無料ブログはココログ

« 展望の山 御坂黒岳へ・・・part2・・緑眩しい登山道 | トップページ | 今年も収穫近づくビワの実 »

2015年5月20日 (水)

展望の山 御坂黒岳へ・・・part3・・下山

2015年5月20日

前回の続きです

時計を見ればやがて10時半 へー ゆっくりしてたもんだな
そろそろ行くか
今行けば 新道峠あたりで昼だ
と 腰を上げ ザックを担ぎ 歩き出す

足元に咲くスミレやフデリンドウなどを見ながら ノンビリと下って行けば
おやエンレイソウだImg_2317久々だな この花を見るのは
頭の上にはオオカメノキImg_2318青い空をバックに白い花が良く似合うImg_2321これは何スミレって云うんだろうか そこかしこに咲いていた
無論 薄紫色したスミレもImg_2322この日は日曜日 それだけにハイカーも多い
行き交う人たちとあいさつを交わしながら新道峠を目指すImg_2325途中 横道へ入ってこんな風景を撮りながら
そうこうしているうちに 下り坂も終わり平坦な道にImg_2327何処までも続く緑眩しい縦走路
足元に咲く 小さな花たちを見ながら歩いて行けばImg_2335          これは フデリンドウ 小さな愛らしい花だ

やがて登り道に入る 大して急登でもなく 間もなくピーク
破風山だImg_2339昔のガイドブックにはこうあった この破風山は一面の草原で眺望も欲しいままと
だが 今は 樹木が育ち かろうじて隙間から富士山が見えるのみ
3角点もないし長居は無用と
先へ行く
直ぐに下り坂
しばらく降りたところでまたまた寄り道
左へ入れば展望台 そこへ入り込み レンズを向けるImg_2348ツツジが咲いていればと思ったのだが これだけはどうしようもない
撮るだけ撮って縦走路に戻る
なおも下る
もうすぐ新道峠と云う所に もう一つ展望台
其処でも一枚Img_2357これをカメラに収め 再び縦走路に
ふと足元を見ればImg_2361クルマツクバネソウだ
他にも有るかとキョロキョロしてみたが 結局このひとつ
だが 変わった花ではこんなのもImg_2364変わった花だなー 何て花なんだろう 何れ分かるだろうと
一応カメラに収める
そんなこんなで間もなく新道峠
普通に歩いていれば黒岳から1時間も掛からない工程を
ユックリ、ノンビリ歩いてかれこれ1.5時間
さて昼にするか
適当な場所にザックを降し 座り込む
正面に富士を眺めながらImg_2370峠からまっすぐ進めば御坂の山の縦走路 左へ行けば川口湖畔の大石へ
右は林道経由で芦川へ
もちろん右へ
ひとしきり下れば登山道も終わり 舗装された林道に出る
後は 道なりに行けば 車を止めてあるスズランの森Pだ
ここまでくれば慌てることも無いだろうと
富士の眺めに別れを告げ のんびりと下り始めるImg_2382途中 頭上を見上げれば 緑が何と眩しい事よ・・・・・・

何処までものんびり歩き車に戻ったのは1時を少し過ぎたころ
折角ここまで来たんだから スズランも少し覗いてくるかと
身軽な服装になり スズランの森へ
一回りすれば ボチボチ咲きだしていた日本スズラン
可憐な白い小さな花が・・・・・
その事については 又 機会が有ればと云う事で
取り敢えずは ひとまず この項 終わります。
最後にもう一枚Img_2375御坂の山のはるか向こうに南アルプス
一番右が甲斐駒
その左が早川尾根から鳳凰連山
雪を被った高い山が北岳と間の岳だ

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・5月17日
場所・・・・・・・・・・・・・御坂黒岳界隈

エンレイソウの花言葉・・・・奥ゆかしい美しさ、 落ち着いた美しさ、 叡智、 熱心

オオカメノキの花言葉・・・・以心伝心

スミレの花言葉・・・・・・・・・・謙虚、 誠実、 小さな幸せ

フデリンドウの花言葉・・・・・真実の愛、本当の愛、正義、誠実、高貴

ツクバネソウの花言葉・・・・・淡い夢、淡い恋、友情

























 















« 展望の山 御坂黒岳へ・・・part2・・緑眩しい登山道 | トップページ | 今年も収穫近づくビワの実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
黒岳、素晴らしい山ですね✿
何と言っても、眼下に河口湖を臨みながら、まっ正面にドカ~ンと見える富士山がきれいです!(^^)!
お天気に恵まれて最高の山日和でしたね♪
新緑も輝きを増し、残雪のアルプスもよい風景で✿
ところでクルマツクバネソウ、初めて見ました@@
とっても変わってるのですね♪
勉強になりました^^

ええ 素晴らしい山です ただ蠅には閉口しましたがね。ツツジが満開になる頃ならまだ素晴らしかったと思うんですが・・・
クルマツクバネソウ・・私もこの花を初めて見た時は 変わった花だなーと思わず
見入った憶えがありますよ
どの位前だったのかな それからですツクバネソウが咲くこの時期 毎年訪れるように
なったのは。

やっぱり山に登らなければ、この雄大な景色は見られない
と実感します。
山野草も本当によくご存知ですね。
それにしても↓のリュック大きさに驚きました!

おお!!富士山に湖と雄大な景色は圧巻ですね。
可愛い花達と対照的notes
小さいものから大きいものまで、飽きないでしょうねえ。

舞さん

そうですね 山ならではの景色ですね 山野草の名前はまだまだですよ 分らないものが有れば図鑑を開いてますから。リュックはまあ慣れですからね 自分ではそれほどって思ってます。

Mikikoさん

富士の眺望と足元の小さな花達 良いでしょう それが見たくて 毎年のように行くんですが まず 見飽きませんね。それより昨年はなんてその場で比べて眺めてるくらいですから。それが又楽しくて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/61613876

この記事へのトラックバック一覧です: 展望の山 御坂黒岳へ・・・part3・・下山:

« 展望の山 御坂黒岳へ・・・part2・・緑眩しい登山道 | トップページ | 今年も収穫近づくビワの実 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック