無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

夜の駿府城公園お堀端

2015年7月29日

28日夜の事 久しぶりにお堀沿いを歩く

ハッピーが家の近所しか歩かなくなってからというもの 遠ざかっていたお堀端
久しぶりに歩いてきた

何時もの様にハッピーを寝かせつけた後
コンデジ持って 歩いてくるよと出かけた先はお堀端
県庁前の外堀から 県庁裏の内堀沿いを 写真撮りながらウォーキング007
008まずはいつものように市役所脇から県庁前へ
外堀の水面に反射する街灯りを眺めながら中町へ010
011中町から内堀沿いへ 久しぶり サクラの時期以来だと思う014本当は内堀一周したい処だったが なんとなくそんな気も出ず
ただ一辺を歩いただけだったが

ハッピーがもし一緒だったら 一周しただろうが・・・・・019まあ それにしても歩く人の多い事
数人で固まって歩く人や 単独の人 夫婦で歩く人やら 次から次へすれ違う
走る人達ともすれ違う023そんな中で写真撮りながら ウォーキング028一回りして帰り 庭の植木を見れば 羽化したばかりの油蝉を見つける
分かっていれば張り付いていたものを と 思っても後の祭り
一枚記念に撮って 家の中へ031この日も一回りして凡そ1時間 距離にして3k程 いやいい汗かきました

暑い夏の間はこんな日が続くかも知れない

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月28日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内 及び 自宅庭




2015年7月28日 (火)

夜の川面を眺めながら

2015年7月28日

昨日27夜の事
前日は街中へ で 今回は安倍川方面へ歩きに行く
相も変わらずコンデジぶら下げて
何を撮ろうかなんて頭には無く ただぶら下げていく

夕食後何時もの様にハッピーを寝かせつけ 言ってくるよと家内に言い
家を出る
まずは国道へ その後駿河大橋方面に歩みを向ける
外は昼間の熱気が残り 少し歩くだけでも汗がタラタラ
空はいくらか雲が出ていたものの月が綺麗に見える
凡そ15分 駿河大橋上
水量が少なくなった川面を眺めれば 向こうの安倍川橋上の照明が
綺麗に反射し
おおあれだ あれを撮るかと
レンズを向ける004だがコンデジ ピントが合っているのかどうなのか良く分からない
ピピッとなった時点でシャッターを押せば 上の通りだ005これも然り
一眼ならMでピント合わせも出来るのだが まあ良いだろうと 勝手に自己満足011駿河大橋を渡り終え 対岸の安倍川右岸を安倍川橋まで歩く

下の写真は安倍川橋から今歩いてきた方を眺めたもの026空を見れば030半月がこうこうと照りかがいていたのだが こんな程度にしか・・・・・・
下流の駿河大橋方面を眺めれば031川面に映る照明灯が面白い

この時も一回りしてほぼ1時間 距離にすればやはり3k程度か
いい汗かいた

日中は とてもじゃないが暑くて歩くのをためらうが 夜はそれでも歩きやすくなる
山へでも行くのなら話は別だが。

さあ 今夜は何処へ カメラ持つべきか持たざるべきか・・・・・

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・7月27日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

















2015年7月27日 (月)

夜の街中ウォーキング

2015年7月27日

ここの処猛暑が続いてる
午前中はハッピーの事も有るので少しは外へ出るのだが
午後はエアコンの部屋で閉じ籠り
夕食後 ハッピーを寝かせ 夜のとばりが降りる頃 行ってくるよと コンデジ片手に
外へ出る
002それが又夏の日の日課のようになっている
昼間何処へも行かず家にいればの話であるが・・・・・

街中を一回りしたり 安倍川方面へ行ったりと 毎回コースを変えて歩きに行く

昨日26日は街中歩き 国道沿いを静岡駅方面に歩き 駅前から御幸通りへ入る
それがこちらへ来た時のいつものコースとなっている
008これは国一にかかる途中の歩道橋から眺めたもの 写真では見えないが
向こうは安倍川 駿河大橋方面010これは1号線と362号線との交差点を過ぎ もうすぐ駅前と云う所
011これが静岡駅前だ
駅ビル パルシェ の屋上はビヤーガーデンとなっている
015これは地下道をくぐり反対側に出て撮った物
カメラはコンデジ手持ち撮影
コンデジで夜の風景がどこまで撮れるか試しの意味合いも有ったのだが
以前には同じ風景をデジイチで撮っている019写真は御幸通りの交差点の地下道を通り地上へ出た所で一枚

この後市役所方面に向かい
021
その横を通り青葉通りへ出て後はまっすぐ自宅へ
025これは青葉通りにあるモニュメントの一つ
水が満杯になり ひっくり返った所026これは元に戻りつつ有る所
下はひっくり返る前 というか 元に戻った所だが
027後は カメラを収め いやもう一枚
噴水を収め帰宅する
035凡そ3k程を1時間位かけて一回り
昨年までは5k程歩いていたんだが・・・・・

ああ いい汗かいた 明日も続けるぞと思った26日夜の事

今夜も夕食後 1時間ほどいい汗をかきに行くつもりだ
いや夏の間
雨の降らない限りは毎日

と云う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・7月26日
場所・・・・・・・・・・・・・・静岡市内



2015年7月25日 (土)

無題という題で・・・・

2015年7月25日

暑い 全く暑い 梅雨が明けた途端 暑い日々が続く
例え暑くても時間が来れば外へ出たがるハッピー 無論トイレに行きたいせいも有るのだが
しょうがないからリード付けて自宅駐車場へ
ここでしばらく腰を据える その後 おもむろに立ち上がり公園へ

003まだ路面が熱くならない昼前
家にいさえすれば この繰り返し005午後は路面が熱くなり過ぎて とてもじゃないが外へは・・・・・・

写真撮った同じ日の夜の事
ハッピーを寝かせつけた後 久しぶりに歩きに出かける
何時もなら市の中心部を歩いてくるのだが
今回は安倍川方面へR1を歩く

履物はと云えばサンダル およそ歩くスタイルではないのだが・・・・・
片手に灯りをぶら下げブーラブラ
夜風に吹かれ一回り019向こうは安倍川橋 撮った所は駿河大橋上

空を見上げれば
街灯と月のコラボが面白い
丁度良い所を狙って1枚039凡そ1時間 夜風に吹かれ いい汗かいた一時でした

今夜(25日)は安倍川花火大会 15000発が夜空を彩る
ただ見に行くかどうかは未定だが・・・・・・・・。結局行かなかった
家の中で音だけ聞いていた

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・7月24日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅 及び 静岡市内

2015年7月23日 (木)

お山の上は花盛り・・・信州霧ヶ峰高原・・part2

2015年7月23日

前回の続きです

ザックを降し 適当な岩に腰を降し 周囲の景観をユックリ楽しむ
Img_3470これは南アルプス 中央の山は甲斐駒
Img_3506これは 浅間連峰を望む 浅間山は一番右側に見える山だ
Img_3507これは 美ヶ原を望んだもの

そんな事している間にも次から次へやってくる人の波
ここは観光地でもあり リフトで上がってくることが出来る為だが・・・
それにしても・・・・・・ふ~~


そろそろ行くかとザックを背負い 白樺湖方面への道を下り始める
正面に白樺湖と蓼科山 それに続く北八の山々を望みながら
Img_3514上の写真で見えているのは手前から蓼科山、北横岳、縞枯山と茶臼山
下の湖は白樺湖 すぐ横の山は八子ヶ峰だ
この風景を眺めながら整備された階段状の道を下る
沿道にはウスユキソウをはじめシシウド、ハクサンフウロ、ヤグルマソウ等
綺麗に咲いている
Img_3516これはヤマハハコだと思うのだが一株だけ目に留まった。
Img_3519これは ウスユキソウ エーデルワイスの仲間だ
Img_3520これはヤグルマソウ
下の写真は ヤマオダマキImg_3552このほかにイブキトラノオ
蝦夷河原撫子
ウツボグサ
ヨツバヒヨドリ、オオバギボウシ、ノアザミ、山ホタルブクロ等々
整備された階段も10分ほどで鞍部と云えるかどうか分らないが下へ下り着く
後は又道なりに車山肩まで歩くのみ
沿道の花々を鑑賞しながら 又 風景を楽しみながらノンビリ歩く
Img_3524
Img_3538
Img_3548こんなのも有った これはカラマツソウだ
細い道 行き交う人と道を譲りあいながら間もなく肩
ここでまた吃驚
人、人、人
いやそれより驚いたのは 車の列
肩のPへ入りたい車が道路をふさいでいる為 その後ろに延々と大渋滞 動く気配がない
これには吃驚だった。
当初は車山から下りた後霧ヶ峰Pまで歩き
其処から又Uターンしてくるつもりであったが この渋滞の列を見たら
一度にその気をなくし
早めに帰るかと その前にもう一度キスゲの群落を眺めて来るかと
遊歩道へ
Img_3568そして 最後に
Img_3580これと
Img_3595この写真を撮って車に戻り
昼食とする・・・・・・・・
帰路 諏訪インターから中央道 双葉JCTから縦貫道
白根ICで降り 甲州桃の土産購入
帰宅したのは4時半を少し回っていた
往復でかれこれ12時間
いやはや 暑い一日でした。
高原は爽やかでしたよ。

と云う事で この項お終い じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月20日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・信州霧ヶ峰高原 車山周辺

ニッコウキスゲの花言葉・・・・晴れた日の喜び
ウスユキソウの花言葉・・・・・
高貴な純潔



































2015年7月22日 (水)

お山の上は花盛り・・・信州霧ヶ峰高原

2015年7月22日

ああ 着いた着いた さて車を入れる所は??????

ここは信州霧ヶ峰高原車山肩の駐車場 まだ朝の8時半
それなのに
一瞬絶句
余りの車の多さに 置く所がない
しばらく考えた
Uターンするか
少し下がった所に有ったあそこのスペースに あそこなら一台位
何とかなるだろう・・・・・・・・・・・・

19日の事 明日 霧ヶ峰へ行ってくるよ ニッコウキスゲを見に
5時前には出かける予定 ただし起きれれば

翌20日朝の事 一応予定通り目が覚める だが眠い
普段より1時間半ほど早いんだからやむを得ず
予定通りの行動とする
行った先の混雑を予想して朝4時40分ごろだったか家を出る

当初は新東名を使う積りも無かったのだが かかる時間を考え 新静岡ICへ

Img_3444朝焼けの竜爪山を見ながら安倍街道を遡る
早朝の為か通る車もまばら
凡そ15分程度で高速へ
新清水ICからR52へ 縦貫道増穂IC目指す
身延通過は6時
途中ガソリン追加し 増穂ICから双葉JCTから中央高速へ
八ケ岳PAで一休み 諏訪ICからビーナスラインをめざす 途中から大門街道へ入り
白樺湖畔を通り 再びビーナスラインへ
そして8時半車山肩のP
吃驚したね 余りの車の多さに
それでも少しUターンし無事車を置け安堵
ザックを背負い歩き出す 足元に咲く花を愛でながら

今回はスニーカーだ 登山靴も持って行くには行ったが
写真はバラ科のアカバナシモツケソウImg_3453再び車山の肩へ
そしてその辺を一回り
見ればニッコウキスゲが満開Img_3455車山方面を見ればImg_3457ノンビリした風景がおいでおいでをしているような
車山は霧ヶ峰高原の最高峰 2等三角点の山だ
そしてこの霧ヶ峰 日本百名山の一峰でもある 標高は1925m
山頂に見えるのは気象庁のレーダードーム 富士山のレーダードームに代わるものとして
ここに建てられている

その山頂へは後程行くとして
ここで今しばらく花を見て歩くImg_3458
Img_3459上の写真は車山と蓼科山のコラボ 蓼科山も日本百名山の一峰だImg_3460このニッコウキスゲ ユリ科の高山植物 花は一日花 それが次から次へ咲いて行く
一度この風景を見ると忘れられないという・・・・

さて そろそろ山へ行くか
ここから歩いて40分ほどだ ノンビリ行くかImg_3462沿道にはハクサンフウロ ここでは撮らなかったウツボグサ シシウド、ヨツバヒヨドリ
等々見ながら石ころだらけの道をユックリ登って行く
良い風景だ 稜線部が雲に覆われた南北アルプス、中央アルプス、浅間連峰も見える
登りながらの圧巻は何と云っても富士山
だがその前に向こうをと肩のPと一面に咲くニッコウキスゲを撮っておく
黄色く見えるのは全てキスゲの花だImg_3464そして山頂を目指すImg_3475こんな風景を眺めながら 八ヶ岳連峰と富士山のコラボ
これから目を右へ持って行けば南アルプスとなるのだが・・・・・
大勢の人とすれ違ったり 追い抜いたり、追い抜かれたりしながらやがて山頂Img_3495まずは三角点を写真に収め
ついでImg_3500この風景を
まともに山頂標識を撮りたかったのだが 余りの人の多さに少々 食傷気味
離れた所かろから少し人が減った時の撮影とする
そしてこれImg_3505レーダードームだ
これだけ撮って少し休憩
ザックを降し 適当な岩に腰を降し 周囲の景観をユックリ楽しむ
そんな事している間にも次から次へやってくる人の波
ここは観光地でもあり リフトで上がってくることが出来る為だが・・・
それにしても・・・・・・ふ~~
休憩している足元には
エーデルワイスの仲間 ウスユキ草がその特徴ある花を咲かせていたImg_3511と云う事で 今日は この辺で この続きはまた次回 じゃあ又。









































2015年7月21日 (火)

ただいま羽化の真っ最中

2015年7月21日

一昨日(19日)夕 確か4時半ごろだったか
ハッピー連れて近くの公園に散歩
その時 足元に 蝉の幼虫を見つける しかもひっくり返って足をバタバタさせてる状態で
見れば羽化するために地中から出てきたばかりの様な
踏まなくて良かった 折角だから家へ連れて帰るかと ハッピーの背中に止まらせた
状態で帰宅
その後 何処にと思い周囲をキョロキョロ
丁度いいものが有る
エアコン室外機の上に平らに乗せてある葭簀
其処へその幼虫を乗せる
そしてカメラを持ち出し取り敢えず一枚005始めのうちはあちこち動き回っていたが その内ピタリと止まる
いよいよ羽化の始まりか
それにしても早い時間だな 少し様子を見てみるかと
一旦家の中に入り 15分ほどして 改めて見れば
始まっていた 背中がパクリと割れ 中から成虫の姿が
まだ明るいのにと思いながらもしばらくそこに張り付く006後は写真を列挙して置きます

008
012
016
020
024
029
033途中から時間が分かるようにカメラの方を設定し直し 羽化が始まってここまで凡そ40分
全部姿が見えた事だし
少し休憩と 一旦 家の中へ
その後 又 見てみると その場にはいない
葭簀の上を 多分羽を乾かすのに都合が良い所を探していたんだろう
かなり離れた場所に見つける038ここでもなお動こうとしている
ならば こちらへと 鉢植えの木に止めてやれば
そこでやっと動きを止める043数分後 シワシワの羽が綺麗に伸び セミらしく
050だが まだそのまま

夕食後 再度見てみれば 場所を移動 より高い場所に
移動し 完全に体の乾くのを待っているかの如くだった
ここまでが下の写真含め ほぼ2時間と云う所か
セミによって個体差は有ると思うが055翌朝 出かける前に再度見てみれば そこは 既に飛び立った後だった。

と云う事で クマゼミの羽化の様子でした

じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・・・7月19日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭にて































2015年7月18日 (土)

台風一過と行きたい処だが・・・・

2015年7月18日

四国へ上陸し ユックリしたスピードで西日本を横断
その後日本海へ抜けた雨台風11号 大雨をもたらしながら熱帯低気圧に変わった
その低気圧に向かって南から湿った暖かな空気が
その影響からか 相も変わらず上空はドンヨリ 朝の散歩時には
いきなりの大粒の雨 慌ててハッピーを抱き上げ 急ぎ帰る
何時もなら持っているハッピーの雨具を忘れたせいだが
その雨すぐに止んだが 午後に入り又雨 3時過ぎに止む その後雲が切れ
青空も覗いていたんだが・・・・・・・

雨が上がっていた昼前の事
チョイト安倍川まで行ってくる と 家内に言い置き
徒歩で出かける
15分ほどで駿河大橋
橋の上から流れの状態を見る
それほど増えてはいないが泥水には変わりはない

まあ 一応写真撮ってくかと
レンズを向ける

002
006空は まだドンヨリ
008もしかしたら又降るんじゃないかと
案の定 昼過ぎ にわか雨

3時過ぎには上がり 一時は雲も切れ青空も見えていた・・・・・・・

5時ごろだったか 出されていた大雨警報は解除された

夕食後外に出てみれば夕焼け
その下にはまだ黒雲が浮かんでいた。

と云う事で 今日はこの辺で つまらない写真でした

今日のおまけ
自宅でくつろぐハッピーと昼顔の鉢植え写真を017
012じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・・・・・7月18日
場所・・・・・・・・・・・・・・・静岡駿河大橋上から 及び 自宅にて


















2015年7月14日 (火)

後光輝く三重塔

2015年7月14日


今日もうだるような暑さ
各地で熱中症のニュース

昼すぎ
墓参に出かけた時のこと

墓参りを済ませ 車からカメラを持ち出し 慰霊観音のある裏山へ 裏山と云っても
小高い場所そんな程度だが
其処へ行く前お寺の三重塔をまず一枚
逆光が上手い具合に燃えている003上の写真を撮ってから 石段を登り裏山へ この山全体が市営墓地
観音様はその頂にある
その途中富士山方向を見れば005山がくっきり 夏の姿を そこに現していた
手前は三重塔の尖塔
ユックリ登っても5分と掛からず慰霊観音の前に020そのすぐ横に三角点標石も ここは4等三角点山名は茶臼山015そして この観音様の見る方向は富士山019同じ方向を向いて一枚 春ともなれば桜に覆われる
でもまあ暑い 長居は無用と 富士山を眺めながら石段を下り始める
まあ それにしても久しぶりの富士山だ
しかも完全に夏の姿になって024

026帰り 再びお寺の三重塔の前へ
その時何かを感じた
そしてカメラのレンズを思わず上に向けシャッターを027と云う事で 今日はこの辺で

暑い盆の日の昼下がりの事でした。

写真撮影・・・・・・・・・・・・7月14日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・静岡市内

2015年7月12日 (日)

麻機沼のチョウトンボ

2015年7月12日

視力が落ちたのか 正直 手動だとピントが合っているのか良く分からない

昨日11日の事 午後から麻機沼へ出かける 何時も行く所は第3工区
目的はトンボ
チョウトンボだ
飛んでる姿をカメラに収めたくて行ったんだが・・・・・・

いたいた 黒い羽根をひらひらさせて
優雅に飛んでるチョウトンボ
姿を追ってちょうど止まった所をまず一枚Img_34072この後が問題 飛んでる所を撮ろうとレンズを向け ピントを手動に切り替え
姿を追う
うーん
ピントが有ってんだかあってないのだか どっちだろう・・・・・
正直良く分からない
一応は追えるんだが
視力かなー 昨年はなんてことなかったのに
それでも頑張って何とか撮ったのが下の写真
一応写っている程度なんだがImg_34073
Img_34074このチョウトンボ 羽が日に照らされると青くキラキラ輝いて見えるんだが
レンズを通すと うーん
しばらく 頑張ってみたものの まあ仕方なし
後は止まっているのを撮るか

上手い具合に見つかるかしら

ブラブラ沼の周りを歩いて行けば いた
早速シャッターをImg_3429だが どうもしっくりこない
如何するか もう少し探してみるかと
キョロキョロ
頭の上では飛んでるんだが
レンズを向けた所で どうせなんだか良く分からない
まあいいさ 必ず見つかる と 自分に言い聞かせ先へ行く
その内 見つけた
良い所で見つけたImg_3434そーっと後ろへ回り込み
シャッターをImg_3436そうそう この姿だ 飛んでる姿もそうなんだが 一番見たかったのは
この姿
何とも言えない美しさ
他のトンボには見られない羽の色
実際飛んでる姿も素晴らしい 本当は青くないのだが 日に照らされると青く
キラキラ輝く
今年も会えたチョウトンボ
その姿に一瞬気をとられた午後の一時でした。

この麻機沼はトンボの宝庫 この日はこれ以外にも何種類か見ている
ウチワヤンマ、ギンヤンマ、シオカラトンボの♂♀、ハバヒロトンボの♂♀、糸トンボ、
コシアキトンボ、コフキトンボ、ナツアカネ等々
それらは又機会が有ればと云う事で 今日はこの辺で
じゃあ又。

写真撮影・・・・・・・・・7月11日
場所・・・・・・・・・・・・・麻機沼














2015年7月11日 (土)

茗荷の花咲く頃

2015年7月11日

今朝 散歩から戻って茗荷の根元を見ると 咲いていた
茗荷の花など取り立てて珍しくも無いのだが 折角だからカメラを持ち出し
レンズを向ける001
002
003昨日見た時は まだ 蕾の状態 咲くまでもう少しかかるかと
思っていたんだが・・・・・・

下の写真が前日の蕾の状態だ それと収穫した茗荷004勿論 今年になって初めてという訳でもない005既にお腹の中へ納まった物 冷蔵庫に保管してあるものなど有るから
3回目の収穫か

茗荷林の根元を見てみると
幾つか出ていたが 今の処はそのままだ

散歩から帰ったまま そうだ ハッピー?
おお いい子だ そこにいたか
写真を撮り終えるまで すぐ側で じっと座って待っていた
と云う事で 今日は この辺で

下の写真は 昨日家の中で撮った物006_2
じゃあ 又

写真撮影・・・・・・・・・・7月10日 及び 11日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅

茗荷の花言葉・・・・・・忍耐、 報いられない努力

2015年7月 9日 (木)

雨垂れと戯れる一時・・・・・その3

2015年7月9日

朝5時だったか 市の同報無線 内容は大雨警報
ん 何 大雨だ?何処が?
その時間 ちょうど目覚める時間
外は確かに雨の音がする
しかし 如何聞いても大雨らしき音はしない
まあいいか もう少し寝るか
だが一度目覚めたもの 中々眠られない
まあいいや 起きちゃえ その時時計は5時半

着替えが済み ハッピーにマントを着せ 外へ 
雨は
まあごく普通の降り方
一回りして来て改めてTVを見る 相変わらず大雨警報
ふーん 何処か激しく降ってる所が有るんだろう まあそれもその内止むんじゃないか
兎に角朝食だ

朝食後 外を見る
そして隣家からはみ出している棕櫚に目が留まる
その葉から滴り落ちる雨垂れ
しかも連続的に これは面白いぞと
カメラを持ち出し レンズを向ける
そしてシャッターを むろん連写Img_3386Img_3387この雨垂れ 何処から落ちてきているのか
元をたどる
おや あれからか
雨樋からだ
そこから棕櫚の葉に流れ落ち それが地面に落ちているImg_3388Img_3389滴り落ちる様子をしばらく眺めていたが やがて蚊の襲来
これはたまらんと
いい加減にして家の中へImg_3390Img_3391家の中へ入れば ハッピー お父さん何してきたの?とでも言いたげに
眠そうな顔をしてこちらを見ていた
朝食後の一時Img_3403最後に おまけ 我が家のキウイフルーツ
かなり大きくなっているImg_3405と云う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・・・・・7月9日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅庭 及び 自宅

キウイの花言葉・・・・・・・・・・・・ひょうきん、 生命力、 豊富

棕櫚の花言葉・・・・・・・・・・・・・・勝利







2015年7月 8日 (水)

今年も見に行く七夕祭り

2015年7月8日

6日昼食時の事
今から清水へ行ってくるよ 七夕見に
去年行ったのに 又行くの?
うん 毎年飾り物違うからね 行ってくる
遅くても5時には帰ってくるよ
ハッピーの散歩はそれから行くよ

分かりました気を付けて・・・・・・・


今から行けば1時半までには清水へ着くかも
そう思い自宅を12時半歩いて出る
外は☂ この時大雨警報が出ていたが それほど強くない
15分ほどでJR静岡駅
来た電車に乗り清水へ001清水へ着けば 会場の清水駅前アーケード街は目と鼻の先
殆ど玄関横づけの様なもの
平日とはいえ 祭り 既に大勢の人が飾りの下を歩いている
その中を一緒になって見て歩く004アーケードの下 持っている傘が少々邪魔になるもののこれは仕方なし
片手でシャッター押しながらキョロキョロキョロキョロ006それにしても大勢だ 特にお年寄り達が次から次 デイサービスの人達か007顔を見てると 皆 一様にニコニコ顔
たのしそうに七夕飾りの下を行き交っている
時には飾りの下で記念写真も012そんな人たちとすれ違いながら歩いて行けばアーケードは終わる
雨はまだ降り続いている
向こうの清水銀座も会場の筈だが
行って見た
雨のせいだろう 竹竿は出ていたが 肝心の飾りは・・・・・・
しゃあない Uターンだ
再びアーケードの下へ014見残した飾りをユックリ見て歩けば021いよいよ凄い人出024その人の波をなるべく写真の中に入れないようにレンズを上に向けながら
シャッターを押して歩く029題材としてはチビマルコとサッカーに関したものが
多い様な気がしたのだが・・・やはり清水だ

下の様なのも有った
これは韮山の反射炉を題材にしたものだろう035写真撮りながら往復で ほぼ1時間
アーケードから出る039清水駅まで一応行ったものの 如何するかな
新清水まで行くか
鉄道沿いに裏通りを通り 新清水駅へ向かう そこからは静鉄電車で

家へ帰れば3時少し過ぎたばかり
意外と早く帰って来た。

少々休憩し ハッピーの散歩に出る

と云う事で 今日はこの辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・7月6日
場所・・・・・・・・・・・・清水七夕祭り会場にて

2015年7月 7日 (火)

あ~セミ 見ーっけ

2015年7月7日

アッ蝉がいたぞ お母さん来てごらん 羽化して間もないやつだよ・・・・・・

今日は生ごみ回収日
散歩から帰り ゴミ出し準備をするため庭へ回り ポリ袋を交換しようと
した処 何やら手にゴソゴソとした感触
何だ 持ち上げてみれば
羽化してから数時間 体の色もまだ緑がかったクマゼミ
へー もう出てきたんだ
お母さん 来てごらんよ 蝉だよ
そう言って家内に見せる
その後 庭の金木犀に
そうだ 写真撮って置くかと カメラを持ち出し1枚 いや2枚001

003

ところで 抜け殻は?
有った こんな所に
外に置いてある物置だなに転がしてある支柱用のプラスチックの棒
其処にしがみついていた004まだ泥をかぶって いかにも土の中から出てきたばかりのような
我が家としてはこの蝉が今年初見参
これから夏に向け たくさん出てくるんだろうな
そう思いながら家の中に入り朝食 後 もう一度金木犀を見てみれば
蝉の姿は 飛んで行ったんだろう 何処にもなかった
散歩後の束の間の一時

もうすぐあちこちで鳴きだすだろう
そして 梅雨が明けて暑い夏が来る
我が家の庭でも本格的に蝉が鳴きだすのはそう遠くはない

下の写真は庭に植えてある昼顔の花
咲き始めて25個目か 次から次へ涼しげな花を毎朝見せてくれている005と云う事で 今日は この辺で
次回は 6日見に行って来た清水七夕祭りの七夕飾りをここに

じゃあ 又ね

写真撮影・・・・・・・・・・7月7日
場所・・・・・・・・・・・・・・自宅にて














2015年7月 5日 (日)

雨垂れと戯れる一時・・・・・その2

2015年7月5日

今日も☂ 降り始めたら全くよく降る事

ボンヤリ窓の外を眺めれば 先日の大雨の時ほどでもないが 小気味よく雨垂れが
よーし 又 撮って見るかと
カメラを引っ張り出せば
側でハッピーがじっとこちらを見上げてる
ねー なにするの?
そんな顔つきで004ん?ちょっとそこで待ってろよ
少しばかり庭に出るだけだから
ドアーを開け 外へ
そして 軒先をじっと見上げるImg_3303うーんどうするかな 連写にするかしないか 結局連写することにして
レンズを向けその瞬間をじっと待つImg_3314レンズの倍率を少し上げてImg_3323少し見る方向を変えて
再度シャッターをImg_3341何とか撮れた 今日の雨垂れ
だが結構根気がいるなー

家の中では ハッピーが チョコンと座り こちらを見ていた

何やってるだか と云うような顔をして

そろそろお日様が恋しくなってきた今日の昼下がり

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・・・・・7月5日
場所・・・・・・・・・・・・・・・・・自宅にて









2015年7月 3日 (金)

雨垂れと戯れる一時

2015年7月3日

朝から良く降る事
大雨だよ
こんな日はハッピーの散歩もままならず
車へ乗せてJRのガード下 そんな程度だ

雨が激しく降っている午前の一時
窓から外を見ていれば 激しく流れ落ちる雨垂れ
そうだ 今日はあれを撮ってやれとカメラを持ち出す
だが いざレンズを向けると これが又中々難しい
目で見ているだけなら 追っていける雨垂れも
狭いファインダーの中では・・・・・・・・・

それでも連写で何とか撮れた
まずはこの場面からImg_3021Img_3022Img_3023少し分かりにくいかも知れませんがImg_3024Img_3025Img_3026Img_3027Img_3031雨垂れが落ちる時間はあっという間
次にまた同じことが繰り返される じっと見ていると結構楽しめるImg_3128Img_3129
Img_3155Img_3156とまあ ベランダの屋根の下 雨垂れに戯れた 午前のほんの一時
この時ハッピー 部屋の中で大人しく寝ていた。

と云う事で 今日は この辺で じゃあ又

写真撮影・・・・・・・・・7月3日
場所・・・・・・・・・・・・・自宅庭にて





































2015年7月 1日 (水)

ハッピー 久しぶりの水遊び

2015年7月1日

今日は朝から☂ 本降りの雨だ こんな日ハッピーの散歩も考えちゃう
兎に角雨に濡れるのが大嫌い
そのくせ水の流れには平気で入るそんなハッピー

昨日30日午後の事
まだ寝ているのかな ハッピーの方を見れば017薄眼を開けてじっとこちらを見上げてる

ねー そろそろ行こうよ と云わんばかりに
よし 行くか

今日は 久しぶりに安倍川まで行って見るか 暑くもないし
リードを付け外へ出れば 相変わらずゆっくり歩き
それでも何とかついてくる
国道へ出て安倍川までユックリユックリ歩く
昨年まではなんてことなかったが やはり大変なのか 休み休みそれでも歩く
20分ほどかけ安倍川土手へ
ここへきたら態度が変わった 目つきも変わったハッピー 俄然ハッスルだ
駆け足で河川敷グランドへ018リードを離してやればそのまま流れのある方へ
そして 水の中021吃驚したのはこちら
普段の散歩の時とは大違い
流れの中をあっちへ行ったりこっちへ来たり022深い方へ行かないだけ まだまし

鳥の声に誘われ見上げれば あれは小アジサシなのか 群れて飛び回っていたが
持っているのはコンデジ一台
とてもじゃないが追い切れない
撮るのは諦め 飛び回っている様を眺めているだけ
ハッピーはと云えば 鳥などには目もくれず 相変わらず水の中026その内 飽きたのか上がってきた030そしてブルブル身震い

もう 良いのか?ならリードを付けるぞ

そういい リードをつければ ハッピー自ら岸辺の方へ そしてグランドへ
その後土手を駆け上がる
何処にこんな元気が有るのやら
普段と全く違うハッピーが其処にいた

帰路 行きとは違うコースを歩いたが 今まで何度も歩いた道
リードを引くまでもなく自ら先頭に立つハッピー
自宅近くなったらさすがに疲れたのか 何時もと変わらぬユックリとした足取りに

自宅へ入り 体を拭い足を綺麗にしてやれば 板の間で早横になっていた。

と云う事で 今日はこの辺で

それにしてもよく降る 今まで降らなかった分まで降っているような・・・・・。

じゃあ 又。

写真撮影・・・・・・・・・・・6月30日
場所・・・・・・・・・・・・・・・自宅 及び 安倍川






 









« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック