無料ブログはココログ

« お城と掛川桜・・・・掛川にて・・・part2 | トップページ | 開花寸前 駿府城公園のソメイヨシノ »

2015年3月17日 (火)

平沢へ・・・・子供の頃歩いたあの日の道を

2015年3月17日

時々どうしても行きたくなる いや歩きたくなる道が有る
子供の頃よく歩いた道 遊びに行った場所等々

平沢もその内の一つ

昔 静岡市と合併する前は 清水市でもなく 安倍郡であった所
小学校高学年の時静岡市に合併吸収され
静岡市平沢となった
うろ覚えだが 当時は本当に山の中って感じだった

だが今は隔世の感じ
道路は舗装され 道中にレストランは出来るし
昔 セリやタニシなどをとった田圃は埋められ住宅地に
まあその変身ぶりは見事なもんだ
又 射撃場が有ったり 静岡学園のサッカーコートが有ったり

それでも時折どうしても歩きたくなる道
それが平沢路だ 15日その道を歩いてきた ハッピーは留守番させてImg_0191旧東海道の中吉田と云う所から入り平沢まで1kと少し
時間的にはそれほど掛からない 普通ならばの話だが

だが中々そうはいかないImg_0184あっちへ引っかかりこっちへ引っかかりImg_0192途中から舗装道路から離れ川沿いの道に入る

沿道に咲く小さな花に見とれたり
流れの中に咲く花を見とれたり

Img_0198全くノンビリ歩き
もし ハッピー連れてたら 如何いう事になっていたのか
結果的には連れてなくて正解だった・・・日曜日でもあり射撃音が半端じゃなかったImg_0199上の写真の川 吉田川と云う 下流部は巴川に合流し清水港に流れ込んでいる
今から40年ほど前の事 七夕豪雨というものが有った 静岡から清水にかけ
未曽有の大水害を起こした豪雨だ
この吉田川も例外ではなかった
それ以前は綺麗な水を湛えた沢と云った方がピッタリな感じの川だった
両岸にはビッシリと竹
その竹でよく実鉄砲を作ってあそんだものだ
又 川では魚釣り 沢蟹とりなど 秋には栗ひろいなどで遊んだものだった
だが 例の豪雨以来 川底を掘り下げ 両岸をコンクリート護岸に
災害を防ぐ観点から見れば仕方のない事かも知れないけど・・・・Img_0205ここまでくれば平沢も近い が 待てよ
右側の畑に目をやればImg_0207土筆だ
子供の頃は良く採って行ったもんだ
むろん食べるために
今は 見て春の息吹を感じるだけだが・・・・

さあ いよいよ平沢 少し道を外れ小高い場所にあがり後ろを振り返ればImg_0212はるか向こうに竜爪山が そして今歩いてきた道が見える

おーっと今日の目的はもう一つ有った
それは観音様にお参りすることだ
子供の頃もそうだった
平沢へ来れば必ず手を合わせる観音様
平沢観音という
お寺は 真言宗智山派布袋山平澤寺(ヘイタクジ)
安倍七観音の一寺だ
観音様は千手観音菩薩 3月生まれの守護仏でもある

その観音様の前に着いたImg_0217山門をくぐり
正面に見える石段を登るImg_0221そして観音堂の前にImg_0222そして 静かに手を合わせる
正面に見えるのは般若心経が刻まれた摩尼車 一周回せば経文を読んだのと
同じ功徳が有るとか
むろんそんなものは必要なし
心の中で静かに心経を念じていた

清々しい気持ちになった所で
さて 帰るかと 観音様の前を離れる

そんなこんなで往復かれこれ2.5時間ほど

凡そウォーキングとは云えない一時でした
最後に静岡らしく茶畑の風景を
Img_0236と 云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・3月15日
場所・・・・・・・・・・・・・静岡市清水区平沢界隈

ミモザの花言葉・・・・・・友情、真実の愛、秘やかな愛、豊かな感受性、堅実、エレガンス

白モクレンの花言葉・・自然愛

土筆の花言葉・・・・・・・意外 驚き 向上心 努力

« お城と掛川桜・・・・掛川にて・・・part2 | トップページ | 開花寸前 駿府城公園のソメイヨシノ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パパさん!
子供の頃が懐かしくなる季節なのかな〜
私も同じですが故郷の風景がだんだん消えて行きますね。
自分が長く生きていると言うこと?
振り返った風景に見えるのはあの頃だね〜

子供時代に遊んだ道は。。。道路が舗装されてなくてボンネットバスが通ると砂ぼこりを浴びていた記憶が・・・(大昔デス)

パパ様は綺麗な景色に恵まれた環境にて楽しい子供時代を過ごされたのですね。

せせらぎさん

そう 目に見える物は現代でも 振り返って見える風景はあの頃だよ それだけ年をとったのかな?

てんこさん

綺麗かどうかは分らないけれど 環境に恵まれていたことは確かですよ 春は蕨、セリ、三つ葉などの山菜がり 夏は蝉を追いかけ 川では魚釣り 秋には栗ひろいやアケビとり等で暗くなるまで遊んでいたものです。
今の時代とは隔世の感ですね。

(*^-^)色色な思いが溢れてきたことでしょう。

のんびりのんびり・・それが1番かもですね。
私も田舎の道を思いをはせて歩いています(*^_^*)

懐かしい子供の頃が思い出せる場所があって良いですねぇー(゚ー゚)flair
ちびっ子の頃から引っ越してましたから・・・
遊んだ記憶はいっぱいあるけど、その土地に行かれません。

パパさん、
ヒミツの隠れ場所は?

こんにちは~四万十今日は雨と成ってます、☂此れからは雨が多くなってきますね、
花たちには可哀そうcoldsweats02パパさん お身体はも~全然大丈夫そうですね、
長時間お出かけしても、平気そう??

年を取ると(笑)昔の事に思いを馳せますね~
私も実家に行く度 よく思います、行くとぱぁ~と子供時代の事が浮かんで来ますし、
山で遊び・川で遊びでした、happy01
やっぱ落ち着く場所だな~っても思います、同級生の事も思ったりしますし^^

木蓮も咲き始めましたheart01

こころぐ郁美さん

うん 何度も歩いてるんだけど 歩くたびに思い出すよ 子供の頃のことをね。学校から帰ると鞄放り出して遊びに行って暗くなるまで帰らなかった思い出 走馬灯のように思い出すよ。

tuba姐さん

秘密の隠れ場所だって?そんなものないよ 山全体が隠れ場所だったもの。

御前さん

そうですね あの頃はってね 自然が豊かでいい環境でした 今でも良く行くんですが やはり子供の頃過ごした場所は心が落ち着きますね。街中とは違いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/61289318

この記事へのトラックバック一覧です: 平沢へ・・・・子供の頃歩いたあの日の道を:

« お城と掛川桜・・・・掛川にて・・・part2 | トップページ | 開花寸前 駿府城公園のソメイヨシノ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック