653最後に
Img_61952これはピカサ3を使用して写真加工

暇つぶしに こんなことをして遊ぶ

直ぐ側には ハッピーが寝そべっていたっけ

って事で 今日はこの辺で じゃあ 又。



















2014年7月30日 (水)

夏の夜の風物詩・・・・安倍川花火をもう一度

2014年7月30日

先日の花火の写真 改めて眺めているうち もう一度ネタとしてここへ

今回は前回も文中に書いている連写機能を使った写真です
まずは
Img_6267Img_6268Img_6269続いて
Img_6476Img_6477次は
Img_6314Img_6315Img_6316次はImg_6492Img_6493もう一つ
Img_6192Img_6193Img_6194最後にもう一枚 ごく普通のやつを
Img_6439花火の連写も中々面白いものだ 今回使ってみて初めて認識出来た次第
今まではごく普通に連写など思いも付かなかった花火撮影
これからもどんどん使おう 改めて感じた 今回の花火。

と 言う事で 今日はこの辺で 大したネタでもなかったけれど。

写真撮影・・・・・・・・・・7月26日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市安倍川












































2014年7月28日 (月)

夏の夜の風物詩・・・・安倍川花火大会・・その2

2014年7月28日

前回の続きです

花火は始まったばかり これからが景況に入る
土手を見ればまだまだ押し寄せる人の波

相変わらずスゲーなー などと思いながら
花火の方に目を向ける
Img_6166いつの間にか 周りは暗くなり 花火にはもってこいの好条件
人々の歓声がいっそう大きくなれば 花火大会も中盤に入ってくる
次から次へ花開く花火にくぎ付けに
Img_6173
Img_6178頭上で炸裂する花火音 空気がビリビリ震動し 否が応でも雰囲気を高めている
Img_6195
Img_6313
Img_6322
Img_6352これでどの位撮ったんだろうか 似たような写真ばかり
連写機能を使っているからかなり行ってるはずだ
まあいいか カードの容量が無くなりゃやめればいいのだし
気にしない気にしない 自ら言い聞かせる
Img_6399
Img_6428
Img_6495
Img_6519ズームを上げたり下げたり 時には三脚つけたままカメラを手に持ったりして
写真撮っていれば
携帯の呼び出し音が
おや 家からだ
早速応対すれば ハッピーの様子が変だから すぐに帰ってきて
OK 分った 帰るよ
急いでカメラを三脚から外し 三脚をたたみ 帰宅すれば
ハッピー 花火の大きな炸裂音にビビったようだ

よしよし いい子だ もう大丈夫だよ そっと抱き上げる

と 言う事で この項 お終い
最後にもう2枚

Img_6525
Img_6499じゃあ また

写真撮影・・・・・・・・・・・・・7月26日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡安倍川






























 





2014年7月27日 (日)

夏の夜の風物詩・・・・安倍川花火大会・・その1

2014年7月27日

今年も15000発が夏の夜空を彩った
開催されたのは26日夜
場所は静岡市を流れる安倍川河川敷

天気も良く 風も良い具合に吹いていて 花火見物にはもってこいの状況だ
安倍川までは歩いて15分
夕食後カメラ片手にぶらぶら一人出かける

着いた時は すでに大勢の人が思い思いの場所にシートを広げ陣取っていた
ある人は飲みながら、又 ある人は食べながら 花火の打ち上げ開始を待っている
Img_6072その中を歩き人のいない適当な場所に三脚を立て陣取る

打ち上げ開始は7時15分
アナウンスの掛け声と同時にまずはスターマインからそれは始まった
Img_6083
Img_6095と同時に人々の歓声も

風は西から東へ良い具合に吹いている
花火を打ち上げる場所は安倍川橋のすぐ北側 川の中州である
私が陣取った場所は安倍川橋の南側に位置するサッカー場の一角
しかも叢と来ている
いつもと同じ場所
人もたまに来る程度でノンビリ写真が撮れる。
撮影モードを連射モードにすれば準備完了
後は好きな時に好きなように撮ればそれでおしまい
Img_6100スターマインあり仕掛けあり 尺玉、寸玉などの単発を含めれば15000発
そのショーが始まった
Img_6104
Img_6110レンズは18mmから55mmの広角系ズームレンズ 色々倍率を変え
結果的には350枚を超えていた

Img_6125空はだんだん暗くなり それと共に 花火の色も目立つようになってくる
Img_6131
Img_6134
Img_6153周囲では相変わらず歓声が
Img_6155
Img_6156
Img_6157花火は始まったばかり これからが景況に入る
Img_6161土手を見ればまだまだ押し寄せる人の波
Img_6418今日の処はこの辺にして この続きは また明日























 





2014年7月26日 (土)

ただいま羽化の真っ最中

2014年7月26日

昨日25日夜の事

ハッピーの散歩途中 蝉の幼虫を見つける
羽化するために地上へ出てきたんだろう
これは家で羽化の様子を観察できるぞ と 思い 捕まえて自宅へ連れ帰れば
自宅外水道の流し場にも一匹見つける。

おや こんな所に?

なら2匹ともここへ置くかと
植木鉢に植えた木の根元にそっと置く

一匹は油蝉
一匹はクマゼミ

これは面白いものを見られそうだな と しばらく眺めていたら
油蝉の幼虫 盛んに動き出す
しかも鉢の外へ行きたがる 何度戻しても 鉢の外へ
しょうがないなー キュウイの幹に掴まらせるか と移してやれば
そこでやっと大人しくなる ヤレヤレ
さて こちらは 如何かなとクマゼミの方を見れば
そろそろ動きだし 鉢に植えてある木をよじ登り

Img_6038ある程度まで登ったところで小さな枝にぶら下り微動だにしなくなった。
この時時計は7時20分
Img_6039へー いよいよ始まるんだ
だがまだいいだろうと 家の中に入り 先にハッピーを寝かすことに
が どうも気にかかる
10分おき位に見に出たが格別異常なしだ

8時15分 如何かなと見てみれば 背中に割れが
Img_6043ほー 割れたな もうすぐ出て来るな と が 待てど暮らせど変化なし
しょうがない また少し後で見るかと
一旦家の中へ
8時半 再び出てみれば あー もうここまで進んじゃったか
家内も呼び一緒に観察
Img_6044これから30分ほどはこの場にくぎ付けだった
以下その写真を
Img_6048
Img_6053
Img_6054じーっと見ていると少しずつ脱皮しているのが分った ほんの少しずつ
Img_6055時計を見れば9時

一旦家の中に入り 5分ほど経った後出てみれば
うわ 早 もう完全に脱皮して羽も伸びてるよ
勿論 この様子は家内も一緒に見ている
Img_6058
Img_6059
Img_6064ついでの事ながら 他にもいるんじゃないかと懐中電灯で照らしてみれば
いたいた ビワの葉に一匹 羽化したばかりの姿をさらしていた。
これについては確認しただけで敢えて撮らなかったが。

まあ これだけ見せて貰えば文句なし 風呂に入るか

入浴後 やはり気になる
寝る前にもう一度と見てみれば
Img_6067羽もちゃんと形になり 後は体の色がクマゼミ特有の色になるまで待っているような
Img_6068
Img_6069どうせ 翌朝にはいないだろう 無事に飛び立てよ 貴重な時間を見せてくれて
有難う 心の中でつぶやく

この間2時間強のドラマでした

そうそう 油蝉の方はどうなったかな と見てみれば
何処へ行ったのか皆目わからなくなっていた
が 今朝 一匹の油蝉が金木犀の木に止まっていたのを確認する

今朝 改めて見てみる 案の定 蝉の姿はなく 残るは抜け殻一つ

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・7月25日夜
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭












































2014年7月24日 (木)

レモン色に誘われて・・・見ごろを迎えたハマボウの花

2014年7月24日

今年も誘われるように見に行って来た
何を?
ハマボウの花だ
レモン色が何とも言えず魅了する

行った先は磐田ハマボウ公園
そこは遠州平野を流れる太田川と坊僧川の合流地点に位置する場所
目の前は遠州灘 福田漁港にほど近い場所
自宅から車で1時間と40分ほど

R1を西進し 袋井の街からR150を目指す R150へ出て右折
太田川にかかる橋を渡り最初の信号を左へ曲がればすぐだ
河川敷の中にあるPへ入る
すると目の前にハマボウ群落が有る
Img_5974毎年この時期 このレモン色に誘われるように見に出かけてるが
今年は 心なしか花数が多い様な・・・・・・
ハマボウは別名ハマツバキ
フヨウ、ムクゲ、ハイビスカスと同じ仲間という
説明板には ここらあたりに150本ほど自生しているとあるが
もっとある様に思えたのだが・・・・・Img_5960お馴染みの場所ではあるが まあ 取り敢えずぐるりと回ってみるか 
Img_5962ここを皮切りに 一回り
Img_5967
Img_5975
Img_5977
Img_5983
Img_5985上の写真 見える水門は坊僧川にかかる潮受け水門 今は塗装修理の真っ最中だった。
Img_5989ほぼ一回り さて 如何するか
そうだ 坊僧川の向こう側へ行ってみるかと
水門と併設されている橋を渡り向こう岸へ
Img_6011まあ 如何という事もないな
来ただけ汗をかいたようなもんだ
戻るか
おっとその前に 折角だ少し写真をと撮ったのがこれ
Img_6013廃船とハマボウの木 向こうに見えるのは果たして?橋でないことは確かだが
もう一枚
Img_6016向こうのこんもりした所が公園 一段高く見えるのは野鳥観察小屋
今回はというより 入った事はないのだが・・・・

Pへ戻り 一息ついた時はそろそろ2時半
さて帰るか 今帰れば4時半少し前には帰れるだろう
帰ってハッピーの散歩だ

元来た道を戻り始める

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・7月23日
場所・・・・・・・・・・・・磐田ハマボウ公園

ハマボウの花言葉・・・・楽しい思い出






























2014年7月22日 (火)

残るは抜け殻一つ

2014年7月22日

今朝の事

羽化後数時間の蝉を見つける

見つけたのは家内

早速カメラを持ち出しシャッターを
Img_5953セミはクマゼミ

まだ肌の色がクマゼミの色ではない

 
肌の色が蝉本来の色になり飛び立つまでは後数時間必要

昨年は羽化が始まり飛び立つまで観察した覚えがあるが・・・・

今年初めてだ 目の前で この姿を見たのは

Img_5954
Img_5955・・・・・・・・・・・・・・・

それから2時間ほど経った時

もう一度見てみる

その時は少し離れた所に羽を休めていたっけ

間もなく飛び立つだろう

肌の色もすっかり蝉本来の色になっていた

Img_5956昼食後もう一度見てみる

蝉の姿は何処にもなく

後には 抜け殻が一つ有るだけだった

Img_5957と 言う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・自宅敷地内












2014年7月21日 (月)

梅雨明けだって?

2014年7月21日

今日夕方近畿東海で梅雨明けの発表があった 平年並みという事だが へーそうなの?
梅雨明けといわれても
凡そ梅雨らしくない今年の梅雨
周囲では被害が出るような雨に見舞われた所がたくさんあるが
静岡の街はどうだったんだろうか・・・・・・
台風が沖を通った時ぐらいか
それ以外殆ど記憶にない
それだけ降っていないという事なのか

それでも一昨日の事 雷が来て 雨が降ったのは憶えている そんな程度だ

ハッピーに言わせれば 

Img_5950何だそんなの あーあ と大欠伸

大した事ないよ それより 暑いの何とかしてほしいなー
暑いのは嫌いだよ
Img_5951
梅雨時 それでも涼しい時も有ったのだが・・・・・・

今日も玄関前で涼をとるハッピー
Img_5952あたしゃ 梅雨明けなんて関係ないわよ とでも言いたげに。

ここへきて 毎朝 蝉のコーラスが聞こえるようになった
ああ 今年も始まったな 蝉の合唱隊が

公園へ行ってみた 声は聞こえど姿は見えず
見えるのは

Img_5947
Img_5948抜け殻のみ

まあ その内 目の前でもコーラス隊を見ることが出来るだろう

そんな梅雨明け宣言が出された今日の一時

という事で 今日はここまで じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・7月21日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅 及び 自宅界隈













2014年7月19日 (土)

雨の日に

2014年7月19日

10時ごろだっただろうか いやそれより前だったか 降りだしたのは 
大した雨ではないが雷込で
止んだのは3時半を回っていたか

そんな時 やる事といったら ほぼ決まっている
今日もそうだ

ソファーとソファーの隙間に入り込み寝ているハッピーをしり目に
ちょいとドアーを開け庭先を

むろんその時はカメラ片手だ

滴り落ちる雨粒狙ってシャッターを押す

後ろに何か視線を感じる 振り向けばハッピーが
何をしてるの?って顔をしてこちらをそっと窺っている
聞こえてくる雷の音も意に介せず じっとこちらを。

Img_5906
Img_5909
Img_5912上の3枚 勿論連写
後ろを向けば
Img_5914はちきれんばかりに尻尾を振ってこちらをじっとうかがっている
良し良し
側に行き体を触ってやれば それで一安心
元の場所に戻るも どうも私の様子が気になる様子

今度は玄関を開けて外に出る
狙うのはやはり雨滴
Img_5917
Img_5921
Img_5923
Img_5929これだけ撮って家の中へ入れば
ねー お父さん 何してきたの?
Img_5915そんな顔して こちらを見上げる
良し良し もう行かないよ ここにいるからな ソファーに座ればやっと安心して
ハッピーも座り込む
雨が上がったら散歩だな 言いながら
ハッピーの体をポンポンと軽く触ってやる

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・7月19日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅にて























2014年7月17日 (木)

向日葵畑にて

2014年7月17日

そろそろ向日葵も良い頃だろうなんて思っていたら
TVで早速紹介されていた

じゃあ 行ってくるかと 例によって午後から出掛ける

ハッピーは今日も留守番させる
この暑い時期はとてもじゃないけど連れては歩けない
駐車場から車を出す時 行ってらっしゃいとでも言いたげに
窓から顔を出して見送っていてくれたっけ・・・・・・

向かう場所は掛川市文化会館シオーネの前に広がる向日葵畑

ここは 春ならば菜の花 秋ならばコスモスが咲き乱れる
が 今は向日葵

自宅を出てシオーネまではR1経由でおよそ1.5時間
着いた時数名の人が見に来ていた程度

これが土日や休日ともなれば 結構な人出
摘み取り自由 だから余計だと思うのだが・・・・・・

畑は2面
水路を挟んで右と左に広がる
今回はその右側に当たる畑の方が開花が進んでいたっけ
種まきの時期をずらしてあると思うのだが
全体で6分咲きといったところか

Img_58412上の写真は向かって右側 開花が進んでいた方である。
又 この向日葵畑 昨年のこぼれ種であろうか コスモスもちらほら見える
言って見れば向日葵とコスモスのコラボだ
Img_5821
Img_5833面白いもんだ 夏と秋の同居風景なんて
Img_5824これは これから咲こうとする向日葵
なんかピースしてるようだ。
Img_5836
Img_5840向日葵に囲まれご満悦模様のコスモス・・かどうかは不明だが
Img_5845これは 一人孤高の向日葵
なにやら空に向かって叫んでいるような
Img_5847これはエノコログサに今日はといっているかどうか・・・・
次に コラージュを2枚ほど
1
2次はミツバチと話をしているかの如くの向日葵の花
Img_5852ミツバチといえばたくさんいたなー 花という花に必ず一匹は蜜を吸いに来ていたっけ
で 蜂の足をよく見ると 花粉だらけの物も。
Img_5865まあ それにしても暑い
静岡より暑い位だ
余り長居も無用と思い 30分ほどいたであろうか
7本ほど向日葵を頂いて帰る事とする
切り口には水を浸した紙をまき その上をビニールで覆い
もう一度新聞紙で全体をくるみ
ハッピー用のドライブボックスにそっと横にする

生花を持っている以上他には寄れず 自宅へ直行だ
帰宅後すぐに水を入れたバケツの中へ

これを書いている今は 玄関正面に飾られている

最後にもう一枚

Img_5867という事で 今日は この辺で じゃあ又

そうそう 我が家のハッピー 帰れば側から離れずだ。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・7月17日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・掛川市文化会館シオーネ前

向日葵の花言葉・・・・・・・・・あこがれ、 熱愛、 愛慕、 光輝、 敬慕
































2014年7月15日 (火)

蓮の花とチョウトンボ

2014年7月15日

朝9時少し前の事

今からチョイト出かけて来るよ

何処へ?

うん 藤枝の蓮花寺池公園 蓮の花を見にね 
ハッピーは今どうしてる?

向こうで寝ているよ

なら そーっと行くから

R1を西へ およそ30分 蓮花寺池公園のPへ
大抵の場合 午後から出掛ける蓮花寺池公園
今日は朝から出掛けてみた

今は蓮の花の最盛期 6月末にハッピーを連れていったとき咲き始めだった蓮の花
それが今は見事に見ごろに

見ればトンボも チョウトンボ、コシアキトンボ、ウチハヤンマ、シオカラトンボ、糸トンボ
等々 静岡の麻機沼に並び中々のトンボの天国

ツイツイ撮りたくなったのだが・・・・

Img_5788撮るか撮らざるか その時ちょうど目の前に飛んできたコシアキトンボ
少々ピントがずれてしまったが 何とか
おっとそれより蓮の花 今日はそれが目的だ
Img_5779池際を歩きながら蓮を見ていれば やはり午後より花色が良い様な
Img_5782
Img_5784それにしても朝から大勢い歩いてるなー
普段からこんなにいるのかしら
午後からしか来た事ないから分からないけど・・・・・・・・・
少々呆気にとられる蓮花寺池
おお あそこに止まっているのは
Img_5786チョウトンボ
他にも見れば いるいる ヒラヒラヒラヒラ 宙を舞うように飛んでいたっけ
だが今日は飛んでいるのはパスして
Img_57902
さあ もう少し大きく撮ってImg_5791キラキラと綺麗なもんだ
Img_5793
Img_5795トンボはこのくらいで良いにしてっと
Img_5798蓮 ハスっと
Img_5789本当は朝の6時ごろが一番いい様だが 中々・・・・・
Img_5777池の周りをほぼ一周
途中の電光掲示板には34度の表示が ほんとかよ 暑いわけだ
用も済んだし早く帰るか
その前にもう一枚ぐらいトンボを狙うかと
撮った写真がこれ
Img_5814チョウトンボの産卵風景 真上から撮っている為 それとは良く分からないと思うが
何度も何度も水の中に尾部をつけていたっけ

蓮を撮りに行ったのかトンボを撮りに行ったのか何とも分からなくなってしまった
今日の事 という事で 今日はこの辺で

最後にもう一枚
Img_5803じゃあ 又

家へ帰った時 いつもの様に ハッピーのお出迎え・・・・・

写真撮影・・・・・・・・・・・・・7月15日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園











































2014年7月11日 (金)

台風一過の空の下

2014年7月11日

台風8号どうなったんだろう 今朝の事 ゴクゴク普通に起きる
昨夜一度も起こされずに

外は?勝手口のドアーを開けて空を見れば すでに雲も切れ青空も
時計を見れば5時半少し前 雨も無し
なら 散歩へ・・・・
ハッピーも勢いよく外へ飛び出す
改めて空を見上げれば 白い雲 山の方には黒い雲が有ったのだが
無る間に消えてゆく・・・

この時台風は千葉県に再上陸し又海の上だとか・・・・・

昼食後 自転車で安倍川へ
むろん ハッピーは留守番
安倍川も水がでてはいるが それほどでもないように感じたのだが むろん泥水だが
河川敷内の道路を河口めざしゆっくりペダルを回せば

Img_5717途中 ノカンゾウの花が
或いはImg_5723野萩の花が風に揺れていたっけ 空を見れば
Img_5718
Img_5720いたる所に白い雲Img_5719向こうに見える橋は東名高速道路
やがて その下を通り抜け
再度振り返りみれば
Img_5724長閑なもんだ
台風一過だなんてとても信じられないこの風景
前日までは一面雲で覆われ 雨で ほとんど見えなかったこの風景・・・・

河川敷から堤防道路へ上がれば おお 富士山だ
台風一過の富士山が顔を出していたっけ

Img_57332レンズを望遠ズームに切り替える
Img_5735_2海の方をみれば 濁りが入り まだ荒れ模様
海岸へちょいと降りてみる
テトラへ当たり砕け散る波しぶきが台風が通った片鱗を見せていたっけ
Img_5741
こんな所に長居は無用
戻る時 足元を見ればハマゴウの花が綺麗に咲き乱れ
空はあくまで青く白い雲がポッカリ浮かんでいた。
Img_5736
Img_5737
Img_5765行って帰って約1時間と30分ほど ハッピーが飛びついてきた。

という事で 今日はこの辺で じゃあ又。

尚 今回の台風8号で 被害に遭われた地域の皆様には 心からお見舞い申し上げます

写真撮影・・・・・・・・・・・7月11日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡市安倍川河川敷及び大浜海岸。


萩の花言葉・・・・・・・・・・思案、 前向きな恋、 想い、 内気、 物思い

野カンゾウの花言葉・・・
宣告、憂いを忘れる

ハマゴウの花言葉・・・・・愛の喜び



































 

2014年7月 9日 (水)

ミョウガの収穫と今日のハッピー

2014年7月9日

毎年7月の声を聞くと 我が家の庭に有るミョウガが顔を出す
今年も顔を出した

まずは一昨日
そろそろいいかなと 親ミョウガの下を覗いてみれば
Img_5688有ったよ ヒーフーミーヨー
この時は7つ 昨日は8つ 合計15個のミョウガが収穫できた
形は不揃いだが立派な自然の贈り物だ。
Img_5686写真は一昨日の物
Img_5687とらずにそのまま置いておけば 花が咲くだけなんだが・・・

採れたものは 味噌汁の具に、薬味に、酢味噌和えと 良いおかずになる

今日はあえて覗かなかったが 多分・・・・・

昨年はどうだったんだろうか 最初にこれだけ収穫が有ったんだろうか
憶えはないが
これからしばらくは毎日覗くことになるであろう・・・・・

ところで朝顔 今日は昨日よりも花数多く咲いていたっけ
根元と上の方で
下の写真は根元の方を

Img_5702
こんなことをしていたら ハッピーが家の中から顔を出す
仕方ないからリード付けて自宅駐車場の方へ
そこでしばらく通る車などを眺めていたっけ
Img_5707ワンピースは作ってもらったばかり ブルーも意外と似合うね
Img_5709静かに座って外を眺めている姿を見て 通りがかりの人たちは 静かに微笑んでいたっけ

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・7月7日、及び 9日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅

ミョウガの花言葉・・・・・忍耐






2014年7月 7日 (月)

雨降る朝に

2014年7月7日

今日は七夕 星の世界では織姫と彦星が一年に一回やっと会える日 が 下界では
梅雨の真っ最中
おまけに猛烈な台風も虎視眈々と日本列島をターゲットに北上して来ている

今朝の事 起きた時には☂ 雨音がかなり大きく聞こえていたっけ
さて ハッピーの散歩は如何するかな 雨じゃあ外へは行かないし
いいや散歩はパスだ トイレだけなんとかしてやればと庭に出てみれば
朝顔が行儀よく並んで咲いていたっけ
軒下から上を見れば 雨粒が 小気味の良い位流れ落ち
それを見ていたら 無性にレンズを向けたくなってきた

よし やって見るかと ハッピーのトイレだけ済ませ
カメラを持ち出しレンズを軒から滴り落ちる雨水に向けシャッターを切った
それがこれ

Img_5677よく見ると雨そのものが落ちてきているのも分かると思う
写真の中で大きな粒は軒先から流れ落ちる雨水だ
Img_5682
Img_5685この時 ピントもスピードも全てカメラ任せ ただモードを連写モードにして撮影

そうそう 我が家の朝顔 むろん鉢植えだが実によく咲いてくれている
しかも毎朝
Img_5675昼前には雨も上がり 一時散歩に

これを書いている今(5時20分)は雲間から差し込む陽射しが眩しく感ずる。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭にて











2014年7月 6日 (日)

ハッピー麻機沼へチョウトンボを見に・・・・・

2014年7月6日

今日6日の午後 久しぶりに麻機沼へ ハッピーの散歩を兼ねて出かける
持ち物はといえば
ハッピー用の飲み水と自らの水それだけだ
むろんカメラは持って出かける

沼までは自宅から20分弱

カンカン照りならとてもじゃないけど暑くていられない沼地
今日は多めの雲で陽射しが遮られ散歩にはもってこい

現地到着後はいつもの事ながらハッピーを全く自由に
私の後をついてこさせる

ここへ来た目的といえば散歩もそうだが もう一つ別の目的が それはチョウトンボ
毎年この時期に見ることができるトンボだ

沼地内に張り巡らされた歩道を歩いて行けば 沼の水の上を黒いものがヒラヒラ
チョウトンボだ まるで蝶でも飛んでいるかの如し 優雅に飛んでいる
だがまぎれもなく立派なトンボ
さあ上手く撮れるかどうか ピントを合せ
Img_5634まあ何とか ピントは勿論手動 オートではとてもじゃないけど間に合わない
目で見る限りは間に合いそうだが実際レンズを向けると・・・・・
下はトンボをの飛ぶ様子を見ているハッピー 
Img_5635
Img_5639
上の写真もチョウトンボが飛んでるところ 草に止まっているように見えるが・・・・
レンズの都合でトリミングはしてある
Img_5647これは お父さん早くー と 言ってこちらを向いているハッピーだ
うん 分った分った そう急くなって
Img_5648これはかなり高い所を飛んでるチョウトンボ やはりトリミング済み。
それをトンボだけ大きくしてみた
Img_56482次はImg_5652これはチョウトンボではなくハラビロトンボ 目の前にちょうど止まっていた為撮影
Img_5653上の写真 これはチョウトンボが羽を休めている所
Img_5656ハッピーもこう云う処に来ると俄然ハッスル 何を見ているのか
時折道でない所に入り込みなにやらガサガサしているが
Img_5659これは目の前に3匹のチョウトンボ 右側の2匹が何とか写っていたっけ
余分な所は勿論トリミング
これをもう少し大きくすると
Img_56592とまあこんな具合Img_5660これも何やら様子をうかがっていて その時
いきなり雉が飛び出し 飛んで行ったっけ
ハッピーその後を追いかけようとしたものの 呼び止め しぶしぶいう事を聞いた瞬間だ。
この後は沼地南側の通路を そこはまるでお花畑
Img_5666トンボの姿は見られず 風が吹きとおるだけだった
また ここの道 桃色昼咲月見草も綺麗に咲いていたっけ
Img_5674この後 ハッピーにリードを付ければ もう帰るんだと
認識したかどうかはわからないが 先に立ってスタスタスタスタ

という事で 今日は この辺で 久々に歩いた麻機沼での一時でした。

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・・7月6日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市麻機沼にて



























2014年7月 5日 (土)

今年も清水七夕祭りへ

2014年7月5日

4日から始まった清水七夕祭り 今年で62回目を数えるという

昨日4日の午後 見に出かける

行きはJR利用 帰りは静鉄電車

清水駅出口から祭りは始まる
電車を降り コンコースから階段を下りれば目の前に大きな七夕飾りが
嫌でも目に飛び込んでくる
Img_5559駅を出て清水駅前銀座に入れば
Img_5560早速に七夕飾りのお出迎え
駅を出てここまで来る100mにも満たない歩道には 露店がずらり
色々な匂いが鼻をくすぐる
が それらにはそれほど関心持たず
さっさと銀座街へ なんだか人が多いなー
そういえば 昨年はもう少し早く来たか そのせいも有るのかな
祭りだから当たり前かと 飾りを見て歩く

清水七夕祭りの会場は2か所
この清水駅前銀座と清水銀座
駅前銀座はアーケード街だが 清水銀座は青天井 雨の時はなんて一時
気になったが 上手い具合に4日は曇りがちながらもまずまずの天気
無事に見て歩くことが出来た
まずは駅前銀座の飾りをコラージュで2枚
1
2それと変わり種 イグサの飾り物だ
Img_5628まだあるよ
Img_5611上の写真はTV静岡のキャラクターマスコット
Img_5616いろいろ見ていると やはり清水 チビマルコが多いのも土地柄というのだろう
Img_5622上の写真はクマモンとふじっぴーのコラボ
正直 上の4枚 順序はバラバラ TV静岡のキャラクターが本当はこの段の下へきて
正解なのだが まあその辺は・・・・
アーケード街を抜けると又露店がずらり やがて 左にJRの踏切を見て右に曲がれば
清水銀座に入る
通りの形としては ほぼV字型だ
其処をどんどん行けば
3
Img_5609こちらは まだ 見物客が少ない様な
駅前銀座は駅に近いせいもあるのか それとも屋根が有るせいなのか・・・・
4
それでも親子連れが多かったような
写真撮るにも 如何するか 迷った場面は数知れず
人を極力入れたくない こんな時は仕方ないかも知れないが。
5清水銀座の尽きる所まで歩き そこからUターン
Img_5607今度はカメラを向けるでもなくノンビリ歩き 再び 駅前銀座へ
すると先ほどよりも多い人の波
参ったね 早めに帰るか だがJRじゃ混むかなと 静鉄新清水駅へ向かう
駅前銀座は通らずに
サツキ通りといったか 広い通りを。
途中からは 先ほど歩いた道へ入り 右手に清水銀座を見送り
左側へJRの踏切を渡れば間もなくだ

少々 人酔いしたかな なんとなく疲れたような

帰宅するなり昼寝と相成った この日の七夕見物

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月4日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・清水駅前銀座 及び 清水銀座





































2014年7月 4日 (金)

雨上がりの朝・・滴の向こうに見えるのは

2014年7月4日

朝5時 窓の外は明るい

 
おやー 雨の音はしないぞ
何時 止んだんだろう・・・・・・

着替えを済ませ外を見てみれば 青空も覗いていた今朝の事
いつもの様に朝の散歩に

ハッピー行くぞ

久々にカメラを持って出かけてみた
まず初めに目に入ったのがこれ
蜘蛛の巣についた雨滴
何が写っているやら 何かが見えた 雨滴一つ

Img_5527ここはまだ家の前
これから何が飛び出すやら
いつもの道をいつもの様に歩いて行けば やがて国道を渡る
そこでいつもの事ながら小休止
すると見えたものは
Img_5529滴の向こうには 国道を挟んでビルが有る それが見事に写り込んでる
へー 中々 面白いもんだな 見事にレンズの役目を果たしてるよ
Img_5532さあ 小休止終わり 行くぞと ハッピーのリードを持てば
先日紹介したアガパンサス咲く所へ
Img_5533ここでもなんだかんだしばらく遊ぶ
その間にもいろんなものが目に飛び込んでくる
Img_5537これは金魚草かな 滴で重そうに頭を垂れていたっけ
もう一枚同じ花を
Img_5538ここにきて 一層青空が広がり 眩しさも倍加
ウワー 眩しい❢
Img_5540ハッピー ちょっと待っててな
Img_5535
Img_5543ここのところしばらく降らなかった☂ 昨日の午後から明け方にかけ どの位降ったのか
いずれにせよ吃驚するほどでもなかろう
植物たちには恵みの雨となった事は確かだと思うが・・・・・

ハッピー 行くぞ 再びリードを持ったは良いけれど
ん?少し待てよ
これも 面白いぞ
Img_5546さあ 今度こそ行くかと 歩き出す
途中歩きながら片手でシャッターを押せば うん 案外うまく撮れたなImg_5551左手にリード 右手でカメラのシャッター
Img_5553
Img_5554_2雨上がりの朝
久々にカメラを持って出かけた散歩の一時でした
Img_5557という事で 今日は この辺で
じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・7月4日
場所・・・・・・・・・・・自宅界隈














































2014年7月 2日 (水)

街道沿いの小さな向日葵畑

2014年7月2日

昼前 所用で車に乗って出かけた時のことである
安倍川沿いから藁科川沿いに走り ある場所で
用事を済ませ同じ道をかえって帰って来た時の事

安倍川橋を渡り 右へ しばらく行った所に小さな花壇が有る
其処に花壇が有るのは前から知っていた したがってあえて気にも留めず
帰りに気が付いた
おや 向日葵だよ 何本あるのかな しかも満開
ミニタイプの向日葵がずらりと並んでいたっけ
こりゃーすげーや
後で写真を撮りに来なきゃと
その時はちら見しただけでそのまま通過

午後 今度は自転車で再び出かける。
むろんそんなだからハッピーは留守番

安倍川橋を渡り 右へ うんここだここだ
其処は地域の人たちが丹精込めて整備している花壇

改めて向日葵に目を見張る
小さなミニサイズの向日葵が見事に満開

早速レンズを向ければ 向日葵が こんにちは といってるが如く

Img_5512写真からだと大きく見えるがこれはしゃがんで尚且つカメラを地面すれすれに
セットし撮影
実際の花の背丈は膝までがせいぜい
Img_5513この場所まで家から自転車で20分かかったかどうか
ここのところ☂がほとんど降らず 安倍川の水量も極端に減っていたっけ
凡そ梅雨らしくない梅雨だ
Img_5518予報によれば明日からは降るとか
まあ その事はさておいて 向日葵の花を4,5枚撮るだけ撮って
Img_5519自転車に飛び乗る
チョイトこの辺を回ってみるかと 適当にハンドルを切れば
他所のお宅の庭先に大きく伸びた向日葵
見事に咲いていたっけ それをカメラに収め
Img_5521なおもグルグル回れば
小さな田圃 おんやー よく見れば
Img_5522_2種類の違うコメの苗で富士山の形に植えられていたっけ
これは面白いとここで一枚

さてと帰るか 当たりをキョロキョロ見ながら再び安倍川橋へ

家へ帰ればハッピーの出迎え
よしよし待ってろ はいご褒美・・・・・・・・

手洗いを済ませ ソファーに座れば 安心したのか 寝てしまった
下にそのハッピーの寝顔写真を

Img_5525ということで 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月2日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内 及び 自宅

向日葵の花言葉・・・・・・
あこがれ、 熱愛、 愛慕、 光輝、 敬慕



 

























« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック