無料ブログはココログ

« 今日の1枚・・・富士宝永第2火口脇から山頂を望む | トップページ | 富士宝永山へ・・・part2・・遊歩道経由Pへ »

2014年9月16日 (火)

富士宝永山へ・・・part1

2014年9月16日

ふー 着いた 何年ぶりかな この宝永山へ来たのは
その時はこんなに人がいなかったんだが・・・・・・・

Img_7182この標識だってこんなに綺麗だったかしら・・・・・

昨日15日の事

夏山シーズンが終わったら行ってくるよ と 家内に話しておいた富士宝永山まで
チョイト出かけてきた

朝5時半ハッピーに見送られ自宅を出る
新東名経由にて車を走らせれば 清水あたりから富士の姿が目に入る

西富士道路からR139 富士宮の街から富士山スカイラインへ 富士宮の街では
まだ見えていた富士山
標高が上がるにつれ視界から消える 小休止の為 西臼塚Pへ入った時は
完全にOUT

まあいいかと再び走りだし スカイラインは登山区間へ入る

目の前のガスが切れ 高鉢駐車場を過ぎる頃 又富士の姿が目に入ってくる
次の七曲り駐車場でチョイト停車
富士の姿を眺めれば
Img_7124空は薄雲が拡がっているが 富士の姿はくっきり

再び車を5合目めざし走らせる
着いた5合目 うわー もうこんなに
8時前というのに 8割がた埋まっていたね

まあとにかく足ごしらえをし ザックを背負い 一通りの準備だけはして
チョイト下界に目をやれば
Img_7135一面の雲海 天地の境がどこにあるのか分らない
山を見れば
Img_7131山頂までくっきり
面白いもんだ ここは雲の上だもんな
まあ行くか
取り敢えずは6合目までだ
夏山シーズンが終わったとはいえ 大勢のハイカーが上をめざし登っていく
山頂まで行く人、6合目で終わる人、宝永遊歩道をぐるり周る人、宝永山目指す人
人、人、人
右側を見れば雲海、左側は富士山 それらを見ながら兎に角6合目へ
Img_7147
Img_7143歩きやすい様な歩きにくい様な富士山特有な石ころ混じるザレバの道を15分も
登っただろうか前方に6合目の小屋が見えてくる
と 同時に宝永山山頂も
Img_7149ここは雲海荘と宝永山荘という2軒の山小屋が仲良く軒を並べ
その脇から山頂までの道と宝永山方面への道が分かれている
Img_7152今は登山道も冬季閉鎖という事なんだが・・・・・・・・・

ここでザックを降しウィンドブレーカを着こみ
再びザックを背負い山頂方面への道を左に見送り 自らはまっすぐ宝永山方面への
道をとる
Img_7153殆ど平坦な道を行く事10分程度か いやもう少し少ないか
やがて分岐へ出る
宝永火口を通り宝永山方面へ行く道と 宝永第2火口を左に見ながら
御殿庭、双子山方面への道と
勿論宝永山方面へ道をとるんだが
Img_7156まずは正面の宝永山を写真に収め 遊歩道を火口めざし下りはじめる
道はなだらかに下って行く
やがて標高2420mの火口底
Img_7218ここから道は登りに転ずる
遠くから見る限りにおいては大した事はなさそうな道に見えたのだが
なかなかどうして ザレバの中々の曲者
左に見事な火口壁を見ながらユックリユックリ登って行く
右にそそり立つような宝永山
道なりに喘ぎ喘ぎ登って行けば やがて宝永の稜線に
後ろを振り向けば
Img_7181富士の姿がダイナミックにそそり立つ
北側から上がってくるガスも面白い事にこの宝永の稜線を境に消滅していく
この稜線 風は案外弱く 着ている物が暑い位だ
やがて宝永の山頂に 標高2693mの頂だ
そしてまずはと撮った写真が最初に載せた写真だ

以前ここへ来た時は兄と一緒
その時 道はこんなに整備されていたんだろうか 山頂標識は・・・・
あれはかれこれ20年ほど前だからなー
少し思い出していた・・・・・

着いた時時間を確認すれば9時24分 歩き始めが8時5分ごろだったか
だから1時間半も掛からないか
それが早いのか遅いのかは別にしても・・・・・

改めて下界を見れば
Img_7187うーん 見事な雲海だ

しばらく眺めていた ここに20分程いただろうか

さて戻るか 宝永の馬の背といわれる稜線をしばし歩き
再び火口めざし馳せ下る まさに馳せ下る
下りの楽な事よ あっという間に火口底だ

という事で 今日はこの辺で この続きはまた次回 じゃあね

































« 今日の1枚・・・富士宝永第2火口脇から山頂を望む | トップページ | 富士宝永山へ・・・part2・・遊歩道経由Pへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(* ̄ー ̄*)最初の雲海・最後の雲海cloudどれも味がありますね。
別世界に行ったみたいな気分です。

登山も人気急上昇☝☝
本当は、人よりも自然を楽しめたらいいですよね。
ここではそれが楽しめます。続き待ってま~す\(^o^)/

アップしている間は、ハッピーちゃんはおりこでねんね?(^^ゞ

パパさん・✲◕‿◕✲おはよう✲◕‿◕✲
世界遺産登録後はやはり人出が多くなり支障をきたすこともあるのでしょうね。
パパさんはいつもそばで眺められおこぼれを頂く私たちパパファンにとっては最高♪
いながらにして富士山のいろんな顔をを見せていただき幸せですhappy01
cameraいつもありがとう♪

雲海のphoto♪good~雲の上を走ってみたいなヽ(・∀・)ノ

こころぐ郁美さん

そう これを書いてる間ハッピーは寝ていましたよ。

koutanbabaさん

雲海の上ですか 実際に走る事が出来たら面白いでしょうねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/60324574

この記事へのトラックバック一覧です: 富士宝永山へ・・・part1:

« 今日の1枚・・・富士宝永第2火口脇から山頂を望む | トップページ | 富士宝永山へ・・・part2・・遊歩道経由Pへ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック