無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

ネムの花 風に吹かれてユーラユラ・・・安倍川河川敷にて

2015年6月29日

28日午後の事
牛妻まで行ってくるよと 出かける 暑いさなかハッピーは留守番だ
自宅を出て県道梅が島線に入り25分~30分
牛妻にある山村交流センターのPに入る
其処へ車を置き 安倍川へ
目的は ネムの花

まずは河川敷へ下りる前に安倍川上流方向へレンズを向け一枚
その後 河川敷に下り目的の花を訪ねる008花と単純に行っても草ではない
立派な木 マメ科の落葉高木で 夕方になると睡眠運動により小葉が閉じる

梅雨を迎える頃 咲き始めるネムの花 枝いっぱいに咲く花を
今までも行こう行こうと思いつつも中々行かなかったが
今回はついに見に行ったわけであるImg_2917河川敷の中につけられた道を キョロキョロしながら合歓の木を見れば 咲いてた
ピンクの花が 折からの風にあおられ
ユーラユラ ユーラユラImg_2919ピントが折角あっても風で揺らされている為 ちゃんと写るかどうか分らない
ままよとシャッターを押し 確認しながらの撮影となるImg_2922今回も一眼とコンデジの競演だ
上の方に有るのは一眼 目の前にあるのはコンデジでImg_2927この場所 何回か来ている場所 むろんハッピー連れて
従って 何処に木が有るのか見当はついていたImg_2933上の写真でバックは安倍東山稜の真富士山 標高1300mを越す山である

Img_2936下は 河川敷の中にある親水公園である
夏休みともなれば子供たちの声で大賑わいとなる場所である017ここまでで車を置いてから凡そ30分
日陰がないから 風は通るものの 兎に角暑い Img_2941もう少し先まで歩き同じ道をUターン
もしハッピー連れていたら
帰りは どうなっていたんだろう
置いてきて正解だ・・・・・・・・・・Img_2929写真撮りながら往復で大体1時間と少し

家へ帰ればハッピーが思い切り飛び出してきた
お父さん 何処へ行ってたのと云わんばかりに

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

ちなみにネムの柔らかなハケの様な花はオシベの集まりで 固まって咲く様子は
幻想的でもある

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・・6月28日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安倍川河川敷

ネムの花言葉・・・・・・・・・・・・夢想、 歓喜、創造力

























2015年6月28日 (日)

梅雨の晴れ間の夕焼け空

2015年7月28日

昨日27日の事
夕食後いつものようにハッピーを寝かせつけていた時
家内の呼ぶ声
何だと思い返事をすれば
空が凄いよ 気が付かなかった?
その返答に窓の外を見てみれば 確かに凄い 空一面の夕焼け
へー すげー夕焼けだ ハッピーが目覚めないことを確認してから
慌ててすぐ側にあったカメラを持ち出し外へ(カメラはコンデジ)
そして兎に角一枚
だが家の前からではいかんせん電線だらけ
そうだ 橋の上まで行ってくるよ
間に合わないかも知れないけど・・・・

007急ぎ自転車を走らせる
だが こういう時ってのは 中々思うに任せずだ
空を見上げながら 内心 間に合ってくれー・・・・・・・
数分後 安倍川にかかる駿河大橋上に 何とかだ ふ~011橋の上には3か所ほど出っ張りがある 一番近い所の出っ張りまで行く むろん歩道だ013そう言えば久しぶりの夕景だ
冬ならいざ知らず 今どきの夕景って 何時だったかなー
夕景の時間帯は大抵食事中 おまけにハッピーを寝かしつけている時間帯だ
さてさて 折角来たんだから このショーが終わるまでここでゆっくりするか015だが 持って来たカメラはコンデジ 上手く撮れるんだろうか内心不安だったことは
言うまでも無い024広角にしたり望遠にしたりして 良い所を見定めてシャッターを押し続ける032だが このショー 時間にすればほんの数分 あっという間に終わりを告げる
帰路 向こうには富士山がすっきりとその姿を現していた 雪のない夏姿を029もう一枚 お茶の広告ネオンをここに載せて この項終わりとする030じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・6月27日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅前 及び 駿河大橋上




2015年6月27日 (土)

3年ぶり 桔梗の花園へ

2015年6月27日

昨日25日の事 久しぶりに森町にある桔梗寺へ行く
何年振りだろう 調べてみると 前回見に行ったのは2012年9月だ
あれから3年目か 少しは変わってるかな
半分楽しみに出かける

無論 ハッピーは留守番だ 寝ているハッピーの顔を眺めながら家内に頼み
車を出す
R1を一路西へ
安倍川、大井川を越え牧の原を越え掛川から県道40号線へ
森町に入り新東名とクロスする辺りで右へ曲がれば ほどなく着く

鹿苑山香勝寺 いや桔梗寺と云った方が通りが良いだろう
日本三大桔梗寺として有名なお寺である
今は一番咲きのシーズン
6月上旬~7月下旬にかけ園内には約15種類、4万株、100万本の桔梗が咲くと云う

Pへ車を置き大きくはないが立派な山門をくぐり058数メートルほどの参道を歩き前庭から左へ桔梗園へ
受付で入園料を払い中へ
入ればすぐに桔梗のお出迎え029ざっと見渡した処 満開とまでは行ってなかったがほぼ見ごろに
青紫、白、ピンク、斑入りなど
おまけに一重や八重咲き そのほかに蓮、女郎花、紫陽花、萩等々 まさに花の寺
そのものだ024
025日は高い ユックリ回るか
でもこの蓮何時から有るんだろうか
それと やはり以前とは少し違う
広くなったのかな
まあいいか 後で聞いてみれば・・・後で聞いたところやはり少し広くしたとか030撮りながら歩くのだが 風が強い
その風にあおられ 桔梗の花も右へ左へ ユーラユラユーラユラ
ピント合わせも一苦労034それと前に来た時とは違って白いのが多くなっているような040上の写真は斑入りの花だImg_2859
Img_2867紫陽花と上手くコラボが撮れればなんて探してみたが そう上手くは行かず
それでも女郎花は桔梗をバックに何とかImg_2894そう言えば 女郎花、桔梗は秋の七草の仲間だ
門前に萩と撫子が咲いていたからこれで四つ
そんな事考えながら桔梗の間を行きつ戻りつImg_2872裏山へ続く道を登って行けばImg_2884向こうに新東名が見える
寺域から離れ 茶畑の方へ少しばかり歩いて行くも
直ぐにUターン
再び花園へ入るImg_2892
Img_2874それにしても暑い 風は有るものの 兎に角暑い
喉も乾いたし
出るか 桔梗の花に少しばかり後ろ髪をひかれるものの 園外へ
そこで喉を潤し
改めて観音堂で手を合わせ
桔梗寺を後にする
帰路も県道40号線からR1へ ひたすら静岡目指す

帰宅後 直ぐにハッピーの散歩と相成る

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・6月25日
場所・・・・・・・・・・・・・森町香勝寺

桔梗の花言葉・・・・・変わらぬ愛









































2015年6月24日 (水)

今日のハッピー

2015年6月24日

天気もいいし 今日は何処へ行くかなー なんて思っていた午後

眠ってしまったハッピーの顔を見ていたら
014結局出そびれた

まあいいか そう しょっちゅう留守番をさせては可哀そう

今日は一緒にいるか

枕並べて Zzzzzzzzzz---と相成る。
016


昼前の事 確か10時ごろだったか 盛んにこちらを見る

ん?外へ行くんか?

裏のドアーを開けてやれば思い切り外に飛び出すハッピー

飛び出したは良いけど そこで 私が出るのをちゃんと待っている

リードを付けると始めて歩き出す ユックリと 本当にユックリと005行きたい所は すぐ近くの公園 そこを一回りすれば それで気が済むハッピー

帰ってきて ちょっと一休み009
013少し外へ出て気分的に落ち着いたのか リードを外し ドアーを開ければ

家の中へ だがハッピーにとって高い段差 少し躊躇するものの何とか飛び込むハッピー

出る方は簡単に出られるのだが・・・・・・・


家にさえいれば毎日この繰り返し

外へ出しても遠くへ行こうとしなくなったハッピー

朝夕の散歩も然り 家の近所を歩くだけとなった。

車へでも乗せて行かない限りは。

だが今までの様に無理はさせられない 少しでも長く一緒にいる為に。

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・6月24日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅




 

2015年6月23日 (火)

咲き乱れる紫陽花・・・・南部町内船公園

2015年6月23日

今年も行って来た 山梨県南部町内船公園へ

先日 清里のクリンソウを見に行った往復 R52号沿いにある道の駅富沢に立ち寄る
そこで目にした南部の紫陽花祭りのポスター
期間を確認すれば6/19~6/28と有った なら 又都合付けるかと
ここなら半日でもOKだし

6月22日月曜日 早めの昼食を済ませ 出かける ハッピーは今回も留守番
内船公園までは興津からR52で行っても2時間とは掛からない
ちょっとしたドライブだ
家を出たのは11時 現地到着は1時15分ほど前だったか

係の人の誘導の元 車を置き 一応入園券なるものを購入
祭りが終われば入園料なるもの一切関係ないのだが 仕方あるまい
目の前がもう紫陽花園である

001ここの紫陽花 種類が90種 株数は30000株
山梨の花の名所として登録されているとか
この公園 今回で3度目だが だんだん増えているような まあそれは兎も角
園内を写真撮りながら一回りImg_2800カメラは一眼とコンデジの競演だ0262台を適当に使い分けるImg_2801
020流石祭りと有って 来るわ来るわ 次から次へ花見客
又 この場所 内船山という山の上野為眺望がいい
今回は会えて撮らなかったが眼下を富士川の流れ
その流れに沿うように南部町の街が伸びる
又 天気さえ良ければ 安倍東山稜が屏風の様に立ちはだかっているのが
見えるのだが あいにくの雲の中
かろうじて下十枚の山頂が雲の間から僅かに確認出来た程度
ただ 東山稜の手前側に聳える篠井山と云う山はかろうじて見えていた
後ろを振り返れば思親山(ししんざん)日蓮上人が身延の山頂からこの山越しに
はるか故郷の房州方面をみてご両親を思い偲んだ処からつけられた山名だと聞いている
021中央の一番高い所がその思親山 左のV字の所が佐野峠
富士の眺望がすばらしいという 又 8月の何時だったかダイヤモンド富士が
見られる場所だというが・・・・・・

又 南部町は甲斐源氏南部氏の発祥の地でもある
町内を巡ればいろんな史跡に巡り合えること必定 巡った事はないのだが・・・・

目を足元に戻せばImg_2805バックのぼかした所は富士川と南部の街並みだImg_2807これも 敢えてボカシテはいるが 背後に見える山が篠井山と下十枚Img_2812これも花にピントを合わせ バックはぼかしているが はるか向こうに
安倍奥八紘嶺から延びる尾根と その後ろには七面山が見えている037遊歩道を登ったり下りたりしながら 花と語らい歩くImg_2822山の上とは云え やはり暑い
ただ曇っている為 直射は無い それだけが救いだ
又 この山 サクラが多かった 時期にはこれまた凄いだろう
咲き乱れる桜の下で
紫陽花を見ながら桜咲く時期を想像してみたのだが・・・・・・・
で 後 もう一枚Img_2837十分紫陽花を堪能し車に戻り
その場で しばし 係の人と写真談義
どの位話をしていたんだろう 見せて貰ったお礼を言い この場を後にする
帰れば午後4時を少し回った処
ハッピーの散歩も済ませてくれたあった。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・6月22日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・山梨県南部町内船公園

紫陽花の花言葉
・・・・・・・・移り気、 高慢、 無情、  辛抱強い愛情、 冷淡

 
































2015年6月20日 (土)

蓮の花と紫陽花と

2015年6月20日

19日の事 何時もの様に午後からではあるが
咲いているであろう蓮の花を見に藤枝蓮花寺池公園まで出かける

今までならハッピーも連れて行ったのだが 今回は家へ置いて行く

昼食後ハッピーが寝入ったのを確認し出かける
持って行ったのは望遠ズームを取りつけた一眼レフ一台

Pへ車を入れ早速 池へ
ハッピー連れて菖蒲の花を見に行った時はまだ蕾だった蓮
咲き始めていたImg_2737中にはすでに散ってしまったものも見受けられたが これからが本番だ

蓮の花は
開花初日は朝6時ごろから花弁が開き始め3~4cm程開いたところでいったん閉じる
次の日早朝から咲き始め9時ごろには満開に そしてまた閉じ
3日目最大に開き昼ごろには閉じ始め 完全にとじないまま夜を迎え
4日目の朝完全に開き そのまま散るとか
講釈云々はべつにしても綺麗な花であるImg_2739ハッピーを連れていない為 なんとなく手持無沙汰の様な だが気にする必要もない為
ゆきつ戻りつ これだけは自由気ままであるImg_2740この公園 池の周囲の周遊道沿いに紫陽花も植えられており それが又見ごろ
丁度いいからこれも撮って行くかと 掛け持ち撮影
コラボが見れればなお良かったのだが これだけは致し方なしImg_2748
Img_2756
Img_2760
Img_2765ついでの事ながらこんなのも撮って見たImg_27792トンボの飛んでる所だ 偶然にも撮れたってとこだがImg_2792池の周りを一回りし その後 もう少し歩いてくるかと あと1/4周ほど歩きUターン

家へ帰れば ハッピーが玄関先で座りドアーの方を見て帰りを待っていた。

最後にもう一枚Img_2794という事で 今日はこれにて じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・6月19日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園

蓮の花言葉・・・・・・・・・・
雄弁、神聖、清らかな心、沈着、休養、神聖、離れゆく愛

紫陽花の花言葉・・・・・・移り気、 高慢、 無情、 辛抱強い愛情、 冷淡


                         




























2015年6月18日 (木)

しまった 寝すぎた・・・・

2015年6月18日

空は鉛色 9時ごろからは降ったり止んだりの繰り返し

昼食後 ハッピーと枕を並べ昼寝・・・・・・・・・・

目が覚めた時

あら もう3時?

しまった 寝すぎた ヤレヤレ

外を見れば しめた降ってない まだ寝ているハッピーを半ば強引に起こし
001急ぎ外へ連れ出す

空は今にも落ちてきそうな雲行き

だが ハッピー なんとなくボケーっとした面持ち

無理に起こしたから無理もないのだが

それでも何とか歩き出す
004トイレを済ませ 一回りしてきて一休み この時はもう家の前だ
006その時 落ちてきた
008ついに来たか

ハッピー 入るぞ

始めはポツリポツリ その内音を立てて落ちてきた

間一髪 家の中へ

もう少し早く起きていれば まあいいか こんな日も有るさと

梅雨の日の午後の散歩の一時でした。

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・6月18日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅界隈



2015年6月17日 (水)

クリンソウ咲く八ケ岳の森へ・・part2・・羽衣池へ

2015年6月17日

前回の続きです

そして 行って見るか羽衣池まで と ブラブラ歩き出す
それでも残っているレンゲツツジや山ツツジの花を眺めながら。

遊歩道 いや 登山道 兎に角そちらへ戻り 羽衣池方面へ
池へはこの美しの森へ来るたびに行っている
丁度いい散歩コース
確かハッピーも連れてきたことが有った もう 何年か前の話だが
頭の上には更紗満天星
裏年とはいえ中々綺麗に咲いているImg_2676森の奥の方にクリンソウを見る 道路から外れ そちらの方へ
足元にはチョロチョロと綺麗な流れ 成程ねーImg_2685撮るだけ撮って元に戻る
このあたり やや標高が高いせいか 森の中には まだ山ツツジが残っている
例によって良いとこ撮りImg_2687おっと 又 見っけ クリンソウ
こちらも流れの有る所だImg_2693道はやがて登りに差し掛かる 始めは写真の様な感じだが その内
木の階段に055凡そ歩きにくい階段道を登る事15分歩いただろうか058羽衣池に飛び出すImg_2694標高1600mを少し超える場所だ 流石 ここのツツジは今が盛りImg_2698数こそ少ないが綺麗に咲いていた
取り敢えず池の周りを一回りImg_2699ベンチに腰を降し 腹ごしらえ
登山道としてはここからがメイン
左方向へ行けば天女山方面へのハイキングルート 池の畔を真っ直ぐ行けば
赤岳への登山道Img_2709だが今回はUターン
昼食を済ませ 又 歩きにくい階段を下り レンゲツツジや山ツツジ、更紗満天星などを
眺めながら再び美しの森展望台へ
正面に奥秩父の山を望み 小休止Img_2716この展望台 三角点が有る 2等三角点だ
その標石 今回はパス 昨年同じところを撮っている為だ
振り返って八ヶ岳方面を望めば 赤岳に かなり雲が広がってきていた
さて 目的も達成した事だし 帰るか
木道を下り始める
下りたは良いが 何かまだ未練が
そうだ 自動車道からあの花畑へ行って見るかと
ユックリ歩き出す080_2左奥の方に気をつけながら
やがてその場所が分った すぐそこだ
森の中には細い踏み跡も・・・・・・・・・

今回ツツジは奥の方でこそ見られたが 展望台へ至る道はすでに遅し
だが本来の目的 満開のクリンソウを見ることができ 意気揚々帰宅する
帰り 白根道の駅により 甲州名産サクランボを買って帰る
往復310k程のロングドライブと相成った

最後にもう一枚Img_2730という事で この項終わります じゃあ又

ところでクリンソウには ナナカイソウ(七階草)、シチジュウソウ(七重草)とか別名が
有るそうです
又 更紗満天星には風鈴ツツジという名称も そう言われれば。。。。

写真撮影・・・・・・・・・6月15日
場所・・・・・・・・・・・・・八ヶ岳山麓美しの森にて

クリンソウの花言葉・・・・・・・・幸福を重ねる、物思い、物覚えのよさ、少年時代の希望」

更紗満天星の花言葉・・・・・・喜び溢れ、 明るい未来

レンゲツツジの花言葉・・・・・溢れる向上心、 情熱、 堅実、 節制

山ツツジの花言葉・・・・・・・・燃える思い








































2015年6月16日 (火)

クリンソウ咲く八ケ岳の森へ・・part1

2015年6月16日
Img_26701あっ 鹿だ❢
気付いた時には 車はあっという間にその場を通り過ぎていた・・・・

14日の事
明日15日天気も良さそうだから朝から出掛けるよ
出るのは6時ごろ
行先は清里 美しの森 多分クリンソウが咲いてる筈だから
ハッピーの散歩だけはやって置くよと

15日の朝を迎える
ところが目覚めたのは5時過ぎ 参ったねー
慌てて朝食をとり ハッピーを連れだし 一通りのことを済ませ
家を出たのは6時10分前
バタバタではあったが何とか予定通り自宅出発だ

新東名に入り新清水ICからR52へ
後は縦貫道増穂ICめざしひた走る
途中静岡市と富士宮市の境にある富士見坂でいったん停車
富士山の写真を撮りImg_26312増穂IC近くでコンビニへ立ち寄り弁当購入

その後縦貫道へ
甲府盆地に入れば それまで見えなかった南アルプス、奥秩父 茅が岳
かすかに大菩薩も見える
やがて双葉JCTから中央道
八ケ岳PAでいったん休憩する
再び中央道へ入れば間もなく小淵沢IC
ここから八ヶ岳高原ラインに入る
後は美しの森Pはほぼ一本道だ
行き交う車も先行する車、むろん後ろからの車も無い 朝の高原ライン

緑の中を気分よく走っていれば 何か変だ
今ごろは山ツツジが出迎えてくれるはずなんだが 変だなー それらしき花がないよ
そんな事を考えながら走っていると
左の樹林の中にメス鹿一頭 キョトンとこちらを見ている いや見ていた
それに気づいた時 車はあっという間に通り過ぎる

やがて信号のある交差点 左は天女山 右は長坂方面へ
車はまっすぐ突き進む
高原ラインの目玉的存在の赤い橋を通り過ぎ026右へ清泉寮への道を分ければ間もなく美しの森交差点
其処を左に曲がれば すぐにP
適当な所へ車を置き
木道を登って行く
だが やはり変だ 山ツツジ、レンゲツツジの出迎えがない
変だなーと思いながらも見晴らし台へ
後ろを振り返れば
茅が岳の右隣はるか向こうに富士山が何とか見えるImg_2646奥秩父の山々も見えるには見えるのだが何かボワーンとした感じ
で結局この日レンズは向けなかった。
目の前の八ヶ岳はと云えば
上の写真の如くだImg_2715最高峰 赤岳が良く見える
このほかにも編み笠山から続く権現岳なども

この時一瞬思った もしこれでクリンソウが咲いてなかったら・・・
兎に角行って見るかと
遊歩道を下りて行けば
見えたよクリンソウ 森の中がそこだけ明るくなっているようなImg_2663
043
Img_2664見事に満開だった。Img_2665ここで 出会った人がいる
この場所を管理し守っている人である その人に聞いてみた
今年ツツジはどうなったのか
その人が云う事には
ズバリ ツツジの季節は例年に比べ早かったと
6月初めには咲き揃い 一週間ほど前には完全に終わったと
それを聞いて少し唖然とした
でも このクリンソウだけは平年と同じだと
ついでに言っていた
更紗満天星の花 今年は裏年だと
どうりでこれも少ないわけだ 昨年は鈴成りの花だったんだが・・Img_2675でも良かった クリンソウが駄目なら何のためにここまで来たんだか・・・・・

その人と別れ再度クリンソウの花畑を そう 花畑の言葉がピッタリの場所だ
兎に角もう一度ゆっくり眺め この場を後にする 多分帰りにもう一度寄るかも知れないが

そして 行って見るか羽衣池まで と ブラブラ歩き出す
それでも残っているレンゲツツジや山ツツジの花を眺めながら。

という事で この続きは また次回に

写真撮影・・・・・・・・・・・6月15日
場所・・・・・・・・・・・・・・・八ヶ岳山麓美しの森にて













2015年6月14日 (日)

雨滴の向こうに

2015年6月14日

あれは何時ごろだったか
雨上がりだったか 雨の合間だったか その辺は定かではない
兎に角雨のやみ間に外に出てみれば 鉢植え菖蒲の蕾に着いた雨滴
これは良いぞと思い カメラを持ち出し
早速一枚 何が写っているやら

002ふとすぐ側の菖蒲を縛りつけてあるビニールひもを見れば
大きな雨滴 おまけに向こうが見えている
コンデジでどこまで撮れるか分らなかったが 兎に角レンズを向け 一枚
何となくいい感じに撮れた で この写真 始めは何が見えているのか
良く分からなかったのだが
周りをトリミングして よくよく見れば005見えてきた0052滴のスクリーンに映し出される住宅が・・・・・・・
ふーん 綺麗にみえるもんだなと 改めて感心

再度 レンズを菖蒲に向ければ
006
という事で 今日はこの辺で じゃあ又

尚 今回は コメント欄閉じておきます。

写真撮影・・・・・・・・・・・6月9日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅にて








2015年6月12日 (金)

百合園へ・・・・・可睡ユリの園

2015年6月12日

10日の事 例によって午後から出掛ける
行った先は袋井市にある可睡百合の園 確か今年で3回目だ

以前は百合と云うと 8月初め 決まって山梨県鳴沢村のフジテンリゾートだったが
何時だったか猪と台風により壊滅的被害を受け 夏のリリーパークは閉園
それ以降は しばらく百合の花からは遠ざかっていた。

昨年久しぶりに行ったのが袋井にある可睡百合の園 この時は2回目
今回3回目である

自宅からまずは東名高速へ 袋井ICからほんの5分程度で目的地
Pへ車を置き 園内へ むろんP代、入園料は必要だ

平日とは云え 人、人、人
聞けば前日の裏返しとか 前日は☂ この10日は梅雨の晴れ間
天気が良ければ なんとなく納得するものの それにしても・・・・・

園内へ入り右回りに歩を進める
まずはパンフレットより案内図を

Photoだからと言ってこの通り歩いたわけでもないのだが
取り敢えず一回りし 後は 適当に見て歩く009上の写真がまず初めに撮った写真
パンフレットで黄と示された場所
後は 行ったり来たり 適当に適当な場所で良いと思ったところでレンズを向け撮影018もう説明文など不要だろう 取り敢えず写真だけここに列挙することにする。026上の写真はハイブリッド系の ル・レープ036
064向こうに見える屋根は可睡斎032百合にはスカシユリ系とハイブリッド系(山百合系)の2種
香りはハイブリッド系の方が強い
スカシユリ系はほとんど香らず その代り色合いが中々派手だ。
今の時期はスカシユリ系が多く ハイブリッド系は少し遅れて見ごろとなる065_2上の写真はハイブリッド系のトライアンファター
次はスカシユリ系のリッチモンド 何れもパンフレットより074
079
083
076
093これはハイブリッド系のフラビア094まあ それにしても色々ある
バラなどと同様 その名前はとても覚えきれない
一括りに百合 それでいいやと勝手に自己満足する百合の花見

ここにどの位いたんだろう 気がつけば2時半過ぎ
帰る時間も見て3時にはこの場を後にしていた。

という事で 今日はこの辺で 写真は撮れどどれもこれも皆似たような感じ
その中で それでもというものを選んでここへ載せてみました。

じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・・6月10日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・袋井可睡百合の園

百合の花言葉・・・・・・・・・
威厳、 純潔、 無垢









































2015年6月10日 (水)

ジャカランダの花咲く頃

2015年6月9日

静岡の中心部に位置する 由緒ある臨済宗の寺院
その敷地内に毎年青紫色をした花を咲かせる木が有る
その花が今年も見事に見ごろを迎えていた
名前はジャカランダ
中南米原産の木である
寺域内には2本
一本は本堂裏手
一本は中庭
そのいずれも 外から十分見える むろん塀越しに
実際見に行ったのは8日
自宅から歩いて20分ほど
まずは塀越しに見て それから寺院敷地内へお邪魔する

本堂裏手に回れば 青紫色の花が見事に咲き乱れ015鬱陶しい梅雨空に見事に映えていた016ジャカランダはノウゼンカズラ科に属する一種キリモドキの別名とか017木の高さは2mから高いものでは30mになるそうである が この寺院の木は
10mあるかないか。023047今回は中庭は遠慮して
本堂裏手にあるのを見させてもらい 寺院を出る
その後
再度塀越しに撮影し すぐ側の公園に するとそこにも一本ジャカランダの木
見ればそれも青紫の花を咲かせていた
このジャカランダ 静岡では珍しい 県内では熱海に有るそうな
公園周囲では紫陽花がまるでジャカランダの花と呼応するかの如く
咲き競っていた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰り 自宅近くの公園へ寄ってみる
そろそろクチナシが咲く頃の筈だと
感は当たり
見事に咲き揃って 周囲にいい香りを・・・011一重と八重のクチナシの花を撮り 自宅へ戻れば050ハッピー 何処へ行ってたのと云わんばかり
飛びけりを食らわしてくる
良し良し 軽く撫でてやれば それで気が済んだのか
すぐ隣で高鼾

という事で 今日は この辺で

写真撮影・・・・・・・・・・・6月8日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

クチナシの花言葉・・・・・・私は幸せ者、とても幸せです、優雅、洗練、清潔、喜びを運ぶ


ジャカランダの花言葉・・・栄光と名誉


















2015年6月 8日 (月)

ふっくら顔のハッピー・・・魚眼モードにて

2015年6月8日

ふっくら顔と云っても太ったわけでもなんでもない

ただコンデジの魚眼機能を使いイタズラで撮っただけの事である

ハッピー自身はその時 なんとなく キョトンした表情で

こちらを見ていた。

何してんの?と云った顔つきで

それが次の3枚002
003
004面白い 確かに面白い 一眼と違った面白さだ

花や風景は普通に撮るとして ハッピーを撮る時は これから

こんなのが増えるかも知れない

最後にもう一枚006これは魚眼風ではなくイラスト風だったかな

という事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・6月7日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅にて








2015年6月 7日 (日)

今年も浄化センターへ・・・・遊水に咲く花菖蒲

2015年6月7日

今年も一般開放の日がやってきた静岡市城北浄化センター

毎年菖蒲が見ごろを迎える6月の第一土曜日、日曜日 一般開放される
センター敷地内にある遊水池の周りに植えられている花菖蒲
職員の世話の元 何時も綺麗に花を咲かせている

2000株ほどあるそうだ

しかも毎年新しい種類が植えられている あれ?これはって思って聞いてみれば
新しい品種だよと言って教えてくれる

そんな浄化センターに6日の午後
行って来た011浄化センターまでは自宅から車で信号だらけの道を25分弱
ハッピー 今回は留守番だ
昼食後のねている隙にそっと家を出る
センターに着けば係員の誘導の元指定された場所へ車を置く
連絡して有ったFUJIKAZEさんも間もなく到着 一緒に見て歩く
歩くと云っても狭い敷地内 ただ回るだけなら すぐに 一回りしてしまう020
021気に入った花にレンズを向け 撮りながら回ればそれでも時間は稼げる
ノンビリと話しながら回る022菖蒲には 肥後系、伊勢系、江戸系と3系統有る様なんだが・・・・
しかも名前も
とてもじゃないが覚えきれない バラなどと同じで どうせ後で一致しなくなる
従って写真だけ撮って 一括りに菖蒲の花 これでいいやと勝手に自己満足025
027取り敢えず 池の周りを一回りし センター建物内へ
展示物を一通り見学し
再び 池の側へ031
034
041上の写真はタチアオイと菖蒲のコラボ タチアオイを撮ったのはこの一枚だ
見学の人の間隙をぬって撮影
ちなみにタチアオイは静岡市の市の花である。040この浄化センター
この時期咲く花として他に睡蓮も有ったのだが 今回はパス
菖蒲だけに特化していた050
055ここに1時間ほどいたろうか 彼と次の再開を約して
この日は別れる

この浄化センター ちょっとした菖蒲の穴場的存在である。

家へ帰れば ハッピーが飛びついてくる
良し良し いい子だ 少し休んでから散歩だな。

庭に出れば 鉢植えの菖蒲の花が風に揺れていた

という事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・6月6日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

菖蒲の花言葉・・・・・・・・・・・勇気、 嬉しい知らせ

タチアオイの花言葉・・・・・・豊かな実り、 単純な愛、
熱烈な恋、 高貴

 




































2015年6月 5日 (金)

ハッピー 菖蒲の花見に・・・藤枝蓮花寺池公園

2015年6月5日

以前に比べ歩く事が極端に少なくなってきたハッピー
あそこならどうだろう
ここならどうだろう
連れて行くにしてもついつい二の足を踏んでしまう昨今

先日 山へ何とか登った事に気をよくし 今度は 蓮花寺池公園へ連れて行く

咲いているであろう花菖蒲を見がてら・・・・

連れて行ったは良いけど もし・・・・

まあいいか その時はその時だと

自宅を出て凡そ35分 蓮花寺池公園のPにつく
ドアーを開ければ勢いよく飛び出す
この分なら大丈夫かな 少し 不安だったが
兎に角リードを引いて池の周遊道へ
歩き始めればユックリユックリだ 数か月前までは調子よく歩いていたのだが。003道なりに歩いて行けば 所々で立ち止まる 時折帰ろうとする仕草も
その都度なだめすかして 兎に角先へ008いい子だ さあ 行こう
池には睡蓮が花盛り その上ではトンボがすいすい
蓮も有るが これはまだ蕾の状態 かなり大きくはなっていたが
それを見ながら藤棚の下で休み休み先へ行く014あの トンボ 撮れるかな 持っているのはコンデジ
一眼じゃないからなー
何とかやってみるかと016ハッピーが休憩中に狙ってみた だが難しい 何とか撮れたのだが・・・
こういう写真は やはり一眼にはかなわないのかな
まあ 一応撮れたのだからいいにするかと妙に納得し
ハッピーのリードを引き 相も変わらず ユックリユックリ
やがて見えてきた菖蒲の花
池の一番奥の方に栽培されている花菖蒲017咲いているのは全体の6割ぐらいか
それでもこれだけ見れればいいやと
木道に入る019
021ハッピー ちょいとそこへ027一旦止まらせ 一枚
次には お座り そして 一枚028両側に咲く菖蒲を見ながら ハッピーと一休み029
032
033だが 以前とは違い 兎に角早く帰りたいハッピー
そんなに家が良いのか それなら帰ろうか
再び遊歩道をユックリユックリ休みながら車に戻る

帰り道 ちょいとハッピーを見れば 完全に寝込んでいた

という事で 今日は この辺で

尚 この蓮花寺池公園 直に蓮の花が咲くだろう
その頃 又 行ってくるつもりでいる。
多分 その時は一人で。

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・6月4日
場所・・・・・・・・・・・・・藤枝蓮花寺池公園

菖蒲の花言葉・・・・・勇気、 嬉しい知らせ







































2015年6月 3日 (水)

雨の日にやる事といったら・・・・・

2015年6月3日

今日は朝から雨 昼過ぎには止んでいたが 近畿地方まで梅雨入りしたそうな

こちらも間もなくだろう

こんな日にやる事と云ったら決まっている

カメラを引っ張り出しハッピーにレンズを向ける

今までなら一眼でごく普通に撮り 修正ソフトを使っていたものだが

今回購入したデジカメ

そんな必要は一切ない

カメラの中でそういうソフトが組み込まれており

写真を撮る時 悪戯が出来る

で 今日 やってみた

魚眼風とトイカメラ風 それに モノクロ写真 どんなになるか試しただけなんだが

まずはこれ 魚眼風 結構面白く撮れる001次にトイカメラ風 周囲を黒くぼかすタイプだ002ハッピーには悪いが寝ている時にチョイト

次にはモノクロ カラーと違って落ち着いて撮れる008これだと 確かに修正ソフトなど必要なし

今ごろのデジカメは大したもんだ

一台のカメラで全部事足りるんだから 今後は 一眼よりコンデジの出番が

増えるかも知れない

そんな事を感じた 雨の一時

という事で 今日は この辺で じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・・6月3日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅







2015年6月 2日 (火)

ハッピー 小紫陽花咲く山へ・・・・市民の森 高山

2015年6月2日

最近思うように歩かなくなってきたハッピー もしかして山へ連れて行ったら・・
そう思い1日午後 今まで良く行っていた高山(別名 牛が峰)へ 連れて行く
自宅から目的地のPまで 車でかれこれ40分
まずは安倍川を渡り 藁科川沿いに走り 大原の里で水見色方面に右折
水見色から市民の森高山まで一気に走り上がる
Pへ着けば ハッピー 車から勢いよく飛び降り リードを持てばさっさと歩く001家の近所を歩くのとは大違い
これなら行けるかなーと思い
ハイキング道へ
沿道には小紫陽花が綺麗に花をつけ 初夏の風に揺れていた002その内 立ち止まったハッピー 座り込み先へ進もうとしなくなった
おや 如何した
引こうが何しようが動かない005ただ じっとこちらを見るのみ
参ったなこれは
しょうがない 少し 抱っこだ と抱いてやれば
50m程行った頃か そっと下ろせば またまた歩き出す006しかも調子よくさっさと歩いて行く
良し良し お利口だ がんばれよ
一生懸命歩く
その内山頂へ 水を用意してやれば 勢いよくガブガブ
何だったんだろうなー ここまで来れたんだからまあ良いかと展望台へ012そして こんな眺めを010静岡の街だ だが湿気なのか ボンヤリとしか見えない
ここからは条件さえ良ければ富士山も見えるのだが
この日は・・・・・・・。
しばらくここにいたか
展望台を下り 整備されている遊歩道へ018そして 森の中にモリアオガエルで有名な池が有るんだが そちら方面へ下って行く
この山至る所に小紫陽花019こんなの見ながら樹林の中の道を10分ほどで池
そして池の畔から今度は第二展望台へ
小紫陽花の群落の中を5分ほど030展望台へ着く037頑張ったなー 良し良し もう一回お水だな
支度してやればガブガブ ガブガブ 自らも喉を潤し 見える風景を一枚撮り036さあ 今日はこれで帰ろうか
今登って来た道をPへ戻る038Pへ戻れば 今までならもっといると云って 乗車を嫌がったハッピー
大人しく車に乗る

山を下る時 しばらく外を見ていたんだが その内寝てしまっていた
疲れたんだろうな 1時間半程登ったり下りたりしてたんだから

安倍川を渡り終えて
家の近くに来た時やっと目を覚ます

もう 着いたの?というような顔つきで。

尚 この山の標高は716.9m 2等三角点峰である
Pのある標高は600m以上
散歩にもってこいの山である。

という事で 今日はこの辺で なお この写真も今回購入のデジカメで撮影したもの

じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・・・・・6月1日
場所・・・・・・・・・・・・・・・市民の森 高山にて。

小紫陽花の花言葉・・・・成就




























2015年6月 1日 (月)

試し撮り

2015年6月1日

昨日5月31日の事 普段使ってる一眼レフの予備機としてコンデジ一台購入

買ったカメラはキャノンパワーショットSX410

帰宅後早速に電池を充電し 試し撮りをしてみる

対象はと云えば 勿論ハッピー

当のハッピー 何事かと こちらを向いてる隙に シャッターを切る001うん 中々 良いぞ

だが やはりコンデジ 軽い それを承知で買ったのだが・・・

軽すぎて うっかりすれば・・・・002上の写真はズームアップで撮影・・・・・・・・

夕食後 今度は外で撮ってくるかと ハッピーを寝かしつけてから

カメラを持ってぶーらぶら 涼みがてら 近所を一回り008サツキの植え込みに011紫陽花に もう一枚 紫陽花を018まあ いいね

尚 サツキはストロボ発光無し 紫陽花2点はストロボ撮影 ともに手持ち撮影。

じゃあ 明日はハッピー連れて小紫陽花咲く山へ行ってくるかと この日の試し撮りは終了

翌6月1日の午後の事

ハッピーを車にいつものように車に乗せ 出かける

という事で 今日はこの辺で 小紫陽花の事については また次回。

写真撮影・・・・・・・・・5月31日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅 及び 自宅界隈














« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック