無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

美和の里で咲く河津桜・・・今日もお花見散歩

2015年2月28日

前回沈丁花の項の続きです

昼食後 休憩もほどほどに さあハッピー行くぞ と
カメラと水を車に積み込み
何時もの様にハッピーを乗せる むろん午後の散歩を兼ねてであるが

行く先は美和地区
時間にして20分弱の所だ 回り道すれば話は別だが

自宅を出て まずは安倍街道へ
新東名の安倍川に架かる橋に併設されている橋を目指す
其処を渡れば目的地は近い
桜のピンクが橋の上からでも良く見える

橋を渡り美和街道へ 左折だ
しばらく行けば桜祭りののぼり旗が誘導路になびいている
其処を右折し後は田圃の中の道を一直線 要は安倍川土手方向へ行くだけだ

適当な所に車を置きハッピーを降し
カメラをぶら下げ
道なりに行けば 桜の木の下へ出る
後は行ったり来たり
或いは土手の上にあがって見下ろしたり

まずは土手の上にあがる そこで一枚Img_9883風はきついが空は真っ青 向こうに竜爪山から始まる安倍東連山が良く見える
見える橋は 今 渡って来た新東名と一般道の2階建ての橋だ。
そして桜を見れば ほぼ8分咲きって処か
又土手下へ降り ぶーらぶらImg_9885ここの桜を知ったのは昨年だ 広報紙か何かで知った
で 早速見に行きその見事さに おおっと驚いた事を憶えている
これならワザワザ河津まで行くことも無いなとImg_9887祭りの準備をしている人に聞いてみた
ここの桜は何本あるのかと
するとその人100本はくだらないでしょう
今から10年程前に河津から苗木を買ってきて
地区の有志が植えたとの事
それ以来大事に育て 現在に至っているとの事などを
そして今年の祭り本祭は3月1日との事 だがその日はあいにくの空模様の予報だ
何となく気の毒に・・・・・・
相手が天気じゃ仕方ないかも知れないがImg_9888桜が植えられている中ほどに美和桜と書かれた看板が立てられている
成程なー
美和地区に植えられているから美和桜かImg_9889それもいいか
名称は何とでもつけられるし
親しみも湧いてくるしな
半ば感心しながら桜見物して歩くImg_9891これは土手の上からだ
ハッピーとしては河原へも行きたかったようだが 今回はそれは無視するImg_9897兎に角 桜
花を見ていると ヒヨドリが凄い
木から木へ 花から花へ 花蜜を吸いながら巡り飛んでいる
その鳥たちを見ながら
こちらも花から花へImg_9902
Img_9903ハッピーもくたびれたのか 小休止
だが すぐに立ち上がり 次の行動へ
(下の写真は 土手の上から見た桜 ほんの一部しか写ってないが。)Img_9909再度土手の上にあがり 河原の方へさも行きたそうに見るも そちらへは今日は駄目
コッチだよといいながら
桜にピントを併せ シャッターを切る
ハッピーも妙に納得し 土手の上Img_9913さあ もう帰るか 今日はこれで散歩も終わりだぞ
Img_9916土手から降り 止めてある車に戻る途中後ろを振り返れば
桜の向こうに竜爪山が大きく見えていたImg_9919と云う事で お花見散歩の項はこれにてお終い
じゃあ 又ね。
そうそう 帰途 ハッピー例によって家までグッスリ。

写真撮影・・・・・・・・・・・2月27日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡市美和地区

桜の花言葉・・・・・・・・・精神の美しさ、 純潔、 神秘な心、 高尚


                         











































 

2015年2月27日 (金)

今年も咲いたよ沈丁花

2015年2月27日

何処からともなくいい香り

ドアーを開ければ 目に飛び込んでくる 沈丁花の花

一週間ほど前はまだほんの少ししか開花していなかった沈丁花
Img_9747こんなのが数個あったのみ

それが3日ほど前には5分咲き程度

今朝の事 散歩から帰ればほぼ満開に 9分咲きって処か

写真は後でと 先にハッピーの世話を済ませ

通院から帰った後に 改めて庭へ出て写真を その時 ほんわかホンワカいい香り
Img_9878株は3株 昨年は5株あったものの なぜか2株枯れてしまい処分する

それでもこれだけ花をつけ 周囲にこの花特有の香りを放ち始めている

お昼前の一時
Img_9879その時は風もそれほどなくポカポカしていた

ハッピーもそれが分ったのか外に出てきて日向ぼっこ

一応はリードを付け少しの間 ノンビリ過ごす
Img_9882いい天気だな そうだ午後はあそこへ桜を見に行ってくるか 勿論ハッピー連れて

その場は取り敢えず家の中へ

って事で 今日はこの辺で 次回は その時の事を。

最後にもう一枚
Img_9881じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・2月27日
場所・・・・・・・・・・・・自宅にて

沈丁花の花言葉・・・・・・光栄、 青春の喜び、 不滅、 信頼、 自然美、 楽しみ



                     














2015年2月25日 (水)

今日も行く 梅の花見に

2015年2月26日

昨日に続き今日も午後からだ
違うのはハッピーを連れている

昼前の事
そうだ明日は雨予報だったな
雨の降る前に ちょいと出かけて来るかと思い
午後からハッピーをいつものように後部座席に乗せ車を走らせる
行った先は市内服織にある洞慶院梅園

あそこのPは狭い 今から行っても空いているかしら
半信半疑で車を走らせる
自宅を出て凡そ15分
目的地のPへ着く
空いてた Uターンせずに済んで ホッと胸をなでおろすも
あーらら 花は?
ハッピーを降し 園内へ入って行けば
何とか咲いてた
見頃までは程遠いが まあいいだろう
例によっていいとこ撮りするか
ハッピーのリードを引いて行く
おいおい 向こうだよ そっちへ行ったら外に出ちゃうぞ
左手にカメラ 右手にリード 背中にはハッピー用の水が入ったザックのいでたちで
梅園の中を歩き回る
いい所を見つけハッピーを座らせ
Img_9836見れば 紅梅のピンク色が向こうに見えるが ハッピー上の空 どこ吹く風
それよりも何かが気に成る様子
だがリードを離すわけにも行かない
写真を撮った後 少し 行きたいように行かせれば
とある木の根元でクンクン
しばらくそんな事をしていたが やがて止めて歩き出す
Img_9838この梅園 老木が多く 中々風情のある梅園だ そのため梅の時期ともなると
おおぜいの人が花を見に来る
実際今日も次から次へひっきりなし
特にホームの御老人たちだ
その人達が入らないように写真を撮るのが難しいくらいだった
Img_9839そのせいかハッピーにも落ち着きが・・・・・

ここを離れて安倍城まで行かずとも途中まで登ってみるかと
歩きはじめたものの ハッピー 途中でストライキ
しょうがないな 去年までは喜んで登ったんだが・・・・・

再び梅園内を見て回る
Img_9840と云ってもそれほど広くはないこの梅園 すぐに突き当りだ
それでもいい場所を見つけ いいとこ撮りを繰り返す
Img_9842
Img_9848同じ木でもグルリ回れば見え方も変わってくる
風上へ回ったり風下へ回ったり
逆光気味に撮ったり
Img_9852満開でないだけ かえって撮りやすさも有るくらいだ
Img_9854そんな事繰り返している間に そろそろ飽きてきたハッピー
早く帰ろうよ と 催促する
Img_9860うん 分った分った じゃあ車の方に戻るか
Img_9857その前にもう一度そこへ座って見ろ
座った処を
Img_9868さあ 帰るぞ
リードを持てば ハッピーさっさと車めざし歩き出す

帰り 僅かな時間だが 車の中で寝てしまったハッピー
自宅到着後ハッピーを見れば 起き上がり窓から外を眺めていた

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・2月25日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡市服織洞慶院梅園
































2015年2月24日 (火)

桜と梅とレンゲソウ・・・・・今日も小坂地区で

2015年2月24日

今日の午後いつものように小坂へミカンを買いに出かける
売店に着き 小坂川の方を見れば おや 咲いてるな
河津桜のピンクが目に入ってきた

おばさん 桜咲いたねー 行ってくるから車おかしといて と 一言

おばさん 快くOK返事

カメラを持ち出し川沿いの桜の所に行けば
Img_9787かれこれ7分咲き
しばらく見入るも 川沿いに歩き出す
Img_9790何本あるんだろう
1,2,3・・・・・・・・・数えてみた 30本ほどあったか
だが木は大きくない
まだ若い木だ
これが満開になったら見事だろうなー
根元には菜の花も有るしな
Img_9792
Img_9795テクテク 高速の下をくぐり 道なりに150号線をくぐれば 再び小坂川沿い
今度は梅が目に入る

おやおや桜の次は梅ですか これもいいなーと立ち寄りレンズを向けるImg_9798
Img_9800なおも川沿いに行けば
今度は紅白の梅だ
数名のカメラマンがいた為聞いてみる
この梅は以前からあるんですか?と
そうだよ これは城**中学で管理してる梅で 見の収穫もその中学で という事だった
へー 成程ねー それにしても綺麗なもんですね
Img_9804改めて眺める
Img_9802
Img_9805橋を渡り対岸から改めて眺めれば 又 違う雰囲気が・・・・・

元来た道をテクテク テクテク
道端には先日以上に菜の花が咲き誇り 水路の際には ブルーのオオイヌノフグリ
濃いピンク色の仏の座 あるいはぺんぺん草の花 等々咲き誇っている
まさに春だ おや土筆も出ているよ
Img_9816へー 今年初だ 急ぎレンズを向けシャッターを切れば
あちらににょっきり こちらににょっきりだ
こうなるとレンゲソウは無いかと探したくなる
キョロキョロ キョロキョロ探せば
あった あんな所に咲いてるよ
Img_9833見れば あちらにもこちらにも春の息吹が咲き始めていた
Img_9834という事で 今日の処は これにてお終い じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・2月24日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市小坂地区

土筆の花言葉・・・・・・・・・意外、 驚き、 向上心、 努力

レンゲソウの花言葉・・・・私の幸福、 心が柔らぐ




































2015年2月22日 (日)

今が見ごろ?薄寒桜・・・・興津清見潟公園にて

2015年2月22日

昨日21日の事

朝食後 今日は午後から清水の清見潟公園へ行ってくるよ
明日は天気もあまり良くなさそうだし

何しに?何へ乗って?

うん 今 おそらく薄寒桜が咲いてる筈 電車で行くよ 興津駅まで
車で行っても置く所がね
だからハッピーは置いてくよ

分かりました 気を付けて

と云うわけで 昼食後 出かける
JR静岡駅までは徒歩だ 国道へ出れば15分ほどで着く
興津までの乗車券を購入し ホームにあがれば すでに電車は入線済み
走りだして30分までは掛からず興津駅
駅を出て旧東海道を信号でわたれば公園はすぐそこ

清見潟公園へ到着だ ここは国道1号と旧東海道の街並みに挟まれた
細長ーい公園 目指す薄寒桜はそこにズラリと植えられている

Img_9648上の写真が薄寒桜だ 河津桜よりも早く見ごろを迎える薄寒桜
行ったときは やや遅かったかなという程度
花を良く見ると茶色く変色し始めたものや 下に散り落ちたものがかなり有ったが
まずまず見ごろになっていた。
まずは公園東はずれまで行き そこから西はずれまでノンビリ歩くかと思い
歩いて行けば
黒い豆柴を連れた地元の小母さんと会う その犬 キョトンとした顔でこちらを
見ていた
思わずしゃがみこみ頭を撫でてやれば 喜び 体を摺り寄せ 挙句の果てには
腹まで見せた 聞けば2歳というしかも預かった犬だと
それにしても よくも人馴れしているものだと しばらくその犬と遊ぶ
Img_9663それがこの犬 1m程の高さの塀に乗せられ大人しくしていたっけ
この犬とおばさんに別れを告げ その後 薄寒桜を見て歩く
Img_9651考えてみると 昨年もこの薄寒桜を見ながら歩いた その前の年も
だがいつみても見飽きないから不思議だ
この桜 サッタ峠興津側登り口にも植えられている
今頃はさぞ綺麗な花を咲かせていることだろう
そんな事を考えながらのんびり歩けば メジロの声がそこかしこから聞こえてくる
見れば 盛んに花蜜を吸っているのが見える
良し あれを撮ってみるかと レンズを向ければ なかなか思うように行かず
やっと撮れたのがこれ
Img_9659もう一枚
Img_9660あれ あそこにはヒヨドリも来てるぞ
Img_9662ヒヨも花蜜が好きなんだなーと思いしばらく眺めていると
人の気配に驚いたのか 何処かへ飛び去ってしまった

なおも先へ行く
1ノーンビリと
脇腹のピリピリとした感じも 今は忘れている
Img_9667やがて清見潟生涯学習センターの前を通り過ぎ 2車線の自動車道を渡れば
グランドゴルフも可能な広場に
実際 この日も地元の人たちが数名 やっていた しばらくそれを眺めるも
やはり目は桜に行く
この広場 桜だけでなく梅も植えられており 今まさに花盛り
Img_9684梅と桜のコラボも見られる 嬉しい場所でもある
だが すぐそばを国道一号が走り 騒音も これだけは致し方ないが。
自らもその一号を利用しているのだから
まあそれはさておいて
今日のこのコースもそろそろ終盤だ
ここでじっくり眺めて行こうと 腰を据えれば
2うーん 綺麗なもんだ 春爛漫って処か
Img_9681上の写真は手前側に白梅 中景に薄寒桜 一番奥に緋梅
Img_9695これは白梅と薄寒桜のコラボだ
向こうにガードらしきものが見えるが国道一号線だ
さあ 十分満喫した事だし そろそろ帰るかと旧東海道に出て興津駅に向かう

帰宅すればハッピーが嬉しそうに飛びついてくる

御免よハッピー 少し休憩してから散歩だぞ・・・

と云う訳で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・2月21日
場所・・・・・・・・・・・・・・・清水区興津清見潟公園

桜の花言葉・・・・・・・・・精神の美しさ、 純潔、 神秘な心、 高尚
梅の花言葉・・・・・・・・・気高い心、 高潔、 忠義、 澄んだ心


                           
                         



































2015年2月20日 (金)

ミカンの里で菜の花巡り・・・・静岡市小坂にて

2015年2月20日

静岡市西部に小坂という地区が有る ひと山越えれば焼津市だ 小坂と云えば
静岡ではミカンの産地
又 すぐそばを東名高速と国道150号線が走る
毎年季節にはミカンを買いに出かけている

そんな小坂地区に菜の花が咲く
田んぼの畔 水路の土手 小坂川の土手 田圃の畔 ミカン畑の中にも

その風景を見知ったのは昨年だ
今まで何度も通るのにとんと気が付かず いや気にも止めていなかった風景
早速カメラを持ちハッピーを連れ出かけたのはやはり昨年 見知った翌日だった

そこで今年も行って来た 19日午後の事だ むろんハッピーも一緒に
何時もミカンを買う売店横に車をおかして貰い
水の入ったザックを背負い ハッピーを連れ 小坂地区を一回り

まずは小坂川の土手を歩き 田圃の畔を歩き

Img_9580菜の花を巡り歩く
Img_9584帯状疱疹の後遺症とも云うべき神経痛も歩いていれば脳裏からいつしか消えている
治ったわけでもないが その時は忘れているだけだ

ハッピーのリードを引き たまにはリードを離し 自由にさせることも
Img_9586右上に見える高架は東名高速だ
歩いている所は小坂川土手の上
しばらく歩くも やがて農道へ 道なりに歩けば
Img_9595何を見ているのか 流れの中をじっと見つめるハッピー
おい 行くぞ ハッピーを促し先へ行く
ここへ来るとき走ってきた通りを渡り 反対側の農道へ水路に沿って歩いて行く
水の流れは濁りも無く 綺麗なもんだ
Img_9600ハッピーもあっちをクンクンこっちをクンクン忙しい
Img_9605時折寄り道をしながら ノンビリ散策
ここは三方を山に囲まれ東側に開けた地形だ 冷たい西風も山で防いでくれる
まことに温暖な場所
ミカンの産地になるのもうなずけるいい場所だ
但し 富士山は山に阻まれ見ることはできないが、
山と云うと ここから登れる山は満観峰、日本坂峠、朝鮮岩、丸子富士、花沢山だ
特に満観峰はその展望の良さで人気が有る山だ
小生もハッピー連れて何度も登ってる山だ 日本坂峠経由で登ったり下ったり
まあ余談になってしまったが
Img_9606農道をなおも行く
Img_9619少し山へ行ってみるかと ミカン畑の道を進めば やがて急坂
Img_9620歩いてみれば意外と楽に
神経痛の痛みも出ず 何時もの様に歩けたことは嬉しくも有った
やがてハッピーの歩みが止まる
如何したハッピー?
もう帰るか?じゃあそうするか 無理することも無いからな Uたーん
この時リードを離してやれば
スタスタ下りだす
チョイト脇道へ入り ハッピーを呼び寄せて
菜の花咲き誇る場所で記念撮影と思い 座らせた途端 大欠伸
すかさずシャッターを
Img_9624見ているこちらも大欠伸 あ~あ
無理もない まだ冬とはいえ 陽射しはポッカポカ
風もなく 欠伸が出るのは当たり前
今度こそと思い下の方からレンズを向ければ うーん いい感じ
Img_9627さあ 帰るか と 言ったとたん 歩き出すハッピー
すかさず後を追う
Img_9628民家の間を通り抜け 車に戻れば 歩き始めてほぼ1.5時間
痛みも忘れて歩いたハッピーとの一時でした

尚、小坂地区を流れる小坂川土手には河津桜が植えられているが
どうかなーと思い見てみた するとやっと開花が始まった処
見頃を迎えるにはもう少し先になるだろう

帰り 安倍川を渡る頃から雨 何じゃいこの天気は
上空は雨雲が垂れ込め
ルームミラーで後ろを見れば今行って来た小坂地区はいい天気
竜爪を含める安倍東山稜も見えていた
家へ帰るまで雨 帰宅後しばらくしたら止んだが 全く妙な空模様だった

という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・2月19日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡小坂地区

菜の花の花言葉・・・・快活な愛、 競争、 小さな幸せ



























2015年2月15日 (日)

梅と富士山と霜柱・・・・・岩本山にて

2015年2月15日

14日午後の事

今から岩本山へちょいと行ってくるよ ただ ハッピーは置いてくね と家内に言えば
大丈夫?気を付けて

という事で 昼食後出かける

毎年この時期 早咲きの紅梅が咲くころ 富士山とのコラボを見たくて出かけている
行く度に大勢のカメラマンが紅梅と富士山のコラボを撮影している所に出くわすのだが
今回も同じ
行った時には三脚立てて皆同じように富士山方向にレンズを向けていた

その場所 三脚立てるにはちょうどいい場所 遊歩道からは外れているし
画面の中に邪魔なものは入らないし 写真撮るには全く都合のいい場所だ
小生もその中にお邪魔する
ただ三脚は立てないが・・・・・・

自宅を出てまずは北街道を清水方面へ 鳥坂ICから国一バイパスへ
清水ICから東名高速へ サッタトンネルを抜ければ富士山が綺麗だ
また蒲原トンネルを抜けると正面に富士山が大きく聳える
富士川SAからスマートICで県道へ
目的地の岩本山Pへはほぼ50分
車を降り ふと植え込みを見る
大きな霜柱 良し 帰りに撮って行くか
それまでお預けだ
まずは梅と富士山だ

梅園へ登って行けば 見えた 濃いピンクの花が
全体的にはまだまだだが早咲きの紅梅 富士とのコラボがちょうどいい場所に
植わっている
相変わらず大勢のカメラマン
その中に混じりカメラの仕度を

撮れた写真を見てみれば うーん なんかパッとしないな
何時もそうだ
今まで撮った写真の中で満足したものは一枚もない
腕が悪いのか 感性が悪いのか はたまた機材が悪いのか・・・・・・
うーん
その写真がこれ
Img_9540極々平凡そのものだ 一応富士山にピントを合わせる前ボケにて
Img_9542上の写真は場所は同じだが 撮る角度を少し変えたもの
Img_9545上の写真は白い梅と絡ませ 後ろボケにしたものだ
Img_9546これは近くの展望台にあがりズームアップしたもの
こうやって見るとどれもこれも平凡 ここへ載せるほどでもと思ったのだが・・・・
Img_95392上の写真は2枚目の写真とほぼ同じ角度で撮った物 ただ少し時間が異なるのみ

この公園 すぐ隣に射撃場 この日も大きな音が聞こえていた
風情がないとはこの事か
折角いい公園なのに・・・・・・・・・・・

その場を離れ園内を一回り 梅の木を見れば 蕾もはらんで今か今かと待っているような
もうしばらくすれば紅梅、白梅いりまじり綺麗に咲き誇るだろう
又 その頃には 大勢の人が梅の花を見に訪れる 県内でも有数の梅園である

そんな公園を後に 先ほどの霜柱を見にPの植え込みへ
おお まだ溶けずにいたな よしよし とレンズを向ける
Img_9570もう一枚
Img_9574さーて 帰るか
車に戻り元来た道をひた走れば 何だこの混雑
殆ど動かないぞ
参ったねこれは
多分あそこだと思うが

何時もの事だが富士川橋西側の交差点
始末が悪いと来たらどうしようもない
毎度の混雑 そこを通り過ぎれば全くどうという事も無く
由比から国一へ
鳥坂ICから北街道 それから自宅に戻れば午後の4時
ハッピー嬉しくて飛びついてくる 良し良しいい子だ
直ぐに散歩に出たのは言うまでもない

この日 出かける前の事 毎度の如く炬燵に入っていれば
ハッピーすぐ側で
Img_9537という事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・2月14日
場所・・・・・・・・・・・・・・・富士市岩本山にて 及び 自宅

























 


2015年2月11日 (水)

ハッピーと見に行く梅の花・・・・蓮花寺池公園

2015年2月11日

今日午後の事

チョイト出かけてくるよ むろんハッピーも一緒にと 家内に言えば

何処へ?

うん 藤枝の蓮花寺池公園 そろそろ梅も咲きだしていると思うから

昼食後 何時もの様にハッピーを車に乗せ出かける
当初は富士市にある岩本山へ行こうと考えていたのだが 時間的に無理となり
蓮花寺池公園と相成った

自宅から40分ほど 着いた時 公園駐車場はほぼ満杯
何だ今日は 何時もならガラガラの筈だが????
まあ いいか 取り敢えず置く所が有ればと 空いてるスペースを見つけ車を入れる
ハッピーを降しいつものように歩いて行けば
まあ 家族連れの多い事
祝日だから当たり前か 天気もいいし 暖かだしな
池の水面を眺めれば キラキラ反射する太陽光の眩しい事Img_9506

Img_9504取り敢えず先に古墳群のある山の上まで行き そこから又下るかと
池沿いの道をノンビリ歩き 途中からトリムコースに入る
まずは芝生広場に登りImg_9511

Img_9515トリムコースを歩き
石楠花園を横切り 山頂ベンチまでスタスタ スタスタ
ベンチで一休み
うーんいい眺めだ
其処からは焼津、藤枝の街が一望 向こうには駿河湾がひかり
春霞さえなければ伊豆の山々も
又 富士の山もボンヤリ見えていた
Img_9517さて 行くか ハッピーのリードを持ち トリムコースを下り始める
スタスタ スタスタ マイペースで歩いて行けば
おお 梅の花だよ 紅梅が綺麗な事
Img_9519ハッピー こっちだぞ まっすぐじゃないぞ ここを下るぞ
と 梅園の中の道へ入る
梅の下へハッピーを座らせ 記念写真を撮りながら
Img_9521
Img_9525この梅園
東向きの斜面に有り 上から見下ろす限り
全体的に見れば3分から4分といった処か
但し紅梅の咲き具合である
白梅はまだ蕾 もう少し先へ行かないと咲かないだろう
それでも梅見の人が結構来ていたことは事実である

なるべく花付きの良い枝を探し
ハッピーを座らせパチリパチリImg_9533
Img_9528
Img_9535時計を見れば早3時を指していた さて 帰るか 今帰れば4時には帰宅できるな
車に戻る
Pはいよいよ満車状態
へー すげーもんだ
半分呆気にとられ車を発進させる

ハッピー 車に乗せれば すぐに丸くなり 寝てしまった
家へ着いたところで 目を覚ます

という事で 今日はこれにてお終い じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・2月11日
場所・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園



























2015年2月 8日 (日)

今年も見に行く冬の牡丹園・・・・・可睡斎室内牡丹園

2015年2月8日

昨日2月7日の事

帯状疱疹後の神経痛もそれほど苦にもならなくなり ならば行ってくるかと
出掛けた先は袋井にある可睡斎
例年この時期に開催される室内牡丹園目当てだ

可睡斎と云えば徳川家康公とゆかりの深い寺だが
その事については今回は割愛するとして

やや早めの昼食を済ませ出かけたのが11時半
窓からはハッピーが顔をだし見送ってくれた
R1をひたすら西へ 土曜日と有っていくらか交通量は多かったものの
大体予定通りに可睡斎Pへ到着
駐車料を払い 可睡斎境内へ
何時もの正面山門からではなく横着して横から車道を入る

Img_9422この石段のすぐ下に出るからである
のぼり旗には雛祭りとある 1/11~3/15だって?それじゃあ牡丹と同じ期間だ
へー
まあいいか ついでに見て行けばと石段を登り上にある門をくぐり
社務所にて拝観料を払い中へ
毎年見に出かけている室内牡丹園 今年は如何だろうか
案内表示の通り行けば
廊下には至る所にひな人形
それらを見ながらまずは牡丹の部屋へ 咲いてたね
見事なもんだ
よくぞここまで丹精込めて咲かせたもんだ
早速レンズを向ける
写真を撮っていれば次から次へ訪れる人、人、人
土曜日だから当たり前の話だが
Img_9456
Img_9457
Img_9460その人達のいずれもが牡丹の花をパチリパチリ
Img_9464
Img_9466間隙をぬってこちらもパチリパチリ
一通り見終わった処でひな人形を見に行くも
こちらも凄い人
段飾りは聞けば32段1200体の数とか
へー 大したもんだ よくもまあ 感心しながら眺め
再度 牡丹の部屋へ
Img_9468もう一度改めて見回して 本堂へ参って 外へ出る
時計を見れば なんだ まだこんな時間か
1時間ほど中にいただけだ
それでも今帰れば4時には家にいるなと車に戻る
石段を下りてPへ向かう途中
あら懐かしや 在職していたころの会社の事務の子に逢う
しばらくそこで立ち話
又の機会にと別れ車へ
辺りを見回せば おお 紅梅が咲いてるよ 少し撮って行くかと
そちらへ寄り道
Photoもういいか 車に戻る
・・・・・・・・・・・・・・
R1へ戻り一路静岡目指す

家へ帰った時 ほぼ予定時間通り

ハッピー喜んで飛びついてくる

ただいま 今から散歩だぞ
カメラを置きすぐに散歩に出かける

という事で 今日はこの辺で 最後に牡丹のコラージュとハっピーの写真を
Photo_2
Photo_3では 又次回に じゃあね。

写真撮影・・・・・・・・・・・2月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・・牡丹、梅・・可睡斎
              ハッピー・・・自宅炬燵の中





























« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック