無料ブログはココログ

« 聖地身延山へ・・・・part1・・久遠寺から奥の院へ | トップページ | 夏の名残と狂い咲き・・・セミの抜け殻と山茶花 及び 紫陽花の花 »

2014年9月24日 (水)

聖地身延山へ・・・・part2・・奥の院から御廟所へ そして帰宅

2014年9月24日

前回の続きです

この後に 3箇所ある展望台へ回る
最初に富士の見える東側展望台 そして北側展望台 南側展望台の順に


北側展望台へ回れば そこは南アルプスの展望台
目の前に雄大な風景が展開している

Img_7357早川の谷を挟んで真正面には前衛峰の富士見山が聳え 左側には北岳から続く
山脈が
Img_7358そして 右側前方を見下ろせば 甲府盆地の向こうに茅が岳、奥秩父の山並み
空気が澄んでいれば八ヶ岳なども指呼の間に
Img_7363冬 この場に立てば それが良く分かる

取り敢えずこの風景を眺め 南側展望台へ再度富士の山を見に行けば
Img_7372ススキの穂がまさに秋を思わせる
又 天子山地の最南端には思親山が静かに横たわっていた
下の写真で中央の山がそうである
日蓮上人は多分この山のはるか向こうに両親を思いながら故郷房州小湊を
偲んでいたんだと思う
思親山の名称は思親閣とつけられた理由と同じだと思うのだが・・・・
Img_7375・・・・・・・

さあ 行くか ロープウェイ乗り場へ

が 今度は発車まで10分程時間が 今しばらく富士を望み改めて改札へ
そして乗り込む
やがて発車 ゴンドラはどんどん下る 久遠寺駅めざし
Img_7397向こうからすれ違いのゴンドラが
このくらいの高さになると 富士の山は見納め
やっと見えていた山頂部も手前の天子山地に隠され最後には見えなくなる
Img_7393目を久遠寺方面に向ければ
木立の間から伽藍が良く見える しかもそれがだんだん大きく 当たり前かもしれないが
それをじっと見入っていた そしてレンズを向ける
Img_7400やがて ゴンドラは7分の空中遊泳を終え 久遠寺駅へ

さあ そろそろ帰るかとPへ向かい 車を走らせるも
待てよ ここへ来たんだったら・・・・・

少し移動し 下のPへ改めて車を入れる

行先は日蓮上人の御廟所 この身延山へ来た以上はそこ寄らなきゃと
参拝の度に寄っている所だ

上人は この身延に9年ほどいて 武蔵野国へ旅立ち
その途中に病で息を引き取ったとか その場所が今の東京池上本門寺である
又その時の遺言が 亡骸は身延の地へ
その言葉通りお弟子さんたちが忠実に守り葬ったのが現在の御廟所だ

橋を渡り日蓮上人も眺めたであろう谷川沿いに道なりに歩いて行けば
Img_7403やがて草庵跡
Img_7408御廟所は このすぐ裏手に当たる
Img_7411当りは昼間でも森閑とし霊気が漂っているような
カメラを向けるのもなんとなく恐れ多くなり 取り敢えずは 電源を落とし
階段を上り 廟所正面に進み 参拝すれば
何となく気持ちが晴れたような
そんな感じがした。

廟所のすぐ横には 久遠寺の歴代上人の墓がずらり並び
上人を守っているかのごとく

厳かな雰囲気の中 この廟所に別れを告げ 再びカメラの電源を入れる

谷川沿いを車に戻ったは良いが またまた欲が
総門と菩提梯子を下から撮らなきゃと
車 そっちのけで 歩いて行けば
余りの大きさに入るかなー 少々心配に まあいいや何とかなるさと
道路の端いっぱいまで下がり
ズームを18mmにしてファインダーを覗けば
Img_7417ふー 何とか撮れたよ
じゃあ 菩提梯子だと 門をくぐり 石段の真下まで出向き改めてしげしげと
上を見上れば
うーん 登れるかなー
若い頃は平気で登ったんだがなー
Img_7419少々腰砕けに

次に来た時に登ってみるかと 石段を後にし

車に戻り 来た道を引き返す
門前町を慎重に走り抜け R52へ
午前中やっていた工事区間も順調に通り抜け 興津の街からR1へ
そこまでは良かったんだが
鳥坂ICからが時間がかかる 信号だらけで車の量も半端じゃない
それでも2時間ほどで自宅到着
ハッピーただいま すぐに散歩だぞ
リードを付け近くの公園へ

という事で この項 これでお終い じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・9月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・身延山




































« 聖地身延山へ・・・・part1・・久遠寺から奥の院へ | トップページ | 夏の名残と狂い咲き・・・セミの抜け殻と山茶花 及び 紫陽花の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

身延さん参りあれこれいい事がありそうですね。
私は混雑の真っ最中、そう枝垂れ桜をみに来ました。
シャトルバスで富士川沿いにある駐車場から行きました。
あの階段はさすがにもうパスしたよ、前回登った時此れが最後だなと悟ったもん。
ロープウエイも行列でさ〜でも次はいつ来れるかわからないから乗ってみた。
 富士川の蛇行は印象的だった。
ダイアモンド富士は大混雑でした、いいカメラを持っていないと恥ずかしい。
休暇村の下が1番のポイントらしい、「あっ!」というまにダイアモンドはただの日差しになった〜〜

御草庵跡 参詣されたのでしね。
この右上にトンネルが在って川沿いに登ると七面山の入口妙石坊と言うお寺が有ります。高座石が在って 日蓮聖人が法話をしていて龍神(七面山)と体を現した処
今度行ってみてください。
参詣ご苦労様でした。

せせらぎさん

ロープウェイ 桜の時期や初詣の時は大行列のようですね その時はまだ行った事はないのですが。今回はガラガラ状態 楽に乗れましたよ。石段は次に行ったときの楽しみにとっておきました。

菩素さん

ええ 久遠寺と奥の院だけでは片手落ちだと思いましてね 参拝させていただきました。最も草庵跡と御廟所は過去にも足を運んでいますがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/60367983

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地身延山へ・・・・part2・・奥の院から御廟所へ そして帰宅:

« 聖地身延山へ・・・・part1・・久遠寺から奥の院へ | トップページ | 夏の名残と狂い咲き・・・セミの抜け殻と山茶花 及び 紫陽花の花 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック