無料ブログはココログ

« 富士山の初冠雪 | トップページ | ハッピー 吊り橋にびびる »

2014年10月18日 (土)

秋の田貫湖へ

2014年10月18日

正面に富士を望み 背後には長者が岳と天子が岳を従えて 静かに水を湛えている
高原の湖
始めは灌漑用のため池として作られ 今は富士山麓の一大観光地となっている湖
むろん富士五湖には属してはいない
又 年2回ダイヤモンド富士が見られることでもその名が知られている湖
その名を田貫湖という

16日朝の事 富士山に初冠雪 実際この目で見 TVでも放映
じゃあ明日にでも側まで行ってみるかと家内と話をし 取り敢えず今日の処は
日本平へ写真撮りに行ってくるよ・・・・・・・・

翌17日も抜けるような青空 予定通り出発だ
朝9時15分ほど前だった 何時もの様にハッピーを乗せ 今回は家内も一緒だ
向かった先は田貫湖
湖を一周すれば程よいウォーキングコース おまけに散歩コースにもちょうどいい
1号線を一路東へ 東海道線の土砂崩れ現場を見ながら 富士から西富士道路
R139とすすめ白糸へ
おおよそ2時間弱田貫湖北側のPへ到着
ここまでくる道すがら運転席から富士を見れば うーん 雪溶けたかな
昨日は7合目あたりまで有ったんだがなー
これじゃあ田貫湖へ着くころには 8合目どころじゃないぞなどと話をしながら
車を進める
実際 田貫湖へ着き 改めて見てみれば やはり少ない 少々がっかりだ

Img_7820が 喜んだのはハッピー
湖畔の草むらにつくや否や 何 始まったゴロンゴロンが
それも一段落 改めてカメラを向ければ
Img_7822この通り 始めは中々落ち着かなかったハッピーだったが。
さあ準備もOKだし 行くかと
リードは家内に持ってもらい 湖畔の遊歩道を歩きだす
Img_7828この時期 湖畔の紅葉はまだ始まったばかりだったが 山はボチボチ見ごろ
右が長者が岳 左が天子が岳だ
この山裾に広がる田貫湖 一周3.3kノンビリ歩いてほぼ1時間のコースだ
途中富士山を眺めたり 湖畔で釣り糸を垂れる人たちを眺めたりしながら
家内のペースに合わせユックリ歩く
やがて湖最奥の休暇村前の富士山展望デッキ到着
Img_7833ダイヤモンド富士の時はこの場も人でいっぱいになるんだろうな などと思いながら
ノンビリ富士を眺める
とは云うものの ここは初めてではなく何度も来ている
従って 見慣れた景色とでも言おうか 
敢えて言えば 今日も来たよ~ よろしく~ ってとこか
この場を後に湖の南側へ入る
Img_7836ここからの眺めも又素晴らしい 木々が紅葉していれば云う事なしなのだが
まあそれは仕方なし
Img_7840右の方に色づいた紅葉が それを写真に収め
先へ行けば
Img_7842うん ここが良いかな と 少々日当たりが良すぎるベンチ
そこで昼にする
その後 湖畔に出 ボート乗り場から富士を眺めれば
Img_7848ちょっと落ち着いた趣だ
そうそう 望遠レンズ持ってきたんだ 珍しくもないが大沢崩れでも撮っておくかと
レンズ交換する
Img_78542カメラに望遠着けたまま そのままPの方へ
途中こんな風景にも出会い
Img_7856リードを離され 先だって歩いていたハッピー
あれ お父さんは?と思ったかどうかは知らないが 写真撮るため遅れていた
私の方へ戻って来たっけ
家内はそれを見てニコニコ
Img_7863良し良し お利口さん もう少しこのままな
安心して 再び先へ行く
午後の日差しを浴びた湖面はキラキラ輝き
まるで宝石を散りばめた如く
良い所にススキが生えている
あれを撮ったらどう写るかな やってみるかとレンズを向ける
Img_7871ハッピー この時もこちらをちらちら
やがて自動車道と一緒になろうと云う処で家内がリードを
そしてPへ
車に戻り さあ 今から白糸の滝へ寄ってくよ
それで帰りに高速使えば3時少し過ぎたころには家へ着くと思うよ
という事で 白糸へ寄る
田貫湖から凡そ15分 適当な駐車場に車を置き
土産物屋が並ぶ道をハッピー連れてぶーらりぶらり
白糸の滝は何年ぶりだろう ましてや文化遺産になってからは全然だ
大体は素通りしてしまう
Img_7888変わらないなー 変わったのは土産物屋となんだか場所にそぐわない橋が
出来た程度か
まあ それにしても人が多いや 平日でこうだから土日になったらどうなるんだろう
昔なら平日はほとんど人がいなかったが・・・・・

まあとにもかくにも滝見物・・・・・存分にパワーを貰い帰途に就く
Img_7901
帰り 富士の山は何処までも見送ってくれていた。
Img_7907
という事で 今日は これでお終い じゃあ又ね。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・10月17日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田貫湖 及び 白糸の滝









































« 富士山の初冠雪 | トップページ | ハッピー 吊り橋にびびる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
なるほど、富士山は今一つですねぇ・・・。
しかし、私も贅沢になったものです。
北九州から出てきて、初めて富士山を視た時は、おそらくこの富士山よりも冠雪は少なかったはず・・・。
それでも大感動でしたよ。
しかし、いまや贅沢になって、この富士山では満足できません。
仕方ない。
あと、ひと月?待ちますか。


青空の中、富士山も綺麗に見えてよかったですね。happy01

何より、ハッピーちゃんの後ろ姿まで幸せな時間を過ごしてるのが伝わります。

ほほえましく穏やかな時間が流れていたんですね。

FUJIKAZEさん

何となく分かる様な気がしますよ 富士山の本格的な雪化粧を望むなら そうですね 後一月ならぬ二月、いや三月かな 来年の春先になって低気圧が南岸を通る様になれば確実ですが。

OZママさん

そうです 翌18日にはあまり良く見えなくなりましたからね タイミング良かったですよ。

富士山はいいですね やっぱり
この角度 いいですね

ちょっと車走らせると素晴らしい眺めのポイントへ行けるパパさん♪

世界遺産登録の貫禄はさすがfuji

近くで見ることは出来ませんが富士山を望めるポイント探しをして見ることに♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/60500723

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の田貫湖へ:

« 富士山の初冠雪 | トップページ | ハッピー 吊り橋にびびる »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック