無料ブログはココログ

« ハマヒルガオ咲く海岸・・・・・静岡海岸 | トップページ | 竜爪山へ・・・・part2・・下山 »

2015年5月28日 (木)

竜爪山へ・・・・安倍東山稜最南端の山・・part1

2015年5月28日

何年振りだろう いや何十年か 子供たちが小さかった頃 家族で登った山
竜爪山
駿府公園東御門の所から見ると 双児峰の山が聳えて見える
それが竜爪山だImg_0894奥の方が薬師岳 手前が文殊岳 一等三角点の山だ
標高は文殊が1041m 薬師が1051m
三角点は文殊側にある

この山に登るルートは幾つか有る
一つは平山からのルート しかもこちらには旧道、新道、車でも通れる林道がある
一つは即沢からのルート
一つは俵沢からのルート
一つは牛妻からのルート
一つは清水側西里からのルート これは東海自然歩道にもなっている
今回登ったのは平山から旧道を通る
一番オーソドックスなコースである

27日自宅を7時45分だったか出発 途中昼食を仕入れ
平山からの旧登山口に40分弱で到着Img_2513足ごしらえをし 歩き始めたのは8時半
長尾川の源流沿いに登り高度を稼ぐ
竜爪山は昔からの信仰の山 ここでは細かい事は述べないがImg_2515この旧登山道 中々の急登

それが中腹の穂積神社まで続いているImg_2522急登とは云え上の写真の様な所ばかりでもないが
12丁まで行った時 左側に文殊の山頂が見えたImg_2525樹林帯の中の登り それほど暑さは感じず 快調に歩く
登山口から1時間ほどか
穂積神社到着Img_2533ここの祭神は 大己貴命と少彦名命 拝殿で手を合わせ 再び登山開始
この拝殿 昔はもう少し上に有ったのを憶えている

穂積神社を後にすれば しばらく杉の巨木の間を歩くImg_2539そして昔の神殿跡を通り過ぎ
いよいよ本命
昔登った時は木の根、草の根をつかまりながらよじ登った記憶がある
それが東海自然歩道に組み込まれてからは
階段の連続だ
どちらが良いとは云わないが 少々 心に引っ掛かるものも有る事は確か
とは云うものの登山道は登山道
ユックリユックリ登って行くImg_2540すると一時樹林が切れて 向こうに富士山が
が 直ぐに樹林の中Img_2543道は相変わらず階段の連続
う回路は有る事は有るのだが・・・・・・・

そうこうしていればやがて薬師岳山頂稜線に飛び出す
向こうには先ほどと変わらない富士山がImg_2545そのまま真っ直ぐ行けば俵沢方面に
山頂へは左へ行く
樹林の中をほんの5分も掛からず薬師岳の頂きImg_2548標高1051mだ 登山口からの標高差凡そ800m 時間にして2時間ほどで登ってきた
目指す文殊はこの先
一旦鞍部に下り もう一度登り返しだ
ツツジ咲く尾根道をノンビリ行けばImg_255120分位だったろうか いやもっと短かったような気がする 兎に角11時少し前到着
Img_2564この時すでに大勢のハイカーが思い思いの場所に陣取り
昼の宴を
小生も適当な所にザックを降し
まずは三角点をImg_2558撮るだけ撮って 腹も減ったし
昼にするか
後は その後のことだ と 握り飯を口に放り込み始める

という事で 今日は この辺で この続きはまた次回























« ハマヒルガオ咲く海岸・・・・・静岡海岸 | トップページ | 竜爪山へ・・・・part2・・下山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

o(*^▽^*)oどこでも富士山が見守ってくれてるんですね(^_-)-☆

思いっきり歩いてみたいです。次回を楽しみにしてます。
一緒に歩かせて下さいね~・・run

こころぐ郁美さん

ええ そこが良い所なんですね 例えこちらから見えなくても 向こうからはズーッと見えてますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561909/61653279

この記事へのトラックバック一覧です: 竜爪山へ・・・・安倍東山稜最南端の山・・part1:

« ハマヒルガオ咲く海岸・・・・・静岡海岸 | トップページ | 竜爪山へ・・・・part2・・下山 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック