無料ブログはココログ

« 台風の置き土産 | トップページ | 旧東海道を金谷宿から掛川宿へpart2・・・日坂を越え日坂宿へ »

2014年10月 9日 (木)

旧東海道を金谷宿から掛川宿へpart1・・・金谷坂を越え日坂へ

2014年10月9日

フー着いた着いた よくも歩いてきたもんだ
若い頃ならいざ知らず
掛川城を目の前にして 改めて深呼吸
Img_7776時計を見れば午後の3時 そうすると5時間か 途中寄り道やら何やら有ったけど
まあいいタイムか・・・・・・・・・

昨日8日の朝の事
今日 ちょいと出かけてくる
何処へ?
うん 東海道を金谷から掛川まで 大体16kぐらいかな 以前にも歩いてるから大丈夫だよ
今日は電車で行くから
分かりました 行ってらっしゃい

という事で 9時少し前 自宅を出る
駅までは1kと少し むろん歩きだ
9時22分発浜松へ乗れば10時少し前金谷着
コースはここから始まる
Img_7610金谷と云えばSLで有名な大井川鉄道の発着駅でもある が 今日はそれとは関係なく
駅の外へ
そして右方向へ 間もなく旧東海道一里塚跡
Img_7611ここから金谷坂への登り道 JRの線路をくぐり すぐさま右へ しばらくはダラダラとした
登り坂
両側は江戸時代には宿場町として栄えた所
今はごく普通の家並みだが 所々に 当時の屋号等面影が残る
Img_7615傾斜はだんだんきつく 爪先上がりになってくる
昔の人もこの道を行き来したんだろうなーなどと思い浮かべながら登って行けば
間もなく県道とぶつかる
其処をわたれば 宿場の外へ そして石畳の道が始まる
Img_7617
Img_7619この石畳 平成3年に近所の人たちで復活を成し遂げとか 上の牧の原まで
延長430mの道が続く
又 山石を使っている為滑りにくくなっているのも特徴だ
治す以前は30m程しか石畳道が残っていなく 後は コンクリート道だったとか
治した直後に歩いた事が有ったが その時に比べたらはるかに歩き易くなっていたのも
事実だ
とにもかくにもこの道を登って行けば
Img_7626途中右側にすべらず地蔵とつけられたお地蔵様が有る このお地蔵様
石畳を平成3年に普請した時にまつられたとか
そしてこの滑りにくいこの道にちなんで付けられた名前が(すべらず地蔵)
今はその名にあやかって受験生の間で人気のあるお地蔵様だ
Img_7628ここからしばらくすれば牧の原
片側はお茶畑 東海道はその中を進む 間もなく右側に武田氏の山城跡
諏訪原城跡を見送れば
Img_7635展望の良い所に出る
Img_7641そこは東海道と広域農道が交わる 交通に要注意の場所である
向こうには先日登った掛川の粟が岳
茶文字が良く見える
Img_7643ここまでが歩き始めてほぼ30分 これから菊川坂の石畳の下り坂

こけないように心して行かねば
こちらの石畳 金谷坂よりは歩く人が少ないのか 所により 草だらけの箇所も
Img_7646写真に撮った所はそうでもないのだが
下る どんどん下る
たまには振り返るかと
Img_7647撮った写真がこれ ススキは例の茶草場のススキだ 時期が来れば駆られて茶畑の
肥料になるだろう
なおも下れば間もなく見えてくる菊川間の宿(あいのしゅく)の集落
Img_7648間の宿とはいわゆる宿場ではなく 宿場と宿場の間に作られた休憩所のことだ
菊川の流れに沿って作られた集落である
道はその中へ向かって降りていく
菊川坂の石畳が終わり 間もなく菊川に架かる橋を渡ろうとするとき
気が付いた
右側に 古いお寺が有るのを
少しばかり寄ってみる 時計は11時だ
すると その地区のお年寄りであろうか 声を掛けられた
こんにちは 何処へ行きなさる?
ええ 掛川まで その途中の寄り道です
へー そうかね
等と その後 色々うんちくを聞いたんだが 結局憶えてはいない
時間だけ過ぎたのが変に印象に残った
そのお年寄りと別れ 道を急ぐ
やれやれあそこで30分もかかちゃったよ もう11時半 急がなきゃ
歩を速め 橋を渡りスタコラスタコラ歩いて行けば 日坂への登り口へ
Img_7660ツイツイ見上げてしまった登り坂
昔の人も難儀したであろう 超急坂だ ゆっくり行くか 上についたら昼にしよう

という事で 続きは次回に 今日はこの辺で じゃあ又。





























« 台風の置き土産 | トップページ | 旧東海道を金谷宿から掛川宿へpart2・・・日坂を越え日坂宿へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

時々テレビでは見る景色ですが実際に歩いたんですね〜
歩くと楽しい事発見する事色々でいいね。私は挑戦できないと思いますが…
高速道路からみえる「茶」近くに行けば大きな字なんでしょうね。そう言えばいつかSBSで放送したが忘れた。なんの木だっけ?
 続きが楽しみです〜

パパさんの近場には山あり海ありととても良い環境で羨ましいfuji
掛川・菊川って地名懐かしい~息子が浜岡にいたとき通った地名。
ついこの間まで浜松ナンバーの車に乗っていた事思い出しました。

パパさんの健脚は健康の証~おかげでいろんなところへ案内してもらって楽しみ(*゚▽゚*)
電車で移動の際にも相棒バッグと一緒なの?

時には、古を忍んで街道を歩くのも、趣があって良いですね。
石畳、箱根を思い出しましたconfident

(* ̄ー ̄*)出だしをなんか笑ってしまった!!

奥さんもハッピーもいつものことだ❣なんて思ってたんでしょうね。

そして・・思いついた道・・いいですね。パパさんの語りもいいな~・・

一人で思い出しながらの旅(歩き)最高ですね。こちらも歩いた気分です。
*次回も待ってま~す(^◇^)

こんにちは✿
1枚目のお写真、掛川城が懐かしいです!ここで記念写真撮りました♫
金谷から歩いて@@!
金谷からは以前大井川鉄道に乗ったのでここも見覚えのある駅✿
旧東海道の石畳が風情ありますね!近くだったら私もぜひ歩いてみたいです^^
でも登り坂が結構きつそう(^_^;
お写真だけで心拍数が↑
続き楽しみですm( _ _ )m

せせらぎさん

あの茶文字ですか あれはお茶の木でできてますよ 上手い事やってあるもんですね、ちなみに金谷から掛川まで歩いたのは今回で4回目になるかな。その都度歩行時間が遅くなってきましたがね。

koutanbabaさん

バックですか?今回は何時も山へ背負って行くやつではなく 小さめのデイバックでしたね 弁当と水筒だけはいればそれで良かったですから。

山の風さん

たまには良いですね ちなみに箱根は私も歩いてます 小田原から熱海まで 3回ぐらい有りますかね 一人だったりグループだったりして。

こころぐ郁美さん

そう 天気さえ良ければね 良いもんですよ 思いついた時に気儘に出かけるのは。

らるごさん

らるごさんなら普通に歩けるんじゃないかな 金谷坂の所は傾斜もそうきつくはないしね きついのは日坂へ登る時です それでも舗装道路ですから楽なもんですよ 一度お試しあれ。石畳が続くのは金谷坂と菊川坂です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/60447684

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道を金谷宿から掛川宿へpart1・・・金谷坂を越え日坂へ:

« 台風の置き土産 | トップページ | 旧東海道を金谷宿から掛川宿へpart2・・・日坂を越え日坂宿へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック