無料ブログはココログ

« 雨上がりに | トップページ | 展望の山 満観峰へ・・・part2 »

2014年12月 2日 (火)

展望の山 満観峰へ・・・part1

2014年12月2日

時計を見ればまだ2時半 何 そうすると2時間で登って下った
我ながら呆気にとられる今日の山行・・・・・・

後でハッピー連れて満観峰へ行ってくるよ
今日は小坂から登ってくる

この風の強い日に?

うん 如何と云う事も無いよ

そんな会話を交わした昼食後
何時もの様にハッピーを車に乗せ 出かける
時間は12時を10分ほど回った頃だ それから
15分ほどして小坂の登山口Pへ
ハッピーを降し歩き始めたのが12時半
二俣の道を満観峰方面に
Img_9042写真には写ってないが ここは二俣 左へ行けば日本坂峠方面
だが目指す所へはこの道 右手方面だ
コース的には1時間半ほどかかる筈だったが・・・

その分を見越し これなら2時少し前には山頂だな
そうすると帰りは3時には戻れるか・・・・・

指導表に導かれ林道を登る
背には私とハッピーの水 少量のおやつ それだけだ
登るにつれ傾斜はきつくなる
がスピードはそのまま 平地並みのスピードで登って行く
Img_8980時折後ろを振り返るハッピー
その視線の先には
Img_8981花沢山が良く見える
せっせと登り やがて林道と別れ細い山道へ これが又急登
後ろを見ればだんだん視界が広がる
一旦樹林帯へ入る
Img_8991樹林帯からでても道は相変わらず急登 爪先上がりだ
其処を駆けるように登って行く
Img_8995登る間も時折立ち止まっては降りかえりみるハッピー
いかにも これでいいの?って云わんが如く
Img_8997いいよ さあ頑張れ もうすぐ稜線につくぞ
この場所 西風を防ぐ位置に有る為 風はなにもなし
ただ日が燦々と注ぎ暑い位だ
やがて 稜線に出る 出た途端 何だこの風
まるで木枯らしだよ 冷たい西風が吹き荒れていた
何だこれしき それよりもうすぐ頂上だぞ ガンバレ ハッピーに声をかけ
登って行けば
Img_8998山頂到着 標高470m 満観峰山頂だ
早速背負ってるものを降し
周囲を見渡せば
Img_8999まずは静岡の向こうに聳える富士山、ついでこの山域の最南端花沢山
Img_9001
Img_9002高草山の麓に広がる焼津の街
それに安倍奥の山々
Img_9005写真には撮らなかったが川根方面から島田、藤枝の山々が良く見えた
この風景が見たくてここまで登ってきた
来た甲斐が有ったというものだ ついでにハッピーの散歩と
そうそう 到着した時時計を見れば 歩き始めて1時間まで掛かっていない
標高差400m以上だったが
だが 何と云っても風が凄い
遮るものがない山の上 早々に 撤収だ ハッピー帰るぞ
おっとその前に
Img_9003これを忘れたら話にならないと ハッピーを座らせ富士山バックに1枚

後は転がるように山頂から駆け下りる

日本坂峠めざし

結果的にPへ着いたのは2時半 登って下って2時間のスポーツ登山と
相成ったのだが この続きはまた次回と云う事で 今日の処はこの辺で
じゃあ又。






















« 雨上がりに | トップページ | 展望の山 満観峰へ・・・part2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
やっぱり、富士山が綺麗ですねぇ。
ご一緒したいところです。
もちろん、ハッピーも一緒で。


あら、これならハッピーちゃんも大満足でしたね。

富士山、今日も見えていたんですね。confident

(*^o^*)オ(*^O^*)ハー
風にもめげず~素晴らしい景色をありがとう(*゚▽゚*)
素晴らし山並みのパノラマを拝むことができましたhappy01
パパさんはいつもちょいと出かけるとこんな風景に出会えるのですから良いですね♪

クゥー!
イイなぁー(*^ω^*)
富士山バックに記念撮影だなんて!

安倍奥の山々も絶景ですねsign01

ハピパパさんいつも思いますが健脚ですね!
ハッピーちゃんもこんなお散歩が
できるなんてうらやましいです。
ハッピーちゃん、ちゃんと確認しながら
いい子ですね☆
景色が最高のお出迎えですね!
そしてハッピーちゃんと富士山の記念写真
ほんと、いい環境ですね☆

OZママさん

今の時期は晴れてさえいれば見えますよ。ただ 雲がかかっている場合も有りますが。 

koutanbabaさん

3方を山に囲まれた静岡ならではでしょうね 良いですよ 本当に。

tuba姐さん

そう 絶景です それで満観峰は遠く首都圏からもハイカーが来てますよ。

カメさん

歩くのが好きですからね 特に山歩きがね 犬と歩くのも夢だったし 今はそれを実行しているだけです。でも可愛いもんですね 本当に 少し離れるとすっ飛んで
戻ってくるんですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/60749616

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 満観峰へ・・・part1:

« 雨上がりに | トップページ | 展望の山 満観峰へ・・・part2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック